Gardener Shirts L/S -60/- High Count Linen-

本日の気温20°


中目黒周辺を歩いていると桜も徐々に咲き始めて、春の訪れを感じます


そんな穏やかな天気にピッタリのアイテムのご紹介です。





gerde_linen_00.jpg




■ Gardener Shirts L/S -60/- High Count Linen- ■

material/ 100% Linen
color/WHITE,BLACK,DK.NAVY
size/S.M.L
price/¥22.000+tax





gerde_linen_01.jpg




1900年代初頭のフランス農夫が着ていたであろうリネンジャケットをイメージソースにシャツに再構築しました。


素材はやや細番手にあたる60番リネンを高密度に打ち込んだシャンブレー地。


リネンならではの艶やかな光沢に加え、ハリとコシが強く『シャリッ』とした手触りで、麻(リネン)本来の自然の中で育った『たくましさ』を感じてもらえると思います。


さらに高密度に織り上げたことで素材自体の耐久性も上がっている分、洗濯などもあまり気にせずイージーケアでタフにガンガン着込んで頂けます。


『強さ』を持ちながらも、見た目の風合いは柔らかく軽さもあるので、これからの季節は自ずと手に取る頻度が上がり、使い勝手の良い素材です。


同素材で作成したオリジナルのくるみボタンも、素材の風合いをより引き立たせるだけで無く、中央のハトメがいいアクセントになっています。





gerde_linen_02.jpg




こちらのリネンシャツの特徴でもある大き目のパッチポケットは脇の折伏せ縫いに流し込んだ仕様です。


暖かくなるにつれてポケットの数も減っていくので、一枚で着る際はこれぐらいの容量がある方が何かと機能的で便利、文庫本ぐらいであれば、すっぽり収まりますね。


ポケットに手を入れているだけで『手持ち無沙汰』も無くなるので、シャツでありながらも、ディテールの面ではアウター的な要素も取り入れています。





gerde_linen_03.jpg




ヨーク下とカフスは、『ギャザー』で優しい印象に。イメージソースでもある『フランス農夫』という点で、『タック』より『ギャザー』の方が個人的にしっくりきます。


また『ギャザー=レディース』だけのものでは無いですからね。


経年変化した際には柔らかく、空気を含んだようにふっくらするリネンは、ドレープが綺麗に出ることで『優雅』な印象を生むんです。


後々このギャザーが見た目以上の『いい仕事』をしてくれますから、是非その過程も楽しんで下さい。





gerde_linen_04.jpg




身巾をたっぷり目にとって丸みを作り、着丈はやや長めのAラインのシルエットです。


マチから裾にかけてのラウンドも効いていて、特に後ろ身頃の着丈が長く、前身頃との段差があるのでよりクラシックな雰囲気です。





gerde_linen_05.jpg

モデル身長183㎝、体重65㎏、サイズL着用




Aラインのシルエットを活かし、ワイド目なシルエットのTYPE45チノと合わせたスタイリング。


色はダークネイビーで統一してトーンを押さえながらも、小物類で春らしさを取り入れました。


シャツとしても中間着としても取り入れやすいので、シーズンも長く使えます。



個人的にはリネンシャツは『クタッ』としてからが風合い的にも本番なので、


今時期から着込んで、一枚で着る頃合で本領発揮させるのをお勧めします。



Bricklayerコースケ







Safari Shirt L/S


safari01.JPG



■ Safari Shirt L/S ■

material/100% Linen
color/WHITE,TAN,HARVEST RED
size/S.M.L
price/¥19.000+tax





safari02.jpg




最高級リネンと称されるフレンチリネンを使用した新作のサファリシャツのご紹介です。


素材はリネン100%。生地感に軽さを生む細番手(60番)の糸で織布したシャンブレー地は、下晒の段階で糸の撚り方向を一旦ほぐし洗いをかけることで、リネン特有の繊維質な『硬さ』と『カサつき』をなくし、膨らみのある、しなやかな素材に仕上げました。


