Slim Jeans


SlimJeans_18FW_0.jpg
Slim Jeans

material/ 97% Cotton, 3% PU
color/ INDIGO, BLACK
size/ XS, S, M, L
price/ ¥17,000- (+tax)

細身の5ポケットジーンズ、Slim Jeansが入荷しております。

定番で展開していた5 Pocket Jeans の Super Slim Fitと同じく細身のシルエットですが、こちらの方がやや股上が深く、ワタリやウエストもややゆったりとしている為、Super Slim Fitに比べれば履く人の体型を選びません。


SlimJeans_18FW_1.jpg
素材も一新して13.5oz の生デニムに変更しています。PUも入っているので、生の状態でも履き心地は良いです。

もちろん洗うと当然縮みます。写真左はワンウォッシュ後のスタッフ私物ですが、ウエストは約2cm、レングスは2cm程度の縮みがありました。

生地も糊が取れて、少しマットな雰囲気に。ブラックは先染めなので、縦にうっすらと杢目が浮き出てきて、上品な雰囲気が強まりました。

経年変化はタイトなジーンズらしい激しい色落ちが予想されます。もちろん生でそのまま履きこんでみるのも一興かと。


WEAR_2018FW_PT_SlimJeans_1.jpg


最近は町を歩けば猫も杓子もワイドパンツばかりで、個人的には完全にワイドが食傷気味。逆に細身を攻めたい、逆に。

ワイドパンツの方がゆるっとして履き心地は良いんですが、タイトジーンズの生地の締め付けにこそ本物の快感があるんじゃないかなと。(ドM)

あと単純に細身の方がスタイルは良く見えますからね。トップスは逆にOのカットソーとかでゆるっとさせて、メリハリを付けたスタイリングが今っぽいです。


*A VONTADEのパンツらしく、無駄なディティールの無いシンプルなジーンズですが、パターンの立体感やそこから生まれる包み込まれるような極上の履き心地は、他のファッションデニムには無い静かで確かな主張があります。

是非この最高の履き心地(と締め付け)を体験してみてください。


Slim Jeans 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134372803


Bricklayer Shimada

WEAR_2018FW_JK_OldPotterJacket_1.jpg

明日28日(火)は定休日となります。

お間違えの無いよう、お願い致します。

オンラインショップに於きましては、 ご注文は受け付けておりますが、 ご注文に対する受注メール、

また商品の発送業務、 商品のお問合せに対する返信等は29日(水)以降となりますので、

予めご了承くださいませ

営業時間変更のお知らせ

826営業時間.jpg


本日、8月27日(月)は社内行事の為、営業時間を18時までとさせて頂きます。


お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。

Short Fatigue Jacket

WEAR_2018FW_JK_ShortFatigueJacket_1.jpg

Short Fatigue Jacket

material/ 100% Cotton
color/ INDIGO
size/ S, M
price/ ¥25,000- (+tax)

先日ご紹介したMil. 2 Tac Trousersと同生地セットアップのShort Fatigue Jacket。

アメリカ軍のM-1943 Jacketをベースに、デザイナーの解釈を取り入れて現代的なアップデートを施した、デニムミリタリージャケットです。


WEAR_2018FW_JK_ShortFatigueJacket_0.jpg

写真左が元ネタM-1943。vintage界隈の玄人が着ているイメージですね。

どヴィンテージな40's感がとっつきにくいんですが、ハマればこの身巾のざっくり感や肩の落ち感が最高にキレてきますし、丈感が絶妙なんですよね。馴染むと逆に万能なルックスに着れてきます。

Short Fatigue Jacketはそういったオリジナルの雰囲気を少しマイルドに、余分なデティールは排除し、シルエットにも調整を加えています。



WEAR_2018FW_JK_ShortFatigueJacket_2.jpg

袖回りのデティールは元のアレがとんでもなくアレでアレでしたから、手軽に調整できるよう変更を加えています。


WEAR_2018FW_JK_ShortFatigueJacket_3.jpg

こちらは後ろ身頃の裾部分のアップ写真。

絞りをきかせてシルエットを調整できるよう、フラップを取り付けています。

あとこれ分かりづらいんですが、Short Fatigue Jacket の方は前身ごろの打ち合いを深めに取っています。

どちらも綺麗にたたんでいますが、縫い目の位置が違いますよね。その分前身に来る生地の量が多いんです。


WEAR_2018FW_JK_STFatigueJK_1.jpg

そうすることによって前身頃全体にゆとりが生まれ、生地が弧を描きふわっとした表情に仕上がっています。

オリジナルはザ・ボックスシルエットで平面的な表情ですが、こちらの方が柔らかく、有機的な抜け感が生まれています。

逆に後ろ身頃はキュッと詰まりますから、バックシルエットはこの身巾では考えられないほどシャープで美しい。

身幅の広さを逆手に取った、パターンの妙とも言える一着に仕上がっています。


軍物は基本的に大量生産の為、シルエットとかカッコいいかなんて全く関係なくて、そんな無機的でアンファッションな感じが最高にクール。

でもそう信じてオリジナルを手に入れて、ウッキウキで自宅の鏡の前で着てみると、やっぱりダサくてコレジャナイ感に打ちのめされてしまう。(イッツアvintageマジック)

そういう葛藤の果てに何を選ぶかは個人の自由なんですが、その過程を踏んでるか踏んでないかが大事。手痛い経験がスタイリングの"深さ"に直結します。

だから敢えてShort Fatigue Jacketの解釈が優れているから買えなんて言いません。

Buy Both. 以上。


Short Fatigue Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134182110

M-1943 Jacket 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131588858


Bricklaer Shimada

ARCHIVE