Piping Henly Top S/S & Reverse Crew Top S/S

4816_1_1.jpg


■ Piping Henly Top S/S ■

material/100% Cotton
color/RED MIX,AMBER MIX,OATMEAL
size/S.M.L
price/¥13.000+tax




4822_1.jpg


前回の1/2 Sleeve Classic Henly Shirtsのブログに引き続き『Henly Neck』縛りの半袖のスエットになります。

素材はReverse Crew Sweat L/Sと同生地の26番手のBDトップ糸を双糸にし、度詰めで編み立てた裏毛。

もともと硬さのある空紡糸を双糸にし、度詰めに編み込む事で強度が増し、型崩れやヨレ、斜行などを防げるタフな生地感が特徴です。

表面はコシがあり、若干硬さの残るバルキーでシャリ感のあるタッチになっている反面、裏面はパイル面を短くし生地全体のボリュームを抑えてありますが、パイルの凹凸の甘めな編地を感じる事が出来ます。

スエットのサマーカットバージョンとでもいいましょうか、T-Shirtsの延長で着て頂けると思います。



4983_1_1.jpg


60年代頃のビンテージに多く見られた、ネック回りにパイピングを施した、クラシックな仕様のヘンリーネックのデザイン。

各色生成りのパイピングを施し、RED MIXやAMBER MIXはパイピングが目を引き、デザインのアクセントになっています。

アメリカンでクラシックなデザインを、現代風に身巾や袖丈にゆとりを持たせたシルエットで、緩く着用出来るかと思います。

ドロップショルダーで裄丈を長めに設定し、69cm(Sサイズ)の着丈となってます。

もともとピッタピタで着用するものでもなく、裾や袖にもリブが無くスポーティーな要素は引き算し、スマートな印象となっています。



4877_1_1.jpg


同系色の組み合わせにデニムジャケットを差し込んだコーディネート。

テイストが似ているアイテム同志の組み合わせでしたら間違いないですね。

単体での着用はもちろんですが、アウターやシャツジャケットのインナーにTEEシャツでは心許ないとき、前回のブログ同様にインナー使いとしてもおススメです。

業務連絡:引き続きヘンリーネックの『布教活動』を継続していきます笑。


Piping Henly Top 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=140107389



5097_1.jpg
■ Reverse Crew Top S/S ■


material/100% Cotton
color/AMBER MIX,RED MIX,OATMEAL
size/S.M.L
price/¥13.000+tax



5102_1.jpg


こちらは同素材のクルーネックの半袖のデザイン。

生地染めとは違った、複数の色が混ざり合うトップ糸と裏毛の裏糸が表に響き、深みのある柔らかな発色が特徴的です。

AMBER MIXが特に人気色となっており、他にはないカラーリングとお取引様からお褒めのお言葉を頂戴するほどです。

今シーズンの新色として、OATMEALが仲間入りとなっています。


4934_1.jpg


デザインとしましては、両サイドには所謂オーソドックスな『リバースウィーブ』のデザイン。

脇はリブパネルで横への伸縮性を確保しています。

ちょっと小物を入れるには便利で大振りなカンガルーポケットを配しています。

袖は若干長めで身巾にゆとりを持たせ、着用した際には丸みを帯びたシルエットになるようパターンされています。

脇の縫製はフラットシーマを使用しているため、縫い代同士の段差はなく、中年には優しい『バリアフリー』となっている為、ストレスなく着用して頂けるかと笑。


4955_1.jpg


数式での方程式は不得意ですが、コーディネートの方程式だと、スエット=デニム=コンプリートといった感じでしょうか。

もちろんルールなど無く、オールデンなどの革靴に合わせクラシック且つコンサバに着るのも良いですし、スニーカー合わせもでも良いでしょう。

要は素材の良さを半袖でも味わって頂きたい、TEEシャツ感覚で着用して頂きたいそんな『想い』から形(デザイン)になったこちらのスエット。

着用と洗濯を繰り返す事で素材の良さを実感してくると思います。



Reverse Crew Top S/S商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=140107349


Bricklayer Horii

3/4 Sleeve U-Neck T-Shirts & 1/2 Sleeve Classic Henly Shirts

4963_1_1.jpg


■ 3/4 Sleeve U-Neck T-Shirts ■

material/100% Cotton
color : (Solid) SILVER GREY,PLUM,KHAKI,BLACK,WHITE
          (2 Tone) WHITE/SILVER GREY SLEEVE,WHITE/PLUM SLEEVE,WHITE/BLACK SLEEVE
size/S.M.L
price/¥7.500+tax



