Gurkha Shorts

5125_1_1_1.jpg



■ Gurkha Shorts ■

material/100% Cotton
color/KAHKI,STONE WHITE,DK.NAVY
size/S.M.L
price/¥18.000+tax


日中の気温も大分安定しショーツを穿かれた方もちらほらと見かけるようになりました。

春夏シーズン定着しつつある『Gurkha Shorts』のご紹介となります。



5134_1_1_1.jpg

ディティール満載でインパクト大のこちらのショーツはここ数年、様々なブランドがミリタリーグルカショーツをサンプリングした商品をリリースしているのを良く目にします。

デザイン的にはベーシックに分類されるのではないかというほど、浸透している気が致します。

素材は40番糸の高密度ツイルを使用し表面を微起毛『Peach Face』させています。

ビジュアル的には若干分かりずらいですが、キメの細かい肌触りの良いタッチになっています。

その織り上がった生地を揉み込んでさらに叩く事で柔らかくする特殊加工『ニドム加工』を施す事で、ペーパーライクなハリ感と品やかさを併せ持った仕上がりとなっています。

ステーキを焼く前にハンマーで叩き、筋繊維を伸ばす事でジューシーで柔らかい美味しい仕上がりになるのと少し似ているでしょうか。

昼ご飯が早かったせいか小腹の空いた状態で、夕飯を考えながらブログを綴っています。



5084_1_1_1.jpg



数多くのモデルが存在しますがデザインは1950'sのイギリス軍をソースに作成されたこちらのグルカショーツ。

深めに入った2タックはブリティシュトラウザーならではのインタック仕様。

US ARMYのアウトタックに比べ引き締まった印象です。

脇に付いたバックルでサイズ調整を行い、裾巾が広くプリーツの入った何ともミリタリーらしい特殊な形をしています。

ボタンフライやサイドアジャスターなどの重厚なディティール含めて、玄人好みの1本となっています。

股上は深くキュロットのようなシルエットとボリュームが、昨今のトレンドともマッチしているのではないでしょうか。

動き易さや穿き易さ?など様々な事を当時は考えられて出来上がった機能美が独特で、他にはない圧倒的な存在感は随所のディティールに表れています。




5050_1_1_1.jpg

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用



タックインの場合は、腰回りやお尻ががっしりとした体形の方が腰で穿くのが『ベスト・グルカ賞』とも思いますが、ウエストベルトを活かしたコーディネートは挑戦したいところ。

こちらのタックインは若い方よりも年配者の方のほうが貫禄と雰囲気が出て似合う気が致します。

グルカショーツだからこそのスタイリング『タックイン』かと思います。

ネイビーは品良く纏められるのでストライプシャツに革靴に合わせてコーディネート。

いきなりシャツはハードルが高いという方はT-Shirtsあたりからトライするのも良いですね。

シャツジャケットや羽織の中にタックインすると見た目の印象もそうですが、アクセントにもなり単調な着こなしが増えてくるこの時期、大人たるもの引き出しは増やしたいところ。



4843_1_BEG.jpg


こちらは王道のKAHKIでストレートなサファリルックでの大人コーディネート。

良い意味で『癖』が強いグルカショーツ。

今までと違ったスタイリングも楽しめると思います。

カーキをベースにした、ミリタリーやサファリ色の強いシャツでの組み合わせも良いですし、TEEシャツなど少し軽い併せでも◎

着脱に時間を要し手間のかかる分愛着が沸いてくる『Grukha Shorts』、是非ご試着にいらしてください。

楽で便利を求める現代ですが、発想転換や原点回帰もたまには必要なコトと思います。



Gurkha Shorts商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=141502414


Bricklayer Horii

Tropical P/O Shirts & Lax Easy Pants

5021_1.jpg



■ Tropical Pullover Shirts ■

material/54% Cotton,46% Linen
color/NAVY STRIPE,BEIGE STRIPE
size/S.M.L
price/¥17.000+tax


■ Lax Easy Pants ■

material/54% Cotton,46% Linen
color/NAVY STRIPE,BEIGE STRIPE
size/S.M.L
price/¥18.000+tax



