冬のはじまり。





マッキーの美しい歌声が聞こえてきそうなブログタイトルですが、







11月7日。




暦の上では、「立冬」との事です。




いよいよ冬のはじまり。




そろそろウールのニットなどいかがでしょうか。





IMG_7774.jpg
-Nor'easterly-




Nor'easterlyは、

1929年創業、本場スコットランド北東部にあるニットファクトリー。

  良質の国産シェットランドウールによるニットウェアをメインに手掛けるメーカーさんです。





当店で、ウールのニットと言えば、NOR'EASTERLYは外せません。


中でも、オープン以来変わらず展開させて頂いているモデル、


L/S WIDENECKが今シーズンも入荷していますよ。





IMG_7817.jpg





IMG_7820.jpg





IMG_7821.jpg





特徴的なネック周りと裾口はリブではなく、

あえて切りっぱなしのような始末にしています。



このおかげもあり、良い意味でセーターっぽさが無く、

「堅さ」や「おじさん臭さ」を感じさせません。




年齢を重ねると、「余計に老けてみえるから。。」など

ニットセーターをファッションとして取り入れる事に、

やや抵抗を感じる方などいらっしゃると思います。




そういった意味では、


こちらはカットソーのように大人の方でも気楽にラフなイメージで着回して頂けるニットです。




IMG_7814.jpg



毎シーズン、パターンの細かい修正が入るところも嬉しいポイントで、

今回はややネック周りが狭くなり、

中にシャツなど着ても全く違和感が無くなりました。

(これまでも違和感はさほど無かったんですけど。。)


シャツ+ニットがド定番の私には、非常にありがたく感じます。








豊富なカラーバリエーションも、


このアイテムの魅力の一つ。




IMG_7770.jpg



発色の良いアクセントカラーは、

ペールトーンをメインに。




IMG_7825.jpg




IMG_7830.jpg




対してこちらは、落ち着いた発色。



IMG_7773.jpg




IMG_7831.jpg




IMG_7824.jpg




ジャケットスタイルなどにもしっくりとハマる、

上品なお色味もご用意しました。


この素材特有の発色は、どれも目移りしてしまうほど良い色ばかりなんですが。。


その中でも、自身が最も惹かれた色味をチョイスしました。







目の詰まった肉厚なニットも個人的には大好物ですが、


こちらはふわっと軽い質感で薄手のニットです。


すっきりと着用できるため、インナー使いも嵩張らないですし、


少し肌寒くなった今時期から真冬まで使えますので、使い勝手に優れます。





因みにお値段は、\13,000+tax。


魅力的なプライスです。






入荷の度に改めて、いいな。と思わせてくれるニット。






まずは1枚、是非試して頂きたいです。




週末、店頭にてこちらをはじめニット類がずらっと並びます。





お近くにお越しの際は、是非お越し下さいませ。








それでは、ご来店の程、心よりお待ちしております。

ぼちぼち。





しばらく*A VONTADEの紹介が続いていましたが、


インポート類も続々と入荷してきていますよ。






IMG_7359c.jpg




IMG_7360c.jpg

-NOR'EASTERLY-




当店ではお馴染、NOR'EASTERLYの定番ニット。

今年も良い色が揃いました。




IMG_7361c.jpg




IMG_7362c.jpg




IMG_7363c.jpg


-BARTLETT YARNS-



昨年ご好評頂いた、アメリカ製ニットメーカーBARTLETT YARNS。

今シーズンは、モコモコタートルが入荷しています。

実に良い色。良い雰囲気。です。






ウェア以外にも、

小物類も豊富に揃いました。



IMG_7352c.jpg




IMG_7353c.jpg




IMG_7354c.jpg




IMG_7355c.jpg


-GUILLAUMOND-


おフランスより、定番のGUILLAUMONDからは、

またまたエスプリの効いたお洒落なスカーフ類が。




IMG_7350c.jpg




IMG_7351c.jpg




IMG_7356c.jpg




IMG_7357c.jpg


-KHATA-


そして継続展開させて頂くKHATAからは、

昨年あっという間に完売した大判ストールに、

気の利いたカシミアのネックチューブが届きました。








などなど、取り急ぎ一部ご紹介です。




季節を彩るウールモノ。

今年も盛り沢山ですよ。





ぼちぼち、冬支度。



始めませんか?









