M-43 Field Coat Modify W/Liner

M-43JKT_1.jpg



■M-43 Field Coat Modify W/Liner■

material/Shell:100% Cotton,Liner:100% Nylon,Pocket Sack:90% Wool,10% Nylon
color/OLIVE.INK BLACK
size/S.M.L
price/¥65.000+tax


本日は*A VONTADEの商品ラインナップの中でも保温性に優れたフィールドコートのご紹介になります。

ミリタリージャケットの中では、やや馴染みの薄いM-43ジャケット、第二次世界大戦中に作られたモデルでアメカジ好きな方には定番の"M-65"の原型となるこちらのモデル。

MODIFYと名が付く通リ、オリジナルをソースにデザインされていますが 一番大きな変更点はサイズ感を含めたシルエットです。




M-43JKT_2.jpg


M65も同じですが、オリジナルのM-43は良い意味でも悪い意味でもやはり "ジャケット"

動きやすさを重視した結果でしょうが、かなりマッチョ なシルエットで(特に自分のような細身の人間が着ると)どうしても『着さされてる感』が出てしまう実際思うような着こなしが意外と難しいジャケットです。

今回作成したジャケットはシルエットをAラインに変更し、着丈もぐっと長めにする事で

『ジャケットからコートのバランスに変更』

しています。


あとは立ち襟のM-65と違って襟がラペル仕様なので胸元にVゾーンが生まれ、ミリタリージャケットでありながらどこか洗練されたエレガントなビジュアルで、『カジュアル落ち』し過ぎない着こなしが可能です。

ミリ系フィールドジャケットの持つ匂いやニュアンスは損なわずに、特有のゴリゴリ感だけは取り除かれ、新たなアイテムへと昇華させた*A VONTADEらしいジャケットになっています。



M-43JKT_3.jpg


もう一つのMODIFYな点は取り外し可能なライナー付きであること。

巷でも良く見かけるビンテージのモッズコートのライナーと違い、フロントの合わせや腰ポケット付きなど、ライナー単体でも『洋服』として着用出来るように工夫されています。

キルティング仕様で高機能中綿素材シンサレートを使用したこちらは薄手でありながら保温性が高く、屋内や車内で軽く羽織るには便利なアイテムでオリジナルには無い仕様となっています。



M-43JKT_4.jpg



シェルにライナーを装着すれば、ライナーのポケットが内ポケットとして使えるという優れモノ。

I-PADもすっぽり入る大きさで合計6個のポケットは厚手のアウターを着た際にバッグを持つのは極力避けたいもので収納力が高い点もポイントです。

インナーにボリュームを持たせる場合や春先は、シェル単体での着用可能となっています。



M-43JKT_5.jpg

表地のシェルはコットン100%ながら防風、防水性をもった、OLD POTTER JK-でお馴染みのベンタイルオックスフォード。

BLACKはチェスターコートのようにウールパンツなどを合わせ都会的でモダンに合わせたいですね。

Linerをシェルから切り離し、別々のアウターとして使えば、このようなレイヤリングも楽しめます。


シーズンや気候に合わせ複数の着こなしが可能な使える一石四鳥?なアウターです。


M-43 Field Coat Modify W/Liner商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=136646800





インスタ用OUTER FAIR2.jpg
現在開催中の『OUTER FAIR』も明日で最終日となります。

皆様のご来店を心よりお待ちしています。

Bricklayer Horii

Type 1 Jacket & Sport Jacket -Suede-

type 1 jkt_1.jpg


■ Type 1 Jacket -Suede- ■

material Cowhide Suede
color COYOTE,BLACK
size S.M.L
price ¥79.000+tax




先日ご紹介した表革のレザージャケットに続き、トレンドに流される事無くいつの時代も色褪せるが無いスウェードレザージャケットのご紹介です。


type 1 jacket_2.jpg


*A VONTADEで使用されているこちらの Suedeが目指した方向性は、革本来の風合いを感じて頂けるOLD AMERICAN な匂いのする WILD SUEDE。

現在、日本やイタリアなどでは、人工的処理や加工を施し、毛足が短く傷ひとつないベロアのような均一で綺麗な仕上げがされてしまうものが多く、実際このような革を入手するのが、難しいのが現状です。

デザイナーが牛革の産地である兵庫県龍野を訪れた際、倉庫のスミに埃まみれで転がっていたのが、この床スエード(と同じ風合いのモノ)でした。

この風合いと同じモノをというリクエストで、あくまで 『天然革』 の風合いを損なわないようオイル調整も含め、革1枚ごとの特性を活かしたオリジナルの仕上げを施しています。