5027_1.jpg


密かにファンが多い、日本にある数少ない丸編み機を使い作成した脇に縫い目がない*A VONTADE オリジナルの丸胴ボディーを使用した3/4 Sleeve U-Neck T-Shirts。

素材は14番の空紡糸を使用し、ドライタッチのややバルキーな風合いが特徴的な7ozの度詰め天竺。ヘインズなどのTシャツが5oz ぐらいだと思うので中肉厚の部類でしょうか。

脇接ぎがない丸胴ボディーの特徴としては、ヨコ伸びに強く、型崩れもしにくいメリットがあります。

実際、洗いをかけてもよれよれにならず、しっかりボックスシルエットをキープしてくれますし、洗濯時などもパンッ!と張った時の戻り感というか、綿100%ながらスパン混のような粘りを感じてもらえると思います。





5034_1_1.jpg

デザインはUネックの7分袖。裾はテールに向けてナチュラルにラウンドしています。

ネックはややVよりの浅めのUネック。

流石にだらっとネックの空いたデコルテ(?)全開のモノはちょっと頂けないですからね、バインダー仕様も細目でとてもすっきりした印象です。

また去年までのモデルとの変更点として今シーズンより 以前のMサイズ→Sサイズ、Lサイズ→ Mサイズと1サイズ大き目の身巾に変更しています。

今回のSサイズで身巾が約52cm、そこからM、L と約2.5 cm ピッチで大きくなりますので、トレンドの大き目サイズで着たい方は1サイズアップもアリかと思います。



5019_1_1.jpg


色展開が多く悩ましいところですが、今の所、2トーンのご指名が多いですかね、無地もSILVER GREYやPURPLEなどの定番色以外に多少人気が集中している印象です。


特に写真の2トーンは色褪せたデニムにシンプルに合わせるのが気持ち良いかと。若いころと着こなしが変わってないですけどね笑。

まー通常、2トーンTシャツと言えば袖付けもラグランでネックも2トーンのベースボールタイプのモノが多いですが、こちらはやや肩の抜けたセットイン、ネックもUネックで身頃と同色ですので、良い意味でスポーツ感が削がれ、適度なゆるさがあるのでこういうベタなアメカジ合わせでも子供っぽさやコテ感は全くないですね。


あくまでシンプルに、あとはアクセや小物などをさりげなくプラスする事で良い感じに 『抜けてる感』 が出ますよ、きっと。



3/4 Sleeve U-Neck T-Shirts(SOLID)商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=140361368

3/4 Sleeve U-Neck T-Shirts(BORDER)商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=140372615



4980_1_1.jpg

■ 1/2 Sleeve Classic Henly Shirts ■

material/100% Cotton
color/SILVER GREY,PLUM,BLACK,WHITE,KHAKI
size/S.M.L
price/¥8.500


5004_1_1.jpg


こちらは同素材を使用した丸胴のヘンリーネックの半袖タイプ、今年もブレずにやってます笑。


見返しと下前の持ち出し部分には布帛地を使い、貝ボタンを使用した1950年代のアンダーウエアがベースとなったこちらは、デザインナー自身も好んでよく着ているアイテムです。


洗いをかける事で布帛の部分が良い感じに撚れて雰囲気がぐっとましますので、アイロンなどはかけずに洗いざらしの天日干しで着てくださいね。




5006_1_1.jpg


3/4 Sleeve U-Neck T-Shirts 同様、全体的にサイズ感が大きくなったことと、袖丈は肘に掛かるぐらいの5分丈袖です。


上記写真はMサイズで自分用に洗いをかけてみましたが、身巾は1cm弱、着丈が2cm ほど縮みました。


タンブラーに入れるともう少し詰まるのと生地の度目もさらにがっつり入りますので、お好みでそういう調整も楽しんでください、いってもTシャツですから。


私もジャストサイズですとSですが(決してトレンドに寄せてるつもりはないのですが笑)今シーズンはMな気分です。




4997_1_1.jpg


あとヘンリーネックで特に今時期にお勧めしたいのがジャケットやシャツのインナー使い。


ジャケットやシャツのインナーにクルーネックのTシャツはもちろんアリというか王道ですが(悪く云うと普通なので笑) そこをヘンリーネックに変える事で ぐっと抜け感やこなれ感がでるはず。


