shop information

4cc614.jpg



明日6月16日(火)は定休日となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は6月17日(水)以降となりますので、

予めご了承ください。

Border T-Shirts S/S

BNR_20SS_BORDERTEE_BLACKWHITE.jpg





今シーズンの傾向として外せないキーワードとなる『ボーダー』アイテム。

ボーダーと云えばセントジェームス、ルトロア、オーチバルが御三家でどれもフランスメーカーでお馴染みですが、
2020SS NEWモデルのPocket T-Shirtsが入荷しました。

本日はBorder T-Shirts S/Sのご紹介です。



4971_1+1.jpg




良質の綿花栽培に適した条件に恵まれた土地、アメリカ合衆国カリフォルニア州のサンホーキンバレーの雪解け水で育った非常に貴重な原綿を、
現在では希少な時間をかけた工程で紡績することで、繊維にダメージがつきにくく綿花そのものの柔らかさがある米綿糸を使用。

生地にした後に表面をガス焼きにし、シルケット加工とバイオ加工を施すことでシルクのような滑らかなタッチと艶感・光沢のある表情で、肌触りの良いコットン100%となっています。

以前ご紹介した9oz Silket Athletic T-Shirtsと似た雰囲気の生地感ですが、糸の品種や加工やオンス等が異なり、軽い着心地が特徴なライトオンスに仕上げています。




生地シルエット614.jpg




ガス焼きをしシルケット加工を施された生地は、シルクに匹敵するほどのサラッとしたドライな質感と着用時に少しひんやりと感じる肌当たりはこの加工ならではの特徴と云えます。

細番にあたる50番糸を双糸使いにする事で生地の斜向を抑え、限界までハイゲージに編み立てる事で薄手ながら型崩れしないコシのある天竺となっています。

写真では分かりませんが、タコバインダー始末で表地にダブルのチェーンステッチをさらりと標準装備し丁寧な仕上げです。

プリントTやボーダーにあるあるですが編地が緩く柔らかい素材感のものは、撚糸のバランスが崩れると洗濯後に捩れや捻じれが生じ、それを『アジ』として捉えるのもアリですが
状態をキープしたままで着たいケースもあるかと思います。

上記写真は私物で数回洗濯したものですが、ポケット部分の柄合わせなどを含め斜向がなく変わらない雰囲気のまま着用可能です。

等間隔に配列された細目のボーダー(5mm×16mm)は所謂オーセンティックな柄ですが、何周か回って原点回帰でいま着たい気分です。

身巾にゆとりを持たせたルーズフィットでボディーサイズに合わせてポケットも若干大き目となっています。




BNR_20SS_BORDERTEE_NAVYTAN.jpg

NAVY/TAN モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズL着用




コントラストが強すぎず甘過ぎない好配色が色違いで所有したくなるポイント。既に2色購入致しましたが、今後コンプリートの予感です。

サイズに応じてシルエットが綺麗に出る素材ですので、私はサイズアップで楽しんでみたいと思います。

単体での着用はもちろんですが、梅雨の今時期に羽織のインナー使いとしても良いですね。

今シーズン新たなボーダーアイテムを*A VONTADEで揃えてみては如何でしょうか。

かなり足が速そうなので色とサイズが揃っている今が狙い目かと思います。




4cc615.jpg





■ Border T-Shirts S/S ■

material/100% Cotton
color/BLACK/WHITE,BEIGE/BLACK,NAVY/TAN,B.GREY/BORDEAUX
size/S.M.L
price/¥9.000+tax




Border T-Shirts S/S商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=151081943



Bricklayer Horii

Fatigue Shorts

BNR_20SS_FATIGUESHORTSOLIVE.jpg

モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用




それにしても昨日は梅雨前の素晴らしい天気でした。むしろ暑すぎましたが。

今日あたりから関東地方も梅雨入りらしいですが、この長雨がコロナウイルスを洗い流してくれる事を祈るばかりです。

本日はこの時期何かと動きの速い、Fatigue Shortsのご紹介です。



4920_1+1.jpg


素材は以前ご紹介したFatigue Trousers同様にArmy Ripstopを採用。

こちらのOLIVEはオリジナルのジャングルファティーグと同規格、同色目で再現されたRip Stopです。

ミリタリーやアウトドアプロダクト等で使用される事が多い、格子模様が特徴的なリップストップ、ブログをご覧の方でもお持ちの方も多いのではないでしょうか。

通常コットンナイロン混紡が多く強度を高める事が多いRipstopですが、太番手の綿糸(コットン100%)を使用する事で同等の耐久性を持ち、
天然素材の風合いを活かしたこれからの時期には嬉しい軽い生地感に仕上げました。



