Wind Shield Trousers


本日は先日、ご紹介致しましたFishtail Caotと同生地で作成されたWind Shield Trousersのご紹介となります。

Fishtail Mil. Coatのブログはこちら→http://brick-layer.jp/news/2018/01/fishtail-coat.html


8479_1.jpg
-Wind Shield Trousers-

material/78% Cotton,22%Nylon
color/OLIVE.BLACK
size/S.M.L
price/¥22.000+tax

8458_1.jpg

Wind Shieldパンツなんて聞くとアウトドアやランニングで使用する風避けのパンツを思い浮かべる方もいらっしゃると思いますがいえいえ*A VONTADEのWind ShieldパンツはMilitaryベースのSpecialtyとなっています。

普段ブログをご覧頂いている方はご存知な方も多いと思いますがUS WIND SHIELD SHELL TROUSERをソースにされたパンツ、通称『M51 アークティックオーバーパンツ』

ウエストがドローコードでサイズ調整出来るイージー仕様が嬉しくコットンナイロンを採用させた生地はハリがありナイロンのシャリ感とサラッとしたドライな質感で肌離れも良くこれからの時期に重宝する1本となっています。

これだけのボリュームがありながら軽量で耐久性が優れている点は嬉しいポイントです。


8460_1.jpg

もともとは極寒地用に寒さや風を凌ぐ為、重ね穿きするように作成されていたオーバーパンツ。

オリジナルはかなりの極太で学生時代に穿いていたボ〇タンを彷彿させ懐かしさと苦くも甘酸っぱい思い出が蘇りますが、ポケットや股下の補強テープ等のディティールはオリジナルに限りなく近く忠実に再現されています。

全体的にシルエットはタウンユース用にアレンジされコンパクトにモディファイされていますが写真の通りしっかりとした太さのあるサイズ感となっています。

膝廻りには立体的なシルエットになるようにアクションプリーツが入り動き易さを重視したディティールがどのパンツとも違うシルエットや表情が特徴的です。



8453_1.jpg

チノやタック入りのワイドパンツは浸透はしてきましたが40代オーバーの方はまだまだ抵抗を感じる方も多いようです。

ボトムスとトップスのボリューム感が『キモ』ですので身体に自信のある方はタイト目なアイテムで上半身に引け目を感じる方はルーズなトップスでコーディネートするのが纏まりがよろしいと思います。

さらっとカーゴパンツを穿きこなせる大人への憧れはいくつになっても尽きません。

カーゴパンツは国の数ほどありますがFRENCH ARMY M-47やUS ARMY M65 PTSに匹敵する、名作でコアなファンも多いのではないでしょうか。

裾のドローコードを絞ることでシルエットに変化を持たせる事が出来、合わせる靴や気分によって遊ばれても良いですね。


8466_1.jpg

オリジナルにはないブラックも魅力的です。ミリタリー色が緩和されワントーンコディネートで。

無機質なパンツに飽きられた方は持ってこいではないでしょうか。

それぞれの体格で見え方も違い言葉では説明のし難い良さのあるそんなパンツです。

ぜひ店頭にて試されてみてください。

Wind Shield Trousers 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=127233868

Bricklayer Horii

ARCHIVE