また糸をほぐした事で生まれた表面の毛羽と、手紡ぎのようなムラ糸の凹凸が相まって、天然素材の『優しさ』がより引き立った表情になっています。


糸同士の間隔も広めに甘く織られているので、適度に生地が動き、まるで『ガーゼ』を触っているような柔らかな触り心地です。


写真のように『透け感』のある素材なので真夏にも使え、冷房の冷え対策としてもバックに突っ込んで持ち歩いて欲しい1枚です。




safari04.jpg

モデル身長182㎝、体重65㎏、サイズM着用




『サファリシャツ』と聞くと、機能性を重視して多めに配置されたポケットやエポーレットと『いざ探検へ』といったイメージですが、


アイコンとなるマチ付きのフラップポケットのみを残し、他は引き算。


前立てもフレンチフロントとシンプルにした結果『土臭さ』は払拭され、アフリカというよりは、どこかヨーロッパテイストを漂わせる『品』のある見た目です。


釦も素材の雰囲気に合わせて艶消しの貝釦と『天然』にこだわりました。




もちろんサファリシャツ特有の、あの『ゴチャ』とした感じも好きですが、主張が強い分スタイル自体が決まってくるので『着こなし』の幅は狭いのが難点。


その点、こちらであれば良い具合に角(癖)がとれ、『キレイ目』までスタイルを幅広く持てるので、普段のワードローブの中にも取り入れやすいかと思いま


特にHARVEST REDは『赤系はあまり着ないなー』という方にもお勧めしたいですね。


僕自身、『赤』を少し遠ざけ食わず嫌いなところがありましたが、落ちいついた色味なのでパンツを選ぶという事が無く合わせやすかったです。


これを入門編に段階を踏んで『激しめの赤』にもトライしてみようと思いました。




safari05.jpg




素材と見た目の『大人しさ』もあり、軍物パンツと合わせても『トレジャー感』が際立つ事は無く、すんなり受け入れてもらえると思います。


むしろいい具合で『男臭さ』の演出ができますかね。


カウボーイジャケット(STONE WHITEと合わせて色のグラデーションも楽しめるスタイリング。


こちらのTANの色味に関しては『アメカジ』の好きの方にもガッチリとハマると思います。



Bricklayer コースケ


Sunset Jacket Ⅱ & 1 Tuck Tapered Easy Trousers


夏にも着れる、セットアップでの組み合わせがお勧めのジャケット&パンツのご紹介です。




sun01.jpg




■ Sunset Jacket Ⅱ ■

material/97% Cotton 3% Pu
color/DK.NAVY,BLACK,

material/60%Rayon 35%Polyester 5%Pu
color/CHARCOAL

size/S.M.L.
price/¥29.000+tax




sun02.jpg




素材は2種類。ダークネイビー、ブラックはペルーで栽培される希少価値の高いピマコットンを使用したタイプライター。


真夏にでもシャツ感覚で着れるように70番と細番手の糸で織り上げる事で厚みを抑えています。


また細番手を使うことでピマコットンの持つ、すべすべとした柔らかな質感と光沢感等、素材本来の持ち味を存分に活かせます。


『薄い=やわらかい』といったイメージを持つ方も多いかもしれませんが、そこはご安心を。


高密度に織り上げるタイプライターなので袖を通した際には『パリッ』と気持ちの良いハリ感があります。表面はサラッとしているものの、どこか『紙』に似た独特な手触りがあるので、そこは是非、触って感じて頂きたいところ。


