Gurkha Shorts

全身531.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズS着用




ビンテージ・ミリタリーファンのみならずファッショ二スタの中でも評価の高い、ミリタリーパンツ『グルカショーツ』。

コンフォートや利便性とは一線を画す存在ですが、強いビジュアルやシルエットにファンも多く*A VONTADEでも準定番なブリティッシュグルカショーツのご紹介です。




west1.jpg



国の数ほど存在するグルカショーツですが、グルカショーツと云えば=Britishのイメージが強く、思い浮かべる方も多いはず。

1950年代のイギリス軍をソースに作成されたこちらのグルカショーツは、一番オーソドックスとも云えるグルカスタイルです。

深めに入った2タックはブリティシュトラウザーならではのインタック仕様となっています。

ウエスト脇にバックルが付き、ウエストベルトをクロスオーバーさせて絞る見るからに手間や世話の掛かるルックスですが、
角度を変えれば男らしくも端正な顔立ちに見えてくるのが不思議です。

素材は40番糸の高密度ツイルを使用し表面を微起毛『Peach Face』させています。

その織り上がった生地を揉み込んでさらに叩いて柔らかくする特殊加工『二ドム加工』を施す事で、
ペーパーライクなハリ感やしなやかさを併せ持った仕上がりとなっています。

キメの細かい肌触りの良いタッチで軽やかな風合いは、オリジナルのコットンツイルに比べ、
粗さが削られ洗練された素材感は、上品な雰囲気にアップデートされています。




シルエット63.jpg



股上が深く、裾巾も広めにしたオリジナルのイメージを損なわないようワイドシルエットを活かしたデザインとなっています。

ワタリからストンと落ちた広めの裾巾は、メンズでは若干好みが分かれるところですが、バミューダのように細身の
シルエットではなく、『グルカらしさ』を損なわないよう、キュロットのようなシルエットとボリュームが、昨今のトレンドともマッチしているのではないでしょうか。

ベルトホールは2センチ間隔で開いており、5つの菊孔が開いてるのでお好みの位置でホールドが可能です、スタイリングによってウエスト位置を調整するのも良いかと思います。

ウエスト縛りSサイズで最小時で28インチ、最大時で32インチくらいが目安となるでしょうか、サイズ選びに関してお問合せを頂く事も多いので、電話でお気軽にご連絡ください。

ボタンフライやフラップポケット、サイドアジャスターなどの重厚なデザイン含めて、玄人好みの1本となっています。




全身532.jpg



ウエストベルトを活かしたコーディネートは挑戦したいところではありますが、腰回りやお尻が貧弱で華奢な私みたいな体系よりかは、
がっしりとした体格の方がお似合いですかね。

グルカショーツだからこそ際立つスタイリング『タックイン』は、引き出しの1つとして持っていたいところ。

良い意味で個性やクセが強いグルカショーツ、そういう方が時代や世代を超えて持て囃されていくものです。

ビジュアルインパクトで他のショーツの追随を許さない、唯一無二の存在感ですが、手間暇のかかる分愛着もひと際です。

定番のFatigue Shortsとはある意味、対を成す『Gukha Shorts』、店頭でのご試着をお待ちしています。




■ Gurkha Shorts ■

material/100% Cotton
color/KHAKI,DK.NAVY
size/S.M.L
price/¥18.000+tax



Gurkha Shorts商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=141502414


Bricklayer Horii

shop information

シャツインスタ.jpg



明日6月2日(火)は定休日となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は6月3日(水)以降となりますので、

予めご了承ください。

Paper Knit Polo S/S

polo1.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズS着用




カジュアル過ぎない、"上品さ"が魅力のニットポロ。

シャツよりもラフに着れてTシャツよりも上品。カジュアルだけど砕けすぎない夏場の必須アイテム、ポロシャツ。

数シーズンオリジナルの鹿の子を使用したポロシャツをリリースしていましたが、今季は新素材を使ったニットポロのご紹介です。




polo2.jpg



素材はポリエステルの芯に和紙を入れて細かくスリットさせて糸に撚り込んだ特殊な糸を使使用しており、*A VONTADEでは初めてのマテリアルとなります。

ペーパー素材は一昔は手作業での生産がメインだったため、コストや時間を要する高級素材の類だったのですが、技術の進歩とともに量産可能となり、
近年では帽子やバッグに洋服にと様々なアイテムに使用されています。

ポリエステルと天然繊維を組み合わした糸は、両素材のメリットを兼ね備え、リネンのようなドライタッチで通気性、速乾性に優れ、軽さと強度を実現した機能性ファイバーとなっています。

8ゲージの天竺地で少し緩めに編まれた素材は若干の『透け感』があり、ニット特有のどことなくエレガントな雰囲気を醸し出しています。

表面に凹凸のあるカジュアルの印象が強い鹿の子に比べて、天竺のニットは上質で上品な素材感が何と言っても魅力的。

デリケートな素材ですが、ドライクリーニングはもちろん家でも洗濯可能なことは嬉しいポイントです。



polo3.jpg



国内の限られた背景でしか作れない、台衿と衿が一枚のワンピースカラーとなった『ヘラシ衿』は形を成形しながら編むため、仕上がりが綺麗で型崩れしにくい事が特徴です。

第一ボタンが台衿部分にあるので、ボタンを外した際でも広がり過ぎないのがラフ過ぎず、品を感じるディテールとなっています。

継ぎ目が目立ちにくく、編み目の厚みを抑える事が出来るリンキング処理が施された袖付けや、袖リブや前立てなどの編地も用途によって使い分けられており丁寧に作り込んでいます。

