Lady's Summer Items

本日はレディースのご紹介。

店頭にいらしている方の目には留まっているハズですが、ダリアのリメイクTが入荷しております。

dahlia_remake_tee_1.jpg
数種類の布帛の彩りが華やかで、ダリアらしいレトロでガーリーな世界観が表現されています。

ボディはそのままに、リボンを単純に叩き付けたチープ(?)な作りが、稚く愛らしい雰囲気。

とはいえ柄のチョイスや色彩感覚からは元スタイリストのデザイナーならではの成熟したセンスが滲み出ていて、デザインとのアンバランス感に何故か引き込まれてしまう。

dahlia_remake_tee_0.jpg
色違いでINDIGO染めVer.もご用意しております。

華やかなWHITEと比べれば、グッと上品な印象ですね。

ボディはインディゴらしいムラ感がナチュラルな雰囲気で、夏らしくリネン素材のボトムスと合わせて見たくなります。

ウチではレディースにそこまで力を入れていないので、このTシャツに限らず少量の入荷となりますが。

コレ!というモノに焦点を絞って、これからも紹介していきます。


dahl'ia -Remake Ribon T-Shirt-

material/ 100% Cotton
color/ WHITE, INDIGO
size/ one (Ladies M相当)
price/ ¥8,500- (WHITE), ¥9,500- (INDIGO)




Bricklayer Shimada

Lax Polo S/S

*A VONTADEよりLax Polo S/Sのご紹介です。

LaxPoloSS_.jpg
Lax Polo S/S

material/ 100% Cotton
color/ CHARCOAL, MINT GREEN, SHELL PINK
size/ S, M, L
price/ ¥14,000- (+tax)

ピグメント染めで暖かい表情に仕上げたポロシャツです。

素材には弊社オリジナルの鹿子を使用。40番手を双糸することで、製品染めながら奥深い艶のある一着。

鹿子特有のドライなタッチも特徴で、夏にピッタリなサラッとした着用感でお召しいただけます。


LaxPoloSS_1.jpg
身長 174cm 体重 58kg Size:S Color:CHARCOAL

セミフォーマルなシーンにも相性の良いポロシャツは、ラウンジスーツと合わせても決まります。

逆に休日はサンダルやショーツを合わせたり、ポロはとにかく着回しが効きますよ。


LaxPoloSS_5.jpg
とくに拘った襟型は台襟付きのヘラシ衿。現在では日本でしか作れない希少な技術を用いて丁寧に作りこんでいます。

台襟がある為ジャケットと合わせた時にビシッと直立し、フォーマルで大人な雰囲気を演出。引き締まって凄く色っぽい。

洗濯を繰り返してもへたり難いので、長くいい状態でご愛用頂けます。

LaxPoloSS_4.jpg
身長 174cm 体重 58kg Size:L Color:MINT GREEN

逆にこのくらい砕けた雰囲気もいいですよね。凄く中間的な洋服だからカジュアルにもやり込める。

写真はLサイズでこのポロの持つ"Lax感"をより深めていますが、Sでも肩幅55cmなので、普段通りのサイズでも1枚でかなりリラックスした印象です。


そして何よりMINT GREENの発色が奥深い。

アタリ感が強いのにも関わらず、艶っぽい。でもちゃんとカジュアルしてるこのバランス。

なんとなくオーバーダイしてるとか、見せかけじゃないんですよね、しっかりとした理由があってこの素材にしてるというか。店員という立場抜きに凄いと思います。大丈夫、ちゃんと本音ですから。


そうそう、スタイリングに使用している新素材、新入荷の1 Tuck Tapered Easy TrousersとFrance Chino、オンライン掲載してるので皆さん是非買ってね。(これも本音)


Lax Polo S/S 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131617751

1 Tuck Tapered Easy Trousers→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131616198

Bricklayer Shimada

Hooded Pullover Shirt

*A VONTADEより、フード付きのスキッパーシャツのご紹介です。

HoodedPulloverSH_0.jpg
Hooded Pullover Shirt

material/ 100% Cotton
color/ DK.NAVY, WHITE/NAVY STRIPE
size/ M, L
price/ ¥20,000- (+tax)