さらにポリウレタンを混ぜたことで適度なストレッチ性を生むので体にかかる負荷も軽減してくれます。




もう1つのチャコールはレーヨンとポリエステルを合わせサマーウールのような、一見『スーツかな?』と思わせるような表情が特徴です。


また上記素材の染濃度の差+光沢感でトップ調にも見える奥行きのある色味になっています


平織りウェザーでハリはありますが、レーヨン特有の『トロッ』とした体のラインに沿う『落ち感』があります。


触り心地もハリの中に『ウェット感?(少し水分を含んだ感じ)』があり、ポリ、レーヨンの特徴からも夏場には嬉しい『ひんやり』した素材です。





sun03.JPG




こちらはジャケット内側様子。


軽さを追及した結果、芯地は使わずに袖裏、背裏等の裏地を無くした見返しに切りポケットのシンプル仕様に。


袋縫いと折り伏縫いで、縫い代同士の厚みが出ないよう丁寧に縫製されています。


見返しの曲線やポケット布等をみると縫製技術に『ホホーっ』と感心さえしてしまい。シンプルだからこそ手を抜かない(抜けない)職人魂の垣間見えるところです。





sun04.jpg

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用




シャツとの相性はもちろん◎ですが、インナーにカットソーを合わせることでよりカジュアルなスタイルを楽しめます。今回は春らしくボーダーで『遊び』を出しています。


個人的には夏になれば、ショーツとデッキシューズの組み合わせで『リゾート感』を演出したいです。


袖をラフに2~3に折り捲り『こなれ感』を出しながらジャケットの名の通り、夏の夕暮れ時の海岸沿いを歩くイメージです。


むしろ待ちきれずにゴールデンウィークあたりから始めますかね。笑





sun09.jpg




■ 1 Tuck Tapered Easy Trousers ■

material/97% Cotton 3% Pu
color/DK.NAVY,KHAKI,BLACK,

material/60%Rayon 35%Polyester 5%Pu
color/CHARCOAL

size/ONE,S.M.L.XL
price/¥19.000+tax




sun06.JPG




写真をサラッとスクロールしてしまった方は気が付かなかったと思いますが、1つ前の全体写真にはカーキが追加されていますので、今一度確認してみて下さい。


もともとはセットアップでご用意があったのですが、ジャケットはブログでご紹介前に完売してしまいました。あしからず。


ちなみに素材はダークネイビーとブラックと同じくピマコットンを使用したタイプライターです。




イージーパンツ仕様なのでベルトレスで、フロントのパンツ紐でサイズも調整して頂けます。


ただベルト必須 or シーン的に必須という方にベルトループも設けていますので、上手く使い分けが効きますよ。


袋縫いで縫われたヒップのヨークにより、立体的な自然な丸みを生むので素材の軽さとストレッチ性がプラスされ着用時はストレスフリーに。


シルエットもそうですがパターンメイクや仕様も穿き心地にダイレクトに繋がる部分でもありますからね。『うん。コレ穿きやすいな』と感じて頂きたいです。





sun07.jpg

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用




ヒップ~ワタリにかけて程良くゆとりを持たせ、革靴だけでは無くスニーカーのと相性も考えレングスはやや短めに設定。裾にかけて緩やかにテーパードを効かせています。


真夏はロールアップしてサンダルの組み合わせも◎だと思います。


癖の無いシルエットなのでスタイリングの幅も広く、パンツ単体で考えても十分に活躍してくれます。





sun08.jpg

モデル身長183㎝、体重65㎏、サイズ共にL着用




チャコールのセットアップにブラックのシャツで男らしさを出した『重厚感』あるスタイリング。


見方によっては『夜』の感じが出てるかもしれませんが...。(そこは内緒にしておいて下さい。笑)


特にチャコールは素材の軽さとは反した見た目なので、比較的フォーマルな場面でも使い勝手が良く、活躍の場が広いと思います。


シャツを白やストライプに変えるだけで印象もガラッと変わるので、『攻め路線』、はたまた『爽やか路線』等、気分で組み合わせを変えるのも楽しいと思います。




Bricklayer コースケ




Fatigue Trousers - Ripstop -

店頭に来られるお客様の中で色違いで買い足される方も多い定番のファティーグトラウザー。


春夏限定バージョンが再入荷しました。


特に夏場は『コレばっかり穿いている』と言うのを良く耳にします。


その理由。紐解いていきましょう。





fat1.JPG




■ Fatigue Trousers - Ripstop - ■

material/100% Cotton
color/OLIVE,BLACK,MID GREY
size/XS.S.M.L.XL
price/¥20.000+tax





