Explorer Parka


2255_1.jpg


■EXPLORER PARKA■

material/70% Cotton.30% Nylon
color/KHAKI.OLIVE.DK.NAVY
size/S.M.L
price/¥32.000+tax



1980年代のアイビー、プレッピーブームを経て、1990年代にはアメカジブーム到来でアウトドアの恰好をするスタイルが流行しました。

マウンテンパーカーやフリース(当時はシンチラ)マウンテンブーツ等、本物のギアを街で着用することが恰好良かったあの時代、ブログをご覧の方も懐かしいと思われる方が多いのではないでしょうか。

マウンテンパーカーと云えば某ブランドのフルジップのタイプが主流で4つのポケットを配したデザインが特徴的。

街着としてはオーバースペックでカラフルなパ〇ゴニアやWool Ri〇hを意気揚々と着ていたあの頃が懐かしくも思えます。

思い起こせばデザインは全てがフルジップ。フルジップは着脱がしやすくレイヤリングも楽しめ言わば万人受けするタイプ。

本日はアパレル関係を中心とした玄人好みのアノラック、Explorer Parkaのご紹介です。


1974_1.jpg



ハイテクウェアーやクラシックなアイテムなどデザイン含め、個々のスタイルがあり選択基準は本人次第。

素材は進化を遂げゴアテックスに代わる防水透湿機能の素材がメーカーによって様々あります。

*A VONTADEのパーカーはハイテクでもオーバースペックでもなくむしろローテク寄りですが多くのシーンに対応出来、十分な機能が盛り込まれたファッション的要素の高いクラシックパーカー。

デザインに合わせ素材もオーセンティックにコットン70%,ナイロン30%で緯糸にコットン、経糸にナイロンを配合することで水分を含んだ際にコットンが膨張する事でナイロンが圧縮されることで浸水をシャットアウトするという先代の知恵と技術が今の時代にも受け継がれています。

ナイロン糸にはナイロンの5倍の強度を持つコーデュラ社のナイロン糸を使用しており強度は申し分無く、必要最低限の防水防風、透湿機能もあります。





2006_1.jpg



ギアとして安全・快適面を考慮するのであれば間違い無いのですがハイテク素材は無機質で少し味気無い気もします(個人的意見)

着脱し易い様に身巾は広くデザインされておりますが、それでもウールのセーターなんかを合わせた時に脱ぐのは四苦八苦。汗

着脱が面倒なこの形にはこの形の良さがあるのです。

ボリュームを持たせた綺麗なAラインのシルエットであったりハーフジップで風の侵入を防ぐ為、保温性が高いこと、ジップの噛み合わせによる破損が少なく壊れにくいなどこの形がベストになった理由は幾つかあると思いますが何と言ってもこのビジュアル、ルックスが一番の売り◎

実際に山で着用し機能を試す場面は少なかったので次回にリベンジ+ご報告。





2318_1_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用


ファッションシーンにおいても揺るぎない地位を確立しているアウトドア、ミリタリーパーカー。

そんな中でもアノラックのこのタイプが調子良いのかと。着用した分だけシワやアタリが出るころにはこのモデルの真骨頂、長く着用する事でその方の人柄が出ます。

クラシカルなアウトドアテイストを十二分に味わえる定番商品、自分に見合ったアイテムを選んでみませんか。同世代の方に是非着て頂きたい1枚です。

1番の人気カラーはネイビー、グレーのスラックスに合わせてアーバン仕様な組み合わせも良いですね。


Explorer Parka商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=121054269


Bricklayer Horii

Utility Shirts



お盆で帰省されている方や行楽地に出掛けている方が多いでしょうか。

本日も茹だるような暑さですが入荷ラッシュとなり店内も秋めいてまいりました。



2390_1_1_1.jpg



■UTILITY SHIRTS■


material/100% Cotton
color/OLIVE.FADE BLACK
size/S.M.L
price/¥18.000+TAX


もはや説明不要なUtility Shirts。

このブログをご覧の方はもちろん、初見の方も一度は聞いた事やご覧になられた事が大半ではないでしょうか。

完成度の高さゆえ多くのブランドにサンプリングされビンテージ市場でも人気のあるこちらのジャケット。

*A VONTADEの洋服はミリタリーやビンテージをモチーフにした商品も多く単なるレプリカ品では無く価値観や繊細さ、緻密さを大切にいたします。

それは生地であったりシルエット、ディティールであったりと定番のシリーズの中でも必ずモディファイすることが拘りです。

正解か不正解ではなく進化する定番を目指しオリジナルを超えるモノ作りを目指しています。



2343_1.jpg



当時はバックサテンのコットン100%を採用し80年代以降になると綿ポリに変更されコットンに比べ格段に風合いや趣が異なるためコットンを好まれる方が多いこちらのモデル。

