Tom Hawk




雨の日が続いておりますが、そろそろ着るモノも半袖モノが中心になり、アクセの良さを感じるのには丁度良い季節が到来ではないでしょうか。


シンプル且つミニマムなアクセは、流行や気分に左右される事もなく、飽きの来ないモノを選びたいものです。


本日は 『Tom Hawk 』のブレスレットとリングのご紹介です。



5055トムホーク.jpg


Tom Hawk -1-Row Brac-

Color/100% SILVER
Composition/100% Silver
size/FREE
Price/¥19.000+tax
MADE IN USA



トムホーク細いブレス.jpg


Tom Hawk -Narrow Brac-

Color/SILVER
Composition/100% Silver
size/S.M
Price/¥10.000+tax

MADE IN USA



トムホーク指輪.jpg


Tom Hawk -Open End Ring-

Color/SILVER
Composition
Size/S.M
Price/¥7.800+tax

MADE IN USA



ご本人.jpg



アメリカ北西部のアリゾナ州やニューメキシコ州に保有地を持つ、『インディアン』、『ネイティブアメリカン』と言われる、アメリカの先住民が製作したアクセサリー"Indian Jewely"。

ナバホ族・ズニ族・ホピ族・イレスタ族など、多くの部族からなる独特なデザインは、それぞれ異なった彫金技法によって作成される為、デザインが大きく異なります。

日本におけるインディアンジュエリーの認知へ大きな役割を果たしたインディアンジュエリーのトップアーティストの1人。

ネイティブアメリカンのNAVAJO(ナバホ)族のアーティストTom Hawk(トムホーク)作のシルバーアクセサリーと言えばご存知の方も多いハズ。


オーバーレイと言われる技法を用い、黒い溝を作り出す彼の代表作でもあります。


深く力強く、黒い溝が特徴の作品は、シンプルな中にも重厚でひと際存在感を放っています。




5177_1_1_1_1_1.jpg



素材にはスターリングシルバー925を使用。

銀の含有率92.5%シルバーアクセではお馴染みの素材です。

2012年のロンドンオリンピックの銀メダルもスターリングシルバーですが、若干の純度を変えてオリンピックのメダルにも使用される定番の混率です。

Tom Hawk氏が製作するバングルやリングにはアーティストネームとSTERLING(SV 925)の文字が刻印されています。

刻印があるのと無いのではやはり『重み』が違います。




WEAR_2018SS_Indian_8トムホーク細い.jpg



こちらは定番のナローブレス。


中央に向かってなだらかに湾曲したラインがなんともセクシーなこちら。


インディアンジュエリー特有の無骨さやザ・アメカジ臭は皆無で


どこか現代的で、フェミニンなイメージでしょうか。


ドレス系の時計に合わせたり、スーツや綺麗目のシャツの袖口からちらりと覗かせるのがしっくりきますかね。







トムホーク着画.jpg




こちらは国内で流通しているインラインのものに比べ、厚みや幅が若干太いタイプになり、アメリカ現地にて直接買い付けてきたスペシャルバージョン。


バングルの中央を深い2本の溝が一直線に走り、削ぎ落されたシンプルなシェイプで ナローブレスと比べるとかなり男性的で強いアクセントになっています。



シルバーにタガネを用いて模様を付けるスタンピングのいわゆる 『タンプワーク』 が苦手な方にもおススメですね。



コンテンポラリーな作品はシンプルゆえにシチュエーションや服装を選ばずお使い頂けるバングルと言えるのではないでしょうか。

リングとセットに着けると纏まりがありますね。


アクセサリーを付けたくなる周期がありますが、久しぶりにそんな気持ちにさせてくれた1本です。



Tom Hawk -1-Row Brac.-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=143831533

Tom Hawk -Narrow Brac.-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=130539919

Tom Hawk -Open End Ring-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134943514


Bricklayer Horii

ARCHIVE