British Field Hooded Jacket

BNR_20FW_BRITISHHOODED_BROWN.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用




"クラシックスタイル"とカテゴライズされる男の装いは、ほぼ例外なく英国を起源としています。

テーラードスーツやジャケットがその代表格ですが、クラシックにはドレスウェアだけではなくカジュアルウェアも存在します。

昨年ご好評でしたBritish Field Jacketもその内の1つ。
今季はフード付きの新型でのリリースです。

ヨーロッパスタイルの当たり年も云える2020年は軒並みヨーロッパ推しのブランドも多く、英国の狩猟用ジャケット、
所謂ハンティングジャケットにミリタリーエッセンスをブレンドした『British Field Hooded Jacket』のご紹介です。



ネック確定.jpg


素材はオイルドクロスでもベンタイルでも無く、表面にパラフィン加工(蝋引き)を施した高密度のコットンキャンバス。

前者に引きを取らない機能や強度を兼ね備えます。

オイルドに比べてベタ付きや匂いもないので、扱い易さといった点では軍配が上がります。

生地に蝋を染み込ませる事で、撥水性や防寒性にも優れ、天然素材であるキャンバスは着用を繰り返す事で
アタリやヤレなどのエイジングが愉しめる素材です。

初めは若干生地に硬さがありますが、次第に解れアタリが付き易く、良い表情に育っていきます。

素材の特性上、表面にヒビや割れシワ(チョークマーク)が入る場合がございますが、素材の風合い(アジ)としてお付き合いください。



水滴.jpg


通勤時に突然の雨に降られ、10分弱の通勤路を歩きそのまま撮った写真です。

天気予報は晴れだったため、折り畳み傘は無くフードを被りアンブレラヨークのディティールもあり、濡れずにすみました。

使い込んでいくうちに撥水効果は徐々に失われていきますが、そのころにはビンテージ感のある風合いへと変化が始まる序章に過ぎません。



2173_1+1.jpg


フロントはWALDESのZipperとボタンの比翼仕立て、袖口はスパッツ仕様にして内側に丸編みのリブが付いていいます。

2枚目の写真のよう首元にはチンストラップを装備し、フードパーカーは取り外しタイプでは無く一体型になっているのがグッドポイントです。

特筆すべき点は、フロントのポケットデザイン。

ハンティングなドットボタンと底には菊穴があるフラップポケットだけでなく、ハンドウォーマーポケッも付き、
前述したようにミリタリーエッセンスが加えられています。中には暖かく柔らかいネル素材の袋地が付いています。

ラグランスリーブで落ち着いた印象を与えるAラインシルエットは身巾を緩くしているので、ジャケット等でもレイヤー可能かと。



2197_1+1+1.jpg


フロントを開けて着用すればライニングのブリティッシュなイメージを掻き立てるタータンチェックが華を添え、
何よりもパラフィンワックスの深いツヤが無骨感が増し◎。

英国人気質を気取るなら断然ブラウンと云ったところでしょうか。



BNR_20FW_BRITISHHOODED_BLACK1.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズS着用



ブラックはモールスキンのパンツに合わせ小奇麗なレトロシックなコーディネート。

ついつい着たくなる定番とも云えるエターナルな魅力に溢れ、汎用性が高く丁度良い着丈やデザインが◎。

円熟味を増した大人にはこれからの人生を長く付き合うに足る1着が必要になり、オーセンティックなビジュアルや、
ワードローブの1軍として耐えうる耐久性など、様々な要素を一手に引き受けてくれる『British Field Hooded Jacket』こそが
手元に残しておくのに相応しいアウターではないでしょうか。




■ British Field Hooded Jacket ■

material/100% Cotton
color/ BROWN,BLACK
size/ S.M.L
price/¥44.000+tax


British Field Hooded Jacket商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=154267430



Bricklayer Horii

BASISBROKE / バージスブルック LONG COAT

0643_1+1.jpg


■ BASISBROEK - Great- ■

material/ 70% Wool、30% Polyester、裏地Rayon 100%
color/ BROWN、BLACK
size/ 2.3
price/¥28.000+tax 

Made in Belgium



2327生地.jpg


バージスブルックの秋冬の定番と云えば、やはりコートを思い浮かべる方も多いと思います。

定番でリリースされ続けているモデルは前シーズンも店頭にて絶大な人気を博し、ご好評を頂いております。

2020秋冬シーズンは今までに無かった新型である、こちらの『Great』の入荷です。

生地感はウール×ポリエステルのメルトン生地を使用を使用しており、見た目以上に軽く、保温性もしっかりとあり、
上品なメルトン地は滑らかで柔らかく、デザインも相まって上品な印象となっています。