fat2.jpg





格子模様が特徴のリップストック。軍物やアウトドアウェア&ギアなどに多く使用され、軽量で耐久性にも長けるという点で代表される素材です。


『RIP=裂ける』『STOP=止める』 その名の通り、仮に裂け目等が入ったとしても、この格子柄の働きで裂け目が広がることを最小限に抑えます。


本来ナイロンを混ぜることで強度は格段に向上しますが、使用するリップストップは強度の高い太番手の綿糸を打ち込み、綿100%でその耐久度を実現しました。


徐々に暖かくなり汗ばむシーズンでは、直接肌に触れることもあり、肌触り、肌離れの良さや、また風合いと言った点で、やはり綿100%に軍配が上がります。


着用を重ねると色のフェードで格子模様が浮かび上がる様子も楽しんで頂けると思います。個人的にはフラップに隠されたドット釦の行く末(浮き出る様子)も見ものです。





fat3.JPG





素材だけでも十分に『穿きやすさ』に繋がる要素は詰まっていますが、その素材感をさらに活かすのがこちらのディテール。


股下には可動域を広げるマチを設けて、着用時に無理なテンションが生地に掛からないよう膝にタックが入っています。


最大の特徴でもあり、見た目からもインパクトがあるポケットは、M-65パンツなどに見られるマチ付きポケットからヒントを得て、より使いやすくポケット口を広げ、膨らみをもたせた状態で縫い付けています。収納量が高いので『ちょっとそこまで』のお出掛けであれば、バック要らずでも事足りるはずです。





fat4.JPG

モデル身長183㎝、体重65㎏、サイズL着用




まずこの穿いた感じの見た目からして楽そうですよね。笑


股上はやや深めに設定して、腰回りにもゆとりを持たせたシルエットです。


ブーツだけでなく、革靴やスニーカーにも合わせやすいよう膝下からは緩やかにテーパードを効かせています。


ラウンドしたポケットが、いい具合に『ミリタリー感』を和らげてくれているので、クラシックなシャツやジャケットスタイルに取り入れても、『抜け感』のある新しいスタイルを楽しんで頂けると思います。


むしろプッシュしていきたい着こなしですね。





fat5.jpg

モデル身長183㎝、体重65㎏、サイズL着用




こちらは縫製、ディテール等から匂わせる『ヴィンテージ』を活かしカジュアルに。


ショート丈のジャケットを合わせることで『ラフ』な雰囲気をより演出できると思います。


パンツ自体にインパクトがあるので夏場はシロT1枚でも様になり、良い意味で『手を抜いた』感じを楽しめるのではないでしょうか。


今回はご要望の多かったXLサイズも少量ですがご用意しています。(オリーブのXLは既に旅立っていきましたが...。)


この穿き心地、ぜひ店頭で感じて下さい。




Bricklayer コースケ



Utility Shirts Jacket & Utility Trousers W/Belt


utility01.jpg




■ Utility Shirts Jacket ■

material/100% Cotton
color/OLIVE,FADE BLACK,MID GREY TOP
size/S.M.L
price/¥19.000+tax





utility02.JPG




春夏も*A VONTADEの定番のユーティリティシリーズが入荷しているので、早速ご紹介していきます。


今回の入荷では新たな仲間も加わり素材は2種類。


まずオリーブとブラックは継続の高密度に織り上げたオリジナルポプリン。もともとポプリン自体にヨコ方向に細い畝が効いているのですが、横糸にラフィー糸を使用しているので自然なムラ感が強まって素材からもヴィンテージの雰囲気が漂います。


