Banded Collar Shirts

19fw_bandedcollar_生地.jpg


■ Banded Collar Shirts ■

material/100% Cotton
color/WHITE,BLACK,WHITE STRIPE,NAVY STRIPE
size/S.M.L
price/¥18.000+tax


お盆休みの真っただ中ですが、みなさま如何お過ごしでしょうか。

秋冬商品も少しずつデリバリーが始まり、本日よりブログを再開しご紹介をしていきますので19FWもお付き合いください。




5073_1_1_1_1_1_1.jpg


本日は『バンドカラーシャツ』のご紹介です。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、定番商品や再リリースされる商品も毎シーズン若干のデザインやサイズ感などモディファイを繰り返し、現代に見合ったモノへと再構築する『進化する定番』を目指しています。

19SSとの大きな変更点は生地と前立のデザインが挙げられます。

80/2のポプリンのタイプライターは元々毛羽が少ない事が特徴的ですが、80番の双糸を高密度に織り込んだ後に、仕上げに生地の表面をガス焼きをし、毛羽のないシルクタッチに仕上げています。

キメが細かく光沢感のある生地感は、腕を通した際に滑らかに滑っていくような着心地は、写真だけではお伝え出来ないのが残念です。

一般的に80番手以上を『高番手』と呼ばれドレスシャツ等に多く使われていますが、これ以上番手を上げてしまうとドレス寄りの雰囲気や表情に振り過ぎる為、

今の雰囲気を維持するには現状がベストな選択かと。

同番手の糸で細かく丁寧で均一に縫われた運針によるステッチワークは、単純に美しいの一言。



5097_1_1_1_1_1_1_1.jpg


深く入ったサイドスリットはクラシカルな要素を継承しつつも、サイズ感は独自のサイズバランスで造られる事で時代の空気感を据えたシャツとなっています。

ゆとりある身巾とドロップショルダーはリラックスして着用出来、前後の長さを若干変えた長い着丈はタックインでも着れるように設定され軍パンや、デニム、Classic Chinoあたりの合わせは鉄板ではないでしょうか。

お客様とお話をして話題に挙がるのが生地感はもちろんですがこの『着丈』

1度この丈に慣れてしまうとレギュラーの着丈に戻れなくなるほど、アディクト性の高いデザインにリピートされる方も多く、バランスが取り易いとの事で話が合致します。

バンドカラーが定着をし受け入れられる事で『定番』となり、毎シーズン楽しみにして頂ける事が本当に嬉しく思います。



5082_1_1_1_1_1_1_1.jpg
身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用



定番のホワイトはご要望の多かったカラーで、今夏はパンツ類やTEEシャツなども白や生成りを選ばれる方が多く、今季も継続しておススメしたい色目の1つ。

カーゴパンツとの合わせはもはや説明不要ですね。

オックスフォードなどに比べ、タイプライターは光沢やハリがあるのでカーゴパンツ等に合わせても『品』を感じるのは素材あってのもの。

下半身にボリュームを持たせているので首回りがすっきりとしたこれぐらいが、初秋には丁度良さそうです。

季節の変わり目は何かとホワイトを合わせたくなります。

男性の永遠の戦闘服として、数枚は常備しておきたいもです。



BNR_2019FW_Bandedcollar_navystripe_2.jpg
身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用



ストライプはブルー系の2色でのご用意で、こちらは色鮮やかなネイビーストライプ。

ロンドンストライプのように見えますが、若干ピッチが異なります。

クラシック要素のあるダブルストライプに比べ、*A VONTADEには珍しい爽やか男子系です。笑

19FWはBLACKやNAVYといったアウターやボトムスが豊作なので相性が◎

上質で程よく抜け感があり、シンプルながらも単体で着用しても存在感を感じるそんなアイテムです。

トレンドの枠にとらわれずボタンダウンに並びワードローブに組み込みこみたい、逸品ではないでしょうか。



Banded Collar Shirts(Stripe)商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134003222

Banded Collar Shirts(Solid)商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=134003165


Bricklayer Horii

ARCHIVE