Old Potter Jacket

0055_1+1.jpg



■ Old Potter Jacket -Water Resistant Highcount Oxford-■

material/ 100% Cotton
color/ DEEP NAVY
size/ S.M.L.XL
price/ ¥40.000+tax



potter2.jpg



Old Potter=1920年代の陶芸家が着ていた作業服(ジャケット)がベースで、まずはその背景に興味をそそられます。

ヨーロッパではまだ既製服が存在しなかった時代には、こうして作業服も手作業で誂えており、
その為現在のワークショップなどで売られている化繊にジップが付いたような物とは程遠い仕立てのジャケットを着用して仕事をしていたそうです。

そんな手作業ならではのクラシカルの中にもワーク感をも漂う匂いを残しつつ、*A VONTADEの『Classic(定番)』ジャケット。

素材は超高密度に織られたコットン100%のオックスフォード地。

イギリス空軍のミリタリーウエアが発祥である『VENTILE』素材と同規格の打ち込みであるこのファブリックは、防風性、撥水性に優れ、薄手ながらもコシがあり3シーズンは着用可能です。

長い期間ご提案し続ける事でアボンタージの代名詞として不動の地位を確立し、このジャケットをきっかけにブランドを知る機会が多いというブランドの登竜門的な存在です。

ブランドとして年月を重ねた中でも未だに支持を集め続け、デザインやクオリティーに満足頂けることと思います。




potter3.jpg



肩傾斜がきつく、ウエストシェイプが控えめな若干Aラインのシルエット。

ゆとりのあるサイズ感が未だトレンドの中心にいますが、身巾は53センチ(M寸)とスタンダードで比較的コンパクトなサイズ感となっています。

このジャケットの『顔』とも云えるのが、襟元のデザイン。

返り線の無い襟型はスタンドカラーは勿論、好みに合わせて襟を返しても綺麗に見えるようにパターンメイクされています。

個人的にはチンストラップが付き襟元が前下がりで若干深めなスタンドカラーにして着用するのが好みで、

このジャケット『らしさ』が出ていますが、シチュエーションやコーディネートにより、アレンジ出来る仕様も嬉しいポイント。

なるべく表にステッチが響かないように『袋縫い』で縫製し、運針も細かく丁寧に仕上げています。




potter4.jpg



総裏仕立ての裏地はキバタ(防縮加工無し)の杉綾スレキとなっており、本切羽のボタンを外して軽く捲るとアクセントにもなり『こなれ感』を演出できるかと思います。

厚みのある本水牛のボタンを使用し、ボタンの裏側にはヌメ革の力ボタンで強度を高めています。

センターベントが入り、生地、パーツ、縫製、仕上げ、多くの要素が噛み合わさり、仕上がりはテーラードジャケット宛ら、唯一無二の存在感が定番たる所以かと。




potter5.jpg

モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用



今季はDEEP NAVYのみの展開で、ブラックにも見間違えるほどの深く上品な色目は、敢えて野暮ったい軍パンにクラシックな前立てのバンドシャツを合わせ、奥行きを持たせたコーディネート。

楽で便利でクリーンな印象とはベクトルが真逆ですが、こういった雰囲気やムード、色気さえも感じる『ヘビーデューティー』なアイテムが今後再燃していくことでしょう。

トラディショナルたるキーワードもちらほら見かけ、僕等世代をはじめ、トラッドスタイルを好まれる方には打ってつけかと。

大量に消費されるものよりもシンプルで本質的なものを好み、『大切なもの』や『気に入ったもの』を丁寧に長く使っていくことはやはり大事にしたいと思います。

ブランドを知っていただく間口となって、お気に入りの1着になれば幸いです。



Old Potter Jacket - Water Resistant Highcount Oxford - 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=139766998



Bricklayer Horii

新型コロナウィルス影響による営業時間変更と臨時休業のお知らせ

BNR_20SS_新型コロナ.jpg 

【 店舗の営業時間変更について 】



厚生労働省から発表された『 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針 』を踏まえ、

しばらくの間、
下記の通り営業時間を短縮させていただきます。


お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。





《 営業時間変更 》


平日・土曜日 12:00 - 19:00 (毎週火曜日定休)


日祝日 12:00 - 18:00



※3月1日時点 (今後、不定休・変更の可能性もございますのでご了承ください)



オンラインショップに於きましては、通常通りご注文は受け付けていますが、

ご注文に対する受注メール、商品の発送業務、商品のお問合せに対する返信等は,

多少の遅れが生じる可能性がございます。




また下記の3日間を臨時休業とさせて頂きます。


《 臨時休業 》


3月2日(月)

3月3日(火)

3月4日(水)





状況が変わり次第、随時インフォメーションさせて頂きます。


以上、ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。




Bricklayer








Press information

leon.jpg




現在発売中の雑誌『LEON』4月号No.222にて*A VONTADEが紹介されました。





leon1.jpg



P185にてFatigue Trousers - Ripstop -が掲載されています。


宜しければお近くの本屋さんにてご覧ください。

shop information

shop information224.JPG


日頃よりブリックレイヤーをご愛顧頂き、有難うございます。





本日2月24日(月)は営業時間を18時までとさせて頂きます。





ご迷惑をお掛け致しますが、間違えの無いよう、お願い致します。





明日2月25日(火)は定休日となります。





オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は2月26日(水)以降となりますので、

予めご了承ください。



Bricklayer

USN Sweat Cardigan -Modify- & Reverse Crew Sweat L/S

SWEAT1.jpg


■ USN Sweat Cardigan -Modify- ■

material/100% Cotton
color/OATMEAL,AMBER MIX,NAVY MIX
size/S.M.L
price/¥18.000+tax