シルエット20201113.jpg


首位置が高く設定され、立ち上がりの良いスタンドカラーがシャープな印象のデザイン。

ラグラン仕様で、肩から流線的に流れてハンドポケットに繋がっているディティールが特徴的です。

身巾は広く(サイズ3で79.0㎝)、ドルマンスリーブになったRELAXINGシルエット。

全体的にゆったりとしたボリューム感で着る人によってシルエットが変化し、ライトアウターの上にも羽織れるのでこれからの時期重宝しそうです。

総裏仕様となっており、着用感も良く、保温性も確保され丁寧な仕上がりとなっています。



スリット確定1113.jpg


両サイドには大きなポケット、裾には気持ち深めのスリットを配置しています。

マキシ丈に近いロングコートは重くなりがちな印象ですが、このスリットが良い塩梅で効いており動き易さも考慮され、軽やかなアクセントになっています。

波打つドレープ感を演出でき、大人の風格こそがロングシルエットの強みではないでしょうか。

ユニセックスで着用可能で計算し尽されたパターンは、オーバーサイズでざっくりと着用するのがポイントかと。



BNR_20FW_BASISBROEKGREAT_BROWN.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズ2着用




デザインを活かしたスタンドカラーで着用するのは勿論ですが、上部3つのボタンを外して
チェスターコートのように襟を作る事も可能な為、インナーによってスタイリングを愉しめる事もポイントの1つ。

クラシカルな風貌を持ちつつ、今のトレンドを感じる洗練されたセンスを感じるアイテムです。

端正なルックスでありながら、手に取り易いロープライスでロングコートを探しても滅多に見つからないGREATな代物ではないでしょうか。

ベルギーのファクトリーブランドが誇る、デザイン性と質の良さが特徴のコートです。



BASISBROEK -Great-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=155013837



Bricklayer Horii

shop information

1886定休日.jpg


明日11月10日(火)は定休日となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は11月11日(水)以降となりますので、

予めご了承ください。

Elaborate Coaches Jacket

1776_1+1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用



スポーツが出自という事もあり、基本的には実用性に特化していて、装飾やデザインを施さない
シンプルなアイテムなアイテムが多い『Coaches Jacket』。

カジュアルスポーツジャケットの代名詞と云えるコーチジャケットを素材から仕様に至るまで
Elaborate(拘り抜く)され再構築されたジャケットのご紹介です。



2049_1+1生地.jpg


こちらのジャケットの『心臓部』は何と言っても圧倒的に存在感(オーラ)のある素材感。

コットン、ナイロン、ポリエステルの混紡糸を超高密度で織り上げた素材にメモリー加工(形状記憶)とピーチ起毛加工を施した素材は、
一見するとスウェードレザーのようなずっしりとしたウエイトを感じる重厚感がありながら、肌触りはビロードのように滑らかでシルクタッチとなっています。

ふっくらと膨らみを感じる生地感は表面にナイロンとポリエステルの割繊糸(マイクロファイバー)、
裏面にコットンが出る様に構成された二重構造な為に、このうような風合いとなっています。

初めてご覧になる方はスウェードやフェイクレザーと勘違いされる方が多いぐらい、革の雰囲気を漂わせたマテリアルとなっています。



1808_1+1.jpg


光の反射により微妙に表情が変化する上質な素材感を纏った、大人のコーチジャケット。


ビジュアル面のみならず、


●仕上げに撥水加工を施してある為、雨風はシャットアウト

●デニムのように着用を繰りかすとエイジングを愉しめる

●撥水性が高い為、汚れに強い


という最先端で機能性にも優れ、某メゾンブランドにも採用されるぐらいのIQの高い素材です。

ストリートで成熟してきたアウター故にどこかチープシックなイメージの強いコーチジャケットに、
このようなハイブリッドな素材を載せるのは軽自動車にV8エンジンを積むが如く、
オーバースペックとも捉えられますが、そこは*A VONTADEならではの粋なRebuildではないでしょうか。



1802_1+1.jpg


身頃裏と衿裏には表地の色味と相性の良い、梳毛ウール100%のタータンチェックを配し、
保温性に加えビジュアル面にも一役買っています。

チェック地が良い塩梅で効いており、スポーティーになりがちなコーチジャケットを品良く格上げし、
素材と相まってジャケットに匹敵する程の風格となっています。

脇下のアイレット、背面のベンチレーションで通気性を確保、袖口はカフス付きにアレンジする事で、
オールドスクールを超越したコンテンポラリーでより『洋服』らしいルックスとなっています。

