IKE Short Jacket

ike1.jpg




■ IKE Short Jacket ■

material/ 100% Cotton
color/ NATURAL,BROWN
size/ S.M
price/ ¥26.000+tax



もうすぐ桜の見頃を迎える時期ですが、中目黒の風物詩『お花見』は今年の桜まつりやライトアップも中止との事です。

川沿いに並行して走る800本のソメイヨシノを一目見ようと全国から観光客が押し寄せ、一年で一番盛り上がるイベントですが、残念ですが仕方がないですね。。

さあ気を取り直してブログのご紹介をさせて頂きます。

本日は昨年の秋冬でご好評だった『IKE Short Jacket』のご紹介です。




ike2.jpg



1940年代のイギリス軍のEisenhower Jacket(アイゼンハウワージャケット) a.k.a 『IKE Short Jacket』をモチーフに作成したショート丈のジャケット。
あまり馴染みのない名称かと思いますが、ご存知の方はミリタリーに精通した方だと思います。


一見、某ブランドのデニムジャケットと若干風貌が似ているこちらのジャケット。
オリジナルはウール100%で丈の短い仕様の所謂ミリタリージャケットですが、今季はデザインはもちろんダック地を使い素材とシルエットを大きくアップデートいたしました。

通常のダック地(11~14oz)に比べて若干薄手ですが9ozながらもしっかりとコシが残るキャンバスです。
ダックと云えばバッグやワークパンツに多く使われ、バキバキの生地を思い浮かべる方も多いと思いますが、ライトオンスにする事で着心地や実用性を考慮した、生地感となっています。

着初めはハリがあり多少ゴワツキを感じるかもしれませんが、着込むほどに柔らかくなりエイジングや風合いを楽しめるデニムのように育て甲斐のある素材です。




ike3.jpg




低めに設定された大振りなフラップポケットがパーソナリティーとなり、フロントボタンには椰子の実を原料にしたナットボタンを使用。

前後の裾と背中にタックを入れ、着用した際に背中のラインに沿うように立体的にパターンされ、丸みを帯びたシルエットは肩回りの可動域を広げ動き易くなっています。

裾脇にはアジャストバックルを付けシルエットを微調整できますが、細身のパンツなどに合わせ少し絞ってあげると丸みが強調されバランス良さげでしょうか。

I-PADが丁度収まるぐらいの内ポケットが右側につき、深さもあるのでモノを落とす心配はなく使い勝手は良いのかと。

Gジャン含むショートジャケットは着丈が懸念材料ですが、腰はしっかりと隠れる程の着丈になっているので、インナーやパンツを比較的選ばないのも嬉しいポイントの1つ。

アウターのイメージの強いこちらのジャケットですが、冬にはアウターのインナーとしても使え、レイヤード力が極めて高い汎用性のおかげでシーズンを跨いで着用可能なワケです。





ike4.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用




少し明るめなライトブラウンに対し、こちらの『生成り』は以前のブログでもご紹介致しましたが、今季プッシュしていきたいカラーの1つ。

綿カス(生地の表面に付着する綿の葉や茎の破片)の残った晒しや漂白されていない天然素材を活かした色目は、Pure Whiteが苦手な方でも取り入れ易いと思います。

Classic Chino TrousersType45 Chinoといった定番パンツもここ最近、生成りを探されている方がグっと増えましたね。

デニムにスウェットと『映え』しない装いですが、ステッチ色も同色でカジュアル指数は若干抑えられる為、この生成りに関してはコーディネートの振り幅は広いのではないでしょうか。

今春も気になるショート丈のジャケット、Gジャン感覚で取り入れ経年変化も愉しめるジャケット、お伝えしにくいですが入荷数は極少です。。

同素材のパンツもあるのでそちらは近日に。



ご来店の難しいお客様や遠方のお客様はオンラインショップより通販を承ります。



IKE Short Jacket商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=148875264



Bricklayer Horii

Salvadge Parka -Modify-

salvadge1.jpg


皆様、お待たせしました。いやお待たせしすぎたのかもしれません。。。

今シーズン*A VONTADEのアウターの中で間違いなくM.V.P. 候補に入るSalvadge Parkaのご紹介です。


■ Salvadge Parka -Modify- ■


material/ 100% Cotton
color/ KHAKI,INK
size/ S.M.L
price/ ¥26.000+tax


salvadge2.jpg

1940年代のUS NAVYで採用されていたこちらのモデル、古着好きにはお馴染みのアイテムですが、昨今でも様々なブランドでこのモデルをデザインソースにしたアイテムがリリースされていますので何となく見覚えのある方はいらっしゃると思います。

