Classic Chino Trousers - 2019ss New Regular Fit -

平成最後の2019SSシーズン、立ち上がり1発目に相応しいアイテムのご紹介です。


*A VONTADEファンなら1本、いや色違いで2本はお持ちであろう、定番も定番のチノトラウザーズ/ レギュラーフィット。


過去10年以上、アップデート(マイナーチェンジ)を繰り返しながらリリースしてきたこちらのモデルですが、今回、満を持してのフルモデルチェンジでのリリースです。




IMG_7966.JPG


■ Classic Chino Trousers - Regular Fit - ■


material/ 100%Cotton

color/ BEIGE,NATURAL,OLIVE,DK.NAVY

price/¥19.000

size/2XS.XS.S.M.L.




IMG_8039.JPG


写真を見る限り、『え、何が違うの?』って声が聞こえてきそうですので、、、


前モデルとの大きな変更点を2つご紹介。


まずはウエストサイドにあったアジャストのバックルを外し、シンプルなデザインへ変更しました。


このバックルはクラシックチノのアイコン的デザインの1つでしたので、好みが分かれる所かもしれませんが、デザイナー曰く


『デザインの断捨離』


だそうです笑。なるほど。。。


もう1つの大きな変更点はシルエットの変更です。


以前のモノより股上は深めに、ワタリを広げて裾幅を絞ることで、よりテーパードが効いたシルエットにアップデートされています。


前モデルの股上が浅めでストレートなシルエットの方が美脚(足長?)効果は見込めるかもしれませんが、 トップスとのバランス、靴のチョイスの幅を考えるとこちらの方が懐が深い気がします。



IMG_8032.JPG


(※写真 左がノンウォッシュ 右がワンウォッシュ)


素材はシャットル機で高密度に打ち込んだセルヴィッチチノを使用。こちらの『心臓部』 は変更ございませんのでご安心を。


高密度に織り上げハリを出した上に、さらにハリのレベルを上げるため生地表面に天然樹脂加工を施し、歩く度バキバキと音が聞こえてきそうなくらい腰の強い素材です。


今回はちょうどフルモデルチェンジのタイミングですので、敢えて糊付き + 未洗いの 『ウブい状態』 で店頭出ししております。


板のように硬い生地にめり込む運針の細かいステッチワーク。個人的にはまずは糊付きのままを存分に楽しんで頂きたいかと。。。


この生地感を体に記憶させたらウォッシュの頃合いです。水を通すと縫製糸と生地の縮みにより、巻き縫い部分等にパッカリングが生まれます。


ウォッシュ後は乾燥の際に空気で生地が膨らみ影ができるので、より深みのある色合いになります。


IMG_7998.JPG


玉縁ポケットは約2mmと極細。ワーク要素の中に上品さが伺えるのも、細部のディテールあってこそ。


ここまで極細にもなると熟練された縫製技術も必要となり、メイドインジャパンならではの品格を感じます。



IMG_8007.JPG


「定番」という言葉通り、流行に左右されずに永く穿いて育てていきたいものです。


そのプロセスを楽しむため、必要不可欠なのが強度。


永く着ることを考慮し、イン、アウトシームは巻き縫いにし、摩擦の多い股下に天狗を流し込み、補強布を当て強度を高めています。


『裏を見ればその仕事が分かる』 


今、適当に思いついた言葉ですが笑、『定番』 として長きにわたり君臨する為には 『言わずもがな』 な要素ですね。



chino着.jpg


まずは新色のナチュラルで軽やかなスタイリングから、ボーダーと合わせると清潔感もあり女性の好感度も◎なはず。



cino着2.jpg


スニーカーとの相性で言えばテーパードの効いたシルエットに変更した事で、確実にアップしたと言えるでしょう。



IMG_7663.jpg



ちなみに革靴合わせですとこんな感じです。 短靴や8ホール程度のブーツですとこれぐらいの見え方がベストでしょう。


色目はベージュ、ナチュラル、ネイビー、オリーブの4色展開、組み合わせ自由自在にお楽しみ頂けます。



個人的には(すでに数千人はいらっしゃるはずの)すでにクラシックチノをお持ちの方に真っ先にご紹介したいですね。


ここでは紹介していない変更点も多々ありますので、その辺りは是非店頭で。


モデルチェンジあるあるの


 『前の方が良かった。。。』


なんて野暮な事は決して言わせませんので。 (万が一思っても言わないのが大人のたしなみです笑)




Bricklayer コースケ


*A VONTADE 2019 S/Summer collection starts today !!

