BASIS BROEK"NEOH"

IMG_8973.JPG

materiarl/cotton80%. silk20%
color/mid night.safari
size/2.3
price/¥16.000+tax


今シーズンBRICKLAYERではBASIS BROEKの様々なアイテムを展開していますがパンツは1型に絞っての展開とご紹介です。


IMG_8688.JPG
ブランド説明は割愛致しますがシャリ感のある洗いがかった生地感が特徴でコットンシルクの混紡により光沢があり履き心地がドライな感じがとても心地良い『NEOH』


IMG_8623.JPG
ウエストはゴムとドローコード仕様になっておりリラックスした着用感でありながら上品な雰囲気が感じられます。

IMG_8621.JPG
少し大き目なヒップ周りと裾にかけてテーパードの効いたシルエットでゆとりあるサイズ感となっております。

ポケットにデザインがありタックインした際にドローコード含め、腰回りのアクセントとしてスタイリングとして良く思います。

IMG_8624.JPG
股上は深くバックポケットの位置が低く付いておりフルレングスだと若干短足に(笑)見えてしまいますがクロップド丈で足首が見える事で緩和されタックインする事でも視点が上がりバランス良く履いて頂けると思います。


IMG_8620.JPG
靴はスニーカーに手が伸びそうですが敢えて革靴で締めクロップド丈の抜け感のある『足もと』を楽しんでみてはいかがでしょうか。

EASYパンツを綺麗に履きたいそんな方にオススメです。

Narrow Fit

*A Vontade 定番の5 Pocket Jeansシリーズより、現代的なタイトシルエットのNarrow Fitが入荷しております。

jeans4.jpg

セルビッチジーンズとしてはやや細身のシルエットです。

一概に細身と言っても、スリムやテーパードなど様々なシルエットが存在しますが、こちらは一言でいうとストレートなシルエット。

特にヒップ~ワタリにかけてはあまりゆとりを持たせず、ウエストから裾までストンを落ちた綺麗なシルエットを目指してパターンメイクされています。

もちろん 『ジーパン』 ですらTシャツなどカジュアルなアイテムとの相性は当然◎ですが、ジャケットなどやや綺麗目なスタイルに合わせる事で、

その『美シルエット』が際立ちます。




jeans3.jpg

デニムは13.5oz、ジンバブエコットンを使用したオリジナルデニム。

インディゴ糸であるジンバブエコットンに拘ったブランドさんは多数あるのでここでは割愛させていただきますが、*A Vontadeのデニムが特にこだわったのは『緯糸』です。

写真右側の一般的なセルビッチデニムと素材を比較すると、左に置かれた*A VONTADEの5Pocket Jeansの方が茶色がかった色味であることがわかります。

通常緯糸に生成りの生糸を打ち込むところを(写真右側)、やや濃いめの生成り糸(天然の茶綿)を使用することで、

表側から見たときにインディゴ糸の間から茶色の緯糸がうっすら見え、やや茶色がかかった深みと温かみのある発色になっています。

真っ白なスニーカーよりは、履きこんだブーツの色味とよく合うイメージのデニムに仕上がっています。


jeans5.jpg
こちらは2年ほど履きこんだイメージの着古感漂うヴィンテージウォッシュ。

ハードな印象になりがちな加工デニムですが、こちらは塩素剤、脱色剤を使用せず、ブドウ糖の還元力を利用した、人体にも地球にも優しい『エコブリーチ』 を使用しています。

実際、2年履き込んだモノをサンプルに作成したリアルな色落ちですが、控えめで品のある表情に仕上げていますので、キレイめな革靴に合わせて、カジュアルアップでもよいかと思います。


Narrow_6.jpg

『セルビッチデニムはもう何本も持ってるし、お腹一杯ス!』

な方に、お勧めしたいのはこちらのFADE BLACK。

経糸に硫化染めのグレー、緯糸に黒糸を用いることで、生地染めのBLACKでは表現できない『奥行きと深みのある色目』を表現しています。

jeans1.jpg
ちなみにこちらは(※写真左側)デザイナーの私物。


すでに1年近く着用との事ですが、全体的な色目はマットな黒からグレーへと変化しています。

jeans2.jpg
経糸の硫化グレー糸はインディゴ同様、着用、洗濯を繰り返すことで徐々にFADEしていきますので、ヒゲのアタリ等もがっつり出ています。

控えめに縦に走る縦落ち感も良い感じですね。


ブラックデニムの場合、インディゴデニムに比べて、あまり経年変化が出にくいモノが多いですが、こちらはインディゴ同様


『履き込む事で完成するジーンズ』 


ではないでしょうか。


※こちらのサンプルも店頭に御座いますので、実際の経年変化をご確認いただけます。


4月は始まりの季節。新生活をスタートさせた方も多いかと思われます。

環境の変化は気持ちの変化。

そして気持ちの変化は洋服の変化。。

ジーンズはベーシックなアイテムだけに、

こだわりの詰まったものを選べば気持ちもグッと引き締まると思います。

*A Vontadeのデニムで心機一転、新生活を始めていきましょう。


jeans10.jpg

material / Cotton 100%
color / INDIGO(VINTAGE WASH)
size /  29/30, 30/30, 31/30, 32/30, 33/30, 34/30, 34/32
price / ¥22.000- (+ tax)

material / Cotton 100%
color / INDIGO
size /  29/30, 30/30, 31/30, 32/30, 33/30, 34/30, 34/32
price / ¥18.000- (+ tax)


material / Cotton 100%
color / FADE BLACK
size /  29/30, 30/30, 31/30, 32/30, 33/30, 34/30, 34/32
price / ¥17,000- (+ tax)