シルエット611.jpg



アメリカ軍のファティーグパンツを独自解釈し、再構築されたパンツはフロントの大きな丸を帯びたフラップ無しのポケットが特徴の4Pocketのカーゴショーツです。

アイデンティティーである両サイドのポケットは手を入れ易く、容量を増す為にポケット口を広く膨らみを持たせた状態でヒップにかけて流し込まれた状態で縫い付けられています。

深めのポケットは実用性も高く、必要最低限の荷物も楽々収まり夏場は手ぶら推進派の私にとっては嬉しいアピールポイント。

片手でフィット感を調整出来るウェイビングベルトや股下にガゼットクロッチやアイレットを付けたクライミング仕様となっており、アウトドアブランドさながらのディティールとなっています。

ミリタリーにアウトドアのスパイスを入れる事で無骨なルックスと機能性のバランスの取れたファッションアイテムへと昇華しています。




BNR_20SS_FATIGUESHORTSCAMEL.jpg


こちらは新色のCAMEL。OLIVEなどに比べミリタリー色が抑えられ上品で大人の色味。同系色でのグラデーションが気分でしょうか。

今季は全4色での展開ですがそれぞれのカラーによって大きく印象や表情が異なり、スタイリングの幅が広いことも魅力の1つ。

股上は深く、ワタリやヒップにゆとりを持たせたシルエットですが、サイズアップで穿かれる方が多く、大きなサイズにニーズが偏っています。

腰回りのボリューム感が丁度良く、風通しも良い為、着用時の快適性は誰もが口を揃えて『いいよね』とお褒めの言葉をいただくほどです。




BNR_20SS_FATIGUESHORTSBLACK.jpg


ポロシャツに合わせスポーティー且つシックに纏めたオールブラックのコーディネート。

夏場のブラックは重たく暑苦しいイメージですが、アイテム選びと組み合わせを工夫すればそのような印象は緩和しますし、
むしろ夏場の黒ってお洒落で個人的に好んでするスタイリングの1つです。

コーディネートも組みやすく、着回し重視の方はこちらのカラーですかね。



BNR_20SS_FATIGUESHORTSTIGERCAMO.jpg


オリジナルでは激レアアイテムとして高値で取引されているタイガーカモ。

街着はもちろんですがアクティブシーンも想定したデザインなので気を遣わずに少しラフに扱うぐらいが、丁度良いでしょうか。

着用と洗濯を繰り返す中で刻まれるアタリやキズが『味』となり、フェードしていく過程が深みを出し長く付き合う事で愛着に変わると思います。

今年の夏はある程度の自粛と我慢が続き、アクティビティーもある程度制限されてしまうかもしれませんが、いざ本番に向けて今時期から育てがいのある1本です。




4ccfatigue.jpg


■ Fatigue Shorts -Army Ripstop- ■

material/100% Cotton
color/OLIVE,CAMEL,TIGER CAMO,BLACK
size/XS.S.M.L.XL
price/¥16.000+tax
    ¥17.000+tax(Tiger Camo)



Fatigue Shorts商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=101993823

Fatigue Shorts -Tiger Camo-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131884626



Bricklayer Horii

shop information

インスタ用FRENCHM52.jpg



明日6月9日(火)は定休日となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は6月10日(水)以降となりますので、

予めご了承ください。

Pique Crew Top & Henly Neck

blackcrew着画1.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用




昨年ご好評でした鹿の子素材を使った半袖のカットソー、継続のクルーネックと新型のヘンリーネックのご紹介です。

鹿の子=ポロシャツが代表格ですが、Tシャツ感覚で羽織れるライトウェイトに仕上げた1枚です。



CREW生地.jpg



素材には50番手を双糸にしたギザコットン(エジプト産の超長綿)を使って作成したオリジナルの鹿の子(ピケ)を使用した半袖のクルーネック。

世界三大綿の1つであるGIZAコットンは繊維の1本1本がとても細く、長い希少な品種で『白いゴールド』とも呼ばれ、価値ある高級品として扱われる『綿の王様』とも言われる素材です。

