No Collar Atelier Jacket

Atelier_0.jpg

No Collar Atelier Jacket

material/ 100% cotton
size/ S, M, L
color/ DK.SEPIA
price/ ¥32,000- (+tax)

Trim Trousers

material/ 100% cotton
size/ M
color/ DK.SEPIA
price/ ¥23,000- (+tax)


秋冬シーズンに相応しい起毛素材を使用した、フレンチテイストのノーカラージャケットが入荷しました。

Atelier2.jpg
素材はオリジナルで作成した肉厚で安心感のあるヘビーモールスキン。表面を微起毛させることでビロードのように滑らかで温かみのある質感に仕上げています。

コットン素材なので同じ秋冬素材のウールメルトンとは対照的に軽さもあり、モールスキンならではのしっとりとした触り心地が極上。ウール系のアウターが苦手な方に是非試していただきたい、上質な秋冬素材です。

色目はダークセピアのみの展開。
言葉で伝えるのは難しい色目ですがBrownとCharcoalを混ぜたようなイメージでしょうか。

元々黒かったアトリエジャケットが経年変化によって色褪せたような色合いでオールドな物に価値を感じる方にはたまらないantiqueな雰囲気。「他の色目はないんですか?」とか野暮なことを偶に聞かれますが、こういう涸れ切って"終わってしまった"色味が一番カッコいいんですよ(偏見)

Atelier3.jpg

シンプルなネック周りはストールやマフラーなど、巻物でボリュームを持たせるのが良いですね。
(こちらで使用している大判のウール×カシミアのストールもこちらにご用意あります→

インナーもタートルネックやパーカーなど特徴のあるネックデザインで合わせみてください。

なで肩のAラインなクラシックなシルエットですので太めのテーパードパンツで上から下 まで◇なチャップリンバランスを作ってあげるのがやはり見栄えが良いですね。


Atelier4.JPG

フレンチカバーオールなデザインではありますが、前身頃と袖裏には裏地がつくあくまでジャケットな仕立てになっています。


クラシックやビンテージをベースにデザインしながらも、どことなくエレガントな表情に仕上がるのは、ここ数シーズンの*A VONTADEの真骨頂の1つです。

アメカジやフレンチクラシックを忠実に再現したブランドやアイテムももちろん魅力ですが、その匂いは残しつつも "THE ●●"  な匂いはあえて無くすって事が今の時代に作る意味だと考えます。


とはいえ分かる人にしか分からない良さがあるテイストの洋服ですので、好きな人は好きなんですが爆発的に売れたりはしないんですが、、、

この辺りの繊細な味付けが分かってもらえるお客様に来て欲しいLEVEL 4な1枚です。





Bricklayer Shimada

Café Racer Jacket

新型のレザーライダースジャケットが入荷です。

cafe_7.jpg
Café Racer Jacket

material/ Cowhide  Inner:95% Cotton, 5% PU
size/ S, M, L
color/ BLACK
price/ ¥86,000- (+tax)

名前の通り"Café Racer"のように削ぎ落された、無駄の無いデザインのシングルライダースジャケット。

*A VONTADEのもう一つの定番ライダースRoad Master Jacketに比べ厳つくなり過ぎずにスマートに着こなせる反面、線が細くどこか危うげな魅力を感じさせる革ジャンです。

cafe_6.jpg
素材はRoad Master Jacketと同じく、雌牛を使用したCowhideを使用。
一般的なステアハイドに比べて非常にキメが細かく、牛革の丈夫さに雌牛ならではのしなやかさを兼ね備えた、革ジャンの理想形と言えるレザーです。

始めはマットな表情ですが、着込んでいく毎に革に染み込んでいるオイルが表面に滲み出し、ギラッとした光沢のある面構えに変化。そのころには体に吸い付くように馴染み、一生手放せない相棒のような一着になっているはずです。

cafe_8.jpg
今時期はシャツやスウェット、少し寒くなってからはウールシャツやセータをインナーに用い、最終的にはオーバーコートをレザーの上から羽織ることで秋冬は無限に着続けることが出来ますので、今季のコートやセーターを我慢してでも手に入れて頂きたい洋服。定番で展開するかはまだ未定のジャケットですので、気になっている方はお早めにご決断を。

僕もこちらのレザーを使用したジャケットを着込んで早2ヶ月ですが、既にSweatのように柔らかくなり最高の着心地に仕上がってきました。
このままいけばシーズン後には完全に馴染み、カーディガン感覚で着れる革ジャンに仕上がっているはずです。

素材の経年変化や着心地の変化も楽しめるのが革ジャンの魅力。
*A VONTADEと言えばレザーです。この機会に他の革ジャンでは絶対に味わえない、当ブランドの革ジャンの魅力を感じてみてください。


Bricklayer Shimada

Press information



men's FUDGE 2017 DECEMBER Vol.98にて*A VONTADEが紹介されました。



6425.jpg


P124にてLounge Jacket 9Wale Supema Corduroyが掲載されています。



6430.jpg


店頭にて是非、ご確認されてください。

Press information


CLUEL homme 2017 December Vol.23にて*A VONTADEが紹介されました。


8664_2.jpg


セットアップでP90に掲載されています。

8674_1.jpg

是非、店頭にてご確認されてください。

Hooded Overcoat

8599_1.jpg

-Hooded Overcoat-

material/68% cotton.21% polyester.11%nylon
color/black
size/ONE.S.M
price/¥52.000+tax



本日は定番の混紡糸ラバーポプリンの生地を使用した新型のオーバーサイズのフードコートのご紹介になります。

前評判が非常に良いアイテムでディティール等デザイン性のあるアイテムですが今シーズンの新型として大本命な1着となります。


8616_1.jpg

表地は定番展開してます*Wrincle Mac Coatでもお馴染みの撥水性の高いコットン、ポリエステル、ナイロン混紡糸の黄金比率での超高密度ポプリンを使用。

表面を微起毛させる事でマットな表情とラバーライクなタッチで〇ッキントッシュと似た質感で多少の雨なら弾く性質を持っています(こちらを参照

高密度に打ち込まれた生地は防風性にも優れアイテム名にもございますがレイヤリングを楽しむ事が出来るオーバーサイズ。

裏地は保温性の高いトリコット(フリースのような質感)を採用しポケット内のハンドウォーマーにも使用しています。


8619_2.jpg

バックスタイルはトレンチコートなどに見られるインパーテッドベンツを使用しスリットを入れずプリーツにしてある為、風が入ってこないというメリットもあります。

プリーツ内のボタンを外すとAラインのシルエットになり印象に変化を与えます。


8608_1.jpg

ウエストベルトは取り外し可能でトレンチのように前で縛ったり、後ろで結んだり、ポケットに入れたり好みにあったスタイルで。

袖はロールアップする事でポンチョのようなルックスで気分やコーディネートによって遊べるのもこのコートの特徴です。


8621_1.jpg

各ディティールをお好みによってアレンジ出来、変化を与えてくれるコート。

ボリュームの多少あるアウターの上からでも着用でき、私的意見ですが厚手のセーターを袖口から覗かせるコーディネートが相性良く思います。

モード感さえも漂う風格ですがカジュアルベースで『こんなコート待っていました』と言わんばかりのアイテムだと思います。

冬将軍到来に向けレイヤリングが非常に楽しみです。

モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用。


Bricklayer Horii



ARCHIVE