Ray Adakai "Handmade Chains"

人気のハンドメイドチェーンが再・再入荷です。

WEAR_2018FW_OT_RayAdakai_0.jpg
Ray Adakai -Handmade Chain Mid.8"

material/ silver
size/ FREE
price/ ¥20,000- (+tax)

弊店では定番のインディアンジュエリーアーティスト、レイ・アダカイによるハンドメイドチェーン。

細身のMid.8とやや太めなHv.8の2パターンをご用意しております。

毎回入荷後即完売なこちらの商品、タイミング的に今季は今回が最後の入荷となりそうです。

WEAR_2018FW_OT_RayAdakai_1.jpg
Ray Adakai -Handmade Chain Hv.8-

material/ silver
size/ FREE
price/ ¥25,000- (+tax)

シンプルながら存在感のあるルックスは、Bricklayerのセレクトの雰囲気とピッタリマッチしていますね。

*A VONTADEのコレクションは勿論、幅広いスタイリングに対応してくれます。

重量感のあるシルバーは大切に磨きをかけながら一生を共にしていける、育てがいのあるジュエリーでもあります。

どれだけ年を重ねても手元に残る逸品だと思いますので、是非この機会に。

Ray Adakai -Handmade Chain Mid.8- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=129781982

Ray Adakai -Handmade Chain Hv.8- 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=130006015

Bricklayer Shimada

Mil. 2 Tac Trousers

暑さ続く東京。

それでも連日秋冬物の下見に来店されるお客様がチラホラいらっしゃいます。

中でもボトムスは今からでも着れるので要注目、しかも今回紹介するのはみんな大好きミリタリーモチーフのトラウザー。見逃せませんよ。

390_BLOG_0.jpg
Mil. 2 Tac Trousers

material/ 100% Cotton
size/ S, M, L
color/ INDIGO
price/ ¥21,000- (+tax)


フランス軍のチノをベースにデザインしたデニムトラウザーです。

オリジナルはBricklayerでもデッドストックの取り扱いがありますが、数ある軍チノの中でも名品と呼ばれるだけあって人気の商品。

軍物とは思えないほど丁寧に作りこまれたデティールと、突出したシルエットの良さは試着されたお客様の殆どが購入を決めるほど。

そんな"名品"をアボンタージがオリジナルの匂いを残しつつ、更に丁寧にブラッシュアップして仕上げたMil. 2 Tac Trousersが良くないハズが無い。

しかもType 45 Chino Trousersでも人気のセルビッチネップデニムですからね、 これ以上言うことのない逸品でしょう。

390_BLOG_1.jpg
ザラ感の強い11ozのセルビッチデニム。

巻き縫いで仕上げているので赤耳は見えませんが、独特のムラ感から生まれるザラッとした風合いが、シャットル機でゆっくりと織り上げられた事を証明しています。

僕も今Type 45 Chino Trousersでこのデニムを育てていますが、通常よりも強くねじった糸を織り込んだデニムなので、普通のデニムよりも固い履き味が新鮮で楽しいです。経年変化も独特でハードな縦落ちやアタリが付きやすく、コントラストの強い変化が楽しめるデニムです。

全体的にのっぺりとした、淡く軟派な色落ちが好まれる昨今ですが、このデニムで敢えて硬派にヒゲやハチの巣を楽しんでみるのも一興かと。

トラウザータイプなので、敢えてセンタープレスを入れたりしても面白いかもしれないですね。その時は是非糊付きで、洗わずに、男臭く履いてみたりとか良さそう。

390_BLOG_3.jpg
シルエットは全体的にワイド。股上はやや深く、リラックスした上品さが漂います。

裾は絶対にカットした方が良いですね。一度洗ってガッツリ縮ませてからビタッと合わせてください。

デニムやミリタリー。そういったUTILITYな要素が詰まったMil 2 Tac Trousers。最も日常的な「道具」=「洋服」に拘りたい人には絶対に満足いただける一本です。

サイズ感や裾上げの相談等承りますので、お気軽にご来店を。

Mil. 2 Tac Trousers 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134181916

Bricklayer Shimada

Fatigue Trousers



『定番』と言わしめるほどの過程にはいくつものマイナーチェンジを繰り返しすることで進化を成し遂げ、今ではブランドのアイコニックとなりました。

洋服だけれども道具やモノに近い感覚。

道具やモノは年月を経て『アジ』が愛着へと変わり、経年変化による多くの表情を見せてくれます。

そんな感覚にさえ陥ってしまうFatigue Trousersのご紹介になります。




1977_1.jpg


■Fatigue Trousers■


material/100% Cotton
color/OLIVE.DK.NAVY
size/XS.S.M.L
price/¥20.000+tax



ワークやミリタリー好きには馴染みのある素材のバックサテン。

US M-51 TROUSERをベースに作成した高密度で織られたタフで頑丈なラギッドな素材です。

光沢もありどことなく気品や色気といったヨーロッパミリタリーの風格さえも見受けられます。

ミリタリーやビンテージをベースに作成されているこのパンツは細かなディティール1つ取っても丁寧に縫製され、ステッチワークが繊細に施されファストファッションには無い1手間も2手間も加えられたジャパンメイドゆえのモノ作りがここにあります。



1959_1_1.jpg



立体的で膨らみのある大振りなフロントポケットは使い勝手が良く、内装業やスタイリストといった方々も唸らせるこのパンツはリアルワーカーに信頼と信用を得ているほど。

股下にはマチを付け、膝にはプリーツを入れ動き易さといった機能面も配慮され『現場』の方々に支持される1つの要因です。良くありがちなワークパンツ等の硬く重いパンツとは異なり、

ファッションとしてはオーバースペックとも思えるこのパンツですが品やかさと滑らかさがあり足を通した瞬間、見た目とは裏腹に穿き心地のギャップに驚かれると思います。




1961_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用



股上は深く、お尻からワタリにかけてゆとりがあり膝下からは若干強くテーパードしたシルエットはファッションアイテムとしての今の空気感を含んでいます。

写真のNAVYはミリタリー色は薄く街着メインでいくのであればこちらがおススメ。

ポケットに存在感がある為、トップスはミニマムに。

アメカジ世代の僕達にはスエットやパーカーのカジュアルでのコーディネートが馴染みやすく良いのですがシンプルに引き算の法則が個人的には好み。

バックサテンのオーラのある生地感には負けないぐらいのブーツや革靴が相性が◎




1947_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用




王道のOLIVEは1本抑えておきたいところ。実際にアクティビティーでも使用して頂きたいものです。

*A VONTADEの洋服をフィールドで実際に使用してきたアイテムがあるのでそちらは後日。

見る方が見れば納得して頂ける作り込み、店頭で手に取って見て頂きたいです。

Fatigue Trousers商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=115287666

Blicklayer Horii

shop information

dahl'ia_3.jpg

明日7日(火)は定休日となります。

お間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は8日(水)以降となりますので、

予めご了承くださいませ

ARCHIVE