今から約80年も前に作られたアイテムですが、立ち上がりのある大きなフードに、ネックから垂れた巾広の綿テープ、ハの字に付けられた大きなフラップポケットなど、ビンテージとしての値段的な価値はさておき、あくまで実用性から生まれた唯一無二なデザインは、星の数ほどある 『軍モノ』 の中でも色褪せない" 名作 " として後世も残っていくと思います。


ちなみにオリジナルのサルベージパーカーは綿テープがネック横に2本ずつ叩き付けられただけ(で結んで絞る簡素な仕様)ですが、こちらはキャストのスライドバックルで調整できる仕様にアップデートされています。

またフードの外周にも太目のタコ糸のような紐がぐるり通され、前中心のコードストッパーで絞れる仕様になっています。
(実際、ちょっと絞った方が雰囲気出ます


で、このパーカーの一番のポイントになると思うのですが、素材に 『先染め』 のリップストップ を使用しています。

先染めというのは『(先に)色付けされた糸を使って織りあげた生地』 の事 なのですが、こちらは経糸と緯糸で色目を変えて織られている珍しいリップストップで、生地にしてから染められた【生地染め】や洋服にしてから染められた【製品染め】とは色の深みが各段に違いますし、もちろんコスト面でも先染めは割高な素材になります

上の写真は経糸にグリーン、緯糸にオレンジの糸を使って織られた光の反射によってカーキからベージュまでゆらゆらと色目を変える通称 『玉虫色』。

昨今ではステンカラーコートなどでお馴染みの色目ですが、平織かつリップの格子柄のせいでしょうか、コートで使用されるツイル地で織られた通常の玉虫と比べると艶っぽさはぐっと抑えられ、ミリタリーなデザインによくマッチしています。





salvadge3.jpg


こちらは経糸にネイビー、緯糸に黒を打ち込んだ" INK "

写真より実物はもう少し黒が強い、深みのある濃ゆいNAVY です。

通常のジャングルファティーグリップストップと比べると2/3ぐらいのウェイトですので、着用した感じとしては『被りのビッグフードシャツ』 と云った所でしょうか。

ボリュームのある見た目からは想像できないぐらい軽く、またリップ特有のドライタッチな素材ですのでシャツ感覚でTシャツの上から無造作に着たり、またもう少し暖かくなればショーツとの組み合わせもハマるかと思います。





salvadge4.jpg

こちらはLサイズ着用(※玉虫はMサイズ)。

僕の場合、Mサイズでも十分ゆとりのあるサイズ感ですが、それでも1サイズアップでがばっと着るのもこのアイテムに関してはアリかと思います。

先日も小柄な女性がMサイズをご購入頂いたのですが、無造作にウエスト部分をベルトできゅっと絞って 『惚れてまうやろ~』 なハイセンスな着こなしを見せてくれました。

裾にはストッパー付きのドローコードが付きますので着丈の調整はもちろん、丸みのあるシルエットなど見た目の変化をつけられます。




salvadge5.jpg

被りパーカーとしてスモック的にアウターとして使えるのはもちろんですが、このようにシャツ代わりにインナーとして使えるのも嬉しい所。

被りアウターの唯一の欠点である 『着脱が面倒』 という部分だけはこちらももれなくですが、、、
袖口には柔らかい平ゴムを通していますので、軽く袖をたくし上げる事もできますし、実際シャツウェイトのとても軽い着心地ですので、通常の被りアウターのように体温調整で着脱を繰り返す必要や場面はそれほどないかと思います。

まあちょっとぐらい面倒な方が意外と愛着も沸くものですし、アパレルマンとしては、被りでしか表現できない唯一無二のデザインの良さが勝ると思い(信じ)ます!

卸し先のバイヤー様にも大変、ご好評頂いた今シーズンの*A VONTADEを象徴するアイテムの1つです。

同素材を使用したボトムもございますので、そちらはまた近日中にご紹介させて頂きますので。

では週末のご来店お待ちしております。

※現在、コロナウィルスの影響で当面の間、短縮営業を実施しております。
平日、土曜日は19:00まで、日曜日は18:00までとなっておりますので、お間違えないようお願い致します。




Salvadge Parka -Modify-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=148421324

shop information

INFORMATION_309.jpg



日頃よりブリックレイヤーをご愛顧頂き、有難うございます。





明日3月9日(月)は臨時休業とさせて頂きます。





ご迷惑をお掛け致しますが、間違えの無いよう、お願い致します。





尚、3月10日(火)は定休日となります。





オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は3月11日(水)以降となりますので、

予めご了承ください。



Bricklayer

Gardener Shirt Jacket

ガーデナー1.jpg



■ Gardener Shirt Jacket ■

material/ 100% Cotton
color/ DK.NAVY,CAMEL,NATURAL
size/ S.M.L
price/ ¥25.000+tax



現在、コロナウイルスの影響で在宅でお仕事されている方や外出を控えたりで、ストレスや心労が溜まってきている方も大勢いらっしゃる中、週末にわざわざご来店いただいたお客様誠に有難うございます。

