US ARMY M-43 HBT Jacket

M43_0.jpg

US ARMY  -M-43 HBT Jacket- "Deadstock"

material/ 100% Cotton
size/ 38R, 40R
color/ -
price/ ¥23,000- (+tax)

アメリカ軍の名作ジャケット、M-43 HBT Jacketのデッドストックの紹介です。

特徴的なヘリンボーンツイル生地から、HBT(Herring Bone Twill)Jacketの呼称で呼ばれるこのジャケット。

第二次世界大戦前期に採用され、その後のOG 107等の2つポケットのミリタリーシャツに多大な影響を与えた一着です。

13スターのメタルボタンのM-43はよく見ますが、今回入荷のタイプはかなり珍しい。

後続モデルのM-47ではこの個体と同じように尿素ボタンが使用されていますが、ガスフラップや袖口のデティールは省略されている為、この個体はちょうど移行期のモデルと推察されます。


M43_1.jpg

なんと言っても生地感が魅力的ですね。

この時点(ワンウォッシュ)でかなりはっきりとした綾立ちですが、

色が抜けてくるとよりくっきりと綾目が浮き出てて、素晴らしい経年変化を見せてくれます。


前身の裏側にボタンで留められるようガスフラップと呼ばれる、防寒用のデティールが採用されています。

現代では不要のデティールですが、ミリタリー物らしいツール感がたまらないです。


M43_10.jpg

このジャケットは今期のShort Fatigue Jacketのモチーフにもなっていますが、ショートジャケット色を強めたあちらに比べて、カバーオールライクな着丈の長さです。


衿に沿って湾曲したステッチが入る前立てのデザインも、40~50年代のカバーオールに見られる仕様で、戦闘服というカテゴリが確立される以前の過渡期のデザイン変遷見て取れます。


ここまでデティールだとか年代だとか蘊蓄並べてきましたが、やっぱり着てカッコいいかどうかが重要だと思うんですよ。

その点ではこのジャケットは割と癖も無くシンプルなので、要件として満たせています。

雑誌とか見てもスタイリストさんとかがよく着ていますねM-43って。

流行りのブランドの上からこういうの着てると、スタイリングの深みが違うというか。

どれだけトレンドの最先端を走っていたとしても、地に足ついて信じれる洋服って結局、世代を超えて蘊蓄な説得力があるモノなんだろうなと思います。


オンラインでも販売しておりますので、良ければ是非。

その他のデッドストックのミリタリー物のパンツは、現在開催中のBOTTOMS FAIRの対象となっておりますのでこの機会に。

M-47 HBT Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131588858

Military & Dry Goods カテゴリーページ→http://shop.brick-layer.jp/?mode=cate&cbid=2342599&csid=0

Bricklayer Shimada

Slim Jeans -Cotton Slab Corduroy-

WEAR_2018FW_PT_SlimJeans_7.jpg
Slim Jeans -Cotton Slab Corduroy-

material/ 100% Cotton
size/ S, M, L
color/ TAN, BLACK
price/ ¥19,000- (+tax)

先日ご紹介しました、Slim JeansのコーデュロイVer.


膝下から裾にかけて強めにテーパードした、細身のジーンズで

ビンテージに寄せ過ぎないすっきりとしたデザインが特徴。

アメカジスタイルは勿論、キレイ目の着こなしにも対応する上品な一本です。


WEAR_2018FW_PT_SlimJeans_6.jpg
素材は今期の新作Cowboy Jacketにも使用されている、ムラ糸を織り込んだスラブコーデュロイ。


デニムの縦落ちのような縞が入り、細めのウェル(コーデュロイの幅)と相まって、程よくこなれて色っぽい表情です。

足元は茶系のコードバンのような底光りする革靴やスウェード系のスニーカーを合わせて、トップスはシンプルにフィッシャーマンセーターとか最高に調子が良さそうです。


現在開催中のボトムスフェアも対象ですので、気になる方はこの機会に店頭へ足をお運びください。

Slim Jeans -Cotton Slab Yarn Corduroy- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=135394676

