Wrincle Mac Coat -Wool/Cotton British Serge-








WrincleMacWool17_0_1.jpg



Wrincl Mac Coat -British Wool Serge-

material/ 60% Wool, 40% Cotton(Lining:100% Cotton)
color/ CHARCOAL
size/ S, M
price/ ¥46,000- (+tax)


今年もWoolのWrincle Mac Coatの季節がやってきました。


オイルカットしたブリティッシュウールにコットンを打ち込み、ハリと腰を持たせたツイードライクなサージを使用したステンカラーコート。


オイルカット&コットンを絡める事で見た目以上に軽さがあります。


ライニングにはキバタのヘリンボーンを使用し、仕上げに製品洗いをかけることで全体的に吊れたような味わいある表情に仕上げています。








WrincleMacWool17_1.jpg


決して回顧主義ではありませんが(古着は好きですけど)、否が応にもだだ洩れるHERITAGE感。


このVAGABONDなやられ感には好き嫌いがあると思いますが、唯一無二な『男服』である事は保証します。
(あとこういうコートを『かわいい』と言ってくれるおねーちゃんが好きです)


毎シーズン、パリの展示会でも海外バイヤーに高評価なアイテムの1つです。








WrincleMacWool17_3.jpg
それでもこのコートを選んでしまうのは、oldでtradなスタイルがどうしようもなく好きだから。

このコート、この生地感でしか表現できない冬の愉しみがあるから。

暖かいとか、楽とか、軽いとか、そういう商業的な分かりやすさじゃなくて、

「ムード」を求めているんだと思います。本質的にこういう洋服を着る人は。


今年の冬もWoolのコートで乗り切ってみてください。








Bricklayer Shimada

Round Yoke & Jacquard Border Roll Neck Sweater

0446_1.jpg
-Round Yoke Sweater-

material/100% wool
color/charcoal
size/S.M
price/¥36.000+tax


-Jacquard Border Roll Neck Sweate-

rmaterial/100% wool
color/charcoal
size/S.M
price/¥36.000+tax


0386_1.jpg

 

今シーズン、DRIES VAN NOTENを初め、海外のコレクションにも多数登場した柄ニット。


しばらく続いたノームコア的ファッションからの脱皮、反発からでしょうか、またこの辺りの強いデザインが トレンドアイテムとして再燃してきたのはアパレル業界に身を置く人間としては嬉しい傾向ですね。


という事で、本日は*A VONTADE初お目見えの柄物ニットのご紹介です。

国内のメゾン系高級ニットを手掛ける希少なファクトリーで作成したこちら、まずは求心柄のクルーネックセーターです。

オーストラリア産の梳毛ウールトップを3本取りしてコードヤーンを作り、度目を詰めてこれからの時期に重宝する適度な肉感の7ゲージのミドルゲージのニット。

長い繊維を均一に平行に揃えられた梳毛ならではの綺麗な編み地とドライタッチが特徴で捩れが無いのが特徴です。



0374_1.jpg

この時期着る洋服はどうしても色目がダークトーンでシンプルなワントーンになりがちですが何か1つアクセントを入ることで気分や印象がグッと変わるものです。

ノルディック柄にも様々な柄がありますがこの求心柄は立体感が出るように編み立てを変えて大柄にワイルドなイメージ。

ビジュアル的なインパクトはやや強めですが、シンプルなクルーネックのラグランスリーブですので、単品、レイヤードにも使い勝手の良いデザインですよ。


0401_1.jpg

ボーダータイプは同じ糸を使用していますが、編地の違いにより、ウェイト的には求心柄よりやや薄手に感じますね。

こちらはデザイナーお気に入りのロールネック、袖口と裾にもリブがないストンと落ちたややオーバーサイズのボックスシルエットで、カットソーライクなバランスって感じでしょうか。

柄とデザインの相性が非常に良いですね。

ビンテージのクッションのテキスタイルを落とし込んだボーダー柄はラインごとに編地に凹凸感のある、複雑且つ立体的な表情となっていて存在感があります。



0411_1.jpg
スキニーパンツに合わせてトップスのみボリュームを持たせるかワイドパンツで全身ルーズに合わせるかコーディネートに悩みます。

女性がスキニーパンツに合わせて履いても可愛いと思います。

今年の冬はSweaterで,インナーで是非遊んでください。

店頭やオンラインでのご質問も承ります。

Round Yoke Sweater商品ページはこちら*

Jacquard Border Roll Neck Sweater商品ページはこちら*

Bricklayer Horii

Suede Jeans -Cow Suede-

0138_2.jpg

-Suede Jeans-


material/cow suede
color/coyote.black
saize/S.M.L
price/¥72.000+ta



日本やイタリアなど現在のSUEDE ITEMの多くは良い意味でのメゾンでラグジュアリーな表情と云えますが、毛足が短く傷ひとつ無い均一で綺麗な仕上げが良しとされているのが事実。

*A VONTADEで使用されているこちらのSUEDEが目指した方向性はOLD AMERICANな匂いのするWILDなSUEDEです。



0092_1.jpg


あからさまに人工的処理や加工を施さずあくまで『天然革』の風合いを損なわないオイル調整も含め、革1枚ごとの特性を活かしたオリジナルの仕上げをタンナーさんに依頼しています。