デザインナーズ" 断捨離 " マーケット" 明日6日(月)で終了となります。

初めてのイベントという事もあり、多くのお客様にお越し頂いています。

この場をお借りしてお礼を申し上げます、明日の最終日もたくさんの方のご来店をお待ちしています。


令和元年初めてのブログになります。


普段NAVY,BLACK,BEIGEなどのベーシックカラーが多い私ですが、季節とともにカラフルなアイテムへの欲求が自然と高まる今日この頃。

本日はマルチストライプのシャツとイージーパンツのご紹介です。




5064_1.jpg


3色使いの綿麻ストライプ生地を使ったコットンリネンマルチストライプ。

素材は薄手ながらも打ち込みの良いタイプライターを使用しています。

コットン100%のタイプライターに比べ、生地の織りや質感など随所にリネン特有の『味』を感じる事が出来ます。

それぞれ2色展開ですが、好配色な組み合わせでピッチの違うストライプをバランス良く配し、リゾート(マリン)感ある雰囲気に仕上げています。



5079_1.jpg


デザインはフロントに1つボタンが付き、スキッパー仕様になったプルオーバーシャツ。

台衿が付き若干立ち襟っぽくも見れる小振りのショールカラーは、バカンスの雰囲気を感じるデザインになっています。

前後裾の長さを変えたラウンド始末や衿の形状含め、着用した際に丸みを帯びるようにパターンされ

身巾や着丈はゆったりと南国やリゾートに相応しいリラクシングシルエットになっています。

クラシックでオーセンティックなイメージの深く入ったサイドスリットが、リゾート感溢れるカラーリングとのギャップが良い塩梅でマッチングしています。



5066_1_1.jpg

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用


イージーパンツやワイドパンツとのコーディネートでリラックスした合わせが身も心も安ぎ、心地良いでしょうか。

旅行先やリゾート地で軽装ではなくこのスキッパーを着用し、BEIGE STRIPEは太陽の光がさんさんと降り注ぐ海沿いなどでカラーリングが映えると思います。

これからの暑い夏を迎えるにあたり、洗いざらしでショーツとの相性も良さそうです。

この夏は『脱ベーシックカラー』を目指しワンポイント、柄や色を取り入れて遊んでいこうと思います。


Tropical Pullover Shirts S/S商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=140910340


5056_1_1_1.jpg


こちらは同素材のイージーパンツ。

フロントにインボックスタックを入れ、シャツとのバランスや相性を考慮したたっぷり目のシルエットにしています←セットアップで着用する勇者は少ないと思いますが。。。

ウエストはゴム+ドローコード仕様になったシンプル且つミニマムな作りとなっています。

若干テーパードさせた股上の深いパジャマパンツのようなシルエットで9分丈のシルエットは風通しも良く、サンダルとの相性は『天下無双』といった感じでしょうか。



5050_1.jpg

モデル身長172㎝、体重56キロ、サイズM着用


難色を示しがちなストライプパンツですが、無地でシンプルなトップスにポイントとして使えば抜け感たっぷり、こなれた感じですんなり馴染んでくれるものです。

単体では多少派手めな感じは否めないですが、ワントーンでの色目を抑えたコーディネートなんかは気負う事なく穿けそうですね。

NAVY STRIPEはストライプパンツ初心者には街着用として受け入れ易いのではないでしょうか。

靴は多少選ぶので革靴ではなく、サンダルもしくはスニーカー合わせで『ホワイト』のシューズあたりが良さげでしょうか。

ここ最近の暖かさも相まって着用頻度が増えてきている自分ですが、もう1色追加するかは検討中です。

雑誌掲載も多く、問い合わせも多い商品ですので気になる方はお早めに!



Lax Easy Pants商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=140900373


Bricklayer Horii


French Army Chino Trousers -1960's Dead Stock-

4994_1_1.jpg



■ French Army Chino Trousers -1960's Dead Stock- ■

material/100% Cotton
color/BEIGE
size/15.25
price/¥14.000+tax



5022_1.jpg


フランス軍を代表とする銘作『M-47 Field Trousers』と人気を二分する、『French Army Chino Trousers』

1960年代に作られたこちらのチノは50年以上経った今でも色褪せる事なく、多くの人を魅了し国内外問わず、様々なブランドがサンプリングしているほど。

インタックやボタンフライ、フラップ付きのバックポケット等、ファッション性の高いディティールを備えたところが人気の理由ともなっています。

生地は打ち込みが強く、やや光沢のあるコットンツイルを使用しています。下(サイズ15)が未洗いで上(サイズ25)がワンウオッシュで乾燥機にかけたもの。

洗濯を繰り返す事で生地の目が詰まり、馴染んでいくと同時に柔らかくなり、ネップの表情豊かな印象に変化していく生地感も魅力の1つ。

好みもありますが、生地の質感が落ち着きカジュアル感が強くなります。

『15』や『25』といったサイズ表記の左がレングス、右がウエストサイズになります。←『34』や『35』といった大きなサイズが市場では一般的です。

洗濯後はウエストとレングスで約4.5㎝ずつ詰まり、172㎝、体重56㎏の私が15サイズで裾上げ無しで穿けるほどです。



0000004.jpg 

2タックのワイドシルエットで股上が深く裾にむけてテーパードしたシルエット。

先日ご紹介したType 45 Chino Trousersよりも太いですが、このテーパード加減が良い塩梅です。

太ももから裾にかけて孤を描くように丸みを帯び、程よく締まったテーパードのシルエットは存在感はさることながら、良い意味でMilitaryパンツらしからぬ洗練された『品』を感じる印象です。

