Tom Hawk -Open End Ring-

WEAR_2018FW_OT_TomHawk_Ring_2.jpg
Tom Hawk -Open End Ring-

material/ Silver
size/ S, M
price/ ¥7,800- (+tax)

Tom Hawk(トムホーク)より、オープンエンドのリングが入荷しました。

ブランドを象徴するシンプルなラインデザインで、インディアンジュエリーながらスタイリッシュなリングです。


WEAR_2018FW_OT_TomHawk_Ring_0.jpg

Size:M

やや太目で、ソリッドなデザインはインパクト大。

一本で満足感ありますから、あまりゴチャゴチャと重ね付けせず、シンプルに1つだけがオススメかなと。

涼しくなってくるとバングル系は存在感消えますから、リングでアクセサリーを楽しんでみてはいかがでしょうか。


WEAR_2018FW_OT_TomHawk_Ring_3.jpg

Size:S

サイズはS, Mの2種類。

Sサイズは小指や薬指にフィットしますのでメンズでも着用可能です。

(オープンエンドなので、サイズの微調整も可)

例のごとく入荷少ないので、お早めに足をお運びください。

Tom Hawk -Open End Ring- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134943514

Bricklayer Shimada

Cowboy Jacket -Cotton Slab Yarn Corduroy-

CowboyJK_2.jpg
Cowboy Jacket -Cotton Slab Yarn Corduroy-

material/ 100% Cotton
color/ BLACK, TAN
size/ S, M, L
price/ 25,000- (+tax)

Slim Jeans -Cotton Slab Yarn Corduroy-

material/ 100% Cotton
color/ BLACK, TAN
size/ S, M, L
price/  ¥18,000- (+tax)


先日ご紹介致しました、Cowboy JacketのコーデュロイVer.のご紹介です。


50年代の某デニムブランドのジャケットからインスパイアされたこちらのジャケット。

肩のヨークやパールのスナップボタンなど、ウェスタンシャツのような意匠が"Cowboy" な一着です。

 
CowboyJK_3.jpg
通常のコーデュロイとは違い、スラブヤーン(ムラ糸)を織り込んでいます。

その為糸のムラ感がダイレクトに生地に浮き出て、デニムの縦落ちのようなヴィジュアルに仕上がっています。

物によってカジュアルに見え過ぎるコーデュロイですが、こういった変化をつけることで上品な見え方になってくれます。

畝も細目なので、普段の装いに溶け込みながら上品な季節感を演出してくれるコーデュロイです。


WEAR_2018FW_JK_CowboyJK_0.jpg


ショートジャケットスタイルなので、ワイド~ストレートなパンツに良く似合ってくれます。

写真ではややオーバーサイズで着用しておりますが、Mサイズで肩幅47cm程度と、標準的なサイズ感ですのでお客様の体型や着こなしに合わせてお選びください。

店頭にはウール素材の商品も充実してきておりますので、色々着比べて今年の一着を選んでみてください。

Cowboy Jacket -Cotton Slab Yarn Corduroy- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134911597

Bricklayer Shimada

Short Fatigue Jacket -Military Herringbone-

366-JK_ol_0.jpg


Short Fatigue Jacket -19/- Military Herringbone-

material/ 100% Cotton
color/ OLIVE
size/ S, M
price/ ¥25,000- (+tax)


Mil. 2 Tac Trousers -19/- Military Herringbone-

material/ 100% Cotton
color/ OLIVE
size/ S, M, L
price/ ¥21,000- (+tax)


第二次世界大戦時のUS ARMYジャケットをモチーフに作成した、ショートジャケットになります。

オリジナルに比べ着丈を短めにし、フロントの打ち合いを深くとることで、シルエットに*A VONTADE独自の調整を加えています。


mil2tactrousers1.jpg
素材には40年代のUS ARMYに良くみられる、ヘリンボーンツイルを糸から忠実に再現した19番手の厚手の生地を使用しています。

仕上げは製品洗いをかけていますが、生地がぎゅっとつまり、ヴィンテージと見紛う雰囲気に。

ミリタリー生地らしく強度に優れているので、ガシガシ着倒して、経年変化を楽しんで頂きたいジャケットです。



WEAR_2018FW_JK_STFatigueJK_3.jpg
シルエット等については同型のデニム素材Ver.で解説しておりますので、詳しくは下記リンクよりご確認ください。