実際、日本人よりは欧米人の方が、浸透してるのでしょうか。よくハリウッド俳優などが普段着でさらっとヘンリーネックTシャツを着こなしてるのを見ると同姓ながら何か色気を感じます。


という事でヘンリーネックの着こなしポイントとしては、ずばり 筋トレ ですね笑。特に大胸筋を鍛えれば、さらに着こなしと色気に磨きがかかるのがヘンリーネックの醍醐味です。


ボタン開け方1つで表情がぐっと変わりますので、筋肉量や場面に合わせて大人のフェロモンをうまく放出して下さい笑。



1/2 Sleeve Classic Henly Shirts商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=140372700




ちなみに今季はヘンリーネックの布教活動に専念する為、クルーネックはあえてやってません。。。


その心意気を買って頂いたのか、初ヘンリーなお客様にもご好評頂けているようなので、、、今季はこの調子で*A VONTADEの 『推しT』 はヘンリーネックで行きますので引き続きよろしくお願いします!!



Bricklayer Horii

TERRA

TERRA_BLOG.jpg


今季より新たに取り扱うこととなった『TERRA』

旅を通じて感じたことや得たインスピレーションをベースに、京都の工房で一つ一つハンドメイドで丁寧に制作されているアクセサリーブランドです。



以下ブランドコンセプトになります。



蝋引き糸を編み込み、シルバーを繋げたアクセサリー。

バラバラのパーツを繋げて結び、1つの形にしていく。

TERRA(テラ)のアクセサリーは身に着ける人のシンプルな主張。

日常の生活に彩りを添える事で、よりHappyになれる事を願います。



TERRA_BLOG_1.jpg


日差しがきつくなり、夏場には欠かせないサングラス。

サングラスを外した時、ポケットに入れづらく、頭や服に掛けるておくのも少し違うし。。。

やり場に困ってしまう事が多々ありますが、そんな時に便利なのがこちらのグラスコード。

リングにサングラスを引っ掛けておけばスマートに持ち運びが出来ます。

首から下げる事が出来、スタイリングのアクセントとして、またはネックレスとしてもお使い頂けます。



TERRA_BLOG_2.jpg


TOPの真鍮リングは燻すことで、使用していく過程で徐々に色味が変化していきます。

ワックスコードの先端はシルバーと燻した真鍮ボールを組み合わせ、着用時に程良い重みが出て、綺麗に掛けれるよう工夫がされています。

紐の長さは調整可能となっており、使用目的によってお好みの長さに変更が可能となっています。

ループ状のモノは多く見かけますが、長さを調整出来るモノが意外と少なく、シーンや気分によって長さを変えられるのは嬉しいポイント。

アジャスターには『ラクダの革』を使用し、レザーの経年変化を楽しめます。

G/Wを目前に外出の機会も増え、アクティブなシーンにもしっかりと使え、スタイリッシュに使える『Hola』。

結構便利で個人的にも愛用するおススメアイテムです。


■ TERRA -Hola- ■

color/BLACK,BROWN
material/Silver.925,Brass Leather
size/ONE(45.0cm)
price/¥8.000+tax

