Road Master Jacket Ⅱ

7984_1+1.jpg




■ Road Master Jacket Ⅱ■

material/Cowhide Leather
color/BLACKsize/S.M.L.XL
price/¥98.000+tax



定番のRoad Master Jacketが6年ぶりにマイナーチェンジをしました。

多くの人を魅了するキングオブレザージャケット『ダブルライダース』です。デザインもさることながらレザーのクオリティーに虜になる方も多いこのジャケット。

お客様はじめお取引様にも非常にご好評頂いているアイテムです。今シーズンはデザインとシルエットを変更してのリリースです。




BNR_20FW_ROADMASTERJACKET928.jpg



『ダブルライダース=不良のアイコン』渋谷に挙って集まっていた印象が強いライダース。

自分の場合、10代半ばは渋カジの全盛期。80年代後半くらいですかね。そこではじめてライダースジャケットに触れました。

当時人気のあったブランドと云えば『バンソン』や『ショット』、『ラングリッツレザー』といったアメリカブランドが主流で、所謂ライダースの代名詞的と云わるようなブランド。

見るからに硬そうで防護服のような(実際そうですけど)ジャケットを纏い、ファッションは『我慢』が主流だった時期でした。

当時の自分にはハードルが高くお金も無かった為、初めて着たのはお下がりのショットのA-2だったと思います。

ライダースジャケットというと、ハードな"アメリカンスタイル"と質実剛健な"ブリティッシュスタイル"の2つに分かれ、どちらのスタイルにも良さがあります。

アボンタージのRoad Master Jacketはブリティッシュスタイルのライダースを日本の技術でより日常使いに着易くアレンジされた1着です。

ライダースの特有の厳つさや、粗々しい雰囲気が抜けた品を感じる仕上がりとなっています。




質感921.jpg

左が新品、右が1年着用




特に拘っている素材であるCowhide。

デザインナーの故郷、兵庫県たつの市産の天然牛革を使用しています。生後2年以内の雌牛に限定し、雄牛に比べ革が柔らかい事が特徴です。

『革』に仕上げる前の『皮』の状態に近い風合いで仕上げており、革らしい硬さやハリが無く、柔らかく、しっとりと吸い付くような極上の皮質となっています。

伸縮性があり、着込んでいくうちに身体にフィットして馴染んできます。サイズも1サイズぐらい伸びてきますので、購入時はタイト目なサイズ選びが良いかと思います。

仕上げにオイルを入れて製品洗いをかけている為、はじめは油分を多く含みマットな質感ですが、着用を繰り返す事でオイルが揮発し光沢が増し、色合いが沈み深いブラックへと変化していきます。

はじめは下ろしたての純粋無垢なスニーカーのような感覚で、少し恥ずかしくもありジャケットに着せられた状態ですので、いち早く自分の『モノ』にするには急ピッチな調整が必要です。

自分好みのシワや艶感含め、着こなしや扱いで個性が出る為、エージングの愉しみがレザージャケットの醍醐味と云えます。




8007_1+1.jpg


今シーズンより裾にサイドアジャスターが付けられたことが変更点の1つ。

腰に4本のベルトを叩き付けてシルエットのアレンジとともに、ビジュアル的にも一役買っているデザイン。

WALDES社のジッパーを使いジップテープをベージュに変更する事でビンテージライクな顔つきとなっています。

ビンテージとは違い、元々着丈を若干長めにデザインされていましたが、よりコーディネートをし易いように着丈を出し、それに伴い身巾も若干緩くしています。

ライダースのインナーは薄着が基本ですが、多少厚みのあるアイテムでもレイヤリングして頂き易いかと。

シャープでコンパクトなシルエットは、革の質感とも相まってレザージャケットならではのハードな印象が軽減されています。



ridersblack.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用




無骨な印象が強いライダースをワイドパンツとニットとスニーカーでカジュアルなコーディネート。

艶感のある質感とは対照的なコーデュロイやニット素材を合わせる事で柔らかい印象となり、中和加減が丁度良くタウンユースに馴染むよう意識しました。

コーディネートを考えるとシングルライダースに軍配が上がると思いますが、誰もがダブルへの憧れは抱いているもの。

着こなしの難易度やライダースへのイメージが狭き門とさせているのか、いつもの装いに少しだけ男らしさをプラスするぐらいの感覚が丁度良いかと。

スキニーパンツやブーツ等に合わせるスジの通った王道なスタイルは、いつの時代も色褪せる事なく貫き通すスタイルは同姓からみてもカッコ良いものですけどね。

バイクやロックと云ったカテゴリーに振り過ぎない立ち位置が、ファッションアイテムとして確立し受け入れられてると思います。




サイズ感等のご質問はメールや電話にてお気軽にお問合せください。



Road Master Jacket Ⅱ商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=153788420



Bricklayer Horii

ARCHIVE