2 Tuck Atelier Trousers


2520_1_1.jpg


■ 2 Tuck Atelier Trousers ■

material/100% Cotton
color/BROWN.BLACK
size/S.M.L
price/¥24.000+tax


秋が徐々に深まる季節。

寒くなることを見越して温もりが感じられるパンツを用意しておきたいところ。

この時期の代表的な素材と言えばコーデュロイ。

春夏からの継続アイテムで素材は今季のトレンドの畝が太いコーデュロイでの登場です。


2434_1_1.jpg

スーピマコットンを使用した中畝9WALEのコーデュロイ、通称『中コール』

今季は太畝タイプ(4~6WALE)が主流で畝が太いほど素材の存在感や温もり、ヘリテージ感が強いものとされていますが*A VONTADEは中間である中畝を採用。

外見や保温性含め、軽すぎず重すぎず丁度良いバランスかと。

一般的なコーデュロイや古着等に使われるアメリカンなコーデュロイは綿100や綿ポリが大半ですがドライで少し粗い感じのタイプが多くそれとは一線を画し、スーピマならではのしなやかさと上品な艶感を兼ね備えた素材となっています。

フロントに大きく入った2本のインタックは腰回りにボリュームを持たせ、このパンツの綺麗なシルエットを作る上で重要なディティールの1つ。

5ポケットタイプでなくトラウザー仕様になっている点もカジュアル過ぎず昨今の『Classic』のトレンドにマッチし汎用性も高く嬉しいポイント。


2534_1_1.jpg

こちらのパンツは生地はさる事ながらシルエットが綺麗なこともセールスポイントの1つ。

今年の春夏は生地違いのこのパンツを何回穿いたのだろうっていうぐらい穿き倒しこのパンツベースにスタイリングする事が多くなりました。

膝から裾にかけて強めにテーパードした塩梅の良いワイドシルエットで今時期でしたらボリュームのある革靴かスニーカーが◎

コーデュロイの存在感に負けないぐらいの靴で下半身を固めて頂ければと。

裾をダブルかロールアップして履いてもシルエットは崩れないのでトップスに合わせてレングスも調整したいところ。


2467_1.jpg


モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズS着用


ずっしりとしたボリュームと温もりのある生地なのでトップスもローゲージのニットや素材感のあるトップスが纏まりが良いのかと思います。

新作のWool Pile CrewとReversible Vestに合わせこのようなイメージ。

独特な光沢感と歩くたびに揺れるドレープが生まれ着こなしに奥行をもたらせてくれます。

クラシックなコーデュロイの素材にピマコットンの素材と今の空気感であるシルエットに載せ替えたこちらのパンツ、もう親父臭いとは言わせません。笑

2 Tuck Atelier Trousers商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=135836597

Bricklayer Horii

ARCHIVE