BASISBROEK -DEEDY-

5847_1+1.jpg
モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズ2着用



本日は先日ご紹介しましたBASISBROEK『BRAVO』と同素材で作られた半袖シャツ『DEEDY』のご紹介です。

20SSのブログも佳境に入りましたがもう少しお付き合いください。



material1.jpg



素材には伸縮性のあるウール混で、上質で肌触りの良いトロピカルウールを使用、ソフトでとろみのある素材感です。

風通しが良く春夏用の生地として使用される事が多く、この季節定番素材でもあるトロピカル生地。

梅雨時期含め蒸し暑いシーズンでもサラッとしたドライな着心地はこの時期何かと重宝するもので素材選びは重要なトピックです。

『トロピカル』とは『熱帯地方』といった意味ですがそんな名称が当てはまる夏場に適した素材となっています。



5870_1+1.jpg



バンドカラーでフロントボタンは同色のスナップボタンになっており、左胸には前立てまで伸びた大きな
長方形のポケットが印象的でシルエット含め少しモードな雰囲気すら漂うこちら。

大振りなポケットはI-PADが丁度収まるくらいのサイズ感ですが、モノを入れる為の機能性と云うようよりかはデザイン性の強いポケットとなっています。

一見シンプルに見えるシャツですが、BASISBROEKらしい少し捻りの効いたパターンやシルエットになっています。




5860_1+1+1+1.jpg




身巾は広く(サイズ2で70㎝)若干着丈の短いオーバーサイズのボックスシルエット。

深いスリットが入りドレープ感のある生地感は真横から見るとAラインのシルエットで伸縮性のある生地感も相まって、リラックスした着用感となっています。

ボリューミーなビジュアルですが、着丈を短くすることやスクエアになった裾が全体的に軽くスッキリとした印象となっています。




5875_1+1.jpg




アームホールは広く風抜けがとても良いので高温多湿の脇の下は常に爽快、快適を感じることと思います。

ドロップショルダーで袖は短くパターンされていますが、着用すると肘に掛かる程度の5分丈ぐらいの長さでしょうか。

背中にはアンブレラヨークのように生地が二枚重ねになっており、ヨーロッパブランドだけに意識されたディティールなのか拘りを感じるバックスタイルが◎。

個人的にはセットアップのパンツ含めた三角形のスタイリングが好みですが、ショーツにも相性良さそうです。

前回のブログを更新してからお問合せも多く、今回ブログアップするまでにKHAKIは既に完売となりBLACKのみのご用意となりましたことをお許しください。




1ccc.jpg




■ BASISBROEK -DEEDY- ■

material/54% Polyester,44% Wool,2% Polyurethane
color/BLACKISH,KHAKI
size/1.2
price/¥16.000+tax

Made in Bergium



BASISBROEK -DEEDY-商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=149945520


Bricklayer Horii

ARCHIVE