Cowboy Jacket


9244_1.jpg



■Cowboy Jacket■

material/100% Cotton
color/STONE WHITE,BLACK
price/¥25.000
size/S.M.L





1950年代に作成された某ブランドの傑作をモチーフに作成されたこちらのジャケット。

こちらの写真を見てピンと来た方、目新しいと思われる方はブリックレイヤーのブログをご覧頂いている方で半々ぐらいでしょうか。

本日は18FWで好評でしたCowboy Jacketの素材違いでのご紹介です。




8913_1.jpg


コーデュロイを使用した秋冬に対し、春夏はサテン地を採用。


サテンのGジャンと云えばやはり Westerner が有名ですが、そういう意味ではWesternerよりWesterner なこのデザインがハマらない訳ないですよね笑。


古着屋で見かけるモノよりは若干薄いでしょうか。ただシャツよりは肉厚という絶妙なMiddle Weight。



9075_1.jpg


ウエスタンヨークやパールドット釦はウエスタンシャツ、丈感やシルエットはGジャンを彷彿させるジャケットとシャツとの中間的な存在です。


あとGジャンは何と言っても『着丈』 がとっても重要。


一般的に極端に短い着丈は敬遠されますが、今風に長いのもVintage 育ちの人間から言わせるとダサい、という個人的には許容範囲2cm前後のとても狭い世界。


こちらは未洗い/ Mサイズで61.5cm(後ろ中心で衿の付け根から測定)。洗いをかけて約60cmぐらいでしょうか。


あとはフロントを若干落とし気味(前丈を若干長め)にパターンメイクしていますので、身長170~176cm ぐらいの方には丁度良い塩梅ではないでしょうか。


ちなみにウチのビッグジュンことコースケ(182cm) はLでギリですかね笑。


身巾はゆったり目のBOXYなシルエット。3rd というよりは 1st (と2ndの中間) あたりのイメージが近いと思います。









9296_1.jpg
モデル身長183㎝、体重65㎏、サイズL着用



こちらはBlack。未洗いの状態ですとサテン特有の光沢感が若干エロす、ですが、これは洗いをかけると落ち着くかと。


ブラックはスリムデニムに合わせストレートなコーディネート。スニーカーでは無く革靴がスタイリングをグッと引き締めます。


ボディーの色に合わせたパールドット釦はアクセントになりコーディネートに一役買ってくれます


ブラックはどちらかと云うとキレイ目寄せなスタイリングが◎


前回のスタイルでも使いましたが、今時期は中間着としてアウターの下に着用するのがベストかと。



8807_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用




こちらはサテンのGジャンと云えば、の鉄板カラーSTONE WHITE。


生成りではなく、アイボリー調の例のwesternerな色です。



Jonny Depp がウエスタンシャツ(たぶんRRL)の着丈をこれぐらいにぶった斬ってよく着てますよね。個人的にはあのビジュアル、バランスも参考になるかと思います。


そういう意味では 『シャツ代わり』 としての使い方が正解でしょうか。


デザイナーもよくレザーライダースやカーディガンのインナーに着ていますが、確かに裾がラウンドしたシャツ(出し)だと若干、垂れた印象の着こなしが、スクエアーでコンパクトな着丈によって締まるというか、多少Rude に振ってもだらしなさは感じさせませんね。



今季ショート丈のジャケットはブリックレイヤーでもプッシュしていきたいアイテムの1つ。


レイヤリングで着丈のバランスを楽しめ、ボトムスのシルエットによってもオリジナリティーある着こなしになる為、提案しがいのある商品です。


デニムのGジャンに食傷気味の方,王道デニムジャケットとは違った、少しマニアックな雰囲気にグッとくる方も多いのではないでしょうか。


このブログでは触れませんでしたが10oz Denimは継続展開していますので、こちらも是非。



Cowboy Jacket 10oz Denimブログはこちら→http://brick-layer.jp/news/2018/09/cowboy-jacket.html


Cowboy Jacket 10oz Denim商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134757207