週末は、是非Bricklayerへお越し下さいませ。



それでは、ご来店の程、心よりお待ちしております。

サラっとニット。





そろそろ、ニットモノも気になりだしてきました。







IMG_7049c.jpg


-Pyjama Knitwear-

"vintage crew"







ベルギーのアンダーウェアブランドPYJAMMA CLOTHING。


ブランド名はパジャマの様な着心地の良さからきています。


世界的な有名ブランドの生産も請け負っている実績あるクオリティーに裏付けされる高い品質、


ヨーロッパらしいクリアで上質なカットソーブランドです。






PYJAMA KNITWEARは、同社のニットコレクションです。





IMG_7048c.jpg


着心地を追及された素材使いは、同社の売り。


今回展開する、こちらのニットは、ウール×アルパカ×アクリルが使用されています。

アルパカ混のウールは、しっとりとした滑らかな質感。

袖を通すとウール特有のザラっとした感触はありません。


また、程よい弾力と伸縮性がストレスフリーな着心地へと繋がっています。


納得の素材使いです。





IMG_7061c.jpg




IMG_7059c.jpg




IMG_7060c.jpg




IMG_7063c.jpg




今回チョイスしたモデルは、VINTAGE CREW。

フロントの前仕様、やや長めに取られたリブ、

またスリーブはセットインではなく、ラグランになっています。


モデル名通りですが、VINTAGEスウェットをそのままニットに落とし込んだようなデザインが特徴です。




IMG_7057c.jpg


程よく力の抜けた、ブランドらしさが表現された一枚ですね。





IMG_7053c.jpg



IMG_7054c.jpg


IMG_7051c.jpg


IMG_7052c.jpg



個人的に惹かれたのがこの色。

ウール、アルパカの発色が程よくミックスされ、

それぞれ深みのある独特な色合いです。





定番色のNAVY,GREY。

さらに旬なROYAL,DEEP GREEN含めた4色で展開します。







朝晩ぐっと冷え込むようになりました。



ウール100%の肉厚なニットなどはまだでしょうが、

こちらのような、着心地や見た目にも重くならないニットなどは、


そろそろ出番な気がします。






是非、ご検討下さいませ。




詳細はこちらより。







IMG_7065c.jpg





IMG_7066c.jpg





IMG_7067c.jpg





ウールのウェアは少し気が早いという方、小物はそろそろ出番ではないでしょうか。


今すぐ使えるかぶりもの。豊富にご用意しています。






週末は是非、Bricklayerへお越し下さいませ。










それでは、ご来店の程、心よりお待ちしております。

ジーンズを買いに来ませんか?






IMG_6695c.jpg





IMG_6697c.jpg





IMG_6699c.jpg



*A Vontade "5Pocket Jeans"




*A Vontade定番の5Pocket Jeansが今シーズンも入荷です。


タグのデザインなど一新されての登場ですよ。




IMG_6700c.jpg



IMG_6708c.jpg





今回も、

SLIM FIT、NARROW FITの2型をご用意。






IMG_6704c.jpg





IMG_6701c.jpg



いずれも

ONE WASH、VINTAGE WASH、STONE WHITE

の3色展開になります。







IMG_6706c.jpg



さらに今回は、

ウエスト28インチ~34インチに対して、

それぞれレングスを30インチと32インチより選べます。

(全14サイズ展開)






IMG_6617c.jpg





IMG_6632c.jpg





IMG_6636c.jpg





SLIM FITのシルエットが好きだけど、レングスが長い。。

(やっぱりオリジナルで履きたいですから。)

NARROW FITが良いけど、レングスが短い。。

(ある意味羨ましい。。。)



などの理由で諦めていた方、

もちろんそれ以外の方にも朗報ではないでしょうか。






今でしたらサイズも豊富に揃っております。

(と書いている最中、既に切れてしまったサイズもありますが。。)





IMG_6707c.jpg





というわけで皆様、





3連休はジーンズを買いに来ませんか??





