Café Racer Jacket

「*A VONTADEと言えばレザー。」

それは僕が入社する以前からも、*A VONTADEの評判として耳に及ぶところでありました。

柔らかく馴染みの良い革質と、身体にピッタリと沿う繊細なパターンメイクで、何より国産レザージャケットとしては破格のコストパフォーマンス。

デザインも伝統的なレザージャケットブランドのようなハードさが無く非常にナチュラル。

街着として気負わずに着れるので、色んな意味でストレスなく着れるプロダクトです。

*A VONTADEの店員になってからもブランドの誇りとして、自信をもってお勧めできるレザージャケットです。


WEAR_2018FW_JK_CafeRacerJK_1.jpg
Café Racer Jacket

material/ COWHIDE
color/ BLACK
size/ S, M, L, XL
price/ ¥86,000- (+tax)

それでは、先シーズンからの継続リリース。ノーカラーのシングルライダースの紹介です。

ダブルライダースのRoad Master Jacketとの人気を二分する、こちらのCafe Racer Jacketは

とにかくシンプルな仕様が特徴で、ダブルよりもスマートにレザージャケットを着こなしたい方にお勧めのライダースです。



WEAR_2018FW_JK_CafeRacerJK_3.jpg

フロントはWaldes社のダブルジップ。

襟元はシンプルなノーカラーで、革ジャンというハードに見えがちなアイテムをプレーンに見せてくれています。

使用される素材は、牛革としては柔らかく耐久性に優れるカウハイドレザー。

オイルをたっぷりと含ませて鞣した後、仕上げに製品洗いをかけることで、牛革とは思えない程柔らかく仕上げています。

その柔らかさは着始めてから1週間もすれば完全に体に馴染み、レザーライダース最大の鬼門である着用時の窮屈さが、短期間で無くなってしまう程。

週末しかこういった洋服を着ない方が、レザーライダースのファッションを楽しむにはベストチョイスな一着です。


WEAR_2018FW_JK_CafeRacerJK_0.jpg


襟型的にインナーを悩まれる方が多いCafe Racer Jacketですが、今回はスウェットパーカーと合わせてスタイリングしてみました。

モックネックなど立ち襟のインナーや、首の詰まったクルーネックなども相性が良いです。実際に着込んでいくとバランス加減が分かってくると思います。

ボトムスはワイドパンツで旬なストリート感をプラス。綺麗に着こなしたい方は細身のパンツでも問題なく似合います。

ジャケットのデザイン自体はシンプルなので、襟のバランスさえ気を付ければどんなシーンにも対応する万能ジャケットです。


いかがでしたでしょうか。

店頭には経年変化のサンプル等もご用意しておりますので、実際試着しながら選んでいただければと思います。

Caafe Racer Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=121277490

Bricklayer Shimada

ARCHIVE