M47 Field Trousers 洗い比較

昨日紹介したM-47 Field Trousersの洗いサンプルについて追記です。

オンラインストアには後期タイプのみ洗い後のサイズを表記しておりますので、そちらもご確認ください。


M47_33_4.jpg
洗い後タンブラー乾燥でガッツリ縮ませたM47後期タイプ。

この当時の軍モノはサンフォなどされてないのでしょうね。Dead Stock Jeans さながら、ガッツリ縮みがでます。



M47_33_0.jpg
ウエストで約6cm。 90cm→84cmと、かなりサイズダウン出来ます。


以前販売していた最小サイズの11サイズと比べると5cm程度大きいですね。普段*A VONTADEのパンツでM~Lサイズを履かれる方にはGood Sizeではないでしょうか。




M47_33_1.jpg
レングスはかなり縮み、約7.5cm 程度短くなりました。

ウエストの位置によりますが、身長175cm前後の方で革靴を履けばハーフクッション程度のこれまたゴールデンサイズ。

ロールアップして履いてもカッコいいので、バランスを見ながら裾上げするなり調整してみてください。

M47_33_2.jpg
乾燥機にかけたことで、各所パッカリングが出始めています。

経年変化も非常に楽しみな生地感。デッドストックならではの愉しみです。。

ちなみに今回入荷した後期タイプ、生地の雰囲気が前期並みに良いです。
前の写真2つはカメラの設定で青みが強く出てしまっていますが、実際は上記の色味に近いですね。


M47_33_3.jpg
蛇足ですが裏側の縫製も丁寧です。。

部分的に補強されていたり、ポケットにはパイピングがされていたり、細かい運針の縫製など、この辺りの丁寧な仕事はフランス人の国民性でしょうか。

米軍モノと比べるとクオリティーの面では完全に凌駕していますね。


実はM47は僕が*A VONTADEに惚れ込む理由になったパンツでもあります。

こういう軍物の古着を見ていると縫製や生地のクオリティに対して、自分のハードルが凄く上がっていくというか。

やっぱいい仕事をしている物を着たいし、みんなに着て欲しい!っていう気持ちが高まってくるんです。

古着以外で縫製とか生地感で感動する洋服が偶々*A VONTADEだったというか、
理由はそれだけじゃないんですがこれ以上は暑苦しいので割愛。

M47_前期_4.jpg

こちらはトップ釦が2個の仕様になっている前期タイプ。

今回入荷した物は裏でボタンを留めるようになっていて、偶に見ますが結構珍しい個体です。

後期よりもウエストは細いので、ベルトレスで履ければカッコいいかもしれません。


前期タイプは洗いサンプルがありませんが、概ね後期タイプと同程度の縮みが出ると予測されます。

洗い後の商品の販売はしておりませんので、生デニムのように着用前の儀式として洗いをかけてみてください。

現代の完全にコントロールされたプロダクトとは全く違うので、手間だったりイメージの相違がありますが。

オールドカーのオーナーになるような感覚で、新品とは違うアナクロな魅力を楽しんでいただければ幸いです。


貴重なサイズ33、もはや絶滅危惧種ですので気になる方はお早めに。




Bricklayer Shimada

Style #216

1685_1.jpg IMG_1691.JPG IMG_1700.JPG IMG_1714.JPG 1721_1.jpg IMG_1799.JPG 1752_1.jpg

"jacket/*A VONTADE"Rversible Tankers Jacket"

"pants/*A VONTADE"Lax Cotton Melton Pants"

"stall/*KHATA"Plaid"

"shoes/Pesonal Effects"

French ARMY M-47 Field Trousers

待望の入荷です。

M47_33_5.jpg
French ARMY M-47 Field Trousers -後期 Deadstock-

material/ 100% cotton (herringbone)
size/ 33
price/ ¥14,000- (+tax)