KLEMAN "FLIX"

FLIX_1.jpg
フランスで主にサービスシューズなどを展開する、CLEON社のWORKラインのブランドKLEMAN。

軍や消防署、公共施設などにシューズ提供をしており、国も認める確かなクオリティーながらリーズナブルな価格帯で、コストパフォーマンスに優れるシューズを製造しています。

同社よりスリッポンタイプのレザーシューズ、"FLIX"が入荷しました。

WORKシューズブランドならではの質実剛健な作りですが、オペラパンプスのようなデザインと丸みを帯びたトゥが特徴の上品な一足です。

当店では今シーズン、スムースレザータイプとスウェードタイプの2型を展開させて頂きました。

FLIX_2.jpg

material / Leather 100%
color / BLACK
size /  40, 41, 42, 43
price / ¥17.800- (+ tax)

スムースレザータイプのFLIXはアッパーにマットなレザーを使用した一足。

やや固い質感のレザーからは多少の傷や雨を寄せ付けない、タフな印象を感じます。

アウトソールには同社オリジナルのラバーソールが付属。

こちらも雨や汚れ強い仕様で、ゴムの程よいクッション性が歩きやすさにも貢献。

スリッポンの脱ぎ履きの楽さと相まって、春夏のデイリーシューズとして活躍してくれそうです。

FLIX_4.jpg
軽快な履き心地のスリッポンですが、レザーシューズ特有のドレスライクな表情もしっかり持ち合わせています。

クロップ丈のイージーパンツと合わせても、全体のバランスはラフすぎない印象に。

ローファーやモカシンシューズのように、トラッド過ぎないプレーンなデザインなので、

『今年の春夏、履きたいレザーシューズ』に仕上がっています。

FLIX_3.jpg

material / Leather 100%
color / BLACK
size /  40, 41, 42
price / ¥17.800- (+ tax)

スウェードタイプのFLIXは先程紹介したスムースタイプと同じデザインですが、

素材が変わることで、印象もがらりと変化。

プレーンなデザインも相まって、スムースレザーよりも上品な印象です。

やや白っぽいベージュの色味は、春夏の足元を明るく魅せてくれます。

FLIX_5.jpg

ワントーンコーディネートの差し色としても◎

今時期重くなりがちなオールブラックですが、足元が軽くなるだけでかなり季節感が出ます。

真っ白なキャンバスシューズよりも馴染みが良い色なので、すんなりと取り入れることができる点も嬉しいです。


オシャレは足元から。

春支度を軽快なレザーシューズで、始めてみてください。


Bricklayer Shimada

Crewneck Sweat Shirt

4-12.jpg

material/cotton 100%
color/Ink black.grey top.oatmeal
size/ONE.S.M.L
price/13.000+tax


IMG_8599.JPG


糸から素材に拘った品の良いCrewneck Sweat Shirtが入荷致しました。

一見、普通味のSWEATに見えますが各ディティールにスパイスが効いています。

表糸にはドライなタッチと若干固めな風合いが特徴のBD糸(空紡糸)を使い、シルケット加工を施し艶と光沢のある表情に仕上げています。そうする事でカジュアルになり過ぎず上品な印象を与えてくれます。

ポケットは中縫い仕様となり強度が増す事やなんといっても『存在感』と『美しさ』があります。


IMG_8524.JPG

極限まで度詰めした生地で裏のパイル面を短くすることで生地全体の厚みを抑えオリジナルで作成したミニ裏毛を使用したクルーネック
SWEATです。度詰めする事で生地が硬くなることがイメージ出来ますがオーガニックコットンを使用する事で柔らかさとナチュラルな風合いが生まれ表裏との生地の質感のギャップを楽しめる1枚です。

厚みを抑える事で1枚でも重ね着にも最適で暑がりで代謝の良い自分にはピッタリです。笑

左上が某ブランドで右上が*A VONTADEになりパイルの長さの違いがお分かりかと思います。



IMG_8590.JPG

首回りは2本針縫製で取付け、バインダーネックにする事で撚れやすい首部分の伸びを抑えます。


IMG_7935.JPG

袖は8分~9分丈のカットオフ仕様となりこれからの時期、薄着になると単調になるコーディネートにアクセサリーを付けアクセントに。


IMG_7987.JPG
裾はテープ使いのスリット入りで見頃の長さを変えてありスラックスにも良いですね。

肩に丸みを持たせ身幅も広くゆったりとしたシルエットです。


IMG_8073.JPG
CrewneckのアイテムやプリントのロンTEEも世に多くリリースされていますが無地で細かな拘りの詰まった大人ベーシックな
こんなアイテムはいかがでしょうか。

大人の方に着て頂きたいそんな1枚です。

Bricklayer Horii

ARCHIVE