1 Tuck Wide Easy Shorts

5079_1_1_1_1_1_1.jpg


■ 1 Tuck Wide Easy Shorts ■


material/68% Cotton,30% Polyester,2% Pu(CHARCOAL),97% Cotton,3% Pu(BLACK)
color/CHARCOAL,BLACK
size/S.M.L
price/¥15.000+tax




今週には梅雨明け宣言されそうですね、待ちに待った夏本番は間近です。

梅雨時期は肌寒い日も多く、長袖を着ている方をちらほらと見かけ、7月の日照時間は少なく、気温も平年に比べ4℃弱低かったとの事です。

学校の夏休みもスタートし、1か月ちょいと賑やかな夏到来といったところでしょうか。

本日は先日ご紹介した1 Tuck Wide Easy Trousersのショーツバージョンのご紹介です。



5061_1_1_1_1.jpg



素材は2種類でのご用意です。

1Tuck Wide Easy Trousers同様にCHARCOALはCOOL MAXを使用したストレッチ混のウェザークロスを使用しています。

クールマックスは最初はスポーツウェアとして利用されていましたが、近頃ではジャケットやシャツなどクールビズの素材としても多く使われています。

コットンに比べ約5倍の吸収性があり、速乾性含め身体を快適な温度に保ってくれる機能性に優れた素材です、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

生地が丈夫で薄く、軽い事が特徴でその上、イージーパンツ仕様となった楽チン極まりないショーツは、これからが本領発揮の力の見せどころ。

BLACKは70番糸のピマコットンを使用したこちらもストレッチ混のウェザークロスのもので、シャツに使用される事が多くキメが細かく光沢のある生地感が特徴です。

タウンユースでの着用を主としている為、ブラックとチャコールのモノトーンでの色展開となっています。




5127_1_1_1_1_1.jpg



定番のSlim Easy Slacksをデザインベースにウエストにはゴムとスピンドルが入り、フロントにはインタックを入れています。

腰回りやヒップ、ワタリにゆとりを持たせ、股下から裾にかけてテーパードしたシルエットになっています。

止め処もなくサイズ感が加速するワイドシルエットですが、*A VONTADEのこちらのショーツは膝上丈の丁度良いボリューム感になっており、

前述したように裾にかけてテーパードしている為、見た目のボリュームに反し着用するとキレイでコンパクトに見えるようパターンメイクされた『匠』は健在です。

袋縫いで施されたヒップのヨークにより立体的で自然な丸みが生まれるるシルエットは、如何なる動きもサポートし、ビジュアル的にも◎

シンプルなアイテムが故に、パターンにはとことん修正と追求を繰り返し、新型でのリリースと成った『1 Tuck Wide Easy Shorts』

写真では分かりませんが、トラウザータイプと違い、バックポケットは右側のみとなっています。




5121_1_1_1_1_1_1_1_1.jpg



夏場でも革靴を履きたい方はこちらのCHARCOALがおススメ。

スラックスのショーツ版として着用出来る為、ポロシャツやシャツなどフォーマルでモノトーンな装いが相性が良いのかと。

裾広がりのタイプでは無いので、カジュアル過ぎず違和感なく着用頂けると思います。

下半身のボリュームに合わせトップスもある程度、温度差を揃えた方が◎




BNR_2019SS_HESTRADA_着画全身.jpg



ブラックはオールマイティーに使え、ここ最近黒のパンツを探している方も多く、このブログを綴っている間に残り1本となってしまったので悪しからず。

モノトーンやパステル調などトップスとのコーディネートの幅が広いのが魅力的です。

個人的にはブラックショーツに古着のTシャツなどを合わせる、バランス感が好みです。

ベーシックショーツでボリュームやシルエットに変化を付けたい方は必見です!


1 Tuck Wide Easy Shorts商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=142760583


Bricklayer Horii

ARCHIVE