Road Master Jacket

年末年始にOnline限定で先行予約をしていたRoad Master Jacket。

たくさんのご予約ありがとうございました。*A VONTADEと言えばレザー、今年も人気でしたね。

店頭にも少量ですが入荷がありましたので、ご紹介させて頂きます。

RMJ_18SS_4.jpg
Road Master Jacket

material/ cowhide
size/ S, M, L, XL
color/ BLACK
price/ ¥94,000- (+tax)


素材は先シーズンのものと変わらず、製品染めした革にオイルを入れて洗いをかけています。

各種ディティールやパターンも準拠しておりますので、過去ブログをご確認ください。

http://brick-layer.jp/news/2017/08/roadmaster-jacket-1.html

ちなみに写真は先シーズンの物を僕が個人的に半年間着用した物。

タイトだった着用感も軽減され、第二の皮膚のように馴染んでくれています。

RMJ_18SS_1.jpg
手前が新品、奥が半年着用の私物です。

腕周りのアップになりますが、刻まれた皺が良い表情を出してくれています。

色味も多少変化しており、若干青みが抜けて底光りするような光沢感も生まれ始めています。

ちなみにケアと言えることは全くしていません。

元々オイルがたっぷりと入っていますので、メンテナンスフリーで着用できますよ。(ズボラな僕にはありがたい)

RMJ_18SS_2.jpg
着用感も変化し、特に腕周りのフィット感が抜群によくなりましたね。

着用サイズはMサイズです。典型的なSM体型の僕ですが、Sサイズだとややタイト過ぎた為Mサイズを選択しました。

一生モノの買い物ですので、サイズで悩まれる方が非常に多いですが、あまりに小さい物を着すぎると革が伸びきってしまったり、キツ過ぎて着なくなったりしてしまうので、普段*A VONTADEで選ばれるサイズを提案させて頂いておりました。

2、3回着用すれば身体に合わせて革も馴染んでくれるので、今まで着ていたレザーは何だったのかというくらいの着やすさに驚かれるかと思います。

2222.jpg
モデル身長157㎝、サイズONE着用

今季Bricklayerではレディースサイズも展開しております。

女性がライダース着てるのってなんだか憧れますよね。

着丈が長めなのもポイント。タックインスタイルでメリハリを付けたコーディネートを楽しめます。

ここまで本気の革質でシルエットが良い物ってなかなか無いので、女性にこそお勧めしたいです。


*A VONTADEのRoad Master Jacket。

僕もまだまだ付き合い始めたばかりですが、10年後も確実に着ているだろうなと確信させてくれるライダースです。

迷っている方は今季こそ手に入れてみてはいかがでしょうか。

店頭またはオンラインでお求めください、サイズ感についてもメールや電話でもご相談承ります。

Bricklayer Shimada

Fishtail Mil.Coat

4024_1.jpg
Fishtail Military Coat

material/78% Cotton.22%Nylon
color/BLACK.OLIVE
size/ONE.S.M.L
price/¥37.000+tax



こちらのブログをご覧頂いている方達は馴染みのあるアイテムとは思います。

休日返上で家庭を顧みず古着屋を廻りに廻って探し奥様に怒られて肩身の狭い方も多いのではないでしょうか。

ゴールデンサイズのミントコンディションは奇跡に近いといって良いぐらい枯渇しておりデッドストックはほぼ皆無といっても過言でありません。

本年度一発目のブログに何をセレクトするか悩ましいところではありましたが*A VONTADEが精通しているMilitary。

60年代後半からアメリカ軍に採用されたM-65 PARAKA。

別名モッズコートとも呼ばれている『Fishtail Coat』のご紹介です。




3966_1.jpg

素材はオリジナルのマテリアルに限りなく近いコットンナイロンウェザー、混率こそ若干異なりますが色目や生地感はオリジナルと見間違えるほど。

光沢とハリ感のある生地が特徴です。

アルミジップやドット釦、ドローコード等、ディティールはオリジナルに忠実に踏襲した作りになっておりますがライナーやフードは装備していません。

右胸のコットンウエブテープがアクセントになっており他人と被りたくない方はバッチ等でカスタムしても良いですね。



3973_1.jpg

裾の末端部が二つに分かれている形状をしたテールデザイン、後ろの裾が若干長めになっています。

横からの写真は無いのですがボリューム感とシルエットがとにかく◎、花丸です!

