shop information

ストライプ最新.jpg



明日12月17日(火)は定休日となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は12月18日(水)以降となりますので、

予めご了承ください。

KHATA - STOLE -

マルチ最新_1.jpg


■ KHATA -Multi- ■

material/60% Acryl,40% Cotton
color/12-A(Left),12-B(Right)
size/FREE(幅69cm,全長198cm)
price/¥6.000+tax

Made in Nepal




12月も半ばを過ぎ、今年も残り僅かとなりました。

仕事や忘年会含めみなさま忙しく過ごされている事と思います。

本日はスタイルをよりお洒落に彩る、ストールのご紹介となります。



イメージカタ_1.jpg


2010年よりスタートした『KHATA(カタ)』。

ネパールで紡ぎ、染められた糸を昔ながらの織機で製品にし、毎年パターン、配色を変えて作られる上質なカシミアや、

ウールなどで作られるストールを初めとした様々なアイテムを展開しています。

KHATAとは、これから旅立つ友人や大切な人に贈るストールの事で、デザイナーが初めてネパールを訪れ工場を視察し、

素材や染めの工程や現地の職人さん達の仕事ぶりを拝見して帰り際に、彼らがストールを巻いてくれたなんて、エピソードがあります。

それがネパールで生産するプロダクトの由来です。

数あるストールの中で、Bricklayerでは今季3型に絞ってのご紹介となります。



multikhta.jpg


幅の違うストライプが配置された『Multi』。

巻き方が女子っぽいですが、首回りに細目のストライプが見えるデザイン。

片側のシンプルな裾の配色と、首回りのストライプのコントラストが特徴的となっています。

エスニックな空気感は漂わせながらも、"チープ"な感じや、悪い意味での"スーベニア"的な風情はございませんので悪しからず。

ネパールの伝統的な技法で手染め・ハンドメイドならでの温もりを感じられる大判のストールです。

手染めならではの綺麗な発色が目を惹き、裾には懐かしさを感じるリリアンのフリンジで、さり気ないアクセントになっています。

毛羽立ちのあるアクリル・コットン混紡素材は保温性が高く、肌当たりも良くチクチク感は皆無となっています。

3型の中では柄や色目など、アクセントを重視する方はこちらがおススメでしょうか。



KHATA - Multi -商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=147286214



ストライプ最新_1.jpg


■ KHATA -Stripe- ■

material/60% Acryl,40% Cotton
color/NAVY,RED
size/FREE(幅70cm,全長200cm)
price/¥7.000+tax

Made in Nepal


stripekhata_1.jpg


こちらはチェック柄とストライプをミックスされたデザイン『Stripe』。

アシンメトリーにし、両サイドのチェックのピッチが異なるデザインです。

色褪せた古着のような素朴な風合いは多色使いこそしていませんが、

トーンダウンしたコーディネートに華を添え、使い勝手の良い1枚といえるでしょう。

『Multi』と同じ混率で、生地感も適度なボリュームがある為、巻き方次第で様々なアレンジが楽しめます。

もともとユニセックスですが、ギフトや女性にもおススメです。



KHATA - Stripe -商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=147285069



ナチュラル最新.jpg


■ KHATA -Natural Shawl- ■

material/50% Cashmere,50% Wool
color/BROWN(Left),CHARCOAL(Right)
size/FREE(幅70cm,全長192cm)
price/¥16.000+tax

Made in Nepal


naturalshwalbrn.jpg


こちらは昨シーズンも人気を博した『Natural Shawl』。

シックなビジュアルでカジュアル・ビジネスとマルチに使え、何といってもカシミアが50%ブレンドされた柔らかく、

優しい肌触りは単純に心地良いの一言。

落ち着いた雰囲気のカラーリングで大人っぽさを演出するヘリンボーン地は、幅広い世代でお使い頂けるかと。

コストパフォーマンスと素材感と汎用性の高さなど、バランスの良い事が人気の理由です。

普段あまりダウンジャケットを着用しない自分にとってのマフラーは、ファッション+防寒の冬場のマストアイテムとなっています。

肌に直接つけるアイテムなので、素材重視の方にはこちらが良いと思います。

巻き方のレパートリーは少しあるので、遠慮せずにお聞きくださいね。

因みに動きの早いブラウンは残り1枚となっています...