さらにシルケット加工をすることで質感に『硬さ』と『光沢感』が生まれます。


初めは『ゴワっと』した感じはありますが、着用を重ねて柔らかさが出て馴染ませていく過程も楽しんで頂きたいですね。



もう1つは新色のミッドグレーに使用している素材のリップストップ。


格子状の模様もあり軍物要素が色濃く出るリップストックですが、色を混ぜ合わせたトップ糸を使うことで、あの独特の柄は『よく見るとね』てな具合に控えめに抑えています。


その分トップ糸特有の霜降りが強調され、色合いに奥行きがあります。互いの主張は邪魔をせずにワーク感は残しながらも『品』も備えた雰囲気ある素材です。




utility03.jpg

モデル身長183㎝、体重65㎏、サイズL着用




デザインソースはUS ARMY UTILITY SHIRTS


『スッキリ』と着こなすのではく『ガバっと羽織る』方が様になり、この『ラフ感』が魅力です。よりオリジナルに近い雰囲気も感じて頂けると思います。


シルエットも身幅を確保し、昨シーズンと比べてもグルり一周で約4cmほど広げています。


オリジナルは筒袖でですが、2枚剥ぎにしてカフスを設けました。


見た目にシャツの雰囲気は残っていますが、ジャケット感覚で着て頂きたいですね。


インナーはカッソーでもシャツでも良いと思います。あまり考えずに、『今日もこれで行くぞ!』的な。


身につけていると着こなしだけでなく、内面からも『男らしさ』を磨けている気がしますよ。





utility04.JPG




こちらは経年変化の様子。


約2年程の着用で光沢感も薄すれ油分が抜けたような質感に。写真では見えませんが、ヨコ糸のムラ感もパッと見てわかるぐらいに浮き出ています。


ポケット等、各パーツの存在感が増し『力強い』表情に変化していますね。


袖もアタリも愛おしいポイント。ここまで変化するには月日が掛かりますが、こうなると、自ずと手が伸び、『着ること』への楽しみを実感して頂けるとおもいます。


これが『愛着』ですかね。笑





utilty05.JPG




■ Utility Trousers W/Belt ■

material/100% Cotton
color/OLIVE,FADE BLACK,MID GREY TOP
size/S.M.L
price/¥19.000+tax





utility07.jpg

モデル身長183㎝、体重65㎏、サイズL着用




セットアップでも着用できる同素材でイージーパンツ仕様です。


こちらは軍物ホスピタルパンツから発想を得ています。もとは負傷した兵士が着用するための簡易的なパンツですが、ベイカーパンツに見られる特徴的なハリポケットをアクセントにワークの『匂い』のでるエッセンスを加えました。


腰裏に縫い付けたウエストベルトによりサイズを調整して頂けるのもありがたい仕様。イージーパンツあるあるの、財布を入れるとパンツが下がるといった不安はこれで解消されるはずです。


シルエットは『男らしさ』のある直線的なシルエット。


股上やワタリにも程良いゆとりを確保しています。また後ろにもハリポケットがついているので、ポケットの数が減り気味な夏場でも問題なく、手ぶらで歩く派の方には申し分ないと思います。


パンツとしたら薄手でライトな生地なので着用時の締め付け等はなく、シルエットと相まってリラックスして穿いていただけます。





utility06.JPGのサムネイル画像




インシームは巻き縫いで、一見巻き縫いのように見えるアウトシームは生地のセルビッチを方倒しに重ねてチェーンステッチをかけた『ひと手間仕様』です。


同系色なのでデニムのように赤耳で目立ったインパクトは無いものの、このひと手間には匠の『技』がひっそりと隠されています。

(※新色のMID GREY TOPはイン、アウト共に巻き縫いです。)




utility08.jpg

モデル身長183㎝、体重65㎏、サイズL着用



セットアップでのスタイリングです。


セットアップで統一感があるので、ギンガムのプルオーバーでアクセントを加え立体的にしました。


ある程度派手目な柄物チョイスでもスタイリングとして上手く纏まると思います。


『SHIRT ON SHIRT』スタイルでアウターとして取り入れれば着用のシーズンも長く、経年変化を楽しみたい方にも、もってこいです。


オリーブはワーク、ブラックはシックに、丁度その間の良いバランスにあるミッドグレー。


皆様はどの色が気になりますか?



Bricklayer コースケ





ARCHIVE