Cowboy Jacket Lt.Weight Sateen商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=139524278


Bricklayer Horii

Linen Duster Coat

IMG_9037.JPG





■ Linen Duster Coat ■


material/100% Linen

color/NAVY GREN CHECK,INK BLACK

price/¥38.000

size/S.M.L.





duster2.JPG




ロング丈ダスターコートのご紹介です。



素材は40番手のリネン100%。高密度で織り上げてハリ感を出しました。



触った感じはシャリ感があり中厚ですが、光に透かせてみると、ほのかに背景が透け軽さのある素材です。



『リネン』と聞くと春夏素材をイメージする方が多いと思います。それもそのはず、コットンに比べ4倍の吸水性があり、汗ばむ季節には最適なのです。



着用時は凹凸があるので肌を面では無く、点で捉えサラッとしています。



『素材感』を肌にダイレクトに感じることが出来るのも一枚仕立てならでは。



リネンだからといってチクチクすることもありませんのでご安心を。



糊落とし程度に洗いはかけていますが、さらには洗いを重ねると 『クタッ』としてきてドレープ性が増してきます。





duster3.JPG



衿付けに向かって、カーブを付けた前立てはカバーオールのようなデザイン。


カバーオールに寄せると巻き縫いが多用されますが、肩、袖、背中の接ぎの直線に近い縫製は、折伏せ縫い。


衿裏には永年の着用でおこる『垂れ』を防ぐのと、補強を備えたジグザグステッチ。衿を立てた際にもアクセントになります。


パッカリングが強く出過ぎると、どうしてもカジュアル要素が増すので、そこは極力抑えて、クラシックな出で立ちに。


元ネタのオリジナルは何かと用途不明なパッチポケットが多いダスターコートですが、フラップポケット付きの玉縁ポケットに胸ポケットは内側にアレンジした結果、土臭さが適度に抑えられ、どこかモダンな表情に昇華しています。



ナチュラル系雑貨屋さんにありそうな 『りねんこーと』 とは、いっしょに見られたくないですからね、


使われている付属も、ボタンは本水牛、裏には革の力釦と 『天然モノしばり』 をデザインに課しました。


素材と共にこちらも経年変化を感じて頂けるかと。




dusutertyaku1.jpg





こちらはINK BLACK。 


元々、先染めの白×黒のグレンチェックの生地を墨染めコーティングでオーバーダイ(生地染め)しています。


1900年代初頭のヨーロピアンインディゴリネンダスターコートをご存じの方は、イメージして頂けると思いますが、ややペタッとしたフラットな生地感で、タッチにもぷりぷりとした質感が感じ取れます。


軽さの中にもずっしりとした重厚感というか、、、旨く説明できないので実物見て下さい笑。



こちらはインディゴ同様に自然な経年変化によって良い感じにやれ感が出てきて、ハリも徐々に軽減されていくはず

(※汗や洗濯でも少し色が出る場合がありますので、インナーや白物への色移りには十分ご注意下さい。)


シルエットは身幅をしっかりと確保しているので、『中間着』としてカウボーイジャケットを着てもこの余裕。


身幅がある分、太めのパンツをロールアップして裾にボリュームを持たせた方が、全体のバランスが取り易いと思います。






dasuteretyaku2.jpg





182cm/Lサイズ着用。横からの方が身幅の膨らみが分かり易いですね。素材のドレープ感を楽しめる優雅なAラインのシルエットです。


風を感じながら大股で闊歩する姿が絵になりますね。ダスター(埃除け)コートですし笑。


僕は無駄にデカいので、着丈は膝にかかるかどうか程度ですが、175前後の方ですと 膝が隠れるくらいのベストな着丈になるかと。





IMG_8717.JPG




こちらはNAVY GREN CHECK。 172cm/Mサイズ着用。


遠目で見るとチェックというよりはグレーに近い色目に見えますかね。


トラッドの代表格ともされるグレンチェックですが、リネンの質感と、春らしく柄のリピートを小さめに、配色もオフ、ネイビーとブルーと3色で纏めているので、パッキっと柄を前面に出さずに馴染む程度に抑えています。