SWEAT2.jpg



メンズファッションに於いて、スウェットは切っても切り離せない重要なアイテム。

*A VONTADEでは毎シーズン数型リリースしていますが、久しぶりにオーソドックスとも云えるカーディガンを作成致しました。

素材はお馴染み、先染めの26/2 BD糸(空紡糸)を使った裏パイルを使用。

少し硬めのBD糸を双糸にして度詰めで編み立てる事で、シャリ味のあるバルキーなタッチとなっています。

春夏用にパイル面を起毛せず、生地全体のボリュームを抑え、何かと使い勝手の良い生地感となっています。

旧式の編み立て機で柔らかくふんわり空気を孕ませながら作る製法とは異なりますが、スポーツウェアとしての耐久性やディテール含め、アメリカンなイメージに近いと言えば分かり易いでしょうか。

様々なブランドが展開しているスウェットですが、クリーンなビジュアルでくっきりはっきりとした色味が多い中、*A VONTADEは先染めの生地を使用した『メランジ』になっており、
複数の糸が混じり合う杢の感じが良い塩梅で古着ような『コク』が出ています。

糸を先に染色している為、中心部まで色がしっかりと浸透し、奥深みのある美しい発色はまるでニットのよう。色落ちはしないので色移りもなく、同じ雰囲気で永く着れるのも嬉しいポイント。

特にAMBER MIXは、他では中々お見掛けする事の無い色味となっており、落ち着いた大人の雰囲気は唯一無二とは大袈裟ですが、特に人気の高いカラーとなっています。




SWEAT3.jpg

モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用



デザインは1940年代のUS NAVYのスウェットをデザインソースにVネックにアレンジしたカーディガン。

クルーネックやジャケットライクなカーディガン等様々なデザインがありますが、数周回ってパッチポケット付きの所謂ベーシックなデザイン。

フロントは同色の天竺地を使ったパイピング始末で、ボディーカラーに見合ったナットボタンは経年変化が愉しめます。

身巾は肩巾はややゆとりを持たせつつ、着丈は71㎝(M寸)とLounge Jacketぐらいの若干長めに設定しています。

トップスに関してはサイズアップした際に、袖巾の太さに違和感を感じてしまうと基本自分はNGなのですが、このカーディガンは違和感すら感じる事がなく、ジャストサイズはSですがドロップショルダーのこちらはMサイズを着用し、ワンサイズアップもおススメです。

深すぎないVネックはシャツとの相性も良く、革靴とチノパンにタックインしたトラッド風にも合いますが、ファーストルックのようにTシャツの上からラフに羽織るコーディネートが増えるでしょうか。

言うまでもなく今時期はミドルレイヤーとして、暖かくなれば単体でも使える万能アイテム。

クルーネックやフードパーカー、タートルネックは既に数枚お持ちの方以外でも、新しい刺客として迎え入れてもレギュラー候補ではないでしょうか。




4CC221.jpg


■ Reverse Crew Sweat ■

material/100% Cotton
color/OATMEAL,AMBER MIX,NAVY MIX,REDMIX
size/S.M.L
price/¥15.000+tax



SWEAT5.jpg


同素材を使用したクルーネック。

個人的にも気に入っているアイテムで色違いで揃えていますが、ガゼットがなく脇にリバースウィーブ(横使い)のシンプルなデザインは素材とシルエットを際立たせたミニマムデザインが潔くも色気すら感じます。

両脇のリブで横方向の伸縮を確保し機能性を高めています。シンプルなデザインが故、切り替えが良いアクセントになっています。

脇部分の縫製はフラットシーマを使用し、縫い代同士の段差はなく、肌に触れても違和感なく着て頂ける『思いやり』仕様となっています。

素材と縫製に関しても強固な作りの為、セーターと違い気を遣う事もなく、着用してなんぼですから多少ラフに扱えますし、着込んで洗濯しても型崩れしない『安心感』は素直に嬉しいポイントです。

なんでもそうかと思いますが、着ないと分からないアイデンティティーは実際に袖を通して実感して頂きたいところです。

身巾はゆったり目に採っていますが、今となっては普通?になりつつあるシルエットで、チャン●オンよりかはアームホールが太くなくややタイトなインナーにも◎



SWEAT6.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用



スウェットのネイビーと云えば、ダーク系より少しトーンの明るいネイビーがしっくりきます。もうすぐ春ですしね。

シンプル・イズ・ベストな着こなしになりがちなので『映える』ように白ジャケットを羽織ったスタイリング。

秋冬は革靴に一辺倒でしたが、暖かくなる春先にはスニーカーを復活させようかと思います。今季はオートミールも加わり全4色でのご用意です。

実用性と機能性を兼ね備えたクルーネックスウェットは抜群の費用対効果を発揮致します。

百聞は一見に如かず、明日からの3連休皆さまのご来店をお待ちしています。



USN Sweat Cardigan -Modify-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=148735483

Reverse Crew Sweat L/S商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=147626534



Bricklayer Horii

ARCHIVE