Elaborate Coaches Jacket

1776_1+1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用



スポーツが出自という事もあり、基本的には実用性に特化していて、装飾やデザインを施さない
シンプルなアイテムなアイテムが多い『Coaches Jacket』。

カジュアルスポーツジャケットの代名詞と云えるコーチジャケットを素材から仕様に至るまで
Elaborate(拘り抜く)され再構築されたジャケットのご紹介です。



2049_1+1生地.jpg


こちらのジャケットの『心臓部』は何と言っても圧倒的に存在感(オーラ)のある素材感。

コットン、ナイロン、ポリエステルの混紡糸を超高密度で織り上げた素材にメモリー加工(形状記憶)とピーチ起毛加工を施した素材は、
一見するとスウェードレザーのようなずっしりとしたウエイトを感じる重厚感がありながら、肌触りはビロードのように滑らかでシルクタッチとなっています。

ふっくらと膨らみを感じる生地感は表面にナイロンとポリエステルの割繊糸(マイクロファイバー)、
裏面にコットンが出る様に構成された二重構造な為に、このうような風合いとなっています。

初めてご覧になる方はスウェードやフェイクレザーと勘違いされる方が多いぐらい、革の雰囲気を漂わせたマテリアルとなっています。



1808_1+1.jpg


光の反射により微妙に表情が変化する上質な素材感を纏った、大人のコーチジャケット。


ビジュアル面のみならず、


●仕上げに撥水加工を施してある為、雨風はシャットアウト

●デニムのように着用を繰りかすとエイジングを愉しめる

●撥水性が高い為、汚れに強い


という最先端で機能性にも優れ、某メゾンブランドにも採用されるぐらいのIQの高い素材です。

ストリートで成熟してきたアウター故にどこかチープシックなイメージの強いコーチジャケットに、
このようなハイブリッドな素材を載せるのは軽自動車にV8エンジンを積むが如く、
オーバースペックとも捉えられますが、そこは*A VONTADEならではの粋なRebuildではないでしょうか。



1802_1+1.jpg


身頃裏と衿裏には表地の色味と相性の良い、梳毛ウール100%のタータンチェックを配し、
保温性に加えビジュアル面にも一役買っています。

チェック地が良い塩梅で効いており、スポーティーになりがちなコーチジャケットを品良く格上げし、
素材と相まってジャケットに匹敵する程の風格となっています。

脇下のアイレット、背面のベンチレーションで通気性を確保、袖口はカフス付きにアレンジする事で、
オールドスクールを超越したコンテンポラリーでより『洋服』らしいルックスとなっています。

同色で包んだレザーボタンもこのジャケット用に作成したオリジナル釦となっています。
マイルドな色味と相まって、もはやエレガントな佇まい。



BNR_20FW_COACHESJAKET_BLACK.jpg


程良いルーズさを感じさせるシルエットバランスで着こなすのが定石。

ワークパンツやスラックス合わせが鉄板かと思いますが、やはりこのスタイリングは好きですね。

無駄を配したミニマルな顔立ちながらも『上質な素材感』と『仕様』、『コンテンポラリーなシルエット』は
ブランドコンセプトの根幹を体現したアイテムと云えます。

『さすが』の一言がしっくりとくる、そんなコーチジャケット、ぜひお手に取って確認してください。




■ Elaborate Caoches Jacket ■

material/43% Cotton、Nylon34%、23% Polyester
color/TAN、BLACK
size/S.M.L
price/¥40.000+tax


Elaborate Caoches Jacket商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=147608366


Bricklayer Horii

ARCHIVE