Henlyneck T-Shirts S/S

1620_2.jpgのサムネイル画像
-Henlyneck T-Shirts S/S-

color/navy.tan.natural
material/cotton 100%
size/S.M.L
price/¥9.800+tax


ヘンリーネックのTee Shirtsの入荷がございました。

ビンテージのアンダーウェア、スポーツウェアやミリタリーでは馴染みのあるデザイン、Henlyneck 。

アラフォー世代にとってヘンリーネックのTeeといえばHealthknitが代表格で当時、吉田〇作に憧れシーンを問わずシャツのインナーとしても年中着用をしていました。

当時アメカジ全盛期だった事もあり1度は着用されていた方も多かったのでないでしょうか。

素材はオリジナルで作成した先染め杢の26/2BD糸(空紡糸)を使った天竺地。

1本の糸に複数の色を混ぜ合わせ紡績(糸にする)にする綿の先染めの杢糸は通常GREYが主流ですがBEIGEやNAVYも表情豊かになっており杢好きな方には堪らない1枚となっています。

BD糸特有のバルキーなタッチで双糸にすることで毛羽を抑えた艶感のある表情で糸にコシがありふっくらと柔らかく強度を併せ持ちます。

前立ては布帛地を使用し、ボタンはCUTSAWではあまり使用しないシェルボタンと贅沢な仕様となっており生地感に負けじと存在感を感じます。



1645_1.jpg
袖は2本のステッチが入った2段リブの編み出しでクラシックなイメージをプラス。

デザインのアクセントにもなっていますが見る人が見ると『分かっている』そんな拘りのリブです。



1617_1.jpg
ネック回りは程良いバランス感ですが、身体やデコルテに自信のある方はボタンを外しおおいに胸元をアピールしてください。笑

身巾はややゆとりを持たせたシルエットでアンダーウェア要素が高いHenlyneckですが1枚で着用出来る『サマ』になるやつです。


1614_1.jpg

1607_1.jpg
スラックス等の品のあるパンツにも引けを取らなくむしろ相性が良い、足元はスニーカーで外して今年はこんな組み合わせはいかがでしょうか。

丸首のT-Shirtsに飽きた方、プリントに飽きた方Henlyneckはじめませんか。

店頭でのご試着を是非お待ちしています。


Bricklayer Horii

shop information

明日13日(火)は定休日となります。

お間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は14日(水)以降となりますので、

予めご了承くださいませ。

Mesh Eyelet Tank top & No Sleeve

10B.jpg
今季*A Vontadeで展開をしているVゾーンを意識したシャツやカットソー。 

それらのインナーとしてデザインされた 

『Mesh Eyeletシリーズ』 

*A Vontade 2017SSのルックブックでも

Peaked Linen Shirt Jacketのインナーに使われていたりと、ひっそりイチ押しのアイテムです。

MeshTank_12.jpg
素材はオリジナルで編み立てた メッシュ素材。綿100%のメッシュって意外とないんですよね。

糸には毛羽の少ない40番手のコーマ糸を双糸にすることで肌触りの良いドライなタッチを表現、編地がくっきりと出る綺麗な編み立てに仕上げています。

もちろん"メッシュ"なので透け感はありますが、通気性と軽さに特化した 『夏』に適した素材です。



MeshTank_15.jpg
同素材でノースリーブとタンクトップを展開。こちらはノースリーブタイプ。 

インナー系タンクトップにありがちなぴったりしたサイズ感ではなく、身巾にゆとりを持たせたシルエットになります。 

袖口や襟にはぐるりとバインダー始末がされており、脇下やネックの空き具合も、抜けすぎず、詰まり過ぎずの好バランスではないでしょうか。


MeshTank_14.jpg
単体でももちろん着ていただけますが、基本的には今シーズンの*A VONTADEで展開しているシャツやカットソーのインナーとしてお使いいただけるようデザインされています。 


デザイナー曰く


『抜け感やリゾートを強くイメージした今シーズンのシャツ類は、インナーに丸首Tシャツでは成立しない』 


との事。


ともすればややルードで艶っぽく見えなくもない着こなしですが、これから本格的な夏シーズンに向けて、Bricklayerが提案したいスタイルです。


MeshTank_6.jpg
Vacances Shirt との組み合わせも、インナーに意識を向けた顕著な例の1つ。


開襟のデザイン、薄手のタイプライター生地に対して、通常ウェイトの丸首Tシャツを持ってくるとせっかくの 『軽さ』 や 『抜け感』 が台無しになりますので、ここはインナーできっちりメイクセンスしたい所。


『主役はあくまでシャツ』


ですが、それを引き立ててる、活かすインナーをチョイスする事でイメージはがらっと変わるはずですし、

特にシンプルな着こなしに流れがちなシーズンですから、この辺りの細かなこだわりが着『こなし』 に差が出るのではないかと。

きっと今までのコーディネートをより良く見せてくれると思いますので。


Bricklayer Shimada

MeshTank_2.jpg

material/ Cotton 100%
color/ BLACK, GREY TOP, WHITE, CAMEL
size/ S.M.L
price/¥5,500 +tax

MeshTank_3.jpg

material/ Cotton 100%
color/ BLACK,  GREY TOP, WHITE
size/  S.M.L
price/¥6,000 +tax

Style #195

195_1.jpg


195_2.jpg


195_3.jpg


195_4.jpg


195_5.jpg


195_6.jpg


195_7.jpg
"cardigan/ *A VONTADE " No Button Cardigan "

"inner/ *A VONTADE " Henly Neck T-Shirt S/S "

"pants/ *A VONTADE " 1Tac Tropical Trousers "

Press information

Fine 2017 July NO.469にて弊社スタッフが掲載されています。


IMG_1685.JPG



IMG_1689.JPG
宜しければ書店にてご確認ください。

ARCHIVE