墨染めコーティングのINK BLACKと糸番手は同じですが、こちらの方が圧倒的に軽やかで、生地にも膨らみがあります。


もう少し涼しくなれば、シャツの替わりとしてTシャツの上からさらっと羽織っても良いですかね、春先は革のサンダル辺りで軽さを演出してみて下さい。


あとは女性の方がVネックの白Tの上からオーバーサイズでさらっと着てても素敵(というか好き)ですね。


こちらは同素材にてあのジャケットとパンツのご用意がありますので、また追ってご紹介させて頂きます。




Bricklayer コースケ

Denim Mil. Trousers -10oz Selvdge Denim-


IMG_8578.jpg




■ Denim Mil. Trousers -10oz Selvdge Denim- ■


material/100% Cotton

color/INDIGO

price/¥21.000

size/XS.S.M.L.XL




denimtrouser2.jpg




大戦中のミリタリーパンツをイメージソースに作成した新型のデニムトラウザースをご紹介。


 

こちらはすでに2週間、未洗いのまま個人的に着用しています。


 

残念ながらお見せしたい色落ちはまだ皆無ですが、ヒゲやハチの巣の 『形状記憶』 は出来てきましたよ。 




ゆったり目のシルエットでオンスもやや薄手の為、ジーンズに比べるとややアタリが出にくいので、あと2、3か月は洗わずにこのまま育ててみようかと思っています。(※店頭でも未洗い&糊付けのままで販売しております)







denimtrouser3.jpg




素材は10ozのセルビッチデニム。



通常のジーンズが大体13oz前後と考えるとやや薄手の部類でしょうか。チノトラウザーと同じぐらいの肉厚です。




強撚したインディゴ糸を使った打ち込みの強いこちらは、



長年放置されたデッドストックのようなフラットで腰の強い生地感



打ち込みの強さに堪えられず、濃紺のインディゴ糸の隙間から所々飛び出した緯糸ネップのザラ感



など、デニム通の方が見ても



『いい(色落ちする)子に育つ気配』




を手にした瞬間に感じて頂けると思います。





denimtrouser4.jpg




脇はもちろんセルビッチ仕様ですが、片耳? あれ、Wステッチ??



よく見ると片側に耳を揃えて、ダブルのチェーンステッチで仕上げられています。



 

『デザイン的にはダブルの巻き縫い(チェーンステッチ)でいきたいけど、せっかくの耳を落とすのは忍びない 』

 



というデザイナーのこだわり(わがまま?)から生まれた工場泣かせの縫製仕様なので、もしレングスが長い場合はカットせずにこのように3つ折りにして履いて下さい笑。






denimtrouser5.jpg




先の説明通り、脇はウエストから裾まで両耳使い(直線)のザ・メンズなシルエットです。




こちらは182cm / Mサイズ着用。175cm前後の方ですともう少しゆったり見えるかと思います。



裾巾はMサイズで23cm。 ドカンではなく適度にテーパードが利いていますので、トップス、靴のチョイスなど何かと扱いやすいシルエットです。


 

レザーライダースに古着のカバーオールと、ややrude & heritage な着こなしですが、素材の雰囲気以外のデザインや縫製面はとてもミニマルにまとまっていますので、こういう合わせでもそれ程 『匂い』 はきつくないですね。


 

あとは靴やアクセなどの小物に少し 『品』 のあるモノを取り入れる事で、数年前に流行った 『ラ●ッド』 にまんまタイムスリップする事もないかと。



ここ数年のトレンドとしては、イージーパンツや高機能ストレッチ素材など 『楽』 で 『クリーン』 なアイテムが主流ですが、そうした中にも、少しゴリっとしたアイテムを意識的に取り入れるのがそろそろ気分ですかね。



今、若者の間ではレコードやカセットなどアナログブームみたいですし 『 楽=Happy 』 ではない人がここに来てまた増えてきてる気がします。



 