ワークやミリタリーパンツに多く見られる巻き縫いでダブルステッチと玄人好みになっている点も、永く親しまれている理由の1つでしょうか。

この年代でアメリカ製ですと割り始末が多いので、フランスの縫製技術さながらとなった仕様で全てのバランスがとれたパンツだと思います。



0000006.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズ25着用


必要最大限のデザインで、シンプルな見た目ですが縫製や生地感、シルエットなど*A VONTADEに通じるモノを感じながらこちらのブログを綴っています。

写真はウエストをギュッと縛り腰で穿いたカジュアルに振っていますが、センタープリーツを残したまま革靴に合わせ、ドレス寄せなんてのも『粋』ではないでしょうか。

下半身にボリュームがある為トップスがキモで、ある程度の着丈とボリュームの温度差は揃えた方が◎

今の気分と時代がマッチしたこちらの『French Army Chino Trousers』気になる方はお早目に!


GWは4月30日(火)は定休日となりますが、その日程以外は通常通りの営業となりますので、皆様のご来店をお待ちしています!



French Army Chino Trousers商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131649439

Bricklayer Horii

Type 45 Chino Trousers -Wide Fit-

5001_1_1.jpg
 

■Type 45 Chino Trousers -Wide Fit- ■

material/100% Cotton
color/BEIGE,NATURAL(NEW COLOR),OLIVE,DK.NAVY
size/2XS.XS.S.M.L
price/¥19.000+tax


19SS_TYPE45_2.jpg


再入荷からブログでご紹介するまで時間が経ってしまいました。

既に欠品サイズもございますが、本日はClassic Chino Trousers -Regular Fit-に並ぶ二大巨頭【Type 45 Chino Trousers -Wide Fit-】のご紹介です。

素材は定番のシャトル機で高密度に織り込まれたセルビッチチノを使用。

天然樹脂加工を施した『コシ』のある素材感です。

高密度に織られ、天然樹脂加工を施した『セルビッチチノ』は打ち込みが強く、コーティングされている為、コシとハリの両方を併せ持ち、このチノパンの『代名詞』となっています。

こちらの生地感に惚れ込むお取引様も多く、*A VONTADEの中でも不動の定番となっています。



19SS_TYPE45_3.jpg


デザインは通称『45カーキ』と云われる、1945年の米軍チノをソースにされています。

股上もやや深く、オリジナルに近い太さを残したワイドなシルエットです。

お尻から裾までズドンと落ちたほぼストレートに近いラインは裾幅22.5cm(Sサイズ)ですが、不思議と野暮ったくない絶妙なパターンメイクありきのシルエットになっています。

縫製は巻き縫いをせずに、尻ぐりや脇、内股などは全て割り始末にすることで、当時の雰囲気を残した仕様となっており、プレーンにすっきりとした見た目の印象を考慮されています。



19SS_TYPE45_4.jpg


このセルビッチを活かす為に敢えて巻き縫いにせず、割り始末にしたとも思える仕様はどちらにせよロールアップが映え、サマになるディティールの1つ。

アメリカンでクラシックなディティールは世代を超えて永遠に不滅です。

気持ち腰穿きで若干短めのレングスとロールアップで穿くと見映えが良く、シルエットが綺麗に見えると思います(個人談)

ロールアップした際にしっかりと癖付け出来るほどのコシとハリは健在です。



19SS_TYPE45_5.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用。


王道のBEIGEは1本は抑えておきたいカラー。

ミリタリーパンツをベースに作成しているので、ミルスペック並みの縫製やディテールが当然の如く装備されている点は嬉しいポイントですよね。

他ブランドのワイドパンツのシルエットは留まること知らず『極太』ならぬ『スーパーワイド』等、*A VONTADEのWide Chinoが細く思えてくるぐらいです笑。