Bricklayer Shimada

Lax Sack Coat & 1 Tuck Tapered Trousers

1102_1.jpg

■ Lax Sack Coat ■

material/98% Wool,2% Pu(DK.NAVY),100% Wool(CIGER)
color/DK.NAVY.CIGER
size/S.M.L
price/¥42.000+tax



■1 Tuck Tapered Easy Trousers ■
material/98% Wool,2% Pu(DK.NAVY),100% Wool(CIGER)
color/DK.NAVY.GRENCHECK(CIGER)
size/S.M.L
price/¥23.000+tax


18SSに登場したこちらのジャケットとパンツがウール素材となり再リリースになりました。

今年の秋冬は雑誌等の媒体などでも何かと話題の多いチェック柄。

クラシックなスタイルや柄と生地も多く今季はこんなスタイルもよろしいのではないでしょうか。



0732_1.jpg


トラッドファッションに欠かせない柄と言えばグレンチェック、ウィンドウペンやタータンチェックあたりが思いあたるところ。

クラシック且つスタンダードな柄でありながらいつの時代も色褪せる事なく僕達を魅了してくれます。

ジャケットには間違い無いのですが裾の仕様であったりスタンドカラーになったり、ボックスシルエットのような形はジャケットの一言だけでは形容し難いそんなジャケット。

Coatというネーミングが付くようにチェスターコートの着丈をギュッと詰めたようなシルエットが特徴的であり独特のバランスとなっています。




0831_1.jpg


サイドベンツのスリットが入り、2つボタンの本切羽仕様でフロントも2つボタン、ラペルもオーセンティックな形状で戦闘服としての十二分なディティールを取り入れてる為、仕事着としての着用はもちろん着こなしを変える事でコーディネートの幅が広がり印象が大きく変わります。

Super 100 Woolを採用した生地はウールとは思えないほどの艶がありしなやかなタッチが魅力です。

仕事柄スーツを着る機会が少なく着用する時と言えば冠婚葬祭が中心でこちら以外にも*A VONTADEにはセットアップのご提案も多く少しずつ着る機会が増えてきました。

スラックスを履く機会は多くグレンチェック柄などは好んでピックしていますがセットアップのハードルは高く、縁のないアイテムと敬遠しがちでしたがインナーや靴で遊べ、カジュアルに着用する際には万能アイテムとと気付き積極的に今季は取り入れてみようと考えています。

セットアップの魅力が分かってきたようなラクをしたいだけなのかどちらにせよ上下セットで着ると背筋が伸び姿勢が良くなる事には間違いありません。何なんでしょう?笑



0793_1.jpg


グレンチェック柄はブランベースの色目にブルーやレッドなどがミックスされた素材となっていてクラシックな雰囲気が等身大の自分にマッチしている気がして個人的には気に入っています。

パンツもジャケットと同素材となり1タックが入った仕様で腰周りは若干ゆとりはありますが裾にかけてテーパードしたシルエットは綺麗でクラシックに決めるなら革靴が◎

ベルトループは無くイージーパンツタイプとなっていて普段スラックスを履かない方でも気軽に取り入れ易い仕様となっています。

洗練された印象と雰囲気を兼ね備えたこんなクラシックかつモダンともいえるジャケットスタイルもたまには良いのかも。


Lax Sack Coat商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=135276172

1 Tuck Tapered Easy Trousers商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=135276793

Bricklayer Horii

KLEMAN "New Edition"

WEAR_2018FW_Kleman_7.jpg
弊店定番のKLEMAN。大量入荷しました。

今年はライニングを黒地にリニューアル。より高級感を感じるデザインになりました。

WEAR_2018FW_Kleman_1.jpg
KLEMAN -Pastan- " New Edition"

material/ leather
color/ BLACK, BLACK PATENT
size/ 40, 41, 42, 43
price/ ¥18,500- (+tax)

