Hooded Overcoat

111.jpg

-Hooded Overcoat-

material/68% cotton.21% polyester.11%nylon
color/black
size/ONE.S.M
price/¥52.000+tax



本日は定番の混紡糸ラバーポプリンの生地を使用した新型のオーバーサイズのフードコートのご紹介になります。

前評判が非常に良いアイテムでディティール等デザイン性のあるアイテムですが今シーズンの新型として大本命な1着となります。


8616_1.jpg

表地は定番展開してます*Wrincle Mac Coatでもお馴染みの撥水性の高いコットン、ポリエステル、ナイロン混紡糸の黄金比率での超高密度ポプリンを使用。

表面を微起毛させる事でマットな表情とラバーライクなタッチで〇ッキントッシュと似た質感で多少の雨なら弾く性質を持っています(こちらを参照

高密度に打ち込まれた生地は防風性にも優れアイテム名にもございますがレイヤリングを楽しむ事が出来るオーバーサイズ。

裏地は保温性の高いトリコット(フリースのような質感)を採用しポケット内のハンドウォーマーにも使用しています。


8619_2.jpg

バックスタイルはトレンチコートなどに見られるインパーテッドベンツを使用しスリットを入れずプリーツにしてある為、風が入ってこないというメリットもあります。

プリーツ内のボタンを外すとAラインのシルエットになり印象に変化を与えます。


8608_1.jpg

ウエストベルトは取り外し可能でトレンチのように前で縛ったり、後ろで結んだり、ポケットに入れたり好みにあったスタイルで。

袖はロールアップする事でポンチョのようなルックスで気分やコーディネートによって遊べるのもこのコートの特徴です。


8621_1.jpg

各ディティールをお好みによってアレンジ出来、変化を与えてくれるコート。

ボリュームの多少あるアウターの上からでも着用でき、私的意見ですが厚手のセーターを袖口から覗かせるコーディネートが相性良く思います。

モード感さえも漂う風格ですがカジュアルベースで『こんなコート待っていました』と言わんばかりのアイテムだと思います。

冬将軍到来に向けレイヤリングが非常に楽しみです。

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用。


Bricklayer Horii



ARCHIVE