IKE Short Jacket & Mil. Cookman Jacket

 ike2cc.jpg


■ IKE Short Jacket ■

material/100% Cotton
color/CIGER BROWN,INK BLACK
size/S.M.L
price/¥29.000+tax



資料モールスキン.jpg



歴史背景として、1950年代に遡ると、作業着としてフランス国内で着用されていた『モールスキン』のジャケット。

なかでも炭鉱夫に愛用されていたのは有名な話で当時の資料などにも登場していたりと

モールスキンが多くの人々に浸透されていたのが伺えます。

アメリカではデニムがワークウェアとして愛用されていたように、フランスではモールスキン生地が主流となっていた背景がありました。

月日が経ち作業着としての役目を一旦終えて、現代のファッションアイテムへと変化していきました。




ike生地.jpg



素材はオリジナルで作成した高密度モールスキン。

表面に微起毛加工を施す事で、ビロードやスエードのように滑らかで豊かな手触りです。

太い綿糸を生地の片面だけでなく、両面に起毛させながら織り上げています。

強度がありタフな素材としてキャンバスやデニムが代表格ですが、実は最も丈夫なのが『モールスキン』。

ワークウェアとして使われていたのも納得です。

密度を高めて織り上げる事で強度が増し、

生地を二重にしたような構造なので、厚みもあり見た目同様に温もりのある保温性の高い生地となっています。




ikeディティール確定.jpg



デザインは1940年代のイギリス軍アイゼンハウワージャケット(通称:アイクジャケット)をモチーフに作成したショート丈のジャケット。

第二次世界大戦中アメリカ軍の将軍が開発に携わり将軍の名前を取り通称"アイクジャケット"と呼ばれるようになりましたが、

元々は、イギリス軍が考案したBattle Dress Jacket(パドルドレスジャケット)がオリジナルで、それを参考にして作られたとの事。

アメリカ軍が大きな影響力や政治的匂いをプンプンさせながら、元ネタとなったイギリス軍のジャケットが

『英軍のアイクジャケット』と呼ばれる事もあったという、悲しい事実。。。

某ブランドのデニムジャケットを彷彿させるようなデザインでもあるこちらは、

低位置に設定された大振りなポケットが左右につき、アクセントにもなっているナットボタンを使用しています。

前後にタックを入れる事で立体感を与え、丸みを帯びたシルエットは着心地も良く、肩回りの可動域を広げ動き易いようにパターンされています。




cook_着画.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用




ジョニーデップのような土臭い装いですが、上品な素材に敢えて野暮ったい軍パンを合わせ奥行きを持たせたコーディネート。

光沢もあり高級感のある素材な為、軍パン等を合わせてもRudeになり過ぎる事もなく品良く纏めてくれるかと。

Gジャンの感覚でインナー使いとしても取り入れて欲しい1枚です。



IKE Short Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=145956508



cook2cc_2.jpg


■ Mil. Cookman Jacket ■

material/100% Cotton
color/CIGER BROWN,INK BLACK
size/S.M.L
price/¥32.000+tax



cook_deteal.jpg



同素材で作られたクックマンジャケット。

調理する際に着用するコックコートです。

旧東ドイツ軍がモチーフでダブルブレストのスタンドカラーのジャケット。

それぞれの職業には動きや機能性を高めるためのユニフォームがあります。

日本でのコックコートはホワイトが主流でお馴染みですが、医師や看護師などの医療関係や調理師などは基本『ホワイト』と決まっているそうです。

旧東ドイツは社会主義であったため『モノ』の発展が乏しく、モデルチェンジをせず同じモデルを作り続けるなんてことも多く、このジャケットもそのうちの1つ。

国によってカラーは様々ですが、ドイツではオリーブグリーンのモノが多く、どことなくインダストリアルな感じを残し、

今に通じるデザインはファッション性の高さからサンプリングを多くされています。

チンストやポケットデザインなどはオリジナルを損なわないようにアレンジされ、カフスを付けたりシルエットでよりファッション寄りに昇華させています。




cook_着画_2.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用



スタンドカラーとPコートを足したようなデザインは、カバーオール調のサイズバランスで、

フロントの開け閉めやボタンの留め方で、着こなしのアレンジが楽しめるのもポイントの1つ。

ボタンを全て留めてスタイリッシュに着るのも良いですし、写真のように羽織りのジャケットのような感覚でも良いですね。

個人的には下2つだけ外して、Aラインのシルエットで着るのがおススメです。

アイビーやプレッピーといったアメトラに通じる匂いさえ感じるデザインは、見た目以上にコーディネートにすんなり溶けこむと思います。

まずは店頭でご確認をさせて見てください。




Mil.Cookman Jacket商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=146345986


Bricklayer Horii

Old Potter Jacket -British Wool/Cotton Serge-

POTTER2CC.jpg



■ Old Potter Jacket -British Wool/Cotton Serge- ■

material/60% Wool,40% Cotton
color/WINTER LEAF,DK.CHARCOAL
size/S.M.L
price/¥46.000+tax



