Banded Collar Shirts

9214_1+1_+1.jpg



■ Banded Collar Shirts ■

material/55% Cotton,45% Linen
color/White/Blue Stripe,White/Brown Stripe,Brown Stripe,Black Stripe
size/S.M.L
price/¥19.000+tax




今シーズンも待ち焦がれた方も多いのではないでしょうか。

シーズン毎にリピートされる方も多い『Banded Collar Shirts』。

今季はソリッドではなく新色を加えたストライプオンリーでの展開です。



band2020_2.jpg



素材は春夏定番のコットンリネン。

経糸にコットン、緯糸にリネンを打ち込んだシャンブレー地。

コットンとリネンの混率が1:1、つまり50%ずつですとリネンの風合いが強いものになりますが、
コットンの風合いを活かす為に少しだけ割合を多くする事により、馴染みが良く、柔らかさも感じられる生地感になっています。

リネンの繊維が絡みあってできた、糸の節が生地の表面に出たスジ(ネップ)がランダムに浮き出ていますが、天然素材の素朴な『アジ』として愉しんでいただければと思います。

太さが均一では無いムラ糸を使用しているので、表面に生まれる凹凸が肌触りに影響しサラッとした質感が心地良く、実際に店頭で袖を通して頂きたいところです。

コットンもリネンも天然素材で、共に吸湿性、耐久性に優れた天然素材。

どちらも馴染み深い素材ですがその特徴は大きく異なり、そんな異なる2つの素材の特徴を両方から『いいとこ取り』したドライタッチで春夏に最適な素材となっています。

少しのバランス・さじ加減で見た目や味や印象が変わるところなど、料理に近い感覚ですが、綿麻の品を感じる『ベスト』な風合いを形にいたしました。





band2020_3.jpg



フロントはタックインを想定して打ち合いを深くしたラウンド始末。

着丈は長く前後の裾の長さを変え、サイドスリットは深めに設定したクラシックなシャツらしさが溢れるイメージにしています。

フロントは前立てが途中で終わり、裾に向かって左右がオーバーラップ(重なる)仕様となっています。

クラシカルな要素を取り入れつつも、サイズ感は独自のサイズバランスで構築される事で、時代の空気感を据えたシルエットになっています。

ご来店されたお客様と話題に必ず挙がるのが『シルエット』と『サイズ感』。

ワードローブのジャケットとのレイヤリングの見え方など気にされる方が多く、コーディネートを意識した選別が多いですが、ご試着すると高確率で納得して頂く事の多いアイテムとなっています。

トレンドが今後どう移り変わろうとサイズ感やシルエット含め、バランス感の取れたこちらのバンドカラーシャツに自分は溺愛し、シーズン毎に買い足しているほどです。

素材の色目にマッチしたシェルボタン(白染め、高瀬、茶蝶)を使用し、天然素材で統一したバランスはブランドの意図するところ。




band2020_1.jpg

身長172㎝、体重57㎏、サイズS着用




ブラウンストライプとブラックストライプ、ホワイト・ブラウンストライプはクラシックなイメージと好相性なピッチの異なるマルチストライプ。

バンドシャツの持つ、クリーンなイメージとは少し違った色気やラギット感は、ヘビーデューティーなデニムトラウザーや軍パンに合わせたスタイリングが◎

Harrington Jacketのようなショート丈のブルゾン合わせの時など、タックインがサマになるものです。

4色展開のうち2色が生地屋さんの事情で急遽色目変更となった裏話付きで、けがの功名と云って良いのか分かりませんが、結果大満足な仕上がりです。

今シーズンはボタンダウンシャツもございますので、そちらは近日中にご紹介させて頂きます。



Banded Collar Shirts商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=148493084


Bricklayer Horii

ARCHIVE