French ARMY M-47 Field Trousers -前期 Deadstock-

material/ 100% cotton (twill)
size/ 33
price/ ¥18,000- (+tax)


世界最高のフィールドトラウザー、French ARMY M-47 Field Trousersが入荷しました。

洋服好きの間では非常に有名なパンツで、「一番イケてる軍パンは何か」という議論で真っ先に名前が挙がるのがM-47。

昔は良く出回っていたパンツだと聞いていますが、vintageは絶対数がどうしても限られ、パンツ自体の評価の高さも相まって年々高騰を続けています。


フランス陸軍用に47年に製造が開始され、40~50年代に製造された前期タイプと、60年代に製造された後期タイプが存在し、それぞれシルエットと生地が異なります。

前期タイプは非常に分厚いコットンツイルにドカンとしたワイドシルエットが特徴で、対する後期タイプはやや細身のシルエットでヘリンボーン生地。

言うなれば『力の前期、技の後期。』

生地の雰囲気は前期が圧倒的ですが、履きやすさでは後期が勝ります。

WEAR_2017FW_M47_Trouser_2.jpg




こちらは後期タイプ。vintageの軍パンとは思えないほどスッキリとしたシルエットです。

立体的に作られたパターンによって縦に細く見える為、実寸のワタリ巾よりも細身のパンツに見えるのが特徴。

ディティールもスッキリしており、ジャケットや革靴を合わせたくなるような品のある表情をしています。


僕自身はあまりに好きすぎて、前期と後期をサイズ違いで4本所有しています。
一度履くとホントにダメ。全てのカーゴパンツが過去の物になり、これしか履けなくなります。無くなったら軍パン難民だから見つけたら買う。

ミリタリーパンツは履いたことの無い物は必ず試着しますが、これに勝るものは今のところないですね。

店頭には洗いサンプルもありますので、是非見に来てください。





Bricklayer Shimada

BASISBROEK -OPUS-

OPUS_0.jpg
BASISBROEKよりOPUSの入荷です。


BASISBROEK -OPUS-

material/ 70% wool, 30% polyester
size/ 2
color/ DK.NAVY
price/ ¥23,000- (+tax)

毎シーズンエッジの効いたデザインを提案してくれるBASISBROEK。

比較的オーセンティックな*A VONTADEの雰囲気をいい意味で崩してくれるので、Bricklayerのセレクトには欠かせないブランドです。

*A VONTADEのコレクションにどう当て込むかが毎シーズン悩ましいのですが、今季はWool Robe CoatやSamue Ver.2などの羽織系のアウターが多かったこともあり、メルトン素材の羽織アウターとしてOPUSをセレクトしてみました。


OPUS_1.jpg
デザインありきなので生地感がどうこうという洋服ではないのですが、それでもかなりしっかりとしたメルトン地。デザイン上どうしても前開きになってしまいますが、十分に暖かい素材感です。

これだけ大胆なパターンで生地を贅沢に使ってこのプライスなわけですから、ウチのデザイナーも驚いていました。

OPUS_2.jpg
*A VONTADEのレザーを合わせたアバンギャルドなスタイル。
一歩間違えば危険な領域に崩れ落ちますが、細い糸の上を歩いているからこそハマれば猛烈にカッコいい組み合わせです。

そう言えば僕の髪型もアバンギャルドな感じに。崩れ落ちているのかカッコいいのかは賛否両論ですけど。

これ一応言っとくと僕のオーダーじゃないんです。何故か行きつけの古着屋で一緒だった老獪なカリスマスタイリストにいきなり切られて(切って頂いて)、「髪が切ってくれって言ってた」という謎の理由でふんわり納得させられた(させて頂いた)結果というか。

まあ、こういう突発的なイベントと悪ノリは好きなので、Bad Endな結果でも何だかんだで楽しいのですが。
やっぱり洋服の方が気軽に危険な領域に踏み込めていいです。飽きれば脱げばいい話なので。



