shop information

WEAR_2018FW_MilHospitalJK_9.jpg

明日4日(火)は定休日となります。

お間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は5日(水)以降となりますので、

予めご了承くださいませ

LEUCHTFEUER -Knit Cap-

WEAR_2018FW_MilHospitalJK_18.jpg
LEUCHTFEUER -Knit Cap-

material/ 100% Wool
color/ BLACK, BLUE, CHARCOAL, SILVER GREY
size/ FREE
prece/ ¥2,800- (+tax)


弊店では定番となっているLEUCHETFEUR(ロイヒフォイアー)のニットキャップ。今年も新色BLUEとSILVER GREYを交えて、入荷致しました。

ロイヒフォイアーはドイツのメーカーです。1956年に創業し、現在に至るまでニット製品を主に手掛けているファクトリーブランドになります。

ドイツ製に高い拘りを持ち、糸の管理から全ての工程を自社で行い、高品質な製品を良心的な価格帯で市場に提供し続けています。


WEAR_2018FW_MilHospitalJK_17.jpg
様々なプロダクトを生産しているメーカーですが、特に定番のこのニットキャップはシンプルで癖が無く、どんな服装にも似合います。

僕にとってはヘインズのTシャツみたいな立ち位置ですね。あー70点、みたいな。良くも悪くもそのくらいだけど、それでいいんです。安いから。

ドイツ製らしい堅牢で真面目な感じはウチの洋服が好きな方であれば気に入ると思います。

持ってる方や酔っぱらって失くした方(私)は今年も是非。

LEUCHTFEUER -Knit Cap- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=124088287

Bricklayer Shimada



Press information



現在発売中の『MEN'S CLUB』2018.OCTOBER No.692にて*A VONTADEが紹介されました。



0208_1.jpg




0216_2.jpg

P46にてCotton Melton 3B Jacketが掲載されています。

こちらのジャケットは9月中旬入荷予定です。


0220_1.jpg

P67にてOld Potter Jacket(Khaki)の新型モデルが掲載されています。

こちらは入荷済の商品です。

お近くの本屋さんで宜しければご覧ください。

店舗へのお問合せもお気軽にお待ちしています。

Cowboy Jacket

WEAR_2018FW_MilHospitalJK_12.jpg
Cowboy Jacket

material/ 100% Cotton
color/ INDIGO
size/ S, M, L
price/ ¥25,000- (+tax)

新型のデニムジャケット。Cowboy Jacketです。

肩のヨークや、パールのスナップボタンなど、ウェスタンシャツとデニムジャケットの中間的なデザインが特徴で、50年代の某デニムブランドのジャケットをイメージソースに作成しています。


WEAR_2018FW_MilHospitalJK_13.jpg
生地は10ozの強撚糸セルビッジデニム。

ライトオンスなので、とにかく軽い。シャツ感覚で着れるので、気持ちが良いです。

着心地は軽いのですが、生地感は滅茶苦茶に固いです。

普通のGジャンをもちもち中太麺とするならば、これはバリカタ博多豚骨。

薄いのにパキっとしていて、やわな感じが全くない。良くあるライトオンスデニムにありがちな頼りなさが無いので、丁寧に育て上げたくなります。

これ一応生デニムなんですけど、洗うと強撚糸特有の洗い線が入ってきてますし、もっと着込んでいけばアタリとか曲げ皺が凄いことになってくると思います。

左が私物になりますが、今日のブログに向けて洗って着込んできました。ホントはしばらく生の状態を楽しみたかったんですけど、仕事なので。(涙)

(洗い後着丈や袖丈等、約1cm程度の縮みがあります。)


WEAR_2018FW_CowboyJK_11.jpg
着るとこんな感じで、小ぶりなスナップボタンのアクセントが効いています。

デティールが簡素なので、所謂サードタイプ等に比べて凄く小奇麗な印象ですよね。

写真では王道に軍パンを合わせていますが、トラウザーとかキレイめパンツを合わせても似合うくらいドレッシーです。

普通のアメカジGジャンには無い上品さと、上質なセルビッジデニムを是非お楽しみください。


Cowboy Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134757207

Bricklayer Shimada




Old Potter Jacket -18FW New Edition-

WEAR_2018FW_JK_OldPotterJacket_4.jpg
Old Potter Jacket -60/3*40/2 Highcount Oxford-

material/ 100% Cotton
color/ INK BLACK, DK.KHAKI
size/ S, M, L
price/ ¥43,000- (+tax)


1920年代の陶器職人が着ていたワークジャケットをデザインソースに作られた、*A VONTADEの中でもとりわけトラッドなオールドポッタージャケット。

毎シーズンアップデートを繰り返しながら現在に至るまでリリースされ続けているジャケットですが、今期は素材とデザインを現在のシーンに合わせて一新しています。


WEAR_2018FW_JK_OldPotterJacket_6.jpg

身長 174cm 体重 57kg  Size:M Color:DK.KHAKI

一番大きな変更点がパターンと縫製です。

パターンは着丈を長く、身幅にゆとりを持たせ、リラックスしたシルエットに落とし込みました。

縫製は袋縫いを多用することで極力縫い目を表に出さないよう仕上げています。以前のバリっとしたワーク感は薄れ、ふんわり優雅な印象です。



WEAR_2018FW_JK_OldPotterJacket_5.jpg
素材は以前の60/2(60番手の2本糸)のオックス地から、60/3(60番手の3本糸)と40/2(60番手より太い糸の2本糸)を合わせて高密度に打ち込んだオックス地に変更しています。

以前より太い糸を限界まで打ち込んでいる為、約1.5倍程厚みが増し、防寒性、耐風性が向上しました。

これほどの厚みで打ち込みが強いと、ガサッとした着心地になってしまうのですが、表面に起毛加工をしている為タッチが柔らかく、煩わしさを感じさせません。

見た目も角が取れて柔らかくなりますので、新しいデザインともマッチしています。

(仕上げに撥水加工を行っている為、以前のモデルと同じく水を弾きます。)


WEAR_2018FW_JK_OldPotterJacket_3.jpg
裏地を縮みの少ない物に変えたことで、吊れも軽減されています。

カジュアル感が弱まったことで、ビジネスシーン等にも強くなりました。


WEAR_2018FW_JK_OldPotterJacket_7.jpg

全体的にゆったりとモダンな仕上がりになったことで、現在主流なタック入りのワイドトラウザー等、股上深めでリラックスしたパンツと合わせたコーディネートに良く似合います。

トラッドから離れていた方や、ワイドなタックパンツに合わせるジャケットをお探しの方など、こういったニュークラシックなバランスでオールドポッターを楽しんでみてはいかがでしょうか。

クラシックなジャケットに革靴とトラウザーを合わせると、やっぱりテンション上がりますよ。

Old Potter Jacket -60/3*40/2 Highcount Oxford- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134585070

Bricklayer Shimada

ARCHIVE