Boatneck 3/4 Sleeve

4809_1_1.jpg


■ Boatneck 3/4 Sleeve ■

material/100% Cotton
color/NATURAL/BLACK BORDER,WHITE/BLUE BORDER,RED,GREEN,WHITE,BLACK
size/ONE.S.M.L
price/¥14.000(BORDER),¥13.000(SOLID)



昨シーズン好評でした、ボートネックのカットソーにREDとGREENの新色が加わり入荷致しました。



4844_1_1.jpg


何シーズンか継続で展開している、ギザコットン(エジプト長綿)のシルケット加工を施した天竺地。

布帛は通常、柔らかく薄手のモノが主流ですが、こちらは限界まで度詰めした生地で肉厚で光沢感があり目が詰まっている分、適度な『硬さ』が特徴的です。

デザインもさることながら、こちらの天竺地のファンは多く、色違いでリピートされる方も多数いるほど。

ずっしりとウェイトを感じる生地はこれからの季節に暑いのでは?と思われがちですが、コットンの毛羽を薬剤で処理することにより、接触冷感ではありませんが着用した際に少しヒンヤリと感じるぐらいの着心地で、シルクのような光沢とサラッとした生地感もセールスポイントの1つで好まれる理由です。

上質な質感と見た目は、『百聞は一見にしからず』、肌で感じで頂きたいものです。




4849_1_1.jpg


身幅は緩く、ショーツとの相性も考え、お尻が隠れるぐらいの着丈になっており、段差のある裾とサイドスリットがアクセントになっています。

ボートネック初心者の方でも着て頂きやすいよう首回りには、ボディーと同色の△リブマチを付けてあり、広すぎないネック回りとなっています。

1枚で着用してもしっかりと主役になれ、小奇麗な見た目はボーダーレスで着用出来、比較的長いシーズン、ローテーションを組みやすいアイテムかと思います。

小物で遊べるよう7分丈になった袖は実用性が高く、通気性もあり、お子様と遊ぶ際など何かと勝手が良いデザイン。

ボーダー=休日の私服のイメージもありますがシルエットが緩い為、ルーズなパンツに合わせ、リラックスしたコーデが休みの日には丁度良いでしょうか。



4830_1_1.jpg


ボーダー=休日の私服のイメージがありますが、写真のような少しルーズなパンツに合わせ、リラックスしたコーディネートが休日には丁度良いですね。

光沢感の強い生地感は、全体を引き締め、クリーンかつモダンともいえる、こちらのボートネックは、バスクシャツに馴染みある僕達世代も逆に新しく見えるのでないでしょうか。

ミリタリーやビンテージなどのヘリテージ系のアイテムとも上手くバランスが取れ、マッチすると思います。

最近ボーダーの登板もめっきり減ったし、セントジェームスぐらいしか持っていなかったので数年ぶりにリトライしてみようと思います。



4865_1_1.jpg


男性は特に単調な着こなしになりがちですが、変化を付けたいとき、柄でアクセントを入れたいときなどは、シャツとのレイヤリングも◎

1枚持っていると着こなしの幅が広がり、男女兼用なんてのもありでしょうか。

個人的にはボーダーが好みですが、色展開が多いので悩ましいところ。

黒白に加え、レッドやグリーンなど発色良いカラーも揃っています。

スエットシャツをボートネックに変え、春の装いにチェンジするには、良い気候になってきたのではないでしょうか。

2019 Spring & Summer Outer Fairも後半に差し掛かりました、お花見の帰りがてらお立ち寄りください。


Boatneck 3/4 Sleeve(solid)商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=127535051

Boatneck 3/4 Sleeve(border)商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=127534826


Bricklayer Horii

ARCHIVE