Reversible Balmacaan Coat

REVERSIBLE 1.jpg


■ Reversible Balmaccan Coat ■

material Side A : 68% Cotton,21% Polyester,11% Nylon 
              Side B : 100% Wool

color  BLACK×GREN CHECK, KHAKI×GUNCLUB CHECK

size S.M.L

price ¥68.000+tax



朝晩の冷え込みや段々と肌寒い日も増え、冬支度もそろそろ本番といったところでしょうか。


本日は今シーズン展開の*A VONTADE のコート類の中でも間違いなくM.V.P.のこちらをご紹介です。



REVERSIBLE2.jpg


"両A面" の "リバーシブル仕様" で作成したこちらのコート、サイズ感は言わずもがな、ゆったり、クラシックな王道シルエット

こちらで着用サイズはSサイズですが、インナーにジャケットや厚手のニットを着れる十分な身巾と袖巾があります。

裾広がりのAラインのシルエットが闊歩する度に揺らめき、なんとも優雅でエレガント。

フロントから裾にかけては、すべて袋縫い(※縫製糸を表に出さない縫い方)で仕上げていますので、たっぷりと空気を孕んだふくらみのある温かい表情に仕上がっています。


クラシックでブリティッシュな素材感を含め、今風に洗練された感はなく、どちらか言うと少し上の世代の方々にストライクのアイテムのはずですが 今シーズンはトレンドも相まってか、特に30代前後の方の問い合わせが多いですね。




REVERSIBLE3.jpg

ウールサイドはガンクラブとグレンチェックの2種類。

共にブリティッシュでオーセンティックな柄ですが、結構イメージが変わります。

左側は今季トレンドカラーでもあるベージュ~茶系のウールを使って織られたGUNCLUB CHECK。

こちらはともすれば、やや枯れた感のあるオ●ジ臭い柄ですが、洗練され過ぎないカッコ良さと温かみのある優しい発色が、世代を1周(2周?)して逆に 『今風』 と云った所でしょうか。

レディース受けが良いのもある意味、納得です。


右側は、ブリティッシュウールならではのやや硬めの手触りで、所々に跳ねる白毛(ケンピ) が素材の重厚感をグッと高めるグレンチェック。

GUNCLUBと比べるとコチラの方がヘリテージ感が強く、より男っぽいイメージですかね。

黒~グレーの1ダークトーンで使い勝手も良く、カジュアルのみならずスーツスタイルにも◎です。
 


REVERSIBLE4.jpg


また表面と裏面ではデザイン、仕様も若干異なります。

こちらのウールサイドはフロントがオープンボタンの箱ポケ仕様のミニマルデザイン。

ブリティッシュ且つクラシックな素材の風合いを 『生』 で感じて頂ける 『素材が主役』 の存在感のある表情です。

こちらのガンクラブチェックは素材と柄を含めて、ジャケットスタイルはもちろん、カジュアルベースの着こなしと相性が非常に良いのが嬉しいポイント。

ニットやジャケットの上からバサッと羽織るのが王道ですが、やや上品にまとまり過ぎるので、インナーに着古したデニムを刺して

 『休日のマックイーンスタイル』

 なんていかがでしょうか。

あとは『パリ、テキサス』 風にウールのベースボールキャップなども 『崩しアイテム』 としてはハマるかと思います。


REVERSIBLE5.jpg



裏返してのこちらサイドはコットン、ポリエステル、ナイロンの混紡糸を使った高密度ポプリン。

GUNCLUBはKHAKI , GRENCHECKはBLACKとウールサイドのカラーとマッチングした配色になります。

熱処理を加え防風、防水性を高め、生地の表面を微起毛させたマットでラバータッチな素材ですが、某高級ブランドのゴム引きコートほどの硬さと重さはないのでご安心を。

こちらはフロントは比翼仕立てになっており、その他、フラップポケット、袖タブなど俗に言う 『1重のステンカラーコート』 な仕様ですので、雨や雪の日は迷わずこちら面を表に着てください。








REVERSIBLE6.jpg

因みにウールサイドをインナーに持ってくる事でウール面がライナー代わりになるのでこちらサイドで着て頂く方が保温性は格段に高いです。

あとは何と言っても、フロントや裾からちらりと覗くウールチェックが何とも 『乙』 で 『粋』ですので、天気の良い日は必ずフロントは開けて着ましょうね。

衿ももちろん表裏のリバーシブルになっていますので、半立ちもしくはビンビンに立てて 『裏表のある男』 をアピールするのも良いと思います笑。


どちらサイドを表で着て頂いても抜かりない『両A 面』 な仕様ですので TPOに合わせてどちらで着るか恨んで頂きたいのですが、クリスマスまでは見栄えのするウールサイドを表に、年末~年明けにかけては厳かでソリッドなポプリンサイドを表に、なんて縛り(プレイ)も面白いのではないでしょうか笑。


レディースも少量ですが、ございますので是非店頭にてご試着しにいらしてください。


ではご来店の程、お待ちしております。




Rversible Balmaccan Coat商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=136336074


Bricklayer Horii

ARCHIVE