*A VONTADEの洋服も天然素材が比較的多く、素材はシャトル機で高密度に織り上げたオリジナルのポプリンを採用し経年変化を楽しめるよう綿100%にしています。

バックサテンに代わるオリジナルのポプリン生地で経糸は40番双糸、緯糸にラフィー糸を使い、当時のオリジナルに近い適度なムラ感を表現。

仕上げにシルケット加工を入れて綿の毛羽を飛ばし、年月が経って油分の抜けたようなドライタッチに仕上げています。





2127_1.jpg


70年代のベトナム戦争時に米軍で採用されたモデルをベースにデザインされたオリジナルの1枚。

袖の形状やボタン配置、縫製、ポケット形状等の時代背景があり奥深くも面白いものです、一重にユティリティーシャツと申しましても様々なパターンや変化があります。

肩や腕の部分は巻き縫いのダブルステッチで強度や見た目もインターロックの処理とは大きく変わります。

シングルですと華奢でのっぺりとし、ミリシャツやワークシャツはこうであって欲しいとのお手本です。

フロントに配した大ぶりな2つのポケットはどこか誇らしげにも見えてきます。



2206_1.jpg

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用


かのジョン・レノンも愛用したモデル。

カバーオールのように羽織としても使え汎用性が高い事は周知の事実、ボックスシルエットでショーツにも好相性。

着込む事で風合いが増し気負わずデイリーにガシガシ着て頂きたいです。

定番であるがゆえにストレートなコーディネートもありですが、少し小綺麗なコーディネートにアクセントでいががでしょうか。


Utility Shirts Olive商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=98913980

Utility Shirts Fade Black商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=129558519


Bricklayer Horii

Ray Adakai "Handmade Chains"

人気のハンドメイドチェーンが再・再入荷です。

WEAR_2018FW_OT_RayAdakai_0.jpg
Ray Adakai -Handmade Chain Mid.8"

material/ silver
size/ FREE
price/ ¥20,000- (+tax)

弊店では定番のインディアンジュエリーアーティスト、レイ・アダカイによるハンドメイドチェーン。

細身のMid.8とやや太めなHv.8の2パターンをご用意しております。

毎回入荷後即完売なこちらの商品、タイミング的に今季は今回が最後の入荷となりそうです。

WEAR_2018FW_OT_RayAdakai_1.jpg
Ray Adakai -Handmade Chain Hv.8-

material/ silver
size/ FREE
price/ ¥25,000- (+tax)

シンプルながら存在感のあるルックスは、Bricklayerのセレクトの雰囲気とピッタリマッチしていますね。

*A VONTADEのコレクションは勿論、幅広いスタイリングに対応してくれます。

重量感のあるシルバーは大切に磨きをかけながら一生を共にしていける、育てがいのあるジュエリーでもあります。

どれだけ年を重ねても手元に残る逸品だと思いますので、是非この機会に。

Ray Adakai -Handmade Chain Mid.8- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=129781982

Ray Adakai -Handmade Chain Hv.8- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=130006015

Bricklayer Shimada

Mil. 2 Tac Trousers

暑さ続く東京。

それでも連日秋冬物の下見に来店されるお客様がチラホラいらっしゃいます。

中でもボトムスは今からでも着れるので要注目、しかも今回紹介するのはみんな大好きミリタリーモチーフのトラウザー。見逃せませんよ。

390_BLOG_0.jpg
Mil. 2 Tac Trousers

material/ 100% Cotton
size/ S, M, L
color/ INDIGO
price/ ¥21,000- (+tax)


