Style #279

0726_1.jpg

  0740_1.jpg

  0753_1.jpg

  782_1.jpg



sweater/*A VONTADE" Rollneck Sweater "


pants/*A VONTADE" Old Potter Trousers "

shoes/Kleman" Pasten New Edition "

cap/ Personal Effect



0828_1_1_1_1.jpg

  811_1.jpg 

889_1_1.jpg 


875_1_1_1_1.jpg



shirts/*A VONTADE" Banded Collar Shirts "


shoes/Personal Effect


Reverse Crew Sweat -26/2 BD Top Lt.Fleece-


IMG_1208加工.jpg





■ Reverse Crew Sweat -26/2 BD Top Lt.Fleece- ■

material/100% Cotton
color/OATMEAL,AMBER MIX,RED MIX
size/S.M.L
price/¥15.000+tax




IMG_1219.JPG




素材はお馴染みの26番手のBDトップ糸を双糸使い、度詰めで編み立てた裏毛。


BD糸(空紡糸)、空気の遠心力で紡績された糸の事で、糸の外側の撚りは強く、内側は甘めの撚りになります。


簡単に言うと『外はサクサク、中はトロッ』的な感じですかね。お菓子の『トッポ』的な笑。


もともと硬めの糸でザックリした表面感がありますが、さらに度詰めにしているので表面を撫でるとシャリ味のある肌触り。

感触的には双糸使いで糸が膨らんでるので『ふっくら』を感じて頂けるかと。双糸にすることで強度もさらに上がるので、洗濯による『斜行』や『ヨレ』を防げるのも嬉しいポイントです。



パッと見も、製品染めにありがちな単色で『ベタっ』とした表情ではなく、先染めした複数の色が混ざり合うトップ糸と裏毛の裏糸が表に響いて、奥深い『コク』が表情に出ていますね。


裏のパイル面(ループ)も春夏用に短くして生地全体の厚みを抑えているので、今からの時期はサラッと着用できます。





IMG_0947.JPG

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用




身幅と袖幅にゆとりを持たせたシルエットです。


生地は横使いにして縦方向への伸縮を抑えて、衿元の汗止め用のVガゼット等のスポーティーな要素は一部引き算しています。


より『素材の良さ』を引き立たせシンプルにした結果、逆に一周回って色気さえ感じます。





IMG_0952.JPG





両脇のリブで横方向の伸縮を確保し機能性を高めています。また切り替えによりデザイン的なアクセントになります。


この部分の縫製はフラットシーマを使用しているので、縫い代同士の段差はなく、肌に触れても『ゴロッ』としないので違和感なく着て頂ける優しい仕様。



まぁ言い方は悪いですが『雑』に扱えるっていうのがスエットの良さでもありますからね。


素材と縫製に関しても強固な作りなので、ガンガンに着込んで洗っても、多少ラフに扱っても型崩れしません。

シンプルなアイテムだからこそ、繰り返し着てもらって、『このスエットすげーなぁ!!』っていうのを是非実感して頂きたいところです。





IMG_1144加工.jpg

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用




今回のスタイリングは『THE アメカジ』  ...個人的に大好きです笑。


エイジングの進んだ2ndタイプのジージャンとスエットのレッドが良く映え、ショート丈とのレイヤードも丁度良い塩梅です。


王道ですが足元はワークブーツか、コンバースのデカ履きが、やはり一番しっくりくるところ。


『ハ〇ダー』世代の方はハッとしてグッとくるのではないでしょうか。


Reverse Crew Sweat -26/2 BD Top Lt.Fleece-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=139525760



同じ生地を使用した半袖も2型リリースしていますので、またブログでもご紹介しますね




Bricklayer コースケ



shop information

INFORMATION_1.jpg
本日25日(月)は,18時までの営業とさせて頂きます。

お間違えの無いようお願い致します。

明日の26日(火)は定休日とさせて頂きます。

オンラインショップに於きましては、ご注文は受け付けておりますが、ご注文に対する受注メール、

商品の発送業務、商品のお問合せに対する返信等は27日(水)以降とさせて頂きますので、

予めご了承ください。


Bricklayer

Style #278

976_1.jpg

 998_1_1.jpg

 1013_1.jpg

 1031_1_1.jpg

 1034_1.jpg 


1043_1.jpg


denim jacket/ Personal Effect

sweat/*A VONTADE" Reverse Crew Sweat L/S "


shoes/ Personal Effect

bracelet/Ray Adakai" Handmade Chain Mid.8 "