洋服に関しても 『ファッション』 と 『モノ』 とのバランスのとり方、付き合い方が、センスを問われる時代なのかと。



 

こちらのデニムは夏前ぐらいには良い子に育ってると思いますので、成長過程は追って紹介させて頂きますが、同じく夏までに育ててみたい里親様がいらっしゃいましたら、早めにご要望下さいませ。

 

 


Bricklayer コースケ


 


Old Potter Jacket -Water resistant Highcount Oxford-

2019SS Ver. オールドポッタージャケットが本日店頭に届きました。



ヨーロピアンクラシックな雰囲気がお好きな方に是非ともお勧めしたい1着です。



早速ご紹介していきます。




IMG_8493.JPG



■ Old Potter Jacket -Water resistant Highcount Oxford- ■


material/ 100%Cotton

color/ DEEP NAVY

price/¥40.000

size/S.M.L.





IMG_8469.JPG




素材は超高密度に織り上げたコットン100%オックスフォード。


元々、イギリス軍用に開発された VENTILE ®と同規格の打ち込みで、薄手ながら腰があり、風が吹いても繊維の隙間を抜けることができずシャットアウトします。



ただそこはコットン素材、着用時の体温はしっかりと外に逃がします。中で熱がこもらずサラッと着たい春先に適しています。



さらにはコットン特有の『濡れたら膨らむ』という特徴を活かし、さらに隙間を無くすこと出来るので防水、撥水効果を得られます。



これからの季節から梅雨時まで活躍の場の広い素材です。





IMG_8559_1.jpg




去年以前のモノをご存知の方は気付くかもしれませんが、かなり強めにあったシワ感(やや吊れた表情)がかなり軽減されています。



洗いをかけて生地が縮んでしまった古着のツイードジャケットをイメージしてデザイン(加工)されたモノでしたが、ややDrifter感?が強く出すぎた為、ON-OFFの"ON"のチャンネルでの着用はやや限定された印象でした。



裏地、表地の縮率の差から生まれる吊れ具合を軽減し、袋縫い&洗いから生まれるふっくらしたイメージだけを残すことで、ONのシーンにも対応可能(結局はご職場によりけりですが。。。)なジャケットに仕上がっています。





IMG_8465.JPG




OFF(カジュアル寄り)に振りたい場合は、袖を捲って生成の裏地をちらりと覗かせたり、衿を立たせたりすることで 『こなれ』 感がグッと増します。






oldpttertyaku.jpgのサムネイル画像




ルーズシルエットや軍物パンツなどに合わせることで着丈とのバランスが良く Aラインのシルエットが活かせます。



時代考証的にもマッチする、フランス軍のM-47カーゴパンツ+ クラシックな前立てのバンドカラーシャツと組み合わせで、適度な抜け感の中にもきっちり 『品』 を残したスタイルです。





oldptterup.jpg




ラペルに返り線が無いので、好きな位置で折り返すことができます。革の力ボタンもアクセントに一役買ってますね。



ピークドラペル自体ややフォーマルな印象の衿型ですが、素材とシルエット、洗いのせいでしょうか、逆にこの衿型ではないと成立しないぐらい、良い塩梅にカジュアルダウンされてます。




oldpottersto.jpg




まだ肌寒い今時期などはコットン、リネンなどの春ストールと合わせて、首元で変化をつけてあげてください。



このように少しボリュームあるものをぐるぐる巻きにするとまとまりがいいですよ。




すでに店頭出しはしておりますが、今シーズンはさらにリネン素材の展開もありますので、そちらは後日ご紹介しますね。





Bricklayer コースケ



Classic Chino Trousers - 2019ss New Regular Fit -

平成最後の2019SSシーズン、立ち上がり1発目に相応しいアイテムのご紹介です。


*A VONTADEファンなら1本、いや色違いで2本はお持ちであろう、定番も定番のチノトラウザーズ/ レギュラーフィット。


過去10年以上、アップデート(マイナーチェンジ)を繰り返しながらリリースしてきたこちらのモデルですが、今回、満を持してのフルモデルチェンジでのリリースです。




IMG_7966.JPG


■ Classic Chino Trousers - Regular Fit - ■


material/ 100%Cotton

color/ BEIGE,NATURAL,OLIVE,DK.NAVY

price/¥19.000

size/2XS.XS.S.M.L.