魚の尾びれに似た形が名前の由来です、機能性を重視したスリットですね。

シルエットや着丈等もオリジナルを損なわないサイズ感で身幅や袖巾もゆったり目に取っていますので厚手のニットやジャケットの上からでも着用出来るオーバーコートになっています。



3957_1.jpg
身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用。


タック入りのテーパードパンツに革靴を合わせていますが下半身はこんな感じに綺麗目に合わせるのがバランスが良いのではないでしょうか。

ミルスペックの本物を店頭にてご確認されてください。オリジナルには無いBLACKも印象がだいぶ変わりおススメです。

売り切れご免の『早いもの勝ち』です。


Bricklayer Horii

明日の営業について


2017_12_25.jpg


明日26日(火)は通常定休日となりますが、臨時営業といたします。

13:00~21:00の営業となりますので、お間違えの無いよう、お願い致します。

予めご了承くださいませ。



また、Bricklayerの年末年始の営業は以下の通りです。


12月25日(月) 13;00 - 21:00

12月26日(火)13:00 - 21:00 (臨時営業)

12月27日(水)13:00 - 21:00

12月28日(木) ~1月4日(木)冬季休業

26日(火)は通常定休日となっておりますが、臨時営業とさせていただきます。

年始は1月5日(金)より通常営業(13:00 - 21:00)となります。

お間違えの無いよう宜しくお願い致します。




※オンラインショップについて

年末年始のオンラインショップの営業に関しましてご注文は受け付けております。

受注メールの返信、商品の発送業務を2017年12月27日(水)までのご注文分が年内発送の対象となります。

12月28日(木)以降のご注文商品に関しては2018年1月5日(金)以降、順次発送となりますので予めご了承ください。


お客様には大変ご迷惑お掛けいたしますが何卒、ご理解ご了承程、宜しくお願い申し上げます。



Bricklayer

Bronte Hat -Wool Felt Hat-

Bronte Hatより、フェルトハットの入荷です。

wool_hat_17_3.jpg
Bronte Hat -Wool Felt Hat-

material/ 100% wool
size/ 59
color/ BLACK, BROWN
price/ ¥11,500- (+tax)

Bronteは、オランダのアムステルダムに1992年に設立されたメーカーです。
毎シーズン上質な素材使いと感度の高いデザインですべての生産をヨーロッパで行っています。

今回紹介するWool Felt Hatはイタリアで製造されており、一枚のフェルトを成型して作られた極めてシンプルなデザインから高い技術力と洗練されたSenceが伺えるハットです。

wool_hat_17_1.jpg
ブリム長さは7.0cm、長すぎず短すぎずの程よいバランスです。

内径のサイズは日本人の標準サイズ59cmになります。

Bricklayerではトラッドな装いに合わせてチョイスすることが多く、スタイリングを小綺麗にまとめてくれるこのハットの存在は欠かせません。

wool_hat_17_2.jpg
こちらが別カラーのBROWN。

シンプルな装いにハマる端正なルックスは、装いの中で主張し過ぎずにバランスを整えてくれます。


気取りたい時に、無いと困りますよ。

よろしければお一つ。


Bricklayer Shimada

British Anorak Parka

昨日のMotorcyclist Overcoatに引き続き、アーカイブのご紹介。

今回紹介するのも人気の高いモデルですね、無理言って本社の倉庫から引っ張ってきてもらいました。

BAP_17_1.jpg
British Anorak Parka

material/ 100% Cotton
color/ DK.NAVY, BLACK
size/ M, L
price/ ¥42,000- (+tax)

*A VONTADEのアーカイブの中でも屈指の人気を誇るBritish Anorak Parka。

英国の狩猟用ジャケットをイメージソースに作成した、ギア感MAXな洋服です。


在庫が無いのでこれにて終了。DK.NAVYのLサイズとBLACKのMサイズ1点ずつの入荷となります。


BAP_17_0.jpg
生地はオイルドクロス。。。ではなく、パラフィン加工を施した高密度のコットン地。

パラフィンっていうのはつまり「蝋」ですね。コットンに蝋引き加工を施した、耐水性のある生地です。

オイルドに比べてベタ付かず匂いも無いので、扱いやすさではこちらが勝ります。


パラフィンって着たこと無い人が殆どかと思われますが、風も通さず暖かく、エイジングの魅力もあっていい生地ですよ。

昔パラフィン生地のショップコートを着ていましたが、生地が固いのでアタリが付きやすく、着込むほどに腕周りとかがいい表情に育っていきました。

そして何より色が良いんですよね。蝋が浮いたような白みがかった黒というか、チャコールともまた違う深みのある色なので重宝した覚えがあります。

BAP_17_2.jpg
英国紳士よろしく、シャツスタイルにもハマるクールなルックスです。

足元はベタにフルブローグの黒の革靴とかにすればよかったですかね。。。


フードの裏地がチラッと見えていますが、渋いチェックがまたいい!!バ●アーだとちょっと派手なので、こういう大人びたチョイスは痺れます。

BAP_17_3.jgg.jpg
こちらがDK.NAVYのLサイズ。カジュアルに振るならFatigue Trousersやコーデュロイのパンツと合わせて頂きたいですね。

僕は古着を着慣れているので、こういうサイズもありかなと思ってしまいますがどうなんでしょう。

シルエットだけでなく着脱のことも考えれば、サイズアップも選択肢に入るかと思われます。


ヘビーにガンガン着れるアウターなので、デニムと同じ感覚で育てて欲しいと思います。

袖が擦り切れるまで、、というか擦り切れたくらいが絶対カッコいいジャケットですから。一生ものだと思って1年頑張った自分のご褒美に買っちゃってください。オナシャス!




Bricklayer Shimada

ARCHIVE