Short Snorkle Parka

SNORKLEPARKA_11.jpg


アメリカ空軍の名作フライトジャケット"N-3B"をデザインソースにしたシュノーケルパーカーのご紹介です。

"Fishtail Mil. Parka-Complete Set-"に続き、防寒性においても高い完成度を誇る、今期大本命のアウターです。

アメリカ空軍によってHeavy Zone(-10℃から-30℃)用のパイロットウェアとして開発された,N-3Bは、後にアラスカなど極寒冷地における地上作業用として、長期間に渡り採用されていた『究極の防寒着』とさせています。



SNORKLEPARKA_22.jpg



近年、冬場のアウターとしてダウンジャケットが人気を博し、ハイブランドからアウトドアメーカーがしのぎを削っていますが、インナーにはダウンの倍の保温性を誇ると言われている、高機能中綿素材シンサレート<ULTRA>を採用。

シェルには防風、撥水性に加え、耐久性も高い、肉厚のポリエステル×ナイロン混紡超高密度ポプリンを使用している為、『芯』を感じるほどのパリッとしたハリ感のある生地感が特徴的です。

ボリューミーな生地感にはなりますが、着用しても着ぶくれ感はさほどなく、思いのほかコンパクトに纏まっているのはパターンメイクあってのこと。

表面を微起毛させる事で、うっすらと白く毛羽だったようなマットな表情とラバーライクなタッチとなっていて、落ち着いた雰囲気は着る人を選らばないはず。

モディファイするにあたり着易さと実用性を考慮し、着丈を大胆にもショート丈にして、何かと取り扱いのよい1枚となっています。



SNORKLEPARKA_33.jpg


フード周りには贅沢で上質なコヨーテファーを使い、フェイクファーとは一線を画し、佇まいと高級感がぐっと増し、このシュノーケルパーカーを語る上で大切なディティールの1つとなっています。

そもそもフードのファーは、息に含まれる水分がまつげなどに付着し、凍ることを防ぐための実用性ありきのデザインですが、ファッション的観点からデザイン的要素が高いことなど、今回作成するにあたり『リアルファー』に拘りました。

フード内側部分にはN3-Bの前身モデル "N-3" を彷彿させる、視覚的にも暖かなブラウンのウールボアを配してあり、首回りの保温性も抜かりが無い仕様です。



SNORKLEPARKA_44.jpg


デザイン面での変更点は、左袖のシガーソケットを無くし、、ウエストのドローコードを裾へと変更、フロントの比翼はチーループ留めからボタンホールに変更され、すっきりとしたミニマムな顔立ちとなっていいます。

袖の内側に付属する丸編みのニットリブは冷気を遮断し、ポケットのライニングもウールフラノを使うなど、細部まで抜かりない仕様が満載となり、オリジナルの雰囲気を活かしつつも、付属するパーツは"A VONTADE"らしい拘りのセレクトとなっていると思います。

ストーリーのあるディティールを排することで、都会的でスタイリッシュなイメージへとマイナーチェンジをしております。



SNORKLEPARKA_55.jpg


こちらは今季のルックブックより、ジャケットスタイルでのワントーンコーディネート。

元ネタである N3-B 特有の 『ミリタリー感』と 『ドカジャン感』 は綺麗に排除され、ディテールに目を向けなければ、コンパクトに纏ったダウン系アウターの佇まいです。

なのでコーディネートに関しては、特にコレと決めなくても良いかと。

『寒いから着る』 

それだけで全体のスタイルを強引にまとめるパワーがありますので。

先日、ご紹介したFISHTAIL PARKAと双璧の*A VONTADE 最強アウター。

是非、店頭にて実物をご覧ください。


ご来店の程、お待ちしております。














Short Snorkel Parka商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=136876598


Bricklayer Horii

ARCHIVE