Utility Shirts


本来季節感なんてなく、通年して着用することができるシャツ。

それでも夏は暑いし、秋冬はセーターやスエットの防寒性を優先して選んでしまうせいか、シャツは春が1番適しているイメージ。

シャツに自然と手が伸びるようになると、春の訪れを感じます。

*A VONTADEの定番であるUtility Shirtsのご紹介で今季は新色含めてのリリースです。


6912_1.jpg

Utility Shirts

material/100% Cotton
color/FADE BLACK.OLIVE
size/ONE.S.M.L
price/¥18.000+tax



6980_1.jpg

デザインソースはUS ARMY UTILITY SHIRTS。

ミリタリーアイテムの中でも安定した人気を誇り数多くのブランドからサンプリングされ続けてきた名作のミリタリーシャツ。

過去ブログもご参考までに→



上記写真右側が使用1年モノで左側が今季の新品。

色抜けやポケット、衿のアタリなど経年変化が見られ同じモノでも雰囲気が異なりその佇まいはビンテージと見間違える程、っていうぐらい雰囲気グンバツです。

生地感もはじめは多少ごわつきを感じるかもしれませんが洗いを何度かかけていく度に馴染み、しまいには角の取れたまるで大人のように滑らかなタッチへと変化します。

シャツにしては若干太い40番糸のオリジナルのポプリン地で緯糸にはラフィー糸でオリジナルに近いムラ感を表現、徐々に浮き出るようになってきます。

ボタンも大きく身幅、アームホールも緩くボックスシルエットのこちらは云うならばシャツの形をしたジャケット。

レイヤリング前提でデザインされたこのUTILITY SHIRTSの守備範囲は広くボランチさえも軽く凌駕し気候や気温によって合わせるアイテムを選ぶことが出来、変幻自在のまさにユティリティープレイヤー。


6916_1.jpg 

新色であるFADE BLACKは何とも言えない色目が魅力であり『墨黒』のような少し白っぽくも見える点が特徴。

大振りなポケットのミリタリー色を緩和させ引き締まった印象です。

こちらの着後の写真はありませんがOLIVEの具合から察すると数年後は色褪せやアタリなど良い感じに育っていくのではないでしょうか。

FADE BLACKは同系色のチノやデニムパンツに合わせ綺麗目に合わせるのがポイント。



7013_1.jpg

OLIVEにはスラックスを合わせ足元を軽くスニーカーに合わせて。

暖かくなるにつれショーツや色の薄いアイスウォッシュのデニムでよりカジュアルに。

古着やミリタリー全般に言える事とも思いますがワンポイントでテイストの異なるアイテムを取り入れるコーディネートがこなれ感が出ると思います。

セットアップのパンツはまた後日。

Utility Shirts-商品ページ-

Bricklayer Horii

ARCHIVE