桜もちらほらと開花している場所もあり、寒暖の繰り返しが多く春めいた陽気はもう少し先になりそうですが、、、まずは自分のできる事をしっかりやって、あとは好きな洋服でも着て心の免疫力を上げていきましょうね。ずっと陰なバイブスでは疲れちゃいますから。


さてさて、ここ数シーズン、取引先のバイヤー様はじめ、お客様にもご好評いただいております、『Gardener Shirt Jacket』 が、今季もリリースとなりました。



ガーデナー2.jpg



素材は40番手双糸を強く撚り合わせたオックスフォード地。

2本の糸を強く撚り合わせる事で1本の単糸に比べ硬さと強度を増し、綿100%ならがらもナイロン混のようなにシャリ味を感じる素材感です。

またコットンの風合いを感じて頂けるように製品染めにて仕上げています。

染めの際の生地の摩擦によって少しアタリが出た表情で、着用を重ねるごとに、自然な風合いにフェードしていく過程も楽しめると思います。


その他の特徴として、ボタンはすべて『パラシュートボタン』を採用しています。

カナダ軍を初め、ここ数年、爆発的に流行ったの例のダウンジャケットにも採用されていますので、馴染みのある方はいらっしゃると思いますが、写真でご覧いただける通り平織りのテープをボタンに通して叩き付けていますので ビジュアル面もさることながら強度的にも糸でしつけられたボタンより外れにくく、、というか、よほどの事がない限りは外れる事はないでしょう。
パラショートで降下中に大事なボタン外れたら即アウトですしね笑。




ガーデナー3.jpg




パッと見ではシャツでありながら、脇に流し込まれたパッチポケットがあるおかげで、ぐっとアウター、ジャケット感が増すビジュアルに仕上がっています。

Aラインのシルエットで身巾にもゆとりがあり、また着丈も通常のシャツよりは若干長めに設定されています。

通常のシャツだとちょっと無理くり感の出てしまうスウェットやパーカーなどの上から羽織ってもしっくりはまるのは、シャツ(でありながら)ジャケットである所以でしょうか。

逆に裾がシャツテールになっている所などは、裾がすとんとスクエアーのカバーオールと比べると見た目の軽さがあり、またデザイン的にも一役買ってくれるではないかと思います。





ガーデナー4.jpg




素材選びやパラシュートボタン、やや浮かせて付けられたサイドポケットなどのディテールを目立たずにひっそりと散りばめたデザインは、ビンテージからコレクションブランドまで精通するデザイナーの得意とする所。

今流行りの 『映え』 るアイテムではありませんが、盛り過ぎず、抜き過ぎずの丁度良い塩梅が、ここ数シーズンお客様からご好評いただいている理由な気がします。



ガーデナー5.jpg

モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用



こちらは別カラーの 『生成(きなり)』 

綿カスの残った染色されていない天然綿花の無垢な色目はボトムを初め多く展開していますので、今春はコーディネートに是非、取り入れて欲しい色目です。


白のような無機質感はなく、ほっこり感のある天然の発色ですので恐らく女子受けも良いのではないでしょうか。。。
私の暑苦しい顔もかなり中和される気がします笑。


あとバックショットの写真はありませんが、古着屋などで見かけるカバーオール同様、後中心で縦に接がれていますので その辺りからも

シャツ<ジャケット

寄りのアイテムになるかと思います。


まあ呼び名はさておき、、、
ちょっと寝坊した朝など、コーディネートを考える時間のない時に、ワードローブの中から無意識にぱっと手が伸びるアイテムが結局は一番 『使える』 アイテムな気がします。

何にでも合わせやすく、3シーズン着れますよ、的なお決まりのセールストークは正直あまり使いたくありませんが

*A VONTADEのブランドコンセプトにある

『カジュアル=日常的』に着るモノであるが故に、タフで細部にまで拘った末永く着れるモノ

を体現したこちらのアイテムは、ワードローブに加えると、確実に良い仕事をしてくれると確信しています


ご来店が難しいお客様も大勢いらっしゃると思いますので、通販も賜っております。

こちらも是非ご利用下さい。


Gardener Shirt Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=147610590


Bricklayer Horii

Style #302

サルベージ1.jpg



サルベージ2.jpg



サルベージ3.jpg



サルベージ7.jpg


shirtsjacket/ *A VONTADE" Gardener Shirts Jacket "

parka/ *A VONTADE" Salvadge Parka -Modify- "


shoes/ Personal Effects



サルベージ4.jpg



サルベージ5.jpg



サルベージ6.jpg


parka/ *A VONTADE" Salvadge Parka -Modify- "

pants/ *A VONTADE" Fatigue Trousers -Ripstop- "

shoes/Personal Effects



ARCHIVE