POTTERKIJI.jpg


定番であるOld Potter Jacketはシーズン毎に生地を変え継続展開しています。

ブログをご覧の方には馴染みのOld Potter Jacket。

素材は経糸にオイルカットしたブリティシュウール、緯糸にコットンを打ち込んだクラシックなサージを使用しています。

洗いをかけ縮絨(フェルト状にする事)を入れ油分の抜けたビンテージライクな表情が特徴的です。

もはやアンティークに近い風格は、クラシックオーラ全開の重厚感ある素材です。

メランジになった粗野感のある生地は深みと存在感が半端なく、このジャケットに相応しいファブリック、運命の出会いでしょうか。

ビジュアルに反して、オイルカットしコットンを絡める事で見た目以上の軽さがあります。



ERI.jpg


こちらのジャケットの『顔』とも言えるのが、この襟元のデザイン。

返り線のない襟型はスタンドカラーは勿論、好みに合わせて襟を返しても綺麗に見えるようパターンメイクさせています。

シチュエーションや着こなしや気分で、変化出来る仕様も嬉しいポイント。

なるべくステッチが表に出ない様に袋縫いで仕上げ、製品洗いを施す事で、

製品洗いによって空気を孕んだような膨らみのある風合いとなっているのも、このジャケット『らしい』部分かと。



deteal_reaf.jpg


肩傾斜が強く、Aラインシルエットはカジュアルビジネスやドレスシーンにも対応する汎用性の高いジャケットとなっています。

生地やデザイン、パターンへの愛はもちろんのこと、厚みのある本水牛のボタンに、そのボタンを留めているヌメ革の力釦など

パーツへの愛も抜かりなく、裏地は総裏でセンターベントが入り、丁寧な仕上がりはテーラードジャケット宛らです。

袖は本切羽になっているので、ボタンを外して軽く捲ると、こなれ感を演出できると思います。



winterleaf.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用



秋冬らしいWinter Leaf。

オリーブはベージュのチノに合わせジャケットを引き立てるカジュアルなコーディネートに。

ジャケットの雰囲気や生地の表情が豊かな分、他は極力シンプルに、Winter Leafは特に同系色での合わせが相性◎

インナーはウールのセーターで素材合わせをするとグッと奥深さが増すでしょうか。

オイルカットされた自分自身もそうですが、こちらのカラーは白髪混じりの中年者が良く似合い、渋く着て頂ければ本望です。笑



charcoal.jpg



凛とした佇まいを感じるCHARCOALは綺麗目を意識したコーディネート。

実際に仕事着として着用しているとの声も多く、ポテンシャルの高い1枚です。

本質的にこういう洋服を着る人は雰囲気とムードを求める傾向にあり、トラッドなスタイルを好む方には打ってつけかと。

まだ『Old Potter Jacket』を試された方が無い方やお持ちの方も、唯一無二なBritish Wool/Cotton Sergeにぜひ袖を通してみてください。

本日から2019 FALL & WINTER "OUTER FAIR"を開催しております。

明日は天候が回復するみたいですね、みさなまのご来店をお待ちしています。



Old Potter Jacket -British Wool/Cotton Serge商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=145988334


Bricklayer Horii

2019 FALL & WINTER "OUTER FAIR"

BLOG (1).JPG


- 2019 FALL & WINTER "OUTER FAIR" -




- 期間 -

実店舗 : 10月25日(金) - 11月3日(日) 12:00 - 20:00


オンラインストア: 10月25日(金) 12:00スタート - 11月3日(日) 20:00終了




- イベント内容 -


オンラインページカテゴリーの











内のアウター(※カットソー、ニット除く)全てが対象となります。 




ノベルティーバッグ2CC.jpg



ノベルティーバッグディティール.jpg





対象のアウター商品をご購入頂いたお客様にはブリックレイヤーオリジナルのキャンバストートバッグをプレゼント致します!

(※数量に限りがある為、先着順とさせて頂きます。またオンラインでの購入者は色指定不可となります)


また期間中にご購入頂いた

すべてのアイテムを対象に実店舗、オンライン共にポイントを2倍とさせて頂きます。



限定トートバッグプレゼント&ポイントアップ2倍のWチャンス!


この機会にお気に入りのアウターを探されてみてはいかがでしょうか。




短い期間となりますがスタッフ一同、心よりお待ちしております。



Bricklayer

Style #298

COOK_1.jpg


COOK_2.JPG


COOK3_確定.jpg


COOK_4.jpg


jacket/ *A VONTADE" Mil.Cookman Jacket "

sweater /FLAMAND" Melange Reverse "

pants/ Personal Effects

shoes/ Personal Effects



IKE_5.jpg


IKE_6.jpg


IKE_7.jpg


IKE_8.jpg


IKE_9.jpg


jacket/ *A VONTADE" IKE Short Jacket "

sweater/ FLAMAND" Melange Reverse "

pants/ Personal Effects

hat/  BRONTE" Wool Felt Hat "

sunglass/ Personal Effects

shoes/ Personal Effects

shop information

INFORMATION_10111.jpg
誠に勝手ではございますが、


明日10月21日(月)は臨時休業とさせて頂きます。


ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいませ。


尚、22日(火)の祝日は臨時営業を致します。



お間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は10/22(火)以降となりますので

予めご了承ください

ARCHIVE