先月より <pre-season collection> として数型ご紹介させて頂いておりましたが 本日2月1日(金)より


 < *A VONTADE 2019 S/Summer collection > 


の本格的なお披露目となりました。


1.jpg




2.jpg




3.jpg




4.jpg


ダークカラー中心だった1階の店内も、白、アイボリー、ベージュ、赤と春らしい明るい色目を中心にラインナップしております。


まだまだ寒い日が続きますが、ほっこりした春物を見に、散歩がてら遊びに来てくださいね。


ご来店の程、心よりお待ちしております。



Bricklayer

臨時休業のお知らせ

連休のお知らせ.jpg
日頃よりBricklayerをご愛顧頂き、ありがとうございます。


誠に勝手ではございますが、社内行事の為、下記の通りとさせていただきます。


29日(火),30日(水),31日(木)の3日間を 春夏シーズン立ち上がり準備の為、臨時休業とさせていただきます。


ご迷惑をおかけしますが、お間違えの無い様お願いいたします。


尚、オンラインショップに於きましては、ご注文に対する受注メール、また商品の発送業務商品の


お問い合わせに対する返信等は2月1日(金)以降とさせて頂きます。



2月1日(金)より 本格的に 2019 SPRING &SUMMER がスタートします。


店頭ではコレクションのルックブックもご用意しておりますので、是非お立ち寄りださいませ。


何卒、ご了承のほど宜しくお願い致します。



Bricklayer

Style #262

7304_1.jpg



7328_1.jpg



7326_1.jpg



7321_1.jpg



7352_1.jpg



7393_1.jpg



7376_1.jpg





pants/French Army "M-47 Field Trousers後期"

shoes/Personal Effect



Lax Mac Coat -Cotton/Nylon Highcount Weather-

まだ寒い日が続きますが、そろそろ春物を着て気分をリフレッシュさせたいですね。

そんな気分を叶えてくれるのが「Lax Mac Coat 」

春仕様の生地をこしらえて戻ってまいりました。



laxmac01.jpg


■ Lax Mac Coat  Cotton/Nylon Highcount Weather ■


material/ 50%Cotton,50%Nylon

color/ BEIGE,DK.NAVY

price/¥42.000

size/S.M.L.



laxmac02.jpg


 2018FW継続の身幅たっぷり、ラグラン袖で丸みを帯びたシルエットです。


今回2019SSシーズンの生地は「ビーメックススーパー」


コットンとナイロン、1:1の混紡糸に高熱を加えてナイロン側のみを縮めています。


そのためハリのある生地になり、ドライな質感とシャリ感からサラッと羽織るのに嬉しい、春らしい仕上がりになりました。


加工の工程から化学的要素を連想させる生地ですが、コットンサイドがもつ天然素材の豊かでナチュラルな風合いが前面に出ています。


さらにはナイロンならではの軽さを持ち合わせ、双方の良いところを兼ね備えています。



laxmac04.jpg


もともと織密度の高い生地ですが、仕上げに撥水加工を入れているので水を弾いてくれます。


突然の雨でもへっちゃら、さっと払うだけで水滴がとれるので頼りがいがあります。


さらに水を弾くということは「汚れにくい」という事に繋がるので、イージーケアで永く着用出来るのも嬉しいポイントです。



laxmac03.jpg


パッと見た時の雰囲気やたたずまい(シルエット)は美しいの一言に尽きるのですが、


その美しさは内面からも滲み出ています。比翼側の細めの両玉縁ポケットと光沢のある裏地と共生地のポケット、

カン止め以外のステッチは表にはひびかず、ラグジュアリーな雰囲気が出ています。


そしてアクセントとなるレザーの力釦がいい仕事をしてくれています。


風を受けながら颯爽と歩きチラッと見えることを想像してください。小さなポイントですが男性であれば男心をくすぐられるグッとくるポイントのはずです。




laxmac05.jpg

モデル 身長183㎝、体重65㎏、サイズL着用




ドレッシーな雰囲気からスーツやジャケットの上から羽織ることをイメージする方も多いはず。


オン、オフで使い分けれる二刀流ですが やはりLax(ゆるい)!オフの際は肩肘張らずにカジュアルに取り入れましょう。


重い冬のアウターと切り替え、一足先に春の訪れを感じるスタイリングを一緒に楽しみましょう。


気分を一新してくれること間違いなしです。



Bricklayer Kosuke

ARCHIVE