Bronte Hat -Wool Felt Hat-

Bronte Hatより、フェルトハットの入荷です。

wool_hat_17_3.jpg
Bronte Hat -Wool Felt Hat-

material/ 100% wool
size/ 59
color/ BLACK, BROWN
price/ ¥11,500- (+tax)

Bronteは、オランダのアムステルダムに1992年に設立されたメーカーです。
毎シーズン上質な素材使いと感度の高いデザインですべての生産をヨーロッパで行っています。

今回紹介するWool Felt Hatはイタリアで製造されており、一枚のフェルトを成型して作られた極めてシンプルなデザインから高い技術力と洗練されたSenceが伺えるハットです。

wool_hat_17_1.jpg
ブリム長さは7.0cm、長すぎず短すぎずの程よいバランスです。

内径のサイズは日本人の標準サイズ59cmになります。

Bricklayerではトラッドな装いに合わせてチョイスすることが多く、スタイリングを小綺麗にまとめてくれるこのハットの存在は欠かせません。

wool_hat_17_2.jpg
こちらが別カラーのBROWN。

シンプルな装いにハマる端正なルックスは、装いの中で主張し過ぎずにバランスを整えてくれます。


気取りたい時に、無いと困りますよ。

よろしければお一つ。


Bricklayer Shimada

年末年始 営業時間のお知らせ




Bricklayerの年末年始の営業は以下の通りです。


12月25日(月) 13;00 - 21:00

12月26日(火)13:00 - 21:00 (臨時営業)

12月27日(水)13:00 - 21:00

12月28日(木) ~1月4日(木)冬季休業

26日(火)は通常定休日となっておりますが、臨時営業とさせていただきます。

年始は1月5日(金)より通常営業(13:00 - 21:00)となります。

お間違えの無いよう宜しくお願い致します。




※オンラインショップについて

年末年始のオンラインショップの営業に関しましてご注文は受け付けております。

受注メールの返信、商品の発送業務を2017年12月27日(水)までのご注文分が年内発送の対象となります。

12月28日(木)以降のご注文商品に関しては2018年1月5日(金)以降、順次発送となりますので予めご了承ください。


お客様には大変ご迷惑お掛けいたしますが何卒、ご理解ご了承程、宜しくお願い申し上げます。



Bricklayer

British Anorak Parka

昨日のMotorcyclist Overcoatに引き続き、アーカイブのご紹介。

今回紹介するのも人気の高いモデルですね、無理言って本社の倉庫から引っ張ってきてもらいました。

BAP_17_1.jpg
British Anorak Parka

material/ 100% Cotton
color/ DK.NAVY, BLACK
size/ M, L
price/ ¥42,000- (+tax)

*A VONTADEのアーカイブの中でも屈指の人気を誇るBritish Anorak Parka。

英国の狩猟用ジャケットをイメージソースに作成した、ギア感MAXな洋服です。


在庫が無いのでこれにて終了。DK.NAVYのLサイズとBLACKのMサイズ1点ずつの入荷となります。


BAP_17_0.jpg
生地はオイルドクロス。。。ではなく、パラフィン加工を施した高密度のコットン地。

パラフィンっていうのはつまり「蝋」ですね。コットンに蝋引き加工を施した、耐水性のある生地です。

オイルドに比べてベタ付かず匂いも無いので、扱いやすさではこちらが勝ります。


パラフィンって着たこと無い人が殆どかと思われますが、風も通さず暖かく、エイジングの魅力もあっていい生地ですよ。

昔パラフィン生地のショップコートを着ていましたが、生地が固いのでアタリが付きやすく、着込むほどに腕周りとかがいい表情に育っていきました。

そして何より色が良いんですよね。蝋が浮いたような白みがかった黒というか、チャコールともまた違う深みのある色なので重宝した覚えがあります。

BAP_17_2.jpg
英国紳士よろしく、シャツスタイルにもハマるクールなルックスです。

足元はベタにフルブローグの黒の革靴とかにすればよかったですかね。。。


フードの裏地がチラッと見えていますが、渋いチェックがまたいい!!バ●アーだとちょっと派手なので、こういう大人びたチョイスは痺れます。

BAP_17_3.jgg.jpg
こちらがDK.NAVYのLサイズ。カジュアルに振るならFatigue Trousersやコーデュロイのパンツと合わせて頂きたいですね。

僕は古着を着慣れているので、こういうサイズもありかなと思ってしまいますがどうなんでしょう。

シルエットだけでなく着脱のことも考えれば、サイズアップも選択肢に入るかと思われます。


ヘビーにガンガン着れるアウターなので、デニムと同じ感覚で育てて欲しいと思います。

袖が擦り切れるまで、、というか擦り切れたくらいが絶対カッコいいジャケットですから。一生ものだと思って1年頑張った自分のご褒美に買っちゃってください。オナシャス!