2017SSより継続で提案しているHooded Pullover Shirt。

マリンテイストを取り入れた抜け感のあるデザインで、他に類を見ない個性的な一枚。

先シーズンはお取引させて頂いている個店様含め非常に評判が良く、今期も継続で提案させて頂いております。


HoodedPulloverSH_1.jpg
素材はギザコットンの120番手を双糸にして高密度に織り上げたポプリン。

仕上げにガス焼き加工を施す事で、皺の入りにくいシルキータッチに仕上げています。

見た目にも艶感が増し、カジュアルなデザインながら清潔感のある好感度高めなルックスです。

細番手の双糸はBanded Collar Shirtなど他の洋服でも提案している素材ですが、光沢感を生かした上品さとデイリーに使える耐久性とのバランスが絶妙なんです。

とは言え120番手の高級糸を2本より合わせているわけですから、コストもかなり高めにはなってしまうんですが。。

WEAR_2018SS_HoodedPulloverSH_0.jpg
身長 174cm 体重 56kg Size:L Color:DK.NAVY

パーカーらしいカジュアル感とシャツ生地ならではの軽さを生かした、見た目にも涼し気なショーツスタイル。

単調になりがちなネイビーカラーですが、絶妙な色合わせで抜け感を強調しています。

スモーキーなブルーやパステルカラーなど、遊んでる色目をBricklayerでは今季多めに用意してあるので、そちらと合わせてコーディネートしていただければいい雰囲気で着れますよ。


WEAR_2018SS_HoodedPulloverSH_1.jpg
身長 174cm 体重 56kg Size:L Color:WHITE/NAVY STRIPE

とことんAOHARUストライプはマリンスタイルで。もう夏みたいだけど。

生地が軽いからコーチジャケット的なライトアウターと合わせても重くなりすぎないのが嬉しい。ボタンを開ければもう少し軽く見せれるし、生地感も上品でカジュアル過ぎません。


僕世代が分かってる風で大人っぽく着ても良いのですが、カジュアルに振り切れない30代が無理なく似合う洋服なんだと思います。去年販売した手ごたえとしては。

手堅く揃えがちなワードローブに遊びを入れてみてはいかがでしょうか。ご試着お待ちしております。

Hooded Skipper Shirt 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=115144028

Bricklayer Shimada

GRIP SWANY

新ブランドのご紹介です。

BNR_2018SS_Gripswany_0.jpg
GRIP SWANYはアメリカのアウトドアブランド。

1848年創業で、現在に至るまで実用的なプロダクトを生産し続けています。

以下ブランドページより抜粋。

1848年ゴールドラッシュで一攫千金を狙う採掘者に向けGRIPSWANYグローブが誕生しました。素手での発掘は困難を極めバッファローの革でグローブを作ったのが始まりです。私たちはそこから改良を重ね牛革(ステアハイド)を採用し手に馴染むよう設計していきました。

GRIPSWANYグローブ独特の黄色はスワニーイエローと呼ばれています。当時は灯りが少なくグローブを落とした時に見つけやすくする様イエローに染めるアイデアが生まれ現行モデルでも同じ色に染色しています。ワークグローブの原型ともいえるGRIPSWANYイエローカラーのグローブは世界中で膨大なコピー商品を生み出しています。

2010年GRIPSWANYグローブに付随したキャンプウエアが誕生しました。なかでもキャンプ、焚き火で使用するグローブを収納出来るGRIPSWANYオリジナルデザインのBIGポケットを搭載したワークパンツ、キャンプパンツ、ギアパンツ、ファイアーポンチョ、ファイアージャケットを開発し新たに焚き火キャンプウエアのカテゴリを作ることが出来ました。これからも私たちGRIPSWANYはGRIPSWANYらしいアウトドアスタイルの提案をし続けて行きます。

gripswany_1.jpg
Grip Swany -Camp Gear Stuff Bag-

material/ 100% Cotton/ 牛革
color/ BLACK, OLIVE
size/ -
price/ ¥6,000- (+tax)

看板商品であるレザーグローブ以外にも様々なプロダクトを生産しているGrip Swany。

そのアメリカンスピリットを受け継いだスタッフバッグになります。

素材は日本製の10号キャンバスを使ったパラフィン地。

蝋によってコットンキャンバスに耐水性を施し、耐久性にも優れた素材になります。

前身にポケットが2つと、アウトドアにはもちろん普段使いにも優れたスタッフバッグです。

gripswany_4.jpg
シティーウェアとしても普段着に馴染みの良いデザイン。

Bricklayerの洋服と非常に相性が良いのではないでしょうか。

質実剛健なモノづくりを続けるブランドだけに、道具然とした佇まいも魅力。

コスパにも優れているので、デザインが気に入ったらとりあえず買いでしょう。

gripswany_2.jpg
Grip Swany -Camp Gear Sacoche-

material/ 100% Cotton/ 牛革
color/ YELLOW, OLIVE, BLACK
size/ -
price/ ¥3,500- (+tax)