KHATA - Ntural Shawl -商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=136916797



GIFT_1-thumb-500x333-20548.jpg


ギフトラッピングを無料にて承っております。

ご希望の方は一言お声がけください。

オンラインでのご注文の際は、備考欄にギフト用の旨をご記入ください。

インフルエンザが流行ってるようですが、体調管理にはくれぐれもお気を付けください。


Bricklayer Horii


British Anolak Parka

1944_1_1111.jpg



■ British Anolak Parka ■

material/100% Cotton
color/BLACK
size/S.M.L
price/¥42.000+tax



昨日は綺麗な満月でしたが、令和元年最後とのこと。

英語圏では満月に月ごとに名前が付いている事をご存知でしたか?

因みに12月はコールドムーンと呼ばれているそうです。

満月と冬至(夏至)が重なることはごく稀で前回が2010年であったのに対して、次回は2094年...


話が脱線致しましたが、本日はアーカイブの中でも人気の高い『アノラックパーカー』のご紹介です。



撥水生地_1111.jpg


素材はベンタイルでもなくオイルドクロスでもなく、表面にパラフィン加工(蝋引き)を施した高密度のコットンキャンバス。

前者に引けを取らない機能や強度があります。

オイルドに比べてベタ付きや匂いもないので、扱い易さといった点で軍配が上がり、ベンタイルはコスト的に次回に見送ることになりました..

生地に蝋を染み込ませる事で、撥水性があり、天然素材であるキャンバスは着込んでいくとクタっと変化を見せる愛着の湧く素材です。

通常バッグなどに用いる加工は多少の雨を弾き、強度も増します。

初めは若干生地に硬さがありますが、次第に解れ、アタリが付き易く、腕回りなど良い表情に育っていきます。

素材の特性上、チョークマーク(白化)が入る場合がございますが、素材の風合い(アジ)としてご理解ください。



ブリティシュデイティール.jpg


英国の狩猟用アノラックとイギリス海軍(Royal Navy Smock)をデザインソースに作成したアノラックパーカー。

ギア感満載でこの面構えからグッと目を引くデザイン。

今季のトレンドでもある"The British"を象徴するアイテム。

某ブランドは紙面を覗くと掲載されていない事がないほど。

フードの内側のタータンチェック地以外はZIPPERやドットボタンなどのパーツに至るまでオールブラックで作成されています。

記憶に新しいラグビーですが、ニュージーランド代表のユニフォームもオールブラック、強かったな、カッコよかった。

強いビジュアルですがクラシックな素材、仕様でありながらも色目をブラックにする事で、ファッション指数はグッと上がり、忖度無しに『男前』です。

お腹に鎮座するジップ付きポケットと、マチ付きのポケットが左右に付き、多少の荷物であれば鞄要らずと言ったところです。

袖口はスパッツ仕様にして、中に丸編みのリブが付くので風の侵入を防いでくれます。



カジュアル着画_1.jpg


カジュアルに振るなら軍パンやコーデュロイパンツとの合わせが◎

冬のキャンプやアウトサイドで作業することが多い本気ワークマンにもおススメです。

アメリカンなアノラックとは一味違った、何ともブリティッシュな雰囲気漂う1着は、ヨーロッパ縛りでコーディネートしました。

着脱やサイズバランスを考慮して、サイズアップも選択肢に入れるのも良いですね。

寒い日はチンストラップを閉じ防寒すると良いですが、天気の良い日はフロントを少し開け

裏地のチェックを見せびらかすぐらいが丁度良いでしょうか。笑



着画アノラックフォーマル.jpg
モデル身長172cm,体重57㎏、サイズM着用




街中ではウールパンツやモールスキンパンツを合わせ小奇麗なレトロシックに。

専売特許とも云える、強いデザインやビジュアルはアノラックならではのもので、魅力的な理由はそこなのかと。

一通りアウターを着まわしてきた経験豊富な諸兄に着て頂けたら嬉しいですね。

フィールドでもファッションでも着れるアノラック、1着クローゼットにあると重宝しますよ。

横着な方やアノラック好きの方も含めて、圧倒的な存在感を感じにいらしてください。



British Anolak Parka商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=135603291