IMG_8039.JPG


写真を見る限り、『え、何が違うの?』って声が聞こえてきそうですので、、、


前モデルとの大きな変更点を2つご紹介。


まずはウエストサイドにあったアジャストのバックルを外し、シンプルなデザインへ変更しました。


このバックルはクラシックチノのアイコン的デザインの1つでしたので、好みが分かれる所かもしれませんが、デザイナー曰く


『デザインの断捨離』


だそうです笑。なるほど。。。


もう1つの大きな変更点はシルエットの変更です。


以前のモノより股上は深めに、ワタリを広げて裾幅を絞ることで、よりテーパードが効いたシルエットにアップデートされています。


前モデルの股上が浅めでストレートなシルエットの方が美脚(足長?)効果は見込めるかもしれませんが、 トップスとのバランス、靴のチョイスの幅を考えるとこちらの方が懐が深い気がします。



IMG_8032.JPG


(※写真 左がノンウォッシュ 右がワンウォッシュ)


素材はシャットル機で高密度に打ち込んだセルヴィッチチノを使用。こちらの『心臓部』 は変更ございませんのでご安心を。


高密度に織り上げハリを出した上に、さらにハリのレベルを上げるため生地表面に天然樹脂加工を施し、歩く度バキバキと音が聞こえてきそうなくらい腰の強い素材です。


今回はちょうどフルモデルチェンジのタイミングですので、敢えて糊付き + 未洗いの 『ウブい状態』 で店頭出ししております。


板のように硬い生地にめり込む運針の細かいステッチワーク。個人的にはまずは糊付きのままを存分に楽しんで頂きたいかと。。。


この生地感を体に記憶させたらウォッシュの頃合いです。水を通すと縫製糸と生地の縮みにより、巻き縫い部分等にパッカリングが生まれます。


ウォッシュ後は乾燥の際に空気で生地が膨らみ影ができるので、より深みのある色合いになります。


IMG_7998.JPG


玉縁ポケットは約2mmと極細。ワーク要素の中に上品さが伺えるのも、細部のディテールあってこそ。


ここまで極細にもなると熟練された縫製技術も必要となり、メイドインジャパンならではの品格を感じます。



IMG_8007.JPG


「定番」という言葉通り、流行に左右されずに永く穿いて育てていきたいものです。


そのプロセスを楽しむため、必要不可欠なのが強度。


永く着ることを考慮し、イン、アウトシームは巻き縫いにし、摩擦の多い股下に天狗を流し込み、補強布を当て強度を高めています。


『裏を見ればその仕事が分かる』 


今、適当に思いついた言葉ですが笑、『定番』 として長きにわたり君臨する為には 『言わずもがな』 な要素ですね。



chino着.jpg


まずは新色のナチュラルで軽やかなスタイリングから、ボーダーと合わせると清潔感もあり女性の好感度も◎なはず。



cino着2.jpg


スニーカーとの相性で言えばテーパードの効いたシルエットに変更した事で、確実にアップしたと言えるでしょう。



IMG_7663.jpg



ちなみに革靴合わせですとこんな感じです。 短靴や8ホール程度のブーツですとこれぐらいの見え方がベストでしょう。


色目はベージュ、ナチュラル、ネイビー、オリーブの4色展開、組み合わせ自由自在にお楽しみ頂けます。



個人的には(すでに数千人はいらっしゃるはずの)すでにクラシックチノをお持ちの方に真っ先にご紹介したいですね。


ここでは紹介していない変更点も多々ありますので、その辺りは是非店頭で。


モデルチェンジあるあるの


 『前の方が良かった。。。』


なんて野暮な事は決して言わせませんので。 (万が一思っても言わないのが大人のたしなみです笑)




Bricklayer コースケ


ARCHIVE