同色で包んだレザーボタンもこのジャケット用に作成したオリジナル釦となっています。
マイルドな色味と相まって、もはやエレガントな佇まい。



BNR_20FW_COACHESJAKET_BLACK.jpg


程良いルーズさを感じさせるシルエットバランスで着こなすのが定石。

ワークパンツやスラックス合わせが鉄板かと思いますが、やはりこのスタイリングは好きですね。

無駄を配したミニマルな顔立ちながらも『上質な素材感』と『仕様』、『コンテンポラリーなシルエット』は
ブランドコンセプトの根幹を体現したアイテムと云えます。

『さすが』の一言がしっくりとくる、そんなコーチジャケット、ぜひお手に取って確認してください。




■ Elaborate Caoches Jacket ■

material/43% Cotton、Nylon34%、23% Polyester
color/TAN、BLACK
size/S.M.L
price/¥40.000+tax


Elaborate Caoches Jacket商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=147608366


Bricklayer Horii

モールスキン

BNR_20FW_SHORT_ENGUNNERJACKET.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズS着用



ヨーロッパウェアに注目が集まり、すっかり市民権を得たモールスキンは、フランスで100年以上の歴史を持つ素材です。

当時の仏ワーカーたちのニーズを応えるべく誕生した、高密度で鈍い光沢を放つコットン生地は、生産効率の壁に阻まれ一旦姿を消しますが、
今日では経年変化を愉しめる生地として広く親しまれるようになりました。

フレンチワークの代名詞とも言える『モールスキン』、オリジナルのモールスキンを用いた『Short Engineered Jacket』のご紹介です。



GOOGGOOGGOOG.jpg


アメリカではデニムがワークウェアとして愛用されていたように、フランスではモールスキンが主流となっていた背景がありました。

キャンバスやデニムといった生地よりも更に丈夫と云われる『モールスキン』。
この堅強な作りが、当時のブルーワーカーを支えていたのも納得です。

素材はオリジナルで作成した超高密モールスキン。

表面に微起毛加工を施す事で、ビロードやスウェードのようにしなやかで滑らかな手触りです。

太い綿糸を生地の片面だけでなく、両面に起毛させながら織り上げています。

従来のワークウェアは生地自体が硬さや丈夫さ、重さも不随してきますが、コットンの上品な起毛スウェードの余分な毛羽を
省くことでキメ細かく仕上がりソフトな柔らかさと、しっとりとした肌触りが特徴です。

天然素材ゆえの経年変化が魅力的で、使いこむ程に風合いや色合いが豊かな表情に変わり、
雰囲気がグッと増すデニム同様に経年変化を愉しみながら着用していきたいところ。



1616_1+1.jpg


低めに取り付けられたアシンメトリーなポケットデザインなど、ユーロカバーオールをソースに、腰ポケットを無くし、
着丈をコンパクトにしたショートジャケット。

同系色で取り付けられたボタン裏にはレザーの力釦が付き、内ポケットが右側のみ配置されています。

ミニマルなデザインながらも表衿のジグザグステッチやポケット回りはコバステッチ、
袖部分は巻き縫いで細かな運針で丁寧に縫製されています。

ユーロワークの特徴として、ワークウェアにも関わらず洗練されたデザインや付属品、比較的コンパクトなシルエット、
何よりフェロモンと申しますか色気をプンプン感じるのは自分だけでしょうか。



1544_1+1.jpg


身巾の広いボックスシルエットで、腰部分にはシンチバックを付けて裾巾をアレンジ可能です。

腰がしっかりと隠れる程の着丈になっているので、インナーやパンツを比較的選ばないのも嬉しいポイントの1つ。

アウターメインというよりかはGジャン感覚でインナー使いとしても取り入れて頂きたい1枚です。



BNR_20FW_SHORTENGINEEREDJACKET_BLACK.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用



ヴィンテージ市場で希少とされる『INK BACK』、フレンチで黒いワークウェアと云えば
ど真ん中にあるブラックモールスキン、DK.NAVYのような色合いにも見えます。

ヨーロッパではブラックが不人気カラーという事で、INK BLACKと記しておけば、反応が良いとはここだけの話(デザイナー談)。

お国柄や古代から刷り込まれたDNAを注入したEnjineered Jacket、無骨なアメリカ物とは違う魅力、それをきっとエスプリと言うのだと思います。




■ Short Engineered Jacket ■

material/100% Cotton
color/INK BLACK、CIGER BROWN
size/S.M.L
price/¥32.000+tax



Short Engineered Jacket商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=154326465



Bricklayer Horii

ARCHIVE