Pullover Shirts S/S

0680_1.jpg


-Pullover Shirts S/S-

material/52% Cotton,48% Linen
color/RED.LT.BLUE.BLUE GIMGHAM
size/ONE.S.M.L
price/¥15.000+tax



夏場のシャツと云えば開襟シャツ、カプリシャツ、プルオーバーシャツなどが代表格。

夏はT-Shirtsしか着ないよ!なんて声も聞こえてきそうですがお付き合いください。

*A VONTADEではシャツをプッシュ!!今季半袖のシャツを3型リリースしています。

其のうちの2型目のプルオーバーシャツのご紹介になります、1つ目はこちら→http://brick-layer.jp/news/2018/05/henly-shirts-ss.html 残りは近日アップいたします。




0684_1.jpg


素材はスーピマコットンとハードマンリネンをクロスに打ち込んだコットンリネンの4oz ライトシャンブレー。

ブルーとレッドは玉虫色のような発色が魅力です。

光沢もあり艶っぽい感じが大人のリゾートテイスト感、プンプンします。

リネンにも様々が種類がありますがアイリッシュリネンの最高峰として最高級のリネンを作りつづけてきたのがハードマン社。

ハードマン社は1835年創業の伝統ある紡績メーカーです。英国王室やホワイトハウスでも採用されている格式高い、由緒正しい生地なのです。

その糸をスーピマコットンに絡めて作成した生地はまさに極上の一言。

見た目はリネンの粗さやシャンブレーの織りがはっきりしていますが着心地は優しく、リネン特有のザラ感は殆ど感じません。

ボタンを外すと開襟のようになり身巾や着丈のボリュームに対して小振りな衿が控えめでスポーティーでカジュアルな印象です。



0340_1.jpg


こちらはギンガムチェック、間違いのない色と柄のチョイスです。

サイドスリットは深く後ろ着丈を長く少しクラシックな要素も取り入れながら、『マチ』や『空環』のさりげないディティールを踏襲。

写真ですと若干分かりずらいですが前立て部分で身頃を重ねて畳むクラシックな仕様で身頃の分量をゆったり確保し、着脱含めてゆるくゆったり着ていただけます。

左胸にはポケットを配置しています。



 0329_1.jpg


少し小綺麗にコーディネートしていますがショーツとの相性、バランスは良くたっぷりと取られたアメリカンなシルエット。

通年、海には行っていますが海辺のリゾート地や避暑地で合わせてたら粋だな~。

クラシックな要素を取り入れモダンな雰囲気に仕上げたプルオーバーなシャツ、このバランス感が堪らない1枚となっています。

長いテールがこのシャツの真骨頂ではないでしょうか。


モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用。


Pullover Shirts商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131414122


Bricklayer Horiii

ARCHIVE