MADE IN JAPAN


TERRA -Hola-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=141683033



TERRA_BLOG_3.jpg

異なる形、大きさのシルバーを『連』にしたブレスレットの『Astra』

シルバーのボリュームと重厚感が特徴的で、着用感があるモデルです。

シルバーの大きさに合わせて蝋引き糸を平編みし、編み込まれた糸のカラーがシルバーを引き立ててくれます。

粒の大きさは様々ですが、統一感や洗練された感じがあり、普段インディアンジュエリーを好まれている方はこちらが良いでしょうか。

全て蝋引き糸はブラジル産のポリエステル100%で水に強く、非常に高い耐久性を持っています。


■ TERRA -Astra- ■

color/BLACK
material/Silver.925
size/ONE(18.5cm)
price/¥17.000+tax

MADE IN JAPAN


TERRA -Astra-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=141765149



TERRA_BLOG_4.jpg


TERRAの定番であり、ロングセラーモデルのブレスレット『Solo』

異なる形のシルバーパーツを一列に、蝋引き糸で編み込んでいます。

厚みがあり、しっかりとしたウェイトがある留め具にはTERRAのブランドロゴが刻印されています。

シルバーが控えめに付いていて、カラー展開が多く、気兼ねなく使えアクセ感覚で使えるのも人気の1つ。

ギフトや女性にも喜ばれるアイテムだと思います。



TERRA_BLOG_5.jpg


シンプルなデザインで、単体での着用はもちろんですがお持ちの時計や、バングルとの重ね付けも良いと思います。

今年の夏は少しチャラいぐらいにジャラジャラさせようと思います!笑

全てのアイテムにレザーの巾着が付いており、細かいモノを入れる丁度良いサイズ感となっています。

細部にも気の利いたセンス溢れるブランド『TERRA』

取り扱いの店舗もまだ少ないことから今後、お見知りおきあれ。


■ TERRA -Solo- ■

color/BLACK,BLUE,RED
material/Silver.925
size/ONE(17.5cm)
price/¥7.000+tax

MADE IN JAPAN


■ TERRA -Solo- ■商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=141765599


Bricklayer Horii

FRIPTS & DOBBELS

FRIPTS_1.jpg


今シーズンもFLIPTS&DOBBELS(フィリップス&ダブルス)の入荷がございました。

先シーズン好評でしたROBEタイプのこちらのジャケット。

パターンも新たに、昨年はブラックのみの展開でしたが、今季はチェックとブラックの2色でのご用意です。

masters%20of%20linen.jpg
素材にはヨーロッパリネン&リネン連盟(CELC)が定めた厳格な基準をクリアした製品だけに付与される【MASTER OF LINEN】の認証を受けた上質なベルギーリネンを使用。

リネンなしからぬ滑らかなタッチで、上質なコットンのようなツルっとしたした肌さわりの良い質感で、リネンを多く展開するブランドだけに素材選びに対しての拘りは相当な自信を伺えます。

柔らかで、光沢感のあるリネンの風合いが素晴らしく、リネン=FRIPTS&DOBBELSというぐらいリピートされる方や待ち焦がれる方も多いほどです。



FLIPTS_2_2.jpg


デザインというかパターンは至ってシンプルで、長方形の布に袖をつけました的ななダイナミックなデザインです。

アウターと言うよりもストールや羽織モノに近い感覚でしょうか。着るというよりは纏う感じですね。

一応、洋服としての体(てい)を成す為に、おまけ程度に付けられたコンパクトな袖がとってもキュート。


これだけベルギーリネンを贅沢に使用し、魅力あるプライスはファクトリーブランドならではと思います。


フロントにはボタンが無く、ウエスト裏には紐があり結んで着用して頂くことも出来ますが、ここはラフに開けて着たいところです。





FLIPTS_3_3.jpg


簡素なデザインと作りで潔ぎ良ささえ感じますが、着用した際のシルエットやドレープは、リネンの生地感などの特性を知りつくしたブランドならではのモノ。

上記の写真が新色の"CHECK"

写真はパープルが強いですが、ベースはチャコールベースにブルーグレーのWINDOW PAIN でベルギーらしい(?)とても素敵な配色です。

ストール感を挿したい場合はこちらですかね。



FLIPTS_4_4.jpg


Egg Robeのインナーに着てる開襟シャツ【BOXY SHIRTS】 はアンサンブルとしてもおススメです。

同素材のこちらはボックスシルエットで身幅はワイド、袖の取り付け位置が低いドロップショルダーとなっています。

『四の五の言わずに素材を味わってください』 と言わんばかりに、フロントは3つボタン、ポケットが無いシンプル且つミニマムなデザインです。




FLIPTS_5_5.jpg


シャツは全3色の展開ですが、こちらは『RUST』

赤が強いオレンジのような色目となっています。

こんがり日焼けした肌に良く似合いそうなカラーとは一般的な言い回しですが、まさにその通りかと!笑(自分が欲しい)

ハーフスリーブで着丈もショーツに合わせられる長さがある為、こちらもリラグジングウェアとして最適かと思います。



FLIPTS_6_6.jpg


背中に真っ二つに入る、インボックスプリーツは着用した際に立体的で丸みを帯びたAラインシルエットに見えデザインとしても一役買っています。

*A VONTADEでもこの時期、天然素材の『LINEN』を多く採用しており、Classic Chino TrousersType45 Chino,
ミリタリーのパンツとの相性は良く,Boxy Shirtsも同様、馴染みやすいアイテムかと。