Bricklayer Horii

shop information

IMG_5569.JPG


明日12月10日(火)は定休日となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は12月11日(水)以降となりますので、

予めご了承ください。

Ulster Wool Long Coat

ulster2cc.jpg


■ Ulster Wool Long Coat ■

material/100% Wool
color/CHARCOAL.DK.NAVY
size/S.M
price/¥68.000+tax




昨日までの2019 Fall & Winter SAMPLE SALEは無事に終了致しました。

初日は並びが出たり遠方からお越し頂いた方もおり、足元が悪い中での開催でしたが、ご来場頂きありがとうございました。

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

今年も残り僅かとなりBLOGも佳境に入りますが、もう少しお付き合いください。

本日は個人的ヒットの『Ulster Wool Long Caot』のご紹介です。



ulster生地.jpg


品格漂う大人なアイテムだけに素材感とシルエットは最重要項目。

そんなコートに相応しい素材として抜擢された、ブリティシュラムウール100%のミドルウェイトのメルトン。

ラムウールにフル起毛を施し、キメが細かく見た目以上の軽さとフリースライクな肌触りの良いタッチとなっています。

通常のメルトンに比べ、生地を引っ掻き糸を毛羽立たせ、空気を孕ませる事で軽く、滑らかで優しい生地に仕上がっています。

しっとりと柔らかい生地はカシミアがブレンドされているかと思うほど。

それもそのはず、生後7か月前後までの子羊から取れる羊毛で繊維が細く光沢があり、

保温性が高く柔らかいLams Woolを使用し、加工を施す事でこの風合いにブラッシュアップしています。



ulsterシルエット_2.jpg


デザインはピークドラペルのダブルブレストのチェスターコート。

定番のチェスターコートですが、既にワードローブとして持っている人にも、これまで手にして来なかった人にも、

正統派な『ダブルブレスト』の仕立てになったデザインに触手が伸びる方も多いのでは。

フォーマルで少しエロいイメージの強いピークドラペルですが、シルエットが丸みを帯びているのと、生地感が相まって和らいだ印象です。

フロントにはフラップ付きの腰ポケットと写真では分かりずらいですが、ハンドウォーマーポケットを装備しています。

コートに負けじと大振りで厚みのある本水牛の6つのボタンが良いスパイスになっています。

ボタンを開けてる際のシルエットとビジュアルが何とも優雅なことやら惚れ惚れします。



横シルエットulster.jpg


ラグランスリーブで腕回りに余裕があり着用時のストレスフリー、身巾にゆとりを持たせた

裾広がりなAラインを描くシルエットは、重ね着を想定したパターンとなっています。

軽快さとトレンド感のバランスが取れた膝丈でカジュアルからフォーマルまでスタイルを選ばないようデザインされています。

ロングコートやビッグシルエットを『様子見』を決め込んだ諸兄も、視野に入り、

店頭での試着も増え、意外にあっさり購入されていく方もいらっしゃるほどです。



ULSTERNAVY着画確定_1.jpg


とりわけ汎用性が高いネイビー。

振り幅が広く合わせるアイテムを選ばず、コーディネートが落ち着いた雰囲気で、フォーマルにはベストマッチでしょうか。

オン・オフ兼用でしたらこちらのカラーで間違いないはず。

ネック回りのV-ZONEに巻物を足して防寒+挿し色は、気候やシーンに合わせお好みで。

優等生なルックスは、丸の内などのオフィス街が良く似合い、

アフター5にイルミネーションを闊歩するシチュエーションが良くお似合いです。



charcoal着画_1.jpg
モデル身長172cm,体重56㎏、サイズS着用



チャコールはカジュアルダウンして軍パンにスニーカー合わせのスタイリング。

デニムやスウェットなどの普段着にさらりと羽織るだけでシックでモダン、品良く纏まり、

チェスターコートほど融通の利くアウターはそうないんではないでしょうか。

そろそろ冬将軍到来に向け、アウター選びも本格的に選ばれてみてはいかがでしょうか。

ベーシックなデザイン故に、素材感が際立つ上質なモノを選びたいところです。



Ulster Wool Long Coat商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=146345447


Bricklayer Horii

ARCHIVE