Classic Mountain Parka

安定の目つきの悪さ。スタッフ島田です。

classicmountainparka_2.jpg

Classic Mountain Parka

size/ S, M, L
color/ BEIGE, BLACK
material/ 60% Cotton, 40% Nylon (Lining : 100% Polyester)

定番で展開を続けているClassic Mountain Parkaが今季も入荷しております。

シエラデザインのロクヨンパーカーが登場した60年代。アウトドアパーカーが次々と開発され、70年代から80年代にかけてデザインはさらに進化し、シンプルで合理的なディティールが多く生み出されました。
Classic Mountain Parkaはアウトドアパーカー黎明期におけるクラシックなディティールのおいしい所を持ち寄り、この年代ならではのムードを感じて頂けるジャケットです。
現代の軽さ軽量性を極限まで突き詰めたマウンパに比べると、数値から見た機能性や重量では劣ってしまいますが、それでも頑なにオールドスタイルを守り続けるのは、クラシックなマウンパの持つ素材感や耐久性、そして何より現代では失われてしまった哀愁にどうしようもない魅力を感じてしまうからです。

classicmountainparka_1.jpg

素材はお決まりの60/40クロス。ド定番ですが妄信的なファンは多いハズ。
海難事故にあった2人組が開発したこともあって、耐水性と防風性を高める為にコットンにナイロンを40%混紡しています。もちろん水に強いとかそういうハードユースな利点もあるのですが、コットンの優しい肌触りにナイロンのツルッとした質感が加わることで着心地も滑らか。光沢感のある見た目も良いのです。

経年変化も見もので、60/40クロスが使われている古いシエラのマウンパなんかを見ると、鮮やかなブルーやイエローがいい具合にフェードしていて、この生地でしか見られないような淡い色合いに変化するんですよね。
劣化も少なく、機能素材の代表であるGore-Texのマウンパだと、生地が複層構造になっているので、使っているうちにレイヤーの接着面が剥がれて、グズグズになっていくものがほとんどですが、そういう事態に陥らないのもクラシックな素材ならではの魅力。厚みもあるので引き裂き強度や防寒性にも優れます。


classicmountainparka_0.jpg

何よりこの佇まいがいいですね。コーディネートが組みやすいです。
デニムに軍パン。クラシックなアメカジスタイルなら基本的になんでもござれ。普段着にすんなり溶け込んでくれる普遍的なルックスは重宝するはずです。
インナーもカウチンセーターにリバースウィーブのニットなどのクラシックなスウェットを選択してみては?ジャケットには裏地もついているので、冬場の寒さも凌げますよ。
それじゃ寒いからと言って安易にインナーダウンは着ちゃだめですよ。70年代にジャケットのインナーに着れるような薄手のダウンジャケットは無いですし、服装には防寒性よりムードが一番必要です。


Bricklayer Shimada

ARCHIVE