Lax Mac Coat - 2/48 Wool Gabardine -

blog1.jpg


■Lax Mac Coat -Wool-■

Material / 100% Wool
Color / CHARCOAL
Size / S.M.L
price / ¥47.000+tax


先日もご紹介しましたLax Mac Coatですがウールバージョンのご紹介です。




1327_1.jpg


素材は2/48 ウールのチャコールのトップ糸を強撚して高密度に打ち込んだギャバジン地。


通常ギャバジン地はスーツやスラックス、トレンチコートなどに使われフォーマルな装いに使われる素材です。


シルエットがハッキリと出るハリとコシが強い同型のコットンオックス地バージョンに比べて、優雅でエレガントな雰囲気やウールギャバ特有の落ち感があります。





blog3.jpg



たっぷりと空気を含み波打つ生地は美しいドレープ感を生みます。


袖付けもラグランスリーブで、全体的にふっくらとしたポンチョのような丸みのあるシルエット。


これからの時期は少し厚手のセーターやジャケットの上からでもゆったりと羽織る事が出来る1枚となっています。


裏地はレーヨンのライナーが付いており、さらりと着脱し易い仕様になっており、どちらかと云うと、カジュアルよりはジャケットスタイルに相性が良いですかね。



カジュアルで合わせるならローゲージのセーターあたりでしょうか。



blog4.jpg 


ビジネスマンライクな袖山の高いシュッとしたシルエットのステンカラーコートとは一線を画す、Mサイズで通常のXL相当の身巾があるAラインなバックシルエット。


細身のスーツスタイルに取り入れると、よりメリハリの効いたビジネススタイルが楽しめるのではないでしょうか。


裾を靡かせ、都会の夜を大股で闊歩する姿が様になる、そんな大人のコートです。



Lax Mac Coat-Wool Gabardine-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=136340452



blog5.jpg



ビンテージチノにブーツとがっつりカジュアル合わせですが、このテンションも気に入ってます。


因みに、こちらはコットンオックスのタイプ。

前回ご紹介したBLOGはこちら→ http://brick-layer.jp/news/2018/09/lax-mac-coat.html


こちらはオンオフ問わずで重宝することと思います。


このDK.KHAKIの色もキャメルとベージュの中間色のような温かみのある色目で気に入ってます。


悩ましいとは思いますが是非店頭にてご確認されて見てください。


Lax Mac Caot 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=135158873


Bricklayer Horii

shop information

1275_1.jpg

明日23日(火)は定休日となります。

お間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は24日(水)以降となりますので、

予めご了承くださいませ。

Style #254

1111111.jpg



2222222.jpg



3333333.jpg



4444444.jpg


outer/*A VONTADE"Lax Mac Coat"

jacket/*A VONTADE"Lax Sack Coat"

shirts/*A VONTADE"Banded Collar Shirts"


shoes/Kleman"Pastan"


5555555.jpg



6666666.jpg



7777777.jpg



outer/*A VONTADE"Lax Mac Coat"

cardigan/*A VONTADE"Wool Pile Shawl Collar Cardigan"

denim jacket/*A VONTADE"Cow Boy Jacket"


shoes/Personal Effect

26/2 BD Hooded Parka/ Turtle Neck Sweat

0825_1.jpg


■26/2 BD Hooded Parka■

material/100% Cotton
color/NATURAL.AMBER MIX.NAVY MIX
size/S.M.L
price/¥19.000+tax



26番手のBD糸を2本撚り合わせ、度詰めに織り上げたこちらのスウェット。

ここ数シーズン*A VONTADEのスウェットの定番素材として、リリースされ続けております。




1098_1_1.jpg


BD糸=空紡糸は、適度に空気を含んだ少し硬さのある質感が特徴です。

ヘビーオンスのT-Shirtsにも使用されることの多い素材ですが、スウェットとして度詰めに編み込むことで風合いが増し、長年の着用に耐えうる一着に仕上がります。

旧式の吊り編み機でふんわり仕上げたものや安価なボディーにプリントを施したものなど様々なタイプがありますがスウェット本来としての丈夫でへたれないデイリーウェアとしてのアイテムとして一度"本物"に触れて頂きたく思います。

裏地は裏毛でフリースライクな肌触りも良く保温性が高く、表地の少し硬い感じと裏地の柔らかさのギャップが絶妙にバランスの良い1枚と云えます。

デザインはシンプルにクラシックなセパレートのカンガルーポケットと身頃は縦の縮みを軽減するリバースウィーブとなっています。



1032_1.jpg


カジュアルでシンプルなアイテムだけに一枚での着用ももちろんの事、チェックのベストをアクセントにし普段と少し違うコーディネートも良いのでは。

スタンダードなシルエットは世代を問わず着用して頂けます。

AMBER MIXは同系色の組み合わせが纏まりが良く使用する色の数は少なめに。

レイヤリングの楽しめるこれからの季節にパーカーは必須アイテム、バリエーションは多いに越したことはございません。

クローゼットに残るモノって結局ミニマムでシンプルなアイテムのような気がします。

質実剛健なこちらの"商品"を実際にお手に取って頂きたい一枚です。


26/2 BD Hooded Parka商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=122076365