ワイドと云う以外、癖も無くベーシックパンツなので、シンプルな装いに映え、マンネリしたコーディネートに変化をつけたいときなども◎

革靴でも相性が良いのですが、足元にボリュームが出るので季節的にスニーカーなどの軽めが気分でしょうか。



19SS_TYPE45_6.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用

こちらは新色の『NATURAL(生成り)』

目を凝らして見ると生地の所々に飛び出した『綿カス』を活かしたネップのような生地感となっています。

今季のトレンドでもあるホワイト系のパンツはトップスを引き立て、爽やかで軽快な好印象を与え、滲み出る加齢臭の不快感をせめて印象だけでも爽やかにしたいものです笑。

マルチボーダーなどトップスに色が入ると特に見映えが良くなりますね。

ただ太いだけではない、立体的に綺麗に見えるようパターンされたお尻回りと穿いたときの腰回りのフィット感は絶妙です。

チノパンのワードローブを『WIDE』してみては如何でしょうか。



Type 45 Chino Trousers -Wide Fit-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=107158094


Bricklayer Horii

Piping Henly Top S/S & Reverse Crew Top S/S

4816_1_1.jpg


■ Piping Henly Top S/S ■

material/100% Cotton
color/RED MIX,AMBER MIX,OATMEAL
size/S.M.L
price/¥13.000+tax




4822_1.jpg


前回の1/2 Sleeve Classic Henly Shirtsのブログに引き続き『Henly Neck』縛りの半袖のスエットになります。

素材はReverse Crew Sweat L/Sと同生地の26番手のBDトップ糸を双糸にし、度詰めで編み立てた裏毛。

もともと硬さのある空紡糸を双糸にし、度詰めに編み込む事で強度が増し、型崩れやヨレ、斜行などを防げるタフな生地感が特徴です。

表面はコシがあり、若干硬さの残るバルキーでシャリ感のあるタッチになっている反面、裏面はパイル面を短くし生地全体のボリュームを抑えてありますが、パイルの凹凸の甘めな編地を感じる事が出来ます。

スエットのサマーカットバージョンとでもいいましょうか、T-Shirtsの延長で着て頂けると思います。



4983_1_1.jpg


60年代頃のビンテージに多く見られた、ネック回りにパイピングを施した、クラシックな仕様のヘンリーネックのデザイン。

各色生成りのパイピングを施し、RED MIXやAMBER MIXはパイピングが目を引き、デザインのアクセントになっています。

アメリカンでクラシックなデザインを、現代風に身巾や袖丈にゆとりを持たせたシルエットで、緩く着用出来るかと思います。

ドロップショルダーで裄丈を長めに設定し、69cm(Sサイズ)の着丈となってます。

もともとピッタピタで着用するものでもなく、裾や袖にもリブが無くスポーティーな要素は引き算し、スマートな印象となっています。



4877_1_1.jpg


同系色の組み合わせにデニムジャケットを差し込んだコーディネート。

テイストが似ているアイテム同志の組み合わせでしたら間違いないですね。

単体での着用はもちろんですが、アウターやシャツジャケットのインナーにTEEシャツでは心許ないとき、前回のブログ同様にインナー使いとしてもおススメです。

業務連絡:引き続きヘンリーネックの『布教活動』を継続していきます笑。


Piping Henly Top 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=140107389



5097_1.jpg
■ Reverse Crew Top S/S ■


material/100% Cotton
color/AMBER MIX,RED MIX,OATMEAL
size/S.M.L
price/¥13.000+tax



5102_1.jpg


こちらは同素材のクルーネックの半袖のデザイン。

生地染めとは違った、複数の色が混ざり合うトップ糸と裏毛の裏糸が表に響き、深みのある柔らかな発色が特徴的です。

AMBER MIXが特に人気色となっており、他にはないカラーリングとお取引様からお褒めのお言葉を頂戴するほどです。

今シーズンの新色として、OATMEALが仲間入りとなっています。


4934_1.jpg


デザインとしましては、両サイドには所謂オーソドックスな『リバースウィーブ』のデザイン。

脇はリブパネルで横への伸縮性を確保しています。

ちょっと小物を入れるには便利で大振りなカンガルーポケットを配しています。

袖は若干長めで身巾にゆとりを持たせ、着用した際には丸みを帯びたシルエットになるようパターンされています。

脇の縫製はフラットシーマを使用しているため、縫い代同士の段差はなく、中年には優しい『バリアフリー』となっている為、ストレスなく着用して頂けるかと笑。


4955_1.jpg


数式での方程式は不得意ですが、コーディネートの方程式だと、スエット=デニム=コンプリートといった感じでしょうか。

もちろんルールなど無く、オールデンなどの革靴に合わせクラシック且つコンサバに着るのも良いですし、スニーカー合わせもでも良いでしょう。

要は素材の良さを半袖でも味わって頂きたい、TEEシャツ感覚で着用して頂きたいそんな『想い』から形(デザイン)になったこちらのスエット。

着用と洗濯を繰り返す事で素材の良さを実感してくると思います。



Reverse Crew Top S/S商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=140107349


Bricklayer Horii

ARCHIVE