Gardener Shirt Jacket

先行でオンラインストアでリリースしておりました、Gardener Shirt Jacketのご紹介です。

Gardener_Shirt_Jacket_0.jpg
Gardener Shirt Jacket

material/ 100% Cotton
color/ NAVY BLUE, BLACK, BOURDAUX
size/ S, M, L
price/ ¥23,000- (+tax)

1900年代初頭のフランス農夫が着ていたであろうリネンジャケットがイメージソース。

当時物のように着丈は長く、絞りをきかせていないAラインシルエット。サイドにポケットを取り付けることでライトアウターとしての用途を意識しています。

縫製仕様もソースの年代に準拠。
当時はダブルステッチのミシンが無いので一本針のミシンを使用し、サイドやアーム周りは折り伏せ縫いで丁寧に仕上げています。(圧倒的非効率)

20年代以前のデニムとかも折り伏せ縫いですよね、ダブルステッチで一気に仕上げるよりもクラフト感が出て個人的には好きな仕様です。

Gardener_Shirt_Jacket_1.jpg
パラシュートボタン仕様にすることで、ミリタリーエッセンスをプラス。

この仕様も中々変態的で、通好みなシャツだなあとしみじみ。(理解できる人いるのかこれ。。)

元々は飛行機内の作業中や降下中に負荷がかかることでボタンが弾け飛んでしまうのを防ぐための実用的なディティールですが、単純にデザインとして見ても非常に興味深い。

小ぶりなダイキャスト釦を使い製品染めによってテープの色味も統一され、特徴的なディティールが主張せず洋服に溶け込んでいるのがポイント高いです。

Gardener_Shirt_Jacket_2.jpg
裾に向かってやや広がるAラインで生地にもハリがある為、ドレープの美しいシルエットです。

身体に沿うようにフィットするシャツというよりは、むしろコントロールされない洋服の動きを楽しむシャツですね。(あえて確信犯的に...ですが)

巷に溢れるワークシャツなのかドレスシャツなのかよくわからない洋服に比べれば、これこそワークシャツだなあという印象で、アクティブにガシガシ着倒して頂きたい一押しの洋服です。


書きたいことがあり過ぎて生地や色味まで話が到達しませんでしたが、その辺りのことは是非店頭でお確かめください。

スタイリングに使用したFatigue Trousersやハーフジップのポロシャツも入荷しておりますので、選ぶのに迷う楽しい内容であることは保証します。

それでは皆様のご来店、心よりお待ちしております。

Gardener Shirt Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=127220213

Bricklayer Shimada

ARCHIVE