その為1点ごとに毛足の長さや風合いに微妙な個体差がありますので気になる方は店頭にてご確認ください。

実際、北欧の革に比べ日本国内の革は硬さの面で劣りますのである意味丁度良い塩梅と云えますが表情はOLD AMERICANですが着心地はあくまでしなやかで着用を重ねるうちに身体に馴染む『見た目』

と『着心地』の良いとこどりのレザーです。


0120_1.jpg

デザインはベーシックでシンプルな5ポケットタイプ。シルエットは若干タイトで裾にかけてナチュラルにテーパードしています。

天然革ならではの風合いを感じて頂けるよう裏地は付けず1枚仕立てにしています、履き心地は足に吸い付く感じで皮膚の1部になった錯覚で履かれた方にしか分からない感覚。

十分にオイルを染み込ませている為、柔らかくしなやかなタッチに仕上げています。


モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用。



0131_1.jpg


写真では若干分かりずらいですが同素材のType-1 Jacketとのセットアップでのコーディネート。LEATHERの魅力はデニム同様、経年変化やアジを楽しむもの。

多少の汚れや傷など気にせず履き倒して頂きたいそんな1本です。この冬は異素材でのコーディネートも新鮮で挑戦するのも楽しいのではないでしょうか。

ROCKやPUNK、BAIKERの方以外にもファッションアイテムとして取り入れこの冬はコレでキマリですね。

店頭でのご試着をお待ちしております。

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用。

Suede Jeansの商品ページはこちら*

Bricklayer Horii

Reversible Pack Vest

*A VontadeよりReversible Pack Vestのご紹介です。

ReversiblePackVest_2.jpg
Reversible Pack Vest

material/ SIDE A:70% Cotton, 30% Nylon
               SIDE B:40% Cotton, 40% Wool, 15% Polyester, 5% Other
               INNER:100% Polyester(3M™ Thinsulate)
color/ TAN/OLIVE, NAVY/CHARCOAL
size/ S, M, L
price/ ¥29,000- (+tax)


ツイードライクな生地がどこかトラッドな印象で、パット見中綿入りの防寒ベストには見えないですが、ダウンの1.5~2倍の保温性を誇る3M™社のシンサレートと呼ばれる高機能素材を使用しています

外面はオールドな印象ですが、中身はハイテクって感じでしょうか。

シンサレートは布のような組成の為キルティングにする必要が無く、非常にスッキリとしたデザインに出来る為、キルティングのダウンベストのようにコーディネートで主張しません。

着ぶくれもしない薄さですので、ジャケットやコートのインナーにもお使いいただけます。

ReversiblePackVest_3_1.jpg
逆サイドはスーピマコットンとナイロンの撥水性のある高密度混紡ウェザー。

素材的に見え方はややDOOR寄りでしょうか。雨の日やGO OUTな場面ではこちら側がメインで活躍しそうですね。

ポケットのデザインもこちらサイドはパッチポケットで全体的に丸みのある表情です。 

リバーシブルものは、結果どっちかしか着ないパターンが多いですが、こちらは『両A面』 と断言できる抜かりのない作りです。


ReversiblePackVest_1.jpg
ナイロン系のアウトドアライクなデザインのインナーベストが多い中、こちらは「ジレやウェストコートの雰囲気を持ったインナーダウン」のイメージでデザインされています。

その為スラックスに革靴を合わせたようなトラッドベースの着こなしにも相性の良いベストです。

アウターにトラッドなモノをチョイスしても調和がとれると思いますので、Double-Brest OvercoatやReversible Balmacaan Coat などコートのインナーベストとして取り入れて頂きたいですね。

ReversiblePackVest_0.jpg
もちろんバリバリのアウトドアコーディネートにも◎

ノーカラーのクルーネックデザインはVネックベストなら若干合わせづらい、スウェットやタートルなどインナーのチョイスも巾広く選べます。



毎シーズン形を変えながら、根強いファンのいるReversible Pack Vest。

特に入荷のアナウンスはしていなかったのですが、店頭に出した直後から何着も旅立っています。

本格的に寒くなればさらに需要が増すと思いますので、皆様お早めに、、というより、駆け足気味でお求めください。


Bricklayer Shimada

Pompon -刺繍ブラウス-


<dahl'ia>から新たに生まれた<pompon>。
古着ベースのデザインから色彩をストイックにリメイクし、さらに装飾的なFork artの手刺繍をほどこした、シンプルなイメージの中にも温かみがあるブランドです。
ナチュラルな素材を使用し、長く愛されることを目指しています

今回はPomponからブラウスをご紹介します。

Pompom_sisyuu_3.jpg
たっぷりと寄せたギャザーが生み出すシルエットが魅力のブラウス。

刺繍部分は一点一点手刺繍なので、驚きです。


Pompom_sisyuu_1.jpg Pompom_sisyuu_2.jpg
ヴィンテージな雰囲気もあるので、シンプルな合わせでも存在感が。
コットン生地でざっくっとした質感なので、ベロアやコーデュロイなどの温かみのある素材との相性も良いです。

シーズンレスで着れるのも嬉しいですね。

店頭でも是非ご覧ください。
ONLINEでもお求めいただけます。


ARCHIVE