Selvedge Linen Schmidt Trousers

新型のリネントラウザーのご紹介です。

Selvedge_Trousers_0_1.jpg


material/ linen 100%
color/ NATURAL
size/ XS, S, M, L
price/ ¥22,000

先日ご紹介したSelvege Linen Overcoat と同素材のトラウザー。




素材は日本最古のリネン専門幡屋で旧式のシャットル機を用いて高密度に織られたキャンバス地。


元々はジャケットなどの芯地に使用されていた生地を洋服用に改良したモノを使用しており、ユーロアンティークの古布のようなザラっとした質感を生かしたナチュラルな風合いが特徴です。


Selvedge_Trousers_3_1.jpg


ウェストはドローコードが入ったイージーパンツ仕様です。


ドローコードはコットン×リネン、ボタンはナットボタンを使用し、素材以外の付属も『天然モノ』に拘った作りになっています。




Selvedge_Trousers_5.jpg

 

ボタンを開けるとちらりと覗くシャットル織機の証、 SELVEDGE RED LINE 。


特徴的な裾のデザインは袖のカフスのような作りになっており、釦でアジャストする事で裾巾の調節が可能です。




Selvedge_Trousers_1.jpg



同系色のトップスと組み合わせたコーディネート。


色目は合わせつつも、トップスとボトムの質感にギャップを持たせて、リネンの無骨な風合いに対してやや艶っぽい質感のものを選択しています。



Selvedge_Trousers_2.jpg



やや股上が深めでヒップ~ワタリはゆったり目に、裾にかけてテーパードしたシルエットです。


レングスも9分丈になっていますので、これから夏に向けてサンダルや短靴などと合わせる事で、濃色のトップスに合わせても全体的な抜け感がきっちり出ると思います。




ここ数年、春夏のトレンドとして続いていた化繊系のシャカシャカパンツに中指を立てるよう天然純度100%のパンツですが、かといって巷で言う 『ナチュラル系』 に程遠い、無骨でクラシックなオーラーのあるパンツです。



今シーズンのBricklayerは天然繊維、特にリネンに特化したコレクションを多数展開しております。



デザイン性の高さも含め、お持ちのボトムの1軍ローテーションに飽きた方に是非、お勧めしたい私的定番な1本です。



店頭、またはオンラインでご注文お待ちしております。



Bricklayer Shimada

shop information

明日16日(火)は定休日となります。

お間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は17日(水)以降となりますので、

予めご了承くださいませ。

Indigo Atelier

インディゴのライトキャンバスを用いて作成した、

セットアップのご紹介です。

2017SS_Indigo_1.jpg

material /Cotton 100%
color /BLUE INDIGO
size /S.M
price /¥32.000


material /Cotton 100%
color /BLUE INDIGO
size /XS, S.M.L
price /¥23,000

3月上旬に一度ご紹介したこちらのセットアップ。

気温も十分に上がってきたことで、抜けるような「蒼」が一段と気分になってきました。

1515156156.jpg
  モデル 身長 173cm, 体重 58kg サイズSを着用

古着がお好きな方であればご存知の、フレンチワークのカバーオールがデザインイメージ。

大き目のラペルとでジャケット調になっていますが、

Aラインのカバーオールライクなシルエットによってワークの雰囲気が色濃く残っており、

フォーマル感を崩してくれるため、カジュアルに取り入れ易くなっています。

爽やかな生地の蒼とボタンの白のコントラストに合わせて、

コーディネートも足元やインナーをストレートなイメージで白を合わせていただければ間違いないかと


パンツはゆるやかにテーパードのかかったシルエットで、

ジャケットとのバランスを考えて、ヒップ~ワタリにかけてややゆったりとしたデザインにしています。

パンツ単体でもシンプルな白T一枚に合わせて

色落ちを楽しみながら履きこんでいただけます。

2017SS_Indigo_2.jpg
先染めのインディゴ糸を織り込んで製作したライトキャンバス地は

ワークな雰囲気そのままに、厚みのあるしっかりとした生地感。

毛羽の少ないさらりとしたタッチで冷感があるので、今の時期涼しく着ていただけます。


2017SS_Indigo_3.jpg

とはいえ真夏の炎天下はちょっと厳しいと思うので。。

気温が高くなってからは日が落ちてから出かける際などが、かえって調子良さそうです。

日中より色目が落ち着いて見える分、爽やかなイメージが一転して小粋な雰囲気。

ライブハウスやクラブに行くときなんかも印象良さそうですね。


セットアップの洋服は着たときの非日常感や、高揚感があって

トップスとボトムスのバランスとか、カラーリングとか、"些細なこと" を気にせずに楽しめる潔さが気持ちいいです。

小細工なしで洋服を楽しみたい方、是非いかがでしょうか。

店頭でお待ちしております。


onlineからもご注文いただけます↓




Bricklayer Shimada

ARCHIVE