その為、人間の皮膚と同じように、1点ごとに毛足の長さや風合いに微妙な個体差がありますが、それも商品の持つオリジナリティーとして理解して頂ければ幸いです。



type 1 jkt_3.jpg


裏地なしの1枚革で作成した 某ブランドの1st  modelをサンプリングしたこちらのモデル。

ボタンは通常のタック釦を使用せず、本水牛のソーオン釦を使う事でアイテムが持つラギット感が薄れ、どことなく洗練された表情に仕上がっています。

身巾やアームホール、着丈含めてバランスの取れたGOOD SIZE。こちらの着用でSサイズになります。

本来着用時期が短いとされるレザーのジャケットですが、今シーズンはレイヤリングの『中間着』としての提案を押したい所。

デニムのGジャン同様に扱う事で、コーディネートの巾が格段に広がります。

1重仕立ての為、レザージャケット特有の 『着さされてる感』 はなく、着用を重ねるほどに身体に馴染むので、じっくりと育てて頂きたいですね。


Type 1 Jacket -Suede-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=122693987


sport jkt_1.jpg



こちらは*A VONTADEではお馴染みのSport Jacket。



ビンテージのレザースポーツジャケットをソースに作成されたこちら、ラペルやオリジナルで作成したナットボタン、脇のアジャストなどオールドアメリカンに相応しい素材とデザインのマッチング

40年代の雰囲気をしっかりと残した上で、リプロブランドにはないどこか洗練された王道の雰囲気があります。





sport jkt_2.jpg


ジーンズにネルシャツに合わせて 『ザ・アメカジ』 な着こなしももちろん良いですが、こちらはラペルや袖の仕様などジャケット要素もあるため、スラックスやウールのパンツなどに合わせ綺麗目な合わせを提案したいですね。

スエードジャケット自体食わず嫌いの方も多いとは思いますが、ワンパターンな着こなしになりがちな表革のライダースと比べると、シャツやニット、ボトムなどの変化を付けやすく、コーディネートの選択肢はこちらの方が広い気がします。




sport jkt_3.JPG


こちらは裏地にウールのハウンドトゥースが付きます。防寒性もさることながら、特にビンテージ好きな方には 『当然そうなりますよね』 と頷いてもらえる仕様ではないでしょうか。

使い勝手いまいち見えないフラップポケットと右胸にはジップポケット、ウエストにはアジャスターが付いておりビンテージ感を一層際立てます。





sport jkt_4.jpg


■ Sport Jacket -Suede- ■

material  Cowhide Suede-
color  COYOTE.BLACK
size  S.M.L
price  ¥90.000+tax


王道のCOYOTEに反しBLACKはマットで落ち着いた雰囲気。

表革と違い光沢もなくいやらしい感じは無いのでレザーが苦手な方はむしろ入門しやすいのではないでしょうか。



数あるスウェードジャケットの中でも、天然の仕上げに拘ったワイルドスウェード。

その名の通り、汚れや多少の傷などは気にせず、ややワイルドに扱った方が革の持つ本来の魅力にたどり着ける気がします。


デニム同様、1,2年後のエイジングが楽しみなジャケットです。


Sports Jacket -Suede - 商品ページhttp://shop.brick-layer.jp/?pid=125422296
インスタ用OUTER FAIR1.jpg
現在、開催中の『OUTER FAIR』も残りあと2日です!!

週末は店頭にて皆様のご来店をお待ちしています。




Bricklayer Horii

Cotton Melton 3B Jacket & Easy Trousers

2324_1.jpg

■ Cotton Melton 3B Jacket ■ 
material  100% Cotton
color  CHARCOAL,GREY MIX
size  S.M.L
price  ¥34.000+tax


■ Cotton Melton  Easy Trousers ■ 
material  100% Cotton
color  CHARCOAL,GREY MIX
size  S.M.L
price  ¥23.000+tax




