1 Tuck Wide Easy Trousers

5066_1_1_1_1_1.jpg


■ 1 Tuck Wide Easy Trousers ■

material/100% Cotton (OLIVE DRIB)
             /68% Cotton,30% Polyester 2% Pu (CHARCOAL)
            /97% Cotton,3% Pu (BLACK)
color/OLIVE DRIB,CHARCOAL,BLACK
size/S.M.L
price/¥18.000+tax



この時期パンツ選びに悩まれる方も多いはず。

気温もぐっと上昇しショーツを穿かれる方も増えましたが、夏本番を前に切り替えるタイミングを見計らっているのは自分だけではないはずです。

スポーティーやコンフォートといった雰囲気を両得出来るアイテムと言えばイージーパンツが代表格。

今回はシャツウェイトの涼し気な『1 Tuck Wide Easy Trousers』にフォーカスです。

3色展開でカラーによって生地を変えた仕様となっています。


5087_1_1_1.jpg


まずは先染めのリップストップを使用したコットン100%の『玉虫』。

じわじわと熱を帯び始めている玉虫は今後注目のカラー。

通常はウールギャバなどに使われる事が多い玉虫ですが、偶然にもリップストップで見つかり他ではあまり見る事が出来ないアイテムです。

玉虫は光の干渉によって様々な色に見える不思議な生地。

基本的にはベージュや茶系に分類されますが金緑や金紫へと色調変化をする奥深さがあり、若い世代の方には馴染みの薄い言葉ではないでしょうか。




5047_1_1_1_1.jpg


BLACKはシャツで使用される事が多い70番糸のピマコットン。

CHARCOALは『COOL MAX』のウェザークロスを使ったものでどちらもストレッチをブレンドしています。

薄く軽いことが特徴で不快指数を抑えてくれる機能性パンツではありますが、機能面を追及したモノではなくどちらかというと主観的機能は*A VONTADEにとってのB面、

対するA面はシルエットや品性などを追及したあくまで『ファッション』を重視した客観的機能を優先させています。



5212_1_1_1_1.jpg


定番のSlim Easy Slacksをデザインベースにフロントにインタックを入れ、ヒップからワタリに若干のゆとりを持たせ、膝から裾にかけて緩やかにテーパードしています。

股上は深くフルレングスの仕様となっています。シルエット的には1 Tuck Tapered Easy Trousersが近いでしょうか。

袋縫いで施されたヒップのヨークにより、立体的で自然な丸みが生まれシルエットはご覧の通リ、容姿端麗なビジュアルとなっています。

ウエスト全体にゴムを入れスピンドルでアジャスト出来るイージーパンツは、ここ近年のメンズ市場では定着したアイテムなのは周知の事実。



5251_1_1_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用


クールマックスのチャコールは素材の軽さとは反したルックスなので、フォーマルなシチュエーションでも使い勝手が良く、何かと着用頻度は高いのでないでしょうか。

デニムやチノにストレッチが効いた生地は味気がなく、個人的にはあまり好みではないのですが、この手のパンツは別腹です。笑

汗を素早く吸収しドライな着心地をキープし、ライトな穿き心地は中毒性があるのでご注意を。

夏には夏の気持ちが良く快適で恰好良いモノが必要ですね。


5045_1_1_1_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用


イチオシはやはり『玉虫色』

ベージュ系のパンツとの色合わせと考えてコーディネートすればワードローブとの相性が良いでしょうか。

ルックスの良さをアピールしつつ、この時期ならではのリラックス感を取り込みながらイージーパンツのポテンシャルを最大限に生かした着こなし方を、

ファッションIQの高いこちらのブログをご覧の方達は楽しめると思います。

因みにカナブンなどの虫は苦手ですが玉虫の色目は好物です。

イージーパンツ初心者の方にも、熟練者の方にも手に取って頂きたい『Easy Trousers』です。


1 Tuck Wide Easy Trousers商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=142930603


Bricklayer Horii

ARCHIVE