Type 45 Chino Trousers -Wide Fit-


本日は定番であるセルビッチチノを使用したワイドシルエットのトラウザーのご紹介になります。


0642_1.jpg

Type 45 Chino Trousers -Wide Fit-

material/ 100% Cotton
color/INDIGO.BEIGE.OLIVE.DK.NAVY
size/2XS.XS.S.M.L
price/¥18.000+tax


0520_1.jpg


ここ数年コーディネートする上でボトムス軸にはなくてはならない存在となったワイドパンツ。

トレンドと云うものは取り止めがなくより太く、よりワイドに他のブランドとの差別化を図ります。

*A VONTADEのワイドパンツは1945年の米軍のチノパン『45KHAKI』がソース、言うならば硬派で正統派なクラシック。

ワイドパンツもテーパードしたものが主流ですがミリタリーベースのこのパンツはオリジナルに近く股上は深くシルエットは限りなくストレート、裾巾も広くデザインされています。

強度やアタリといったメリットのある巻き縫いに敢えてせず割り始末にする事で見た目の印象がプレーンになりよりすっきりとした印象になります。

5ポケットのデニムに比べカジュアル度は軽減されデニム素材のスラックスというのは大袈裟でしょうか。



0531_1.jpg


素材はデニムとチノの2種類。どちらもセルビッチを使用。

縫製に巻き縫いを使用せず作成されているため裾を折り返した際に外側にセルビッチが出るのが特徴です。

アメリカンでクラッシックなディティールはビンテージ、ミリタリーファンならず僕達世代は好物ですね。

9ozと薄手なウェイトでありながらデニムとしての存在感や強さはもちろん、ロールアップした際にしっかり癖付け出来る硬さ、コシやハリも兼ね備えます。




0664_1.jpg


こちらは高密度に織り込まれたセルビッチチノタイプ。仕上げに天然樹脂加工を施しシャリ感がありかなりコシのある素材。

長く愛用し着用されたお客様から先日、修理依頼がありましたが生地が擦り切れるほど履きこまれ話をお聞きしましたが『生地感が素晴らしい』とのこと。

接客冥利と申しますかブランド冥利と申しますか本当に嬉しい限りです。

素材が良いからという訳ではないですが『モノ』としての要素の1つとして納得させられる部分もあると思います。

ヒップ周りが立体的に綺麗に見えるようパターンメイクさせているため、もたつく事も無く履いてから分かる機能性の良さがあるのも特徴の1つ。



0647_1.jpg


見た目のインパクトや派手さはありませんがシルエット、価格、作りの良さといった3拍子揃った、普段着として手を伸ばしたくなってしまう要素が詰まったWide Chino。

レングスやトップスとの合わせで印象も大きく変わることが醍醐味であり、面白さにも繋がってくるので自分なりのイメージを持って穿いていただけたら嬉しいです。

パンツを新調して外出する理由のきっかけを作るのも良いのではないでしょうか。

モデル身長172㎝、体重57㎏、サイズS着用。

Type 45 Chino Trousers 商品ページ→http://shop.brick-layer.jp/?pid=107201809
                        →http://shop.brick-layer.jp/?pid=107158094
                   
Bricklayer Horii


ARCHIVE