今季*A VONTADEではセットアップでの展開が多く、以前のブログでも幾つかご紹介させてさせて頂きましたが、こちらが今季最後のセットアップのご紹介になります。




2286_1.jpg


一見するとウールに見間違えるこちらの素材、実はコットン100%です。

ウールの産地、尾州にトップの綿糸を持ち込み、ウール用の織機で織ったヘリンボーン地。

さらに表と裏を両面起毛する事でボリューム感を出し、トップ糸のヘリンボーン柄も相まってウールメルトンさながらのビジュアルに仕上げています。

またビジュアルだけではなく、保温性の高い生地となっています。



ジャケットの方は、肩傾斜のきついA ラインのOLD POTTER JKや 細身でコンパクトなLOUNGE JK に 比べると一番、オーソドックスでしょうか。

段返りの3つボタン、本切羽、パッチポケットなどの仕様も含め 『アメリカンブレザー的』 なボクシーなシルエットです。





3B MELTONJKT BACK.jpg


少し分かりずらいかもしれませんが、前身頃と袖裏のみ裏地を付けております。

通常背抜きは通気性や耐久性など様々な理由がありますが、せっかくの綿100%起毛の心地良さを背中で感じて頂けるよう、このような仕様にしております。

後ろ中心はパイピング始末、レザーの力ボタンなど丁寧な仕上がりです。



3BMELTONJKTCORD.jpg


がっつり決まり易いセットアップのコーディネートもグレートップの柔らかな発色とウールライクな膨らみのある素材感も相まってどこかほっこりした仕上がりです。

眼鏡やマフラーなどの小物を挟むと少し引き締まりますかね。

セットアップ= フォーマルという固定概念を捨て、休日のセットアップを気楽に楽しんで頂ければと。



2275_1.jpg


こちらのジャケット単体では素材感やシルエットも含め、変化球なしのプレッピースタイルが、一番腑に落ちますね。

インナーがシャツ 1ですと 若干ジャケットのボリューム感に負けてしまいますので、間にニットやタートルなど少しボリュームのあるモノを挟んだ方がうまくまとまると思います。

冬場もこの上に風よけ程度の1重のコートでそこそ乗り切れちゃうのではないでしょうか。


Cotton Melton 3B Jacket商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=136341451




3BMELTONJKTKNIT.jpg


こちらはこちらはぱっと見スウェットパンツに間違われそうな、ほっこり休日モード全開のGREY MIX。

ウエストにはドローコードとベルトループの両方が付いておりスニーカーにはイージーパンツ仕様などスタイリングによって使い分けるのも良いですね。

緩くテーパードし、太からず細からずのクセの無いシルエット。ブーツも相性良さそうです。

ジャケット同様に合わせる、トップスはローゲージのセーターなど、ボトムに負けないボリュームがある方がバランス良いですね。

綿100%なので普通に洗濯できるのも嬉しいところ。

ウールのパンツに比べ、取り扱いも断然ラクなので 冬場のボトムスの中では4番候補にリストアップして頂けるのではないでしょうか。


Cotton Melton Easy Trousers商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=136342005



今季のセットアップの中では一番暖かく、単体使いの点でもそれぞれしっかり仕事をしてくれるこちら。


若干、サイズ欠け出てきておりますので、ご指名の場合はお早めに。



Bricklayer Horii

Reversible Balmacaan Coat

REVERSIBLE 1.jpg


■ Reversible Balmaccan Coat ■

material Side A : 68% Cotton,21% Polyester,11% Nylon 
              Side B : 100% Wool

color  BLACK×GREN CHECK, KHAKI×GUNCLUB CHECK

size S.M.L

price ¥68.000+tax



朝晩の冷え込みや段々と肌寒い日も増え、冬支度もそろそろ本番といったところでしょうか。


本日は今シーズン展開の*A VONTADE のコート類の中でも間違いなくM.V.P.のこちらをご紹介です。



REVERSIBLE2.jpg


"両A面" の "リバーシブル仕様" で作成したこちらのコート、サイズ感は言わずもがな、ゆったり、クラシックな王道シルエット

こちらで着用サイズはSサイズですが、インナーにジャケットや厚手のニットを着れる十分な身巾と袖巾があります。

裾広がりのAラインのシルエットが闊歩する度に揺らめき、なんとも優雅でエレガント。

フロントから裾にかけては、すべて袋縫い(※縫製糸を表に出さない縫い方)で仕上げていますので、たっぷりと空気を孕んだふくらみのある温かい表情に仕上がっています。


クラシックでブリティッシュな素材感を含め、今風に洗練された感はなく、どちらか言うと少し上の世代の方々にストライクのアイテムのはずですが 今シーズンはトレンドも相まってか、特に30代前後の方の問い合わせが多いですね。




REVERSIBLE3.jpg

ウールサイドはガンクラブとグレンチェックの2種類。

共にブリティッシュでオーセンティックな柄ですが、結構イメージが変わります。

左側は今季トレンドカラーでもあるベージュ~茶系のウールを使って織られたGUNCLUB CHECK。

こちらはともすれば、やや枯れた感のあるオ●ジ臭い柄ですが、洗練され過ぎないカッコ良さと温かみのある優しい発色が、世代を1周(2周?)して逆に 『今風』 と云った所でしょうか。

