Lax Open Shirts S/S

laxopenshirts_0.jpg


■ Lax Open Shirts S/S ■

material/left 2cc/86% Cotton,14% Linen,right/100% Cotton
color/BLUE GINGHAM,BLUE MADRAS,WHITE GREN CHECK
size/S.M.L
price/¥16.000+tax



なんとも夏っぽい清涼感溢れる半袖の開襟シャツが入荷致しました。

今季は素材を2種類でのご用意です。



laxopenshirts_1.jpg


1つ目はコットンリネンのチェック柄はネイビーの『ハケ目』になっており、縦糸のネイビーと緯糸の白糸が混じり合い、刷毛で掃いたようにかすれた線柄が出る織り地が特徴です。

全体的に淡いトーンの色合いですが、細かな『白いスジ』模様が味わい深くも良い表情となっており、この素材の最大の魅力となっています。

ワークシャツなどにも使用されるシャンブレーの組成と同じ平織りですが、通常サラシで使う糸を白染めしているので、シャンブレーに比べ白糸が際立ち、雰囲気のある生地となっています。



laxopenshirts_2.jpg


2つ目のこちらは昨年好評でした、縦横に柄が交差するクラシックなグレンチェック。

ドビー織機を使い、糸組織を立体的に凸凹させることでグレンチェックを表現している一手間掛けた生地感となっています。

遠目からですと無地にも見えますが近くで見たり、光の当たり加減で表面に格子状の模様があるのがお分かりだと思います。

一見変哲も無さそうな服や素材にさらりと『一味』加える『巧』はデザインナーの意図するところ。



laxopenshirts_3.jpg


衿は小振りでコンパクトな開襟ですがV-ZONEは狭く、控えめな感じはオーセンテックなデザインかと。

身巾や着丈をたっぷりと取ったサイズ感はワイドパンツやショーツとのコーディネートを考慮され、バランスを取りやすいよう袖丈は気持ち長めに設定されています。

ボックスシルエットにも見えますが、身巾から裾にかけて緩やかにテーパードさせる事で着用した際に、身体のラインに沿うようすっきりと収まり良いシルエットになっています。

こちらのギンガムチェックはハケ目の擦れた感じが、甘くなりがちな印象を大人っぽくキリッと引き締めてくれています。ギンガム好きとしてはマストバイですね!



laxopenshirts_4.jpg


洗いざらしで多少シワが残ってるぐらいが丁度良さそうでしょうか。

カジュアルでLaxなアイテムですがラフになり過ぎないよう、リジットデニムに革靴を合わせ、下半身で引き締めバランスを取ったコーディネート。

外見が暑苦しい分、見た目だけでも涼し気で爽やかな印象を持ってもらえるよう『2019年夏』色々と頑張ろうと思います!笑

生地感は軽く『素材』を重視したこちらのLax Open Shirts、調理もきっと上手くいくのではないでしょうか。



Lax Open Shirts S/S商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=141501663


Bricklayer Horii

ARCHIVE