OPUS_3.jpg
そういう話を出すとイロモノに見えてしまいますが、普通に上品でカッコいいコートです。

実はCAMELとREDも入荷していたのですが、そっちは既にSOLD。
試着するとすごくいいんですよねコレ。しかも絶対持ってないデザインだと思うので。

アウターとしては気軽に挑戦できるプライスですので、是非ワードローブに加え入れてみて下さい。
遊び心が刺激されますし、髪型よりも気軽にオシャレを楽しめますよ。(早く髪伸びないかな)


Bricklayer Shimada

Brushed Cotton Easy Trousers

*A Vontadeより真冬のEasy Trousersが入荷です。

Brushed_17FW_2.jpg
Brushed Cotton Easy Trousers

material/ 100% Cotton
color/ CHARCOAL, GREY MIX(SOLD)
size/ S, M, L(SOLD)
price/ ¥22,000- (+tax)


先シーズン即完売したこのモデル。

癖の無いシルエットに、温かみのある素材感でご好評を頂いておりました。

今季もGREY MIXは既に完売、CHARCOALも残り少なくなっていますから皆様是非お早めに。

Brushed_17FW_4.jpg
素材はコットン100%のヘリンボーン地。
両面起毛を施している為、フリースのように暖かい素材です。

このパンツは「ウールパンツって暖かいけど扱いづらいよね」っていう発想から生まれています。

確かにウールパンツって雰囲気はいいんですが、洗えないしガサガサするし、決して履きやすいパンツではないです。

そこで*A VONTADEでは綿糸をウールの織機を使って織り上げることで、ウールライクな質感を実現しながら、コットンならではの優しいタッチと扱いやすさを兼ね備えた生地を作りました。

肌の弱い方や寒がりの方に、冬場*A VONTADEが自信をもってお勧めできる極暖パンツです。


Brushed_17FW_0.jpg

シルエットは太すぎず細すぎず。
ボリュームのある革靴やブーツを合わせてもバランスの良い太さを目指しています。

パンツ全体のイメージはスウェットパンツとウールスラックスの中間のような雰囲気でしょうか。
程よい抜け感がありながら、凛とした緊張感も忘れない上質なイージートラウザーです。


ウールライクなメランジ感や起毛素材ならではの温かさも、寒い中服を着る楽しさを盛り上げてくれます。

ジャケットは冬らしいものを着ていても、パンツに起毛素材を取り入れている方って本当に少ないんですよね。
でも実際はパンツの方が冬らしい季節感を演出できるんです。みんなジーパン履いてる中に一人だけこういうパンツ履いてると洒落てるでしょう。

暖かいというメリットは勿論ですが、起毛素材のパンツを冬場のオシャレ目線でも取り入れて頂きたいですね。


Brushed_17FW_5.jpg
今季僕自身も購入したアイテムなので、実感を持ってお勧めできます。

冬季版Slim Easy Slacksと言えるほどシンプルなデザインで大抵の洋服には馴染んでしまうため、最近はこのパンツばかり履いてしまいます。

膝抜けが心配でしたがどうやらかなり強い組成のようで、PCの前で長時間座っていても、ラ●ホで土下座しても今のところ全く抜ける気配が無いです。
ナニを謝っていたかはご想像にお任せしますが。

思いっきり主観になってしまいますが、現時点ではデメリットを感じないパンツです。

唯一難点を挙げるなら寒い中頑張ってジーパンとかチノパンを履く気力がなくなる事ですかね(笑)
でもそのくらい"履いてしまう"パンツです。是非皆さんもハマってみてください。



A73E1341-A705-4BE3-985D-E74FE6899027.jpeg
ご好評いただいておりますFREE SHIPPINGも残り期間短くなっております。

明日11/30(木)の24時までのご注文が対象となります。

ウールキャップやマフラーなど、お得にお買い求めいただけるこの機会を是非ご利用ください。

Bricklayer Shimada

ARCHIVE