オリジナルは約70年前のジャケットですから、現代的なシルエットに落とし込んだこちらのジャケットはかなり着やすくなっています。


mil2tactrousers.jpg
同素材でパンツも作成しております。

こちらはフランス軍のチノトラウザーがモチーフとなっており、短めのベルトループやフロントのインタック等特徴的なデティールを再現しました。

ジャケットはアメリカ軍なので、セットアップでこういう変わった組み合わせはあまり見ないのではないでしょうか。

WEAR_2018FW_JK_STFatigueJK_4.jpg
シルエットについては、こちらもデニム素材の方で詳しく解説しておりますので、下記リンクよりご確認ください。



ヘリンボーンツイル好きにはたまらないセットアップですね。

綾目に沿ってうっすらとヘリンボーンが浮き出てきますので、この生地にしか出せない素晴らしい経年変化になります。

定番のClassic Chino Trousers や Type 45 Chino Trousersに比べ厚手な生地感なので、これからの季節に重宝すると思いますよ。

店頭ではモチーフとなったオリジナルもご覧いただけますので、この機会にご来店下さい。

Bricklayer Shimada

LEUCHTFEUER -Knit Cap-

WEAR_2018FW_MilHospitalJK_18.jpg
LEUCHTFEUER -Knit Cap-

material/ 100% Wool
color/ BLACK, BLUE, CHARCOAL, SILVER GREY
size/ FREE
prece/ ¥2,800- (+tax)


弊店では定番となっているLEUCHETFEUR(ロイヒフォイアー)のニットキャップ。今年も新色BLUEとSILVER GREYを交えて、入荷致しました。

ロイヒフォイアーはドイツのメーカーです。1956年に創業し、現在に至るまでニット製品を主に手掛けているファクトリーブランドになります。

ドイツ製に高い拘りを持ち、糸の管理から全ての工程を自社で行い、高品質な製品を良心的な価格帯で市場に提供し続けています。


WEAR_2018FW_MilHospitalJK_17.jpg
様々なプロダクトを生産しているメーカーですが、特に定番のこのニットキャップはシンプルで癖が無く、どんな服装にも似合います。

僕にとってはヘインズのTシャツみたいな立ち位置ですね。あー70点、みたいな。良くも悪くもそのくらいだけど、それでいいんです。安いから。

ドイツ製らしい堅牢で真面目な感じはウチの洋服が好きな方であれば気に入ると思います。

持ってる方や酔っぱらって失くした方(私)は今年も是非。

LEUCHTFEUER -Knit Cap- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=124088287

Bricklayer Shimada



Cowboy Jacket

WEAR_2018FW_MilHospitalJK_12.jpg
Cowboy Jacket

material/ 100% Cotton
color/ INDIGO
size/ S, M, L
price/ ¥25,000- (+tax)

新型のデニムジャケット。Cowboy Jacketです。

肩のヨークや、パールのスナップボタンなど、ウェスタンシャツとデニムジャケットの中間的なデザインが特徴で、50年代の某デニムブランドのジャケットをイメージソースに作成しています。


WEAR_2018FW_MilHospitalJK_13.jpg
生地は10ozの強撚糸セルビッジデニム。

ライトオンスなので、とにかく軽い。シャツ感覚で着れるので、気持ちが良いです。

着心地は軽いのですが、生地感は滅茶苦茶に固いです。

普通のGジャンをもちもち中太麺とするならば、これはバリカタ博多豚骨。

薄いのにパキっとしていて、やわな感じが全くない。良くあるライトオンスデニムにありがちな頼りなさが無いので、丁寧に育て上げたくなります。

これ一応生デニムなんですけど、洗うと強撚糸特有の洗い線が入ってきてますし、もっと着込んでいけばアタリとか曲げ皺が凄いことになってくると思います。

左が私物になりますが、今日のブログに向けて洗って着込んできました。ホントはしばらく生の状態を楽しみたかったんですけど、仕事なので。(涙)

(洗い後着丈や袖丈等、約1cm程度の縮みがあります。)


WEAR_2018FW_CowboyJK_11.jpg
着るとこんな感じで、小ぶりなスナップボタンのアクセントが効いています。

デティールが簡素なので、所謂サードタイプ等に比べて凄く小奇麗な印象ですよね。

写真では王道に軍パンを合わせていますが、トラウザーとかキレイめパンツを合わせても似合うくらいドレッシーです。

普通のアメカジGジャンには無い上品さと、上質なセルビッジデニムを是非お楽しみください。


Cowboy Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134757207

Bricklayer Shimada




ARCHIVE