BASISBROKE -EYE-


BASISBROKEよりライトウェイトなブルゾンの入荷がございました。

2cc.jpg
BASISBROKE -EYE-

material/80% cotton.20% silk
color/SMOKE.BLACK
size/2.3
price/¥22.000+tax



夜は羽織モノがないと肌寒いですが日中は春めいた暖かい日が多くなってきました。

暖かくなってくるとロングコートを脱ぎ捨て軽快にショートブルゾンにシフトする方も多いのではないでしょうか。

ブリックレイヤーでも今季ショート丈のブルゾンは注目のトレンドアイテムしてプッシュしていきたいと思います。


スモークバック.jpg

コットンシルクと云えばBASISBROKEではお馴染みの素材。

ハリと光沢が特徴でシルク特有の滑らかな肌触りは着用すると心地良い生地感となっています。

背面にあるベンチレーションをはじめ肩から腕にかけてのカッティングがユニークですがデザイン的にはG-9ジャケットのようなスタンドカラーで汎用性は高い1枚と思います。

裾と袖はリブ仕様でフロントポケットが2つ付属します。こちらのSMOKEはベージュとグレーの中間色でグレージュといった色目が妥当でしょうか。

若干ドロップした肩の傾斜は緩やかで自然な落ち方をし全体的に丸みを帯びたデザインはインナーに合わせるアイテムもオーバーサイズでチラッと裾から覗くレイヤードのバランス感と色目が重要かと。

モデル身長174㎝、体重56㎏、サイズ3着用(サイズ3が大きいサイズ)




11921192.jpg

90年代を彷彿させるビッグシルエットは身幅やアームホールが太く、奥底のタンスに眠っていた洋服が青春時代の若かれしときの思い出として蘇ってくるシルエット。

古着でありがちなシルエットにも見えますがそこはBASISBROKE、野暮ったさの中にも計算しつくされたカッティングは中々ドメスティックブランドにはない佇まいがありインポート商品ならではのトレンドとの塩梅が丁度良い仕上がりとなっていて『今、着たい』アイテムです。

ユニセックスで女性がスキニーパンツと合わせても可愛いと思います。

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズ2着用。


10322301.jpg

パッカブルジャケットとしてバッグにも楽々入り、春先にもアウターを軽く羽織りたい方は是非店頭にてご確認されてください。

少量の入荷となっています、只今開催中の『OUTER FAIR』の対象アイテムです。

サイズ感やシルエット等のお問い合わせもお気軽にご連絡お待ちしています。



Bricklayer Horii

Utility Trousers W/Belt

7951_1.jpg
Utility Trousers W/Belt



material/100% Cotton
color/OLIVE.FADE BLACK
size/S.M.L
price/¥19.000+tax


以前ご紹介させていただきましたUtility Shirtsの同生地で作成したこちらも定番アイテムであるUtility Trousersのご紹介になります。

Utility Shirtsのブログは※こちら     Utility Trousersのブログは※こちら

多くのブランドにサンプリングされアイコニックなデザインとなっていますが米軍のUtility Pantsがベース。

女性のアイテムとしても多く出回るようになってきましたね。


7920_1.jpg


前回はデニムとオリーブの2色でしたが今季は新色であるFADE BLACKでの展開、通称『ベイカーパンツ』で親しまれています。

男の穿くパンツと言えばデニム、チノパン、そして軍パンの3大勢力がベース。

ベイカーパンツはこの3大勢力のうち軍パンに属します。

サイドのポケットがややクセのあるカーゴパンツよりもすっきりとしたベイカーパンツは汎用性も高く、デザインもシンプルで通年での着用頻度が自然と高くなるパンツ。

コーディネートを中和させてくれ『主役』では無いですが『名脇役』と言った感じでしょうか。

オリジナルはバックサテンのタフで頑丈で厚みのある生地を使用していますが高密度に織り上げたオリジナルのポプリンを採用し生地感は薄手でライトな履き心地。

最後にシルケット加工を施し適度な光沢もありカジュアルの中にも『品』を感じます。

緯糸にラフィー糸を打つことでオリジナルに近い適度なムラ感を表現しています。



7929_1.jpg


オリジナルには無いウエストベルトやパッチポケットが特徴です。

ウエストベルトは共地で腰裏で叩き付けた縫い付けになっいて生地感が薄手でライトな穿き心地のイージーパンツ仕様は腰回りは軽くウエストを邪魔することなくホールドしてくれます。

