Reversible Balmacaan Coat

3183_1+1.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズM着用



一枚で二つの装いが愉しめる、二面性を持ったコート。

今回も素材使いに拘った逸品『Reversible Balmacaan Caot』のご紹介です。

昨年に引き続きリバーシブル仕様となった*A VONTADEの18番(エース)の登場です。



インスタ用1202.jpg


名前の通リ、両面ともに使える2WAY仕様となったこちらのコート。

ウールサイドにはグレンチェックとガンクラブの2種類、共にシェトランドウールを使用しています。

この時期チェック柄は街中含め目にする機会が多く、数あるチェックの中からオーセンテックで伝統的な柄でのご用意です。

左側はベージュとブラウン系のウールを使って織られたGUNCLUB CHECK。

クラシック且つノスタルジックな感じですが、ある意味洗練とは掛け離れたオジサン臭い柄ですが、
若い世代を中心にトレンドとして受け入れられています。

右側が緑や赤の利いたGREN CHECK。
グレンチェックの配色も様々ですが、オリーブベースに緑と赤の利いた好配色となっています。

スコットランドの伝統的なチェック柄の1つで、シックで落ち着いた雰囲気が特徴です。



3227_1+1.jpg


昨年はコットンポリのラバークロスを使用しましたが今季は無地のサイドAには、
60'sのバーバリートレンチの素材を打ち込み本数まで忠実に再現した高密度なコットンギャバジン。

Balmacaanコートと云えばギャバジンと云うぐらいに多くのブランドからリリースされていますが、
今季はバーバーリークロスを贅沢に使用した1枚となっています。

OLIVEにはGREN CHECK、LT.KHAKIにはGUNCLUBと両面のカラーにマッチした配色となっています。

表面と裏面ではデザインと仕様も若干異なります。

ソリッド面はフロントが比翼仕立てとなり、フラップポケット、袖タブなどビジネスシーンを考慮した汎用性の高い、
所謂『ステンカラーコート』な仕様ですので、雨の日など悪天候のときはこちらサイドを表に着用するのが良いかと思います。

ウール面が内側になることで、ライナー代わりにもなり保温性は格段にアップするという裏技付きです。



9207_1+1.jpg


ウールサイドはフロントがオープンボタンの箱ポケ仕様のミニマムデザイン。

ブリティッシュでクラシックな素材の風合いをダイレクトに感じて頂ける、
『素材が主役』の存在感の際立つビジュアルです。

表に持ってくる素材感によって印象が大きく変わり様々なシーンで使える優等生。

何と言ってもこのファブリックが魅力的なのです。



3211_1+1.jpg


着用サイズはMサイズで、サイズ感は身巾やアームホールをゆったりとしたクラシックで王道シルエットなオーバーコート。

ラグランスリーブで腕回りに余裕があり着用時のストレスフリー、裾広がりな綺麗なAラインを描くシルエットもこのコートの魅力、どの角度から見ても美しい。

闊歩した際のドレープは優雅でエレガント、膝丈のレングスが背筋がピンと伸びる感覚を覚えます。

クラシックなデザイン、シルエットでありながらスタイリッシュな要素も兼ね備えた、一生モノに相応しい仕上がりかと。



BNR_20FW_REVERSIBLECOAT_GUNCLIB.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズS着用



シックでモダンな印象のグレンチェックに対し、クラシックの印象が強いガンクラブチェック。

程良いコンサバ感がジャケットスタイルに良くマッチします。

どちらのサイドを表で着ても抜かりない『両A面』なウィットに富んだ仕様となっているので、
TPOによって色々と遊んで見るのが正解かと。

オーバーコート(外套)としてモダナイズされた構築的なフィットは、デザインが優先している洋服とはまるで別物。

かと言って、一辺倒に機能性だけを追いかけた道具としての洋服ともまた違った美しさがあると思います。




■ Reversible Balmacaan Coat ■

material/ Side A/100% Cotton、Side B/100% Wool
color/ LT.KHAKI/GUNCLUB CHECK、OLIVE/GREN CHECK
size/ S.M.L
price/¥72.000+tax


Reversible Balmacaan Coat商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=154444474




Bricklayer Horii

ARCHIVE