胸ポケットは無くミニマムなデザインはポロシャツなのにドレスシャツでも着ているかのような印象でこれからのクールビズといった仕事着としても◎



polo4.jpg



ボックス+リラックスシルエットでオーセンテック且つシンプルなポロシャツは何枚あっても困らないもの、様々なシチュエーションに対応できる万能なアイテムです。

インポート商品と見間違えるほどのビジュアルでより上質を求める方に相応しいアイテムかと思います。

少しずつですが街には活気が戻っても、客観的で気を緩めない姿勢がまだまだ大切。
せめてファッションとの距離は"密"でいたい!溜まりに溜まった購買欲を後押しいたします。

Paper Knit Poloの素材や軽い着心地含め、実際に袖を通して頂けたら感無量です。



■ Paper Knit Polo S/S ■

material/58% Paper,42% Polyester
color/CORK,FADE BLACK
size/S.M.L
price/¥18.000+tax



Paper Knit Polo S/S商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=150637162



Bricklayer Horii

Press information

goout5.jpg



本日発売の雑誌『GO OUT』7月号、vol.129にて*A VONTADEが掲載されました。




goout52.jpg



P67にてFatigue Shorts -Ripstop-が掲載されています。


今季は4色での展開です。




goout54.jpg



宜しければお近くの本屋さんにてご覧ください。





PW Open Shirts S/S

4148_1+1.jpg
身長172㎝、体重57㎏、サイズS着用



昨年からご提案してる玉虫カラーに新型の開襟シャツが加わりました。

今季はSalvadge ParkaM-51 Trousersなどにも使用しているリップストップとグレンチェックの2素材でのご用意です。



4162_1+1.jpg



30~40年代のUS ARMY<M-40>デニムプルオーバーをデザインソースに半袖の開襟シャツに再構築されています。

オリジナルにもあるアイコニックな左右に縦長に走る大きな胸ポケットのビジュアルを活かした、実用性を兼ねたデザインとなっています。

素材には先染めのリップストップを使用。

経糸と緯糸で色目を変えて織られている珍しいリップストップで、生地にしてから染められた『生地染め』や洋服にしてから染められた『製品染め』とは色の深みが格段に異なります。

糸の芯まで染色されている為、色落ちがしにくく色移りの心配もなく時間とコストを要する素材です。

通常のジャングルファティーグリップストップと比べると2/3ぐらいのウェイトで、リップストップ特有のサラッとしたドライタッチな質感は単純に着用してて気持ち良いの一言です。

経糸にグリーン、緯糸にオレンジの糸を使って織られ、光の反射によってカーキからベージュまで光の干渉によって色調変化する『玉虫色』。

平織り且つリップの格子柄はミリタリーなデザインにマッチし、生地とデザインのマリアージュが見事に成立した1枚となっています。

PWデニムカバーオールのデザインをシャツに落とし込むアイデアはミリタリーに精通したデザイナーならではかと思います。




4173_1+1.jpg



光の干渉の無い状態ですと茶色がかった黄味の強い通常のカーキに比べ、サンドベージュのような淡いトーンの色合いとなっています。

写真はSサイズを着用で裾がスクエアになったボックスシルエット。

衿は小振りでコンパクトな開襟ですがV-ZONEは狭く、控えめな感じはオーセンテックなデザインかと思います。

身巾をたっぷりと取ったサイズ感はワイドパンツやショーツとのコーディネートを考慮され、バランスを取り易いよう袖丈は気持ち長めの5分袖に設定されています。

この辺りの半袖シャツはTシャツ同様にシルエットで遊びたい方はワンサイズアップもおススメです。



WHITE1111.jpg
身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用




こちらは毎年好評な縦横に柄が交差するクラシカルなグレンチェック。

ドビー織機を使い、糸組織を立体的に凹凸させる事でグレンチェックを表現している一手間掛けた素材となっています。

遠目からですと無地にも見えますが近くで見たり、光の当たり具合で表面に格子状の模様が綺麗に見えるのが特徴です。

身頃とポケットの柄合わせもサラッとこなし、ミリタリー色が良い塩梅で中和された1枚で、
カジュアルでLaxなアイテムですがラフになり過ぎないように下半身で引き締めバランスを取ったコーディネート。

洗いざらしで多少シワが残っているぐらいが丁度良さそうでしょうか。

生地感は軽くデザインもさることながら『素材』を重視したこちらのPW Open Shirts、
最近は夏日も増えてきましたタイミング的にも解禁しても良い気候と云えるのでないでしょうか。

皆さまのタイミングでご来店をお待ちしています。



4195_1+1.jpg




■ PW Open Shirts S/S ■

material/100% Cotton
color/KHAKI,WHITE GREN CHECK,INK
size/S.M.L
price/¥17.000+tax



PW Open Shirts商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=150223652





point up banner (1).jpg




現在開催中のポイントアップキャンペーンは5月31日(日)までとなります。

この機会にぜひご利用ください。



Bricklayer Horii

ARCHIVE