0813_1.jpg


■26/2 BD Turtle Neck Sweat■

material/100% Cotton
color/NARURAL.AMBER MIX.NAVY MIX.RED MIX(EXCLUSIVE COLOR)
SIZE/S.M.L
price/19.000+tax


パーカーと同素材で作成したタートルネック。

4色展開でNAVY.AMBER MIX.RED MIXの3色がトップ糸を使用している為、深みのある良い発色になっています。

RED MIXはブリックレイヤーのエクスクルーシブで今季のトレンドカラーにもなっているため食わず嫌いの方には挑戦して頂きたい色目です。


1023_1.jpg

このアイテムのパイオニアであり*A VONTADEとしては定番の仲間入りを果たしたこちら。

雑誌等の媒体でも少しずつ紹介が増えてきてこれからの時期マストアイテム。

見かけ無かったアイテムなだけに友人や顧客様にオススメするアイテムの一つで、『それどこの?』と洋服屋の誉め言葉を頂けるそんな一枚です。

首回りの締め付けも程よく緩いですしネックの高さも丁度良く、何と言っても洗濯が出来る事がセーターのタートルには無い大きなポイント。

サイドにはスラッシュポケットが付いていますがスッキリとした印象はそのままキープ。袖リブは長くフィンガーホールが付いていて使用しない時は一折して頂ければと。

パイルのジップC/GNとの組み合わせは今季特にベストマッチではないでしょうか。


26/2 BD Turtle Neck Sweat商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=122075313

Bricklayer Horii

Classic Mountain Parka

0602_1.jpg


■CLASSIC MOUNTAIN PARKA■

material/60% Cotton,40% Nylon
color/BEIGE.BLACK.GREEN(EXCLUSIVE COLOR)
size/S.M.L
price/¥40.000+tax


今季も定番商品のクラシックマウンテンパーカーの入荷がありました。

身巾と袖丈を広くパターン変更してのリリースです。


0645_1.jpg

ゴアテックスよりも惹かれてしまうのは何故でしょう。

アウトドアのブランドはスペックを追い続けてる分、当然なのですがやはり無機質な感じは否めません。

アウトドアとファッションは今や切っても切れない関係性で親密な関係です。

リアルギアを普段着に取り入れる人、日常の延長としてアウトドアのフィールドにそのまま取り入れる人など今や線引きが無くクロスオーバーしています。

極論を申しますとスタイルや好みという点になってしまいますがファッション性と言った観点から申しますと後者に軍配が上がるのではないでしょうか。

素材はお馴染み60/40クロス、60%コットンと40%のナイロンのバランスで混紡し防水性と透湿性のある機能素材です。

ゴアやナイロンに比べエイジングが楽しめ、素材の強度など長く着用出来ることも特徴です。


0666_1_1_1.jpg

フードは着脱可能で衿に収納可能となっておりスタンドカラーでの着こなしも可能です。

この60/40クロスは後世に引き続かれていくべき素材でありこの生地にはマウンテンパーカーやコートという方程式が成り立つほどの完成度があり、オリジナリティーあるプロダクトだと思います。

そんなアイテムに敬意を込め、蝋引きのドローコードにブタ鼻のレザーコードストッパー、ドット釦は70~80年代のアウトドアプロダクトに使用されていた爪式のクラシックな仕様にデザインされています。

身頃には大振りなパッチポケットが2つと左胸にWALDES社製のシルバージップのポケットが1つ装備され古着好きには嬉しいポイント。

こちらの新色のグリーンはBricklayerのExclusive Colorとなっており70年代を彷彿させるカラーリングとなっております。

70年代から90年代頃までのカラーが今には無い発色で好まれる方も多くこちらのカラーもとても良い色目となっており玄人好みですかね。




0441改定.jpg
オーセンティックなデザインなのでお持ちのワードローブでコーディネートしやすい事も魅力の1つ。

身巾を広くしている為、レイヤリングもし易くベストやローゲージのセーターなどを合わせるが良いと思います。

捻りを入れたコーディネートというよりかはザ・アメカジっていうストレートな組み合わせのアーバンアウトドアスタイルが◎、このままキャンプに行きたいです。

ブラックはスタンドカラーにしてキレイ目に寄せてもありですね。

登山を嗜む自分は今度、山登りに行く際はこのマウンテンパーカーを着て行こうと思っています。その時の写真は次回に。

Classic Mountain Parka商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=108080087


Bricklayer Horii

ARCHIVE