大ぶりなポケットが前後についている為、暑くなるにつれ手ぶら派の方は必須アイテムですね。

新色のブラックも墨黒に近い色目ですがエージングを楽しめる1本となっています。



7902_1.jpg

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用。

股上は深く若干テーパードしていますがストレートに近いシルエット。

通常Sサイズでパンツを選ぶ事が多いですがシルエットは全体的にルーズな為、Mサイズぐらいのサイズ感です。時季的なものですかねこのタイプのパンツを履きたくなるの。。

イージーパンツ仕様なため俄然ゆるくオーバーサイズが好みです。


7908_1.jpg


OLIVEはMサイズ着用。

暖かくなるにつれTEEシャツはもちろんですが少し味気ない為、開襟シャツやポロシャツなんかが今年は気分でしょうか。

タック入りのテーパードが強いシルエットやスリムタイプに食傷気味のかたお気軽にご連絡をください。

主張は控えめですが頼りになるUtility Trousers,自分もそんな憧れと存在になりたいです。

Utility Trousers W/Belt-商品ページ-

Bricklayer Horii

Banded Collar Shirt -Cotton/Linen Chambray-

弊社定番のBanded Collar Shirt、春夏限定のコットンリネンシャンブレーが入荷しております。

BandedLinen18SS_0.jpg
Banded Collar Shirt -Cotton/ Linen Chambray-

material/ 55% Cotton, 45% Linen
color/ NAVY STRIPE, BLUE STRIPE
size/ one, S, M, L
price/ ¥18,000- (+tax)

当店の顧客様から圧倒的支持を頂いているコットンリネンのバンドカラーシャツ。去年は売れすぎて早々にSOLDしたので、今期はかなりの数をオーダーしておりますが、それでも既に本社に追加をかけたりと相変わらず需要に供給が追い付いていない状態です。

長い着丈にゆったりとした身幅。当店のStyleにハマるリラックス&アダルトなルックス。

サイドの縫製は巻き縫いでしっかりと仕上げ、ユーロのオールドシャツに見られるヴィンテージディティールもしっかりと抑え、細部の作りこみからも洋服好きを唸らせる一着となっています。

BandedLinen18SS_1.jpg
ダブルストライプで爽やかに捻りをきかせたBLUE STRIPEは、白の面積が大きくなる分ドレッシーな印象の柄。大人びた印象に見せたい方は、NAVY STRIPEよりもこちらを選ばれてみてはいかがでしょうか。

生地は通常晒しで使う糸も白に糸染めする事で全体にメリハリを効かせ、清潔感のあるルックスに仕上げています。
生成りの土臭さも嫌いじゃないですが、セットアップスタイルに合わせたりデニムやカーゴパンツをクリーンに履きこなすには真っ白地なシャツは欠かせません。

また、ボタンも生地の色に合わせて白に染色した貝ボタンを使用することで、全体に統一感を持たせています。
その為コーディネートの中で主張せず素直にスタイルを格上げしてくれる洋服になっています。

シャツは男性のワードローブの基本となる洋服。シンプルで細部まで手の行き届いた物を選びたいですからね。

WEAR_2018SS_STAD_0.jpg
こちらはよりカジュアル感の強いNAVY STRIPE。

今季は特にLax Sack Coatとの組み合わせがオススメ。

どちらの洋服もクリーンな印象ながら、ほんの少し砕けたカジュアル感がありますので非常に相性が良いです。


BandedLinen18SS_.jpg

もう少し暖かくなってからは袖を捲って一枚で着ても良いのがストライプシャツ。長く着れるって素直に嬉しい。

着用期間が長い分コスパも良いので、何を買っていいか分からないお客様にはとりあえずこれをオススメしています笑

クリーンなストライプは先日紹介したLounge Jacketのセットアップとの相性も良いので、今年の春夏はセットアップとこのシャツで勝負してみてはいかがでしょうか。