フランス軍のチノをベースにデザインしたデニムトラウザーです。

オリジナルはBricklayerでもデッドストックの取り扱いがありますが、数ある軍チノの中でも名品と呼ばれるだけあって人気の商品。

軍物とは思えないほど丁寧に作りこまれたデティールと、突出したシルエットの良さは試着されたお客様の殆どが購入を決めるほど。

そんな"名品"をアボンタージがオリジナルの匂いを残しつつ、更に丁寧にブラッシュアップして仕上げたMil. 2 Tac Trousersが良くないハズが無い。

しかもType 45 Chino Trousersでも人気のセルビッチネップデニムですからね、 これ以上言うことのない逸品でしょう。

390_BLOG_1.jpg
ザラ感の強い11ozのセルビッチデニム。

巻き縫いで仕上げているので赤耳は見えませんが、独特のムラ感から生まれるザラッとした風合いが、シャットル機でゆっくりと織り上げられた事を証明しています。

僕も今Type 45 Chino Trousersでこのデニムを育てていますが、通常よりも強くねじった糸を織り込んだデニムなので、普通のデニムよりも固い履き味が新鮮で楽しいです。経年変化も独特でハードな縦落ちやアタリが付きやすく、コントラストの強い変化が楽しめるデニムです。

全体的にのっぺりとした、淡く軟派な色落ちが好まれる昨今ですが、このデニムで敢えて硬派にヒゲやハチの巣を楽しんでみるのも一興かと。

トラウザータイプなので、敢えてセンタープレスを入れたりしても面白いかもしれないですね。その時は是非糊付きで、洗わずに、男臭く履いてみたりとか良さそう。

390_BLOG_3.jpg
シルエットは全体的にワイド。股上はやや深く、リラックスした上品さが漂います。

裾は絶対にカットした方が良いですね。一度洗ってガッツリ縮ませてからビタッと合わせてください。

デニムやミリタリー。そういったUTILITYな要素が詰まったMil 2 Tac Trousers。最も日常的な「道具」=「洋服」に拘りたい人には絶対に満足いただける一本です。

サイズ感や裾上げの相談等承りますので、お気軽にご来店を。

Mil. 2 Tac Trousers 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134181916

Bricklayer Shimada

Fatigue Trousers



『定番』と言わしめるほどの過程にはいくつものマイナーチェンジを繰り返しすることで進化を成し遂げ、今ではブランドのアイコニックとなりました。

洋服だけれども道具やモノに近い感覚。

道具やモノは年月を経て『アジ』が愛着へと変わり、経年変化による多くの表情を見せてくれます。

そんな感覚にさえ陥ってしまうFatigue Trousersのご紹介になります。




1977_1.jpg


■Fatigue Trousers■


material/100% Cotton
color/OLIVE.DK.NAVY
size/XS.S.M.L
price/¥20.000+tax



ワークやミリタリー好きには馴染みのある素材のバックサテン。

US M-51 TROUSERをベースに作成した高密度で織られたタフで頑丈なラギッドな素材です。

光沢もありどことなく気品や色気といったヨーロッパミリタリーの風格さえも見受けられます。

ミリタリーやビンテージをベースに作成されているこのパンツは細かなディティール1つ取っても丁寧に縫製され、ステッチワークが繊細に施されファストファッションには無い1手間も2手間も加えられたジャパンメイドゆえのモノ作りがここにあります。



1959_1_1.jpg



立体的で膨らみのある大振りなフロントポケットは使い勝手が良く、内装業やスタイリストといった方々も唸らせるこのパンツはリアルワーカーに信頼と信用を得ているほど。

股下にはマチを付け、膝にはプリーツを入れ動き易さといった機能面も配慮され『現場』の方々に支持される1つの要因です。良くありがちなワークパンツ等の硬く重いパンツとは異なり、

ファッションとしてはオーバースペックとも思えるこのパンツですが品やかさと滑らかさがあり足を通した瞬間、見た目とは裏腹に穿き心地のギャップに驚かれると思います。




1961_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用



股上は深く、お尻からワタリにかけてゆとりがあり膝下からは若干強くテーパードしたシルエットはファッションアイテムとしての今の空気感を含んでいます。

写真のNAVYはミリタリー色は薄く街着メインでいくのであればこちらがおススメ。

ポケットに存在感がある為、トップスはミニマムに。

アメカジ世代の僕達にはスエットやパーカーのカジュアルでのコーディネートが馴染みやすく良いのですがシンプルに引き算の法則が個人的には好み。

バックサテンのオーラのある生地感には負けないぐらいのブーツや革靴が相性が◎




1947_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用




王道のOLIVEは1本抑えておきたいところ。実際にアクティビティーでも使用して頂きたいものです。

*A VONTADEの洋服をフィールドで実際に使用してきたアイテムがあるのでそちらは後日。

見る方が見れば納得して頂ける作り込み、店頭で手に取って見て頂きたいです。

Fatigue Trousers商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=115287666

Blicklayer Horii

ARCHIVE