Tube Henly Neck & Pocket T-Shirts


関東地方の梅雨入りの発表が本日あり例年より少し早いみたいですが、夏本番まで1月弱。

既に真夏日を記録しているところもあり今年の夏は平年より暑く、猛暑の予報でどうなってしまうのでしょうか。

今季*A VONTADEのラインナップはパステル調の色目を使用したアイテムも多く、本日は丸胴のT-Shirtsシリーズのご紹介になります。



1801_1.jpg


-Tube Henly Neck T-Shirts-

material/100% Cotton
color/Shell Pink.Baby Blue.Lt.Yellow.White.Black
size/ONE.S.M.L
price/¥8.500+tax



1824_1.jpg


無地のT-Shirtsほどデザインが難しくアイデンティティーを出すのが難しくデザイナーの頭を悩ますところ。

ネック回り、袖の長さ、着丈、身巾、リブの太さ、生地感、着心地、挙げだしたらキリがありませんがシンプルなアイテムな分、拘りを出したいアイテム。

様々のモノが流通し良いモノとは何かを追及することはとても重要と考えます。

何だかんだで毎年クルーネックがフューチャーされ、不動のポジションを確立していますが今季はヘンリーネックとの2型でのリリースです。

14番糸を使用したやや肉感のあるミドルウェイトボディで空紡糸を使用している為、ドライで少しゴワついた硬めの風合いが特徴。

ネック回りはバインダーネックでボディー同様、強度に優れ、見返しは布帛を使ったクラシックでオーソドックスな3つボタンのヘンリーネック。

全体的な雰囲気、ディティール、生地感などアメリカンのイメージが近いでしょうか。

なんと云っても魅力は発色の良さ、パステルカラーですがシルケット加工とは違ったマットで落ち着いた色目は普段モノトーンしか着ない方には遊んで頂きたいカラーです。




1694_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56キロ、サイズL着用


脇部分に縫い目が無く、肌に縫い目が当たらない分、着心地も良く縫製の手間が掛からない丸胴は日本に少量しかない丸編み機を使って作成されています。

ヨコの伸びに強く、型崩れしずらくタフなボディーは普段着使いのアイテムとして安定感と安心感を与えてくれます。

洗濯していくと捻れが生じ古着のような風合いに変化していくのも魅力的です。

気にしないと分かりずらい仕様ですがこちらのブログをご覧になられている方やT-Shirts好きには大概知ってるディティール、選択基準の1つでもあります。

ご好評頂いてるシルケットシリーズのサイズ感は若干違うのでご注意を。簡潔に申すと着丈以外は違うボックスシルエット。

下記URLのサイズ表をご確認ください。

Tube Henly Neck T-Shirts商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131586809


1750_1.jpg


-Tube Pocket T-Shirts-

material/100% Cotton
color/Lt.Yellow.White.Baby Blue.Shell Pink.Black
size/ONE.S.M.L
price/¥6.000+tax


続いてポケット付きのクルーネックタイプ。

ネックリブが少し細くすっきりとした印象で見た目もシンプル、こちらはロックミシンを使った通常の仕様です。



1665_1.jpg
モデル身長172㎝、体重56㎏、サイズM着用


ピンクやパステルブルーといった今年のトレンドカラーでもあるこちらですが流行に関係無く着用出来、スタイリングのアクセントになり冬場と違い装いがシンプルになる分、カラーを取り入れる事がこれからの時期は定説ですね。

コストパフォーマンスにも優れた丸胴のT-Shirt、機能的で実質本位な品質に拘る方、アメリカンテイストを好む方は1枚と云わず色違いで揃えることがオススメです。


サイズ感等のお問合せもお気軽にお待ちしています。

Tube Pocket T-Shirt商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=131170525

Bricklayer Horii

ARCHIVE