サコッシュタイプのコチラ。素材はスタッフバッグと同じものになります。

サコッシュと云えばナイロン素材のイメージがありますが、パラフィンのクラシックな素材感も相まって、ありそうで無いルックスに仕上がっていますね。

強度が不安な部分にはブランドの看板商品のグローブと同じレザーで補強し、口をラウンドさせることで使い勝手を増したりと、細やかな配慮がされています。

gripswany_5.jpg
Militaryに馴染む馴染む。

気温の変わりやすいこの季節、ペンダント感覚でアウターの中に忍ばせて、財布や携帯だけ入れて外出したりと非常に便利。使ってみると手放せなくなるハズです。

DeadstockのM1943との組み合わせてみましたが、このジャケット中々いいでしょ。まさかのフラッシャー(?)付き。

書いてある数字も記号的で、自然にデコレートされた感じがイケてます。ホッチキスぽいもので留められている為簡単に取れます、なので洗うかどうかは自己責任で笑

着用サイズは40Rになりますが、何故かこのフラッシャータイプは2着だけ。フラッシャー無しはまだ在庫余裕ありますので、着になる方はどうぞ宜しくです。(店頭販売のみ)

Camp Gear Stuff Bag 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131470185

Camp Gear Sacoche 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131470080

Bricklayer Shimada

LINEN SHIRTSコーディネート



暖かくなってきたここ最近、手にされるお客様が多いリネンシャツ。

この時期、カットソー中心だった先シーズンに比べても、特にシャツを気にされるお客様が多い印象ですね。(良い傾向です笑)

ただ今シーズンのラインナップ2型は衿型にやや癖があるデザインなので中々着こなしが難しい。。。

と懸念、もしくは断念されている方もちらほらといらっしゃるので、おススメの着こなしの提案です。



1_1_1.jpg

-Peaked Shirts Jacket-

material/100%Linen
color/NATURAL.BLACK.OLIVE
size/S.M.L
price/¥27.000+tax


まずはピークドラペルが異彩を放つPeaked Shirts Jacket。


2_2_2.jpg

ピークドラペル自体、一言で云うと『エロい衿型(笑)』です。

ただこのように洗いをかけて天日干しにすれば(※製品は未洗いになります)高密度に打ち込まれたリネンが空気を孕んでふわっと膨らみ、LAXな表情が湧き出てきますので、あとは履きこんだボロいデニムで若干『汚して』あげるととてもバランス良くまとまります。



3_3_3.jpg

今回はフロントを全開き、くたくたのTシャツ&ストールでかなり抜け感を強調してみましたが、インナーは(首の詰まったTシャツは避けて)タンクトップやVネック、あとはシルバーアクセなどで、足りなくなった大人のエロスをうまく調合してあげてください。


足し算と引き算のバランスを間違えると若干火傷する可能性がありますが笑、(特に30代後半~な方は)そこの計算も含めて試行錯誤、楽しんで頂ければ幸いです。


Peaked Shirts Jacket商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=115926658



4_4_4.jpg


-Safari Shirts L/S-

material/100% Linen
color/NATURAL.BLACK.WHITE
size/S.M.L
price/¥23.000+tax


こちらもお客様を悩ませる?衿型の1つ、イタリアンカラーのSafari Shirts。



5_5_5.jpg


どうしてもエレガントさが強調されがちな衿型ですので、こちらもまずは洗い→天日干しする事でポケットや巻き縫い部分のパッカリングが強調され全体的に"SAFARI"感(?)が出ますので、あとは衿を抜け気味に、なるべくシンプルにまとめてみてください。

仮に開襟シャツと同じ扱いで着ても、仕上がりにちゃっかり"一癖"付いてくれるのが何と言ってもこのシャツの魅力。

ちょっと抜け過ぎかな?の場合はシャツをタックインすれば、それだけでグッと引き締まりますので、あとはハットや色眼鏡などお気に入りの小物をさらりと足して『大人の休日』を演出してみてください。



6_6_6.jpg

どちらも『クセが凄い』衿型のシャツの魅力は、天然繊維の力の抜けた素材感+されたエレガントさやドレス感。

そこの塩梅を+-調整しながら、いかに楽しめるか、が着こなしのキーワードです。

Tシャツ一辺倒のシーズンになる前に、是非店頭にて(あれやこれや)試されてみてください。

ご来店の程、お待ちしております。

Safari Shirts L/S商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=129857435



ARCHIVE