週末は開花宣言も出ており目黒川沿いも芽吹き始めています。花見のついでに是非ご試着にお立ち寄りください。

Banded Collar Shirt -Cotton/Linen Chambray- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=128616903

Bricklayer Shimada

Lounge Jacket & Slim Easy Slacks

*A Vontade 定番のセットアップのご紹介です。

18SS立ち上がりのタイミングで既に入荷はしておりましたが、入学式や職場環境の変化等でカジュアルなセットアップがご入り用の方も多いかと思われますので、改めてご紹介させて頂きます。


LoungeJacket18SS_0.jpg
Lounge Jacket

material/ 64% Polyester, 34% Rayon, 2% Pu
color/ DK.NAVY, DK.CHARCOAL, BLACK
size/ S, M, L
price/ ¥32,000- (+tax)

Slim Easy Slacks

material/ 64% Polyester, 34% Rayon, 2% Pu
color/ DK.NAVY, DK.CHARCOAL, BLACK
size/ S, M, L, XL
price/ ¥18,000- (+tax)

数シーズン前から定番として展開しているLounge JacketとSlim Easy Slacksのセットアップ。

2つボタンのモダンなジャケットにイージーパンツ仕様のスラックスを合わせることで、普通のスーツに比べてカジュアルでリラックス感のあるセットアップとして提案しています。

カジュアルセットアップと云えど技術ある日本のファクトリーで丁寧に仕立て上げられたジャケットは、その辺に売られている吊るしのスーツに比べてクオリティは当然高いです。

やや前振りに曲線を描くよう取り付けられた袖周りや「細部に神は宿る」が口癖のデザイナーによって丁寧に作りこまれたディティールのフィニッシュからも、カジュアルスーツとしては十分すぎるほどの"品格"を感じ取ることができます。


LoungeJacket18SS_1.jpg
スラックスの意匠を取り入れたイージーパンツは、裾に向かってテーパードした細身のシルエット。デザイン的にプレーンに見える為ジャケット以外の洋服やスニーカーとの相性も良く、単体で着用されるお客様も多いです。

素材はジャケットと同じくストレッチサージを使用。
伸縮性が良くレーヨン特有の粘りのあるこの生地は、極めて上質なジャージのような素材感で、思わず着ていることを忘れるほど快適な着用感です。


LoungeJacket18SS_2.jpg
着用写真ではDK.CHARCOALをジャケットSサイズ、パンツをMサイズで合わせています。

ジャケットはSサイズでもややゆとりを感じるシルエットで、ストレッチも効いている分、ピタッとしたスーツよりもリラックスした印象でご着用いただけます。

パンツは敢えてワンサイズ上げて履いていますが、ピタッとしたサイズで合わせても良いです。この辺の塩梅は是非店頭で確かめて頂きたいですね。


式典等の際にはタイを締めてピシッと合わせて頂きたいのですが、普段使いにバンドカラーシャツやカットソーを合わせてカジュアルに着崩してあげることで、着用シーンはぐっと広がります。

僕個人としては初見の女性とのデートで着ていく事が多いですね。

スーツを着ていくよりも柔らかい雰囲気を演出できますし、ジャケパンスタイルのように古臭くない。

場所に合わせてスニーカーをチョイスしたり、シャツをタックアウトしたりすることで更にカジュアル感を演出できるので、このセットアップ一着で色々と着回しが効いて非常に便利です。

カジュアル過ぎるスタイルは女性の好みがある分リスキーですが、セットアップで無難に(センス良く)合わせることでデートの成功率も上がります。(当社比)