レディース受けが良いのもある意味、納得です。


右側は、ブリティッシュウールならではのやや硬めの手触りで、所々に跳ねる白毛(ケンピ) が素材の重厚感をグッと高めるグレンチェック。

GUNCLUBと比べるとコチラの方がヘリテージ感が強く、より男っぽいイメージですかね。

黒~グレーの1ダークトーンで使い勝手も良く、カジュアルのみならずスーツスタイルにも◎です。
 


REVERSIBLE4.jpg


また表面と裏面ではデザイン、仕様も若干異なります。

こちらのウールサイドはフロントがオープンボタンの箱ポケ仕様のミニマルデザイン。

ブリティッシュ且つクラシックな素材の風合いを 『生』 で感じて頂ける 『素材が主役』 の存在感のある表情です。

こちらのガンクラブチェックは素材と柄を含めて、ジャケットスタイルはもちろん、カジュアルベースの着こなしと相性が非常に良いのが嬉しいポイント。

ニットやジャケットの上からバサッと羽織るのが王道ですが、やや上品にまとまり過ぎるので、インナーに着古したデニムを刺して

 『休日のマックイーンスタイル』

 なんていかがでしょうか。

あとは『パリ、テキサス』 風にウールのベースボールキャップなども 『崩しアイテム』 としてはハマるかと思います。


REVERSIBLE5.jpg



裏返してのこちらサイドはコットン、ポリエステル、ナイロンの混紡糸を使った高密度ポプリン。

GUNCLUBはKHAKI , GRENCHECKはBLACKとウールサイドのカラーとマッチングした配色になります。

熱処理を加え防風、防水性を高め、生地の表面を微起毛させたマットでラバータッチな素材ですが、某高級ブランドのゴム引きコートほどの硬さと重さはないのでご安心を。

こちらはフロントは比翼仕立てになっており、その他、フラップポケット、袖タブなど俗に言う 『1重のステンカラーコート』 な仕様ですので、雨や雪の日は迷わずこちら面を表に着てください。








REVERSIBLE6.jpg

因みにウールサイドをインナーに持ってくる事でウール面がライナー代わりになるのでこちらサイドで着て頂く方が保温性は格段に高いです。

あとは何と言っても、フロントや裾からちらりと覗くウールチェックが何とも 『乙』 で 『粋』ですので、天気の良い日は必ずフロントは開けて着ましょうね。

衿ももちろん表裏のリバーシブルになっていますので、半立ちもしくはビンビンに立てて 『裏表のある男』 をアピールするのも良いと思います笑。


どちらサイドを表で着て頂いても抜かりない『両A 面』 な仕様ですので TPOに合わせてどちらで着るか恨んで頂きたいのですが、クリスマスまでは見栄えのするウールサイドを表に、年末~年明けにかけては厳かでソリッドなポプリンサイドを表に、なんて縛り(プレイ)も面白いのではないでしょうか笑。


レディースも少量ですが、ございますので是非店頭にてご試着しにいらしてください。


ではご来店の程、お待ちしております。




Rversible Balmaccan Coat商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=136336074


Bricklayer Horii

Lax Mac Coat - 2/48 Wool Gabardine -

blog1.jpg


■Lax Mac Coat -Wool-■

Material / 100% Wool
Color / CHARCOAL
Size / S.M.L
price / ¥47.000+tax


先日もご紹介しましたLax Mac Coatですがウールバージョンのご紹介です。




1327_1.jpg


素材は2/48 ウールのチャコールのトップ糸を強撚して高密度に打ち込んだギャバジン地。


通常ギャバジン地はスーツやスラックス、トレンチコートなどに使われフォーマルな装いに使われる素材です。


シルエットがハッキリと出るハリとコシが強い同型のコットンオックス地バージョンに比べて、優雅でエレガントな雰囲気やウールギャバ特有の落ち感があります。





blog3.jpg



たっぷりと空気を含み波打つ生地は美しいドレープ感を生みます。


袖付けもラグランスリーブで、全体的にふっくらとしたポンチョのような丸みのあるシルエット。


これからの時期は少し厚手のセーターやジャケットの上からでもゆったりと羽織る事が出来る1枚となっています。


裏地はレーヨンのライナーが付いており、さらりと着脱し易い仕様になっており、どちらかと云うと、カジュアルよりはジャケットスタイルに相性が良いですかね。



カジュアルで合わせるならローゲージのセーターあたりでしょうか。



blog4.jpg 


ビジネスマンライクな袖山の高いシュッとしたシルエットのステンカラーコートとは一線を画す、Mサイズで通常のXL相当の身巾があるAラインなバックシルエット。


細身のスーツスタイルに取り入れると、よりメリハリの効いたビジネススタイルが楽しめるのではないでしょうか。


裾を靡かせ、都会の夜を大股で闊歩する姿が様になる、そんな大人のコートです。



Lax Mac Coat-Wool Gabardine-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=136340452



blog5.jpg



ビンテージチノにブーツとがっつりカジュアル合わせですが、このテンションも気に入ってます。


因みに、こちらはコットンオックスのタイプ。

前回ご紹介したBLOGはこちら→ http://brick-layer.jp/news/2018/09/lax-mac-coat.html


こちらはオンオフ問わずで重宝することと思います。


このDK.KHAKIの色もキャメルとベージュの中間色のような温かみのある色目で気に入ってます。


悩ましいとは思いますが是非店頭にてご確認されて見てください。


Lax Mac Caot 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=135158873


Bricklayer Horii

ARCHIVE