そんな素材で編み込まれた鹿の子地はキメが細かく滑らかなタッチで、とろみと光沢感のある風合いが特徴です。

生地のウェイトは通常の鹿の子は30~40番手に対して、こちら50番手の糸を使用している為、若干薄手となっています。

薄手に仕上げた分、強度(伸び)が心配になりますが、平織りと比較しても横方向への伸縮が少なく、何度も洗濯して着用していますがダレもなく、
長い繊維で撚ってありしっかりとした丈夫な生地感となっていますのでご安心を。



針抜きリブ.jpg



50年代のビンテージのスウェットなどに多く見られる『針抜きリブ』をオリジナルで作成しネック回り、
裾と袖に配する事でニットライクな品を感じる表情となっています。

針抜きとは読んで字の如く、編み間で針を抜く(針を編めない位置にし、編み進むようにする)ことを言います。

針を抜く事で編み目を大きくする事や、リブを形成する事、糸を渡らせて柄を形成する事が出来ます。針をわざと抜く為、
通常よりも針を2倍使い少し手間のかかる手法となっています。

編地のテンションが緩く、伸縮性の高いリブは動き易くデザインにも一役買っておりTシャツとは一味違うルックスです。

もともと鹿の子はニット生地の一種なので針抜きリブとは相性が良く、上品な仕上がりに纏まっていると思います。

今季は袖と裾にパイピングが施され補強も兼ねた良いアクセントになっています、
写真では分かりずらいですがネック回りはタコバインダー始末で身頃と繋ぎ丁寧に仕上げています。




BNR_20SS_PIQUECREW_NATURAL.jpg



袖は若干長めにし、ドロップショルダーでゆったりしたシルエットで、ワイドパンツやショーツとの相性の良い1枚です。

今季の新色CHOCOLATE(茶色)も良い色味ですが、アイボリーはやはり抑えておきたいところ。

綿の生成(※染めてない天然の綿色)の場合は、どうしてもナチュラル系感が出てしまいますが、こちらは綿を白に下晒した後に薄くアイボリーに染めています。

淡く落ち着いたトーンで何とも心地良い色目です。

ライトウェイトの着心地で無地のTシャツに変わる少し品を感じるPique Crew Top、普通のTシャツでは物足りない方、Pique好きな方はマストバイです。





yoko3cc607.jpg


■ Pique Crew Top ■ 

material/100% Cotton
color/CHOCOLATE,IVORY,BLACK
size/S.M.L
price/¥11.000+tax



Pique Crew Top商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=150540446





henlyivory着画2.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用




こちらは同素材を使用した新作のヘンリーネック。

『ポロシャツの衿を無くしたようなデザイン』、『襟の無いポロシャツ』、どちらの表現も当て嵌まるデザインのヘンリーネックです。

ヘンリーネック自体は毎シーズンリリースしているアイテムでデザインナー自身も思い入れのある形です。



HENLYシルエット606.jpg


袖は針抜きではないリブ仕様で裾は前後の段差をなくし、サイドにスリットを入れてテープで補強しています。

カラーレスのネック回りは若干緩めに設定し、Crew Neck同様に着丈や身巾にもゆとりを持たせたシルエットです。

単体で着用してもちろんサマになりますが、これからの梅雨時期などおススメしたいのがジャケットやシャツのインナー使い。

ジャケットやシャツのインナーにクルーネックは王道(無難)ですが、生地感のあるヘンリーネックに変える事で抜け感とこなれ感がぐっと増すはず。

衿付きのポロシャツが苦手な方にはこのPique Henly Neck、お値段以上にコーディネートのポテンシャルは高めです。



henly2cc.jpg




■ Pique Henly Neck ■

material/100% Cotton
color/BLACK,IVORY
size/S.M.L
price/¥13.000+tax



Pique Henly Neck商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=150541246




Bricklayer Horii


ARCHIVE