初デートは良くてもその後大体振られてしまう僕なので、結局着る人の人間性が一番大事っていうのがこのブログの落ちなのですが、人間性で損をしてもいい服を着ていて損をしたことは無いので、是非この"本気"のカジュアルセットアップで春を手に入れてみてください。

Lounge Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=107146308

Slim Easy Slacks 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=107158230

Bricklayer Shimada

O project -Sweat Cardigan & Loose Fitted Hooded-

O Projectより、待望の入荷がありました。

Oproject_2018ss_013.jpg
O project 公式サイト:https://www.o-project.be/

2018春夏コレクション(Fashion Snap):https://www.fashion-press.net/collections/8073

O projectはベルギー出身のデザイナー "Jan jan van essche"が手掛ける、ユニセックスブランドです。

"O"が意味するのはひとつの"LINK"のつながり。

アイテムは1点1点異なりながらも、同じ時の中で一つの物語が作られていく。1つのサークル"O"として日常のルーティーンの中、ゆっくりと形を変え、それぞれの個性が作られていく。

毎日は同じようでも一日として同じ日は無く、人はその中で成長していく。だからこそ、リンク"O"することが大切で、互いにつながりあうことが必要になると考え、"O"の意味する"つながり・廻っている様相"をコレクションで表現しています。

先日紹介したニットに引き続き、ブランドメッセージを代弁するフードパーカーとカーディガンが入荷しました。

O_Sweat_1.jpg
O project -Loose Fitted Hooded-

material/ 85% Cotton, 15% Kapok
color/ DORO, LT.GREY
size/ S
price/ ¥35,000- (+tax)

-Sweat Cardigan-

material/ 85% Cotton, 15% Kapok
color/ DORO, LT.GREY
size/ one
price/ ¥27,000- (+tax)

O_Sweat_0.jpg
カラーは墨黒に近い"DORO"と、白に薄くブルーを溶かしたような"LT.GREY"をそれぞれご用意。

自然からインスピレーションを受けたカラーをのせた裏毛仕様のスウェット生地には、エコロジー素材であるカポックがブレンドされており、Oというブランドネームが意味する『循環』の精神を感じ取ることが出来ます。

O_Sweat_3.jpg
着込んでいったスウェットが退色し、伸び、変形していったような"O"のスウェット達は、カジュアルウェアの到達点ともいえるでしょう。

昔気に入って着ていたリバースウィーブのスウェット。洗濯と乾燥を繰り返すうちにヨレて元に戻らなくなっていく。しかし吸い付くように肌に馴染み、着ていることを意識しなくなっていくあの感覚を"O"のスウェットに袖を通したときに思い出しました。

着ることで洋服が変化し、それに伴って感覚も変化していく。"到達点"から俯瞰することで、そんな当たり前の"ルーティーン"の楽しさに気付かせてくれるのがOのスウェットです。

O_Sweat_4.jpg
いつものジーンズ、いつもの軍パンにサンダルでも合わせて、気負わずに着る事がこのブランドを楽しむポイントかなと考えています。

普段の装いにおいてリラックスしている事と、だらしなく見える事の間には大きな隔たりがありますが、これだけルーズなシルエットを上品に見せるデザイナーの手腕には舌を巻きます。

一度袖を通せば、快い感覚で新たに洋服を楽しめることがお分かりいただけるはずです。


緻密にコントロールされた*A VONTADEの洋服に比べ、ふっと力の抜けたO projectの洋服は今までBricklayerで買ってきた方にはかなり新鮮に映るかと思われます。

手持ちのワードローブに閉塞感を感じている方には特におすすめしたい洋服です。

ご興味があれば、ふらっと立ち寄ったついでに袖を通してみてください。

O project -Sweat Cardigan- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=128996392

O project -Loose Fitted Hooded- 商品ページ→

Bricklayer Shimada

IMG_3798.JPG
蛇足ですがJan janとワタクシ。

帽子みたいに見えるの、ドレッドです。

ARCHIVE