マントコート





今シーズンのアイテムの中でも、是非袖を通して頂きたいアウター、


*A Vontadeの新作、Wool Over Coat。








IMG_9200.jpg




IMG_9210c.jpg





その名の通り、


ビッグシルエットのウールロングコートです。


ざっくりと身を覆い尽くせるロングコートは、

(既に寒いですが。。)これから待ち受ける厳しい寒さに対抗できる、


非常に心強い味方ではないでしょうか。





IMG_9107.jpg

「マントに袖を付けたイメージで」作られたこちら。



着丈も長く、身巾もたっぷりとありますので、

包まれている感?を十分に体感できるあったか~いコートです。



気になるのはその面積が故の重さだと思いますが、


IMG_9216.jpg IMG_9211.jpg


素材に使用したメルトンは、


硬くて重いソレとは違い、軽くて柔らかい、

例えるならふわっとしたフリースのような質感。



IMG_9099.jpg



着用すると、


それこそマントをバサっと身に纏っているかのような

しなやかな落ち感とドレープ感が生まれます。



IMG_8975.jpg

きつい肩線から袖までが一直線でつながったようにパターンメイクされている為、


程よく落ちた肩が全体のシルエットに自然と馴染みます。



決して背の高くない私ですが、

オーバーサイズのコートを着る際に懸念材料としてまず挙がるのが、


"着られている感"が出ないか。



IMG_9027.jpg

その点、このコートは、

ゆったりとした身巾に対して袖巾がやや細めに設定されている為、

全体のバランスは不思議とややすっきりとした印象。

嬉しい事に、そういった心配もクリアになります。



ルーズなシルエットをだらしなく見せず、

逆に美しいシルエットを構築する重要なポイントですね。




IMG_8916c.jpg


至極ミニマルなフロントデザインとは対照的な、

このバックスタイル。


トレンチコートの要素を取り入れた大き目のインバーテッドベントは、


寡黙な男は背中で語る(魅せる)

と言わんばかりの凛とした佇まいを演出します。



カジュアルなスタイルにはもちろん、

ビジネスシーンでも是非ご活用頂き、


背中でデキる男


をアピールしてみるのも良いかもしれません。。。





IMG_8995.jpg



IMG_9001c.jpg



ボリュームのあるコートは、

タイトなボトムスを合わせる事でバランスよくまとまります。


真冬の厳しい寒さのもとでは、衿を立ててスタンドに。


フロントを閉めればそれだけで真冬もばっちりな、ホカホカStyleが完成。


ある意味着こなしは"楽"なコートでもありますが、


冬小物が映えそうなこのコートには、



被り物やマフラーなどでうまく味付けして、


自分なりの冬の着こなしを演出して楽しみたいところです。









詳細は、こちらより。




冬支度いや、


真冬支度がまだの方、是非ご検討下さいませ。
















それでは、ご来店の程心よりお待ちしております。

ARCHIVE