Gardener Shirt Jacket -40/2 Hard Twist Yarn Oxford-


gerdena0.jpg





■ Gardener Shirt Jacket -40/2 Hard Twist Yarn Oxford- ■

material/100% Cotton
color/RED,NATURAL,DK.NAVY
size/S.M.L
price/¥23.000+tax





gerdena0.5.jpg




先日のスタイル#277でも登場した、Gardener Shirt Jacket のご紹介です。



素材は40番手の双糸を強く撚り合わせたオックスフォード生地。限界まで撚りの回転数を上げているのでシャリ感があります。


2本の糸を撚り合わせている双糸は、1本の単糸に比べ強度があり、綿100%ながらにナイロン混のような手触りですが

製品洗いで水を通した際に2本の撚り糸が膨らんだことで、ドライなタッチの中に微かに『フワッ』とした質感も感じてもらえると思います。



以前ブログでご紹介したStand Collar Atelier JacketⅡは20番の双糸の強撚糸を使用しているので、生地のウェイトは半分ですね。

生地を擦りあわせた際にあちらが『ジャリジャリ』という感じであれば、こちらは『シャリシャリ』という感じですかね。

微妙なニュアンスの違いですのでできれば店頭で比べて頂きたいところ。


ただ半分といっても衿を立たせれば、写真の通りに衿先まで『ピシッ』と自立するので、素材のハリ感は健在です。





gerdena1.jpg

モデル身長183㎝、体重65㎏、サイズL着用




1900年代初頭のフランスの農夫が着ていたであろうリネンジャケットをイメージソースに、着丈を少し長めにとったAラインのシルエットにアレンジしています。


身幅も確保しているので、首元がやや詰まった印象になるボートネックでもスッキリと収まります。


スエットぐらいの厚みのある素材の上からでも着用可ですね。





gerdena2.jpg




ボタンは直径14mmのパラシュートボタンを搭載して、ミリタリーエッセンスに加えています。興味を引く名前ですよね。笑 


名のとおり、落下の際の風圧でも取れないように縫い付けボタンが改良されたものなので、日常生活でとれる確率は0に等しいですね。

ボタン下のテープは浮いた状態なので、指が入って留め外しのしやすさも理に適って嬉しいポイントです。


また14mmというと、シャツにしては少し大きく、ジャケットにしては少し小さいといった印象になるのですが、

レールのように綺麗に敷かれたテープと一体となってオーラを放つ、このボタンがでしか出せない雰囲気に全体が纏まっています。


そもそもイメージソースの『農夫』のジャケットとは真逆を衝突させ、良い塩梅に融合させてしまうところ...。

デザイナーのセンスと遊び心を感じます。





gerdena3.jpg




大きめのサイドのパッチポケットや後ろセンターの接ぎ等からアウター的要素を組み立てています。


パッチポケットはよく見かけるダブルステッチの仕様ではなく、シングルステッチで外側はフラしています。


前立て無しのフレンチフロントでスッキリとした外見を持ちつつ、フラし部分等の『うねり』からスパイス(ワーク要素)が程良く効いています。


着用を重ね、後に自然な風合いにフェードしていく様子もお楽しみ頂けるとおもいます





gerdena6.jpg

モデル身長172㎝、体重65㎏、サイズS着用




SSシーズン、プッシュ中のレッドカラーも勿論ご用意あります。


写真の色目だと少し明るく見えますが実物はもう少し深みのあるHARVEST REDですので、普段のワードローブにプラスしてもそれ程、派手ではないですよ。


さわやかな印象のギンガムプルオーバーと合わせ『SHIRT ON SHIRT』のスタイルです。


シャツジャケットと名前がついておりますが、扱いとしては


『(シャツテールの)カバーオール』


が正解ですかね。


そう考えると着用シーズンは長く、アウターとしても使っていただけると思います。


ただ春はもうすぐそこですので、軽快にいきましょう。



Bricklayer コースケ






ARCHIVE