台風ですけど。。














ご来店の程、心よりお待ちしております。

レトロモダン




スニーカー旺盛な昨今ですが、

重くなりがちな秋冬のスタイリングにおいて、スニーカーはますます重宝しそうですね。



という事で、




待ちに待ったスニーカーが入荷してまいりました。



IMG_6121.jpg
-Spalwart-





お気づきの方もいらっしゃったとは思いますが、

当店で"初"のスニーカーの入荷です。




こちら、そんな初陣を飾るに相応しいスニーカーだと思います。



Spalwart(スパルウォート)の最大の特徴は、

スロバキアにある閉鎖した工場を再稼働させ、当時の製造機械を使い、

当時と同じ製造工程でシューズを作っている事。



1950年代頃、スロバキアには多くの軍用トレーニングシューズを生産する工場があったそうです。

真っ先に連想できるのはジャーマントレーナーですが、

アディダスやプーマなど、古いものでスロバキア製をはじめ東ヨーロッパ製をちょこちょこ見かけますので、

50年代~80年代くらいまでは多くのファクトリーが存在したんだと思います。


現在ではほとんどの工場がが閉鎖していますが、

SPALWARTはその閉鎖した工場を再稼働させ、当時の製造機械を使い、

当時と同じ製造工程でシューズを作っているブランドなんです。



大量生産による効率化が主流となっている中で、

あえて非効率的である当時の機械、製造工程で作り、


さらにその一つ一つを手作業で仕上げています。




IMG_6129.jpg

"Marathon Trail"

price/¥36,000(+tax)




多種のモデルを製作している同社の中から、


今回展開させて頂くモデルは、MARATHON TRAIL。


同社のフラッグシップモデルです。





IMG_6127.jpg



IMG_6128.jpg




生産背景が示す通り、

より"リアル"なレトロランニングシューズとなっています。


しかしながら、ミニマルなデザイン、カラーリングで、

モード感すら漂うモダンな雰囲気。




IMG_6125.jpg

アッパーの素材は、上質なスエードと高機能なナイロンのコンビ。



IMG_6139.jpg
雰囲気とマッチした目の詰まった綿100%のクラッシックな平紐が◎です。



IMG_6132.jpg



IMG_6133.jpg

耐久性、グリップ力を備えたアウトソールはランニング仕様で、よりアクティブな動きに対応。



IMG_6137.jpg

特徴的なライナーですが、

こちらも上質なカーフレザーをインソールに使用。

レザーは、テンションの掛かるヒールやシューホール裏にもしっかりと張り巡らされています。

気になる通気性もメッシュライニングでしっかりと確保。


見た目の高級感、

履いた時の耐久性、

履き続ける事で増してくる風合い。



当時の伝統的な作りは顕著しつつ、

現代の素材でアップデートさせた、見事に計算された作りです。





IMG_6124.jpg
(SAND / COAL)



今回は2色でご用意しました。


クリアなカラーリングが魅力的な2色ですが、



IMG_6126.jpg



IMG_6130.jpg


良く見るとスエードを濃淡2色使いでグラデーションにしてるんですね。


さらに、SANDはサラっとしたマットなナイロン、

COALは目の粗い光沢あるナイロンに。 色毎にナイロンの質まで変えています。



同社の徹底的な拘りとセンスを感じずにはいられません。。。





IMG_6107.jpg

私も早速購入し、履いています。

包み込むようなホールド感。履き心地は快適そのものですね。



IMG_6108bb.jpg

足サイズ25.5cmの私が、41を着用しています。

※幅広の方は、ワンサイズアップを目安にして頂いた方が良いかもです。



すっきりとした細身のフォルムは、

カジュアルにも上品なスタイリングのハズシにも使えそうです。



今の空気感にもぴたりとハマるまさにレトロモダン、な一足。



ハイテクに履き飽きてきた方などにもオススメです。




詳細は、こちらより。






皆様も是非、試してみて下さい。

ARCHIVE