定番の外羽根プレーントゥ、PASTANです。

シンプルな外羽根のデザインは通勤靴として選ばれる方も多く、ラバーソールで走破性も良い為、気兼ねなく履けるレザーシューズです。

丸みを帯びたトゥと長すぎないノーズがカジュアルにも馴染の良いシルエットで、軍パンやチノに合わせて休日も履きこなせる一足です。
 

写真左から、BLACK, BLACK PATENT, 旧BLACK PATENTになりますが、今期からBLACK PATENTの革が変更となり、よりマットな質感になりました。

旧デザインではいかにもガラス靴!という感じでしたが、光沢が控えめになったことで履きやすくなったのではないでしょうか。

皺の入り方も自然になりましたし、かなり嬉しい変更点です。

(通常のBLACKは従来通りの仕様です)

WEAR_2018FW_Kleman_3.jpg
KLEMAN -Padre- "New Edition"

material/ leather
size/ 40, 41, 42, 43, 44(only BLACK)
color/ BLACK, MOKA
price/ ¥18,500- (+tax)

定番のPadreもサイズ揃いました。こちらはPastanに比べてオイルがしっかりと入ったアウトドアユースな革質です。

雨にも強く、シーンを選ばず履ける一足です。


Padreもライニングがブラックに変更となりました、見えない部分ですが結構嬉しいですよね。

ブラウンカラーも久しぶりに展開しているので、店頭でご試着ください。


Bricklayer Shimada

Lax Mac Coat

0361-JK_5.jpg
Lax Mac Coat

material/ 100% Cotton
color/ INK BLACK, DK.KHAKI
size/ one, S, M, L
price/ ¥43,000- (+tax)

コートの季節がやってきました。

*A VONTADEの定番と言えばMac Coatですが、今期はフルリニューアルしてリリースです。

それぞれ変更点を見ていきましょう。


WEAR_2018FW_LaxMacCoat_3.jpg
まずはシルエットです。

着丈は従来通りのハーフ丈ですが、身巾が広くゆったりとしたサイズ感に。肉厚なセーターやスウェットを着こんでもスマートな印象を崩しません。

肩もラグランスリーブになったことで着心地も良く、窮屈になりがちな冬の装いも軽快に楽しんで頂けます。



0361-JK_4.jpg
素材も一新。

先日ご紹介しましたOld Potter Jacketと同素材の綿100%のオックスフォードです。


仕上げに微起毛させ撥水加工を施す事で、雨の日でも頼もしいコートに仕上がっています。

細部のデティールも抜かりなく、フロントのポケットに加えインナーポケットも装備。

こういうコートを着て文庫本を突っ込んで、喫茶店でコーヒーとか最高に渋いんじゃないかなと。

WEAR_2018FW_LaxMacCoat_0.jpg
身幅が広くなったとはいえ、オーバーサイズな印象は感じさせません。

むしろラグランスリーブになったことで、肩回りがストンと落ち、スッキリとした印象で着こなせるコートに仕上がりました。

写真の着用はMサイズになりますが、お客様が普段お選びいただいているサイズをそのまま選んでいただければ袖丈等ビタッと来るはずです。

スーツスタイルにもハマるパリッとしたルックスですので、通勤着としてもお選びいただきたいですね。

もちろんカジュアルな雰囲気も持ち合わせているので、セーターにデニムといった着こなしの仕上げに羽織れば、コーディネートを綺麗にまとめてくれるはずです。


250_3.jpg


綿100ですのでご家庭で気軽に手入れできるのも魅力ではないでしょうか。

春先くらいまではこれ一着でこなせてしまうと思いますので、メンテナンスをしながら長く付き合っていただきたいコートですね。

既に試着したお客様からもシルエットや素材感等ご好評いただいております。

気になるサイズ感についてもご相談承りますし、他の秋服もそろい始めておりますので、3連休は是非Bricklayerでお買い物をお楽しみくださいませ。

Lax Mac Coat 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=135158873

Bricklayer Shimada

ARCHIVE