Bricklayer Shimada

Motorcyclist Overcoat


2016FWの名作 "Motorcyclist Overcoat" が再入荷です。

デザイナー次第ですが多分もう作らないかと思われますので、去年入手しそこなった方はこの機会に必ず入手してください。後で「アレ欲しかった」とか言われても、僕はここでちゃんと言いましたからね。

Motor_17_2.jpg




material/ 70% Cotton, 30% Nylon
color/ KHAKI, OLIVE, DK.NAVY
size/ S, M
price/ SOLD


ダブルブレストのモーターサイクルコート。

軍物のモーターサイクルコートを現代的にモディファイした、*A VONTADE渾身のアウターです。


高密度に織り込まれた綿ナイロンのオックス地を使用。ナイロンが入ることで程よい光沢感もあり、どこか上品な表情も。

裏地も全く同じ生地で作られているので、着ると二重の綿ナイロンに包まれていることになりますね。

元々風に強い綿ナイロンが二重になっているわけですから、無論風なんて完全にシャットアウト。多少の雨も防いでくれます。

ウールに比べると防寒性に不安を抱かれるかもしれませんが、使用した実感として下手なウールアウターより風を通さない分こちらのコートの方が暖かくすら感じます。


Motor_17_3.jpg

首元をすっぽり覆えるチンストラップが付属。

実用性はもちろん、上まで留めればニヒルな表情で悦に浸れるクールな仕様です。

これを着て朝の渋谷を歩いていたら、すれ違う女子にかなりの確率で二度見されて嬉しかった。(自意識過剰)

カッコいいというより、単に危ないやつだと思われてただけかもしれませんが。


Motor_17_1.jpg


別珍のオールドポッターの上からバサッと羽織る、粋ったコーデ。

オリーブの土臭い表情が、セットアップのカッチリ感をうまく取り払ってくれます。


こういうカジュアルセットアップだけでなく、ビジネススーツの上からも着て、どうぞ。

偶にオジサンがスーツの上から軍物の古いコートを着てたりしますが、僕もフツーの会社勤めだったらアレをやりたい。カッコいい。


Motor_17_0.jpg

pants/ Swiss Army


同じコートでもトレンチコートやステンカラーコートに比べ程よいカジュアル感があるので、何気ない普段着にも気負わず合わせられます。

これからの季節でも暖かいセーターの上から羽織るだけで十分すぎる防寒性がありますから、帰省や年末年始の旅行の際に一着あると便利かもしれませんね。

服好きはどうしても旅行に洋服を無駄に持っていきがちですからね、軍物らしくクシャッと丸めてスーツケースに放り込めるこのコートは何かと重宝すると思いますよ。ウールアウターだと土台無理な芸当なので。


僕も最近年末年始の旅行の計画を立てていますが、それ以上に何を着ていくかの方を真剣に考えていたり。

スーツケースが嫌い(というか持ってない)なので鞄は軍物のバックパックが一つだけ。

そこにテンション高く着れる何を押し込むかを最近は毎日考えています笑

ま、どうせ旅先で色々買って、帰りは荷物が倍以上になって後悔するのですが。その話はまた年始の営業でお会いした時に。


Thanks SOLD.


Bricklayer Shimada

Seamans Sweater

2816_1.jpg

-Seamans Sweater-

material/100% wool
color/ ink.camel mix
size/ S.M.L
price/ ¥34.000+tax



今年も残り僅かになり仕事や忘年会、大掃除など年末行事で慌ただしくされている事と思います。


今年のブログ紹介も残り僅かとなりましたが、本日は"Seamans"ボートネックのセーターのご紹介になります


2791_1.jpg

『Seamans』って言うネーミングだけで惹かれてしまうのは自分だけでしょうか。海上で戦う男達が戦闘着として着用していたセーター、THE海の男、妄想は膨らみます...


蛙編み(あぜあみ)で作成した100%ウールのニットです。

蛙編みとは別名リブ編みとも呼ばれる伸縮性あるニットの代表的な編み方で着脱がしやすくテンションもきつく無く、ミドルゲージですが重量も気にならないためノンストレスです。

表手と裏目とを交互に編むんでるため凹凸が出来るのが特徴です。

素材はオーストラリア産の梳毛とメリノウールをブレンドしてコードヤーンを作り度目を詰めて編み立てた7ゲージのニット。

ミドルゲージの肉感と梳毛ならではの綺麗な編地とドライタッチが特徴です。縦に入る編地が良いアクセントデザインとなりコーディネートにハリを与えます。

大戦中のUS NAVYのボートネックセーターをイメージソースにデザインされたこちらのセーターは袖リブは折り返しても着れるように長めに設定しています。

一見シンプルなデザインですがリンキングと減らし目、編み変えのみを使用し丁寧に仕上げたメゾン系高級ニットを手掛ける希少なファクトリーで作成した純国産のニット。

このリンキングは糸と糸をループ状に繋ぎ合わせる為、縫い代が無くスッキリと仕上がり伸縮性が保たれ、非常に細かな作業で熟練した職人技が必要とされています。


2784_1.jpg

セーター特有な撚れやダレも無く型崩れもしにくい為、ヘビーローテーションで着回すことが出来、冬場に重宝する肉感も嬉しいポイント。

SEAMANS(海軍)が使っていた経緯の為、防寒性や強度に申し分ありません。

俄然今年は厚みのあるニットがおススメです。


2796_1.jpg
ネーミングは男臭いですがインナーにシャツを合わせると女子受けの良いコンサバ風に様変わりします。

インナーで色々と遊ぶ事が出来、今季はタートルネックを入れても良いですね。

今年最後のお買い物にいかがでしょうか。

Seamans Sweater-商品ページ-

Bricklayer Horii

ARCHIVE