風に靡くとリネンの生地感と表情を見ているだけでも涼しさを感じられる『マスターオブリネン』 『リネンの王様』 を是非、肌で感じて欲しいものです。

こちらではご紹介しませんでしたがイージーパンツも少量ですが入荷しています。




FLIPTS_7_7.jpg



■ FLIPTS&DOBBELS -Egg Robe- ■

material/Linen 100%
color/CHECK,BLACK
size/ONE
price/¥27.000+tax



■ FLIPTS&DOBBELS -Boxy Shirts- ■

material/Linen 100%
color/CHECK,BLACK,RUST
size/1.2
price/¥18.500+tax



■ FLIPTS&DOBBELS -Tapered Pants- ■

material/Linen 100%
color/CHECK
size/2
price/¥21.000+tax




FLIPTS&DOBBELS -Egg Robe-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=142118259


FLIPTS&DOBBELS -Boxy Shirts-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=142121582


FLIPTS&DOBBELS -Tapered Pants-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=142141271



Bricklayer Horii

O Project -Regular Fit Shirts-

4909_1_1.jpg


■ O Project -Regular Fit Shirts- ■

material/Cotton 100%
color/DK.BROWN,KINARI,BLACK
size/M
price/¥27.000+tax



oproject_1.jpg


シーズン毎に着実にファンを増やし、リピートされる方も多い『O Project』

O project (オー プロジェクト)

ベルギー・アントワープに拠点を置く ヤン=ヤン・ヴァン・エシュ」を手掛けるデザイナー、ヤン=ヤン・ヴァン・エシュが手がけているファッションブランド。

ヤン=ヤン・ヴァン・エシュは、2003年、アントワープ王立芸術アカデミーを卒業、その時の卒業ファッションショーのベストコレクションとしてドリス ヴァン ノッテンを受賞しているベルギー・アントワープに拠点をおくデザイナー。

ブランド名の 『 O 』 が意味するのはひとつのLINK (繋がり)

シーズンテーマは特に設けず、ベルギーメイドのジャージ、モルトン、ニットウェアなどをユニセックスで展開。着用する者がその時の気分によって自由に着る事が出来るシルエットやデザインをコンセプトにしている。




カットソーやニット中心の展開が多い中、今季ブリックレイヤーではシャツを2型ピックアップし、その内の1型『Regular Fit Shirts』のご紹介となります。

素材はコットン100%のポプリン地。

通常ポプリンは緯糸の方向に細い畝が出来るのですが畝が分からないぐらい打ち込みが強く、サラッとした風合いが特徴的です。

生地を擦り合わせた際に『シャリシャリ』といった感じの、目の細かな薄手の生地感で、ライトウェイトな仕上がりとなっています。

細番手の糸を使用した生地感は、タイプライターのようなハリとコシがあり、光沢感もあり品のある仕上がり。

薄手で軽く気持ちの良い着心地は、*A VONTADEで云う" Sunset Jacket Ⅱ"のようです。



oproject_2.jpg


ナチュラルにリラックスした繊細なシルエットや、洗練されたパターンカッティングを得意とする同ブランド。

ドルマンスリーブになっておりユニセックスのようなデザインですが、モード感をも漂わせ、緩やかなカーブを描いた袖は緻密な計算あってのこと。

このシャツに限っての事ではないですが、全体的にルーズなアイテムが多いのですが『ダボッ』とではなく、『ゆったり』という言葉が相応しく、スタイリッシュな緩さを感じます。

ラグランスリーブになったこちらはドメスティックブランドには少なく、着る人を想定したモノ作りとセンスはJAN -JAN VAN ESSCHEならではと。

ボックスシルエットで身幅は65㎝(1周で130㎝)、素材を贅沢に使用し、着用するとメンズでは感じる事が少ない前立てにドレープを感じて頂けるかと思います。



oproject_3.jpg


前後の裾の長さを変え、サイドスリットを深くしたクラシックな雰囲気。

お尻まで隠れる着丈やデザインは女性でも着用出来、フェミニンなテイストを併せ持つO Projectは女性のファンをも虜にします。

上品で程よく抜け感があり1枚で着用しても主役になれるそんなアイテムです。

シルエットのボリュームと素材のバランスを楽しんで頂ければ、デザイナー冥利に尽きるのではないでしょうか。



oproject_4.jpg


少し秋っぽい色合わせですが、9分丈のパンツで抜け感と季節感を出したコーディネート。

着用するとさほどボリュームを感じさせないのは写真でお分かりだと思います。

スラックスに合わせ、ドレスシャツっぽく着るのも良いかもしれませんね。

若い世代がデザイナーズを好む傾向がありますが、僕達40オーバー世代の方も、もう1度リトライして頂きたいものです。

各色1枚ずつの入荷となりますので、気になる方はお早めに!



O Project -Regular Fit